ジャケット

ジャケット
¥3,180
Amazon.co.jp


1992年、湾岸戦争で頭を撃たれ1度死ぬ。しかし奇跡的に助かり、軍を引退。

その後、ある事件の犯人にされるも精神異常で無罪になり、精神病院に送られる。

精神病院で受けている治療は世間ではもう遅れた治療法で薬を打たれ、拘束具を付け箱の中に入れられるというもの。

しかしジャック・スタークスはその中で意識が無い間は15年後の2007年にいるのであった。



現在と過去を(強制的ですが)行ったり来たりして、自分に起きる真実を解いていくのはなかなかです。

少し???な部分があって自分で補完が必要だったり、重要なことが「え~ダウンそれで!」って思うことがありましたが、ラストは良かったです。

ラストが曖昧で切ないのか?と思ったけどエンディングを聞くと良かった方なのかな?ってちょっと悩みました。

個人的には結構面白くて当たりでした。


AD

コメント(2)