小さな家とスイスの朝食

テーマ:
堀井 和子
小さな家とスイスの朝食

表紙を見て買った1冊です。

ページに使われている紙も自分の好みでさわり心地も良い。


スイスとバスク地方に旅をした紀行もので、パンやケーキといった食べ物とホテルなどの建物のことが中心。

著者が色彩感覚が良いのか読んでいるだけで淡い色のイメージが浮かんできます。

写真もカラーで結構使われていていい。


手書きの絵が描かれているのですが、ケーキなどはいいんだけど意味の無い落書きは・・・

あと過去の思い出は美しいけど、この本にはいらないです。


読んでると旅に行きたくなるし、おもしろかったので表紙買いだったけど当たりでした。

AD