主人公は僕だった

主人公は僕だった コレクターズ・エディション
¥3,032
Amazon.co.jp


平凡で面白みのない男、ハロルド。国税庁の会計検査官である彼は、過去12年間、毎日決まりきった生活を送っている。しかしある朝、ハロルドの頭の中に、彼の行動を文学的な表現で語る女性の声が割り込んできた。それからというもの、その声はハロルドの頭にたびたび響くようになる。彼女によれば彼はどうも小説の主人公のようで、しかも彼に死が近づいていることもほのめかしていた。それから自分の運命を変えようとするハロルドの奮闘が始まった。(goo映画)


公開の時から気になっていてやっと観ました。


個人的には、この映画結構好きです。

回数をカウントする数字のCG(?)とか結構好きだし、話も良かったです。


序盤は動かないと声が聞こえないしなんか違くない?って感じだったのですがだんだん引き込まれていきました。

昨日最初の30分だけ観て寝ようと思ったのですが、結局最後まで観てしまいました。


パン屋(お菓子屋?)のアナがとってもキュートだし、相談に行く教授も良い味だしてます。



AD