クロス・レクイエム

ワイヤーインザブラッド シーズン2のエピソード3です。


今回は「V」という烙印が押された連続殺人事件です。

現場に残った他の証拠を集めると犯人は現在収監されている人物しかないのですが・・・


キャロルが警部に昇進したのは良いのですが、そのプレッシャーで足を引っ張りまくりでイライラします。

他にも良いテーマなのに嫌な感じが多くシリーズの中ではイマイチで残念です。

AD