五十年

なぜ五十年かというと、
イイネをしてくれた人が読んでるブログに三十年前をシリーズ化している
三十年前の楽曲を紹介してて
荻野目洋子のお気に入りのユウチュブを紹介してた。

ん?だったら俺 五十年前を書けるじゃん!!

と思ったら、五十年って半世紀であるわけで、かなり重厚なんだよ、中高年は、

ん、五十年は金婚式か?
と五十年をググッたが、公明党五十年の
東洋大五十年の
allnightnippon五十年を迎えロゴだかキャッチフレーズだか何かを募集しているようだが、
下↓クリックすると
新しいページに跳びます
をクリックしたら菅田将きのallnightnipponへ飛んだ。二回3回やっても、菅田将きのallnightnipponだった。
私は文字を打つのが苦手になった。PCならまだしも、
このスマホ
スマホ難民のというより、
 スマホ音痴だ
  スマホ音痴が相応しい表現である。
ー ←この伸ばすやつがどうしたら出せるのか、効率よく出す方法が解らないヽ、この点、を出すのにも難儀してっる、
 偶然でてくれるの時はいいが、
出ない時は、
 もう書く意欲が消滅する
ビールと打ち込み
トオク とビールクリック
うわ間違った
トオクビールクリック
トオクビーク
トーク
こんな苦労して文字入力
 スマホって 頭が悪い思う

さて五十年個人で五十年の節目を
何か例える いい表記ないか?
dってな だってな五十年の日本って面白いよ!

あ 眠くなってきた

 もうひと言 

スマホのドアホ

 ついでに 追伸

ブログ投稿しようとすると
アプリ使えば? 
 便利だよ! とそそってくるが、
そそって数回使っているが
 アプリの利点がわからんのよ!
ってか!! アプリ使って投稿しろよ
とウザイ! 本当にしつこい
画像の投稿もどうすりゃいいか
 wからんことの多いこと、(‥;)
AD

雪があがる

 

北海道のラジオ番組で、夕方放送される「情報アライブ」という番組は、

少し言葉遣いが変わった? 新しい使い方をすることがある。

 

 天気予報で 雪が上がります。

意味は 降雪が止まる予報でしょうか、

 

だが 違和感が強いですね、

 

雪上り  ゆきあがり   あめあがりは 爽やかな印象が強いのですが、

ゆきあがり  残念、 

私の好きなダカーポの  雨あがりの朝 と歌い始まる歌が

  色あせてしまう。  

 

日本語は いっぽん にほん さんぽんすぎ さんぼんまつ と主語やゴロ合いで

 読み方が変わる だから ゆきあがりには 強い違和感があるのです。

 

雪上り と書くと JRの上り下りに 近いイメージが強くなる。

AD
北海道では辛いよね、
 
 買えない
 高くて買えない、
 
そして 出かけ先で 充電って、
 うっとおしいよね、≧(´▽`)≦
 
電池(バッテリー)を簡単に交換しやすくして
 3千円とか 五千円で 交換するシステムにすりゃいいのに。
 
そうしたら もっと普及すると思うけどね、
俺は買えないけど・・・・・・。ヽ(゜▽、゜)ノ
 




例えば予備バッテリーなども装備されると、
 需要は飛躍的に上がる。

各自動車メーカーが
 バッテリー接続に対する規定を設けて、
共通のバッテリーになれば、

 安価に繋がる。 外部充電で 満足していては 技術開発に 足かせがかかる。

この問題を国土交通省が
  指揮すれば飛躍的に普及すると思います。


どこをクリックしたら?日記の編集の頁に行けるのでしょうか?


 dメニューから入ろうとしたら メールアドレスとパスワードを要求された!

 スマホって 扱いづらい!
どうして こんなに不便なのに

スマホ時代なの?