それでも僕はやってない

それでもボクはやってない スタンダード・エディション
¥3,195
Amazon.co.jp


冤罪ながらも痴漢の罪で捕まった主人公の裁判を描いたもの。


こういうのを見て思うのは、その捕まえた人をいかにして有罪にするかって感じで、本当にやった犯人に罰を与えるという本質から違うじゃんって点。

被害者も本当の犯人じゃないと意味ないじゃん。この映画を観た感じだと被害者は本当に主人公が犯人だと思っているのか、それとも意地になっているのか微妙にわかんなかった。


さらに怪しいという太った男って主人公を捕まえる時に手伝った人???だとすると自分が関係者になるというリスクを考えながらも手伝うことで自分を容疑者から外すって考えてる計画犯っぽいです。


個人的には釈放のときの警官のセリフを法廷でも証言して欲しかった。

やっぱり主人公の証言の時に想像で言ったことが決め手になってるっぽいね。

劇中にもあった有罪率99・9%って普通に考えたら以上だよね。

他の国とかはどうなんだろう?


ラストはこうゆう結末にしたからこそより重く受け止められるのでいいのでは?


ただ少し前にTVでよく傍聴を趣味だとか面白おかしく言ってる人がいたけど、人の人生がかかっているのをそういう風に言うのはすっごく嫌悪感がありました。

傍聴することで何かを得ようとするならいいんだけどね・・・


この映画よくよく考えてみると、人間関係や伏線っぽいのが結構中途半端で終わってる気がします。

なので裁判の現状を伝えるのは良いんだけど物語としてはイマイチな印象でした。

AD