クィーン

クィーン<スペシャルエディション>
¥2,953
Amazon.co.jp

1997年8月、パリでダイアナが交通事故に遭い、帰らぬ人になった。王家においてダイアナはいつも頭痛の種で、民間人となっていたダイアナの死は本来関係のないことであった。女王はコメントを避けるが、ダイアナを称える国民の声は次第に高まっていく。やがてダイアナの死を無視し続ける女王に、国民の非難が寄せられるようになる。若き首相ブレアは、国民と王室が離れていくことに危機を感じ、その和解に力を注いでいく。
(goo映画より)


全ての側の考えが理解でき、共感できます。

王室の行動が見れるっていうのはすごいです。

ブレア首相がすごく良い人です。

ブレアが奥さんに女王を褒めるところは結構良かった。けどちょっと急だったかな。

女王は公の場でなぜか敬意というかオーラが見えそうな感じがありました。

落ち着いて観れたし静かな感動を与えてくれました。

AD