映画 フーリガン

メディアファクトリー
フーリガン

ロードオブザリングでも主人公を演じたらしい(見てないのでワカランが)イライジャ・ウッドが主人公役。

主人公マットは、政治家の息子のルームメイトのコカイン中毒の罪を被せられ失意のままイングランドへわたる。

そこでウェストハムのフーリガングループGSEのリーダー、ピートと出会いフーリガンに惹かれていく。


最初はう~んって感じだったけど、マットが認められ始めてからおもしろい。

フーリガン同士の関係や彼らの中での人間ドラマが感動的。

試合もイングランドならではの臨場感があってよかったし、少佐の正体もビックリ。


驚くべきなのは監督が女性だということ。

でも女性の感性だからこそ、この映画が感動的になったのかなぁと思う。

ただやっぱり暴力は悲劇しか生まないということを言いたいんだと思う。


予告が入ってたリトルストライカーって映画がちょっと面白そう。

休みだけど観てたらこんな時間になってしまった。

AD

コメント(1)