ベクシル 2077日本鎖国

「ベクシル-2077日本鎖国-」特別装幀版
¥7,615
Amazon.co.jp


21世紀初頭、バイオ・テクノロジーとロボット産業の急速な発展から、日本は世界を大きくリードした。そのため、様々な危険が指摘されるようになると、国連の規制に反旗を翻し、2067年、鎖国という決断をとった。それから10年後、米国特殊部隊SWORD所属の女性兵士、ベクシルは、日本への侵入作戦を実行する。そこで、ベクシルが目にしたのは、延々と続く荒涼とした大地だった。(映画生活より)


前に映画でポスターとか観たとき面白そうだったんで観ようか迷ったのですが、観なくて正解でした。

一言で言うなら「滑稽」。

未来の日本が鎖国とか設定とかにちょっと惹かれたのですが、話は安易でセリフとかの表現方法も安直。

素人が作ったの?って思ったほどです。

映画にするほどのものなんでしょうか?

レンタルでもお金返せ!って感じなので、映画館で観た人は・・・



AD

コメント(2)