ねーさん、気まぐれ道を行く

はじめまして。
ねーさんの気まぐれに我が道を行くブログへようこそおいでくださいました。
記事の内容は、主にその時々でハマっているものの話題が多いハズです(おもに本やゲームですが)。
よろしければお立ち寄りください。


テーマ:

ちらちらと以前から情報が目に入っていた話。


藤本ひとみさんが以前に書いていた少女小説が最近児童書として焼き直しされて刊行されたらしいということ。

なんとなくもしかしてマリナシリーズのことなのかなぁとか思ってたんですが。

(銀バラとか新花織はさすがにないと思ってた、設定的に)


それで今日何気なく密林で検索をかけてみたら、まさかのKZシリーズ。

あの藤本作品後期のシリーズの復活でしたよ!!


うぉおおおおおおっ!ってなりました。

仕事帰りに早々と書店に立ち寄ったらちゃんと置いてありました~~~。

KZだ~~~~!


ただ、藤本ひとみさんは原作担当で文章はほかの方が書いていたり、挿絵もいのまたむつみさんじゃなかったりといろいろ変わってはいるようですが、なんというか感無量。

現段階で3冊刊行されていますが、これらはコバルト文庫ですでに発表されていた分ですよね。

しかもタイトル見ただけでオリジナルの方のタイトルとストーリーがどんなんだったかわかる。



探偵チームKZ事件ノート 消えた自転車は知っている (講談社青い鳥文庫)/住滝 良
¥704
Amazon.co.jp


これは、シリーズ一作目の「友愛クエスト」から。

↓これが旧作ね。

友愛クエスト KZ少年少女ゼミナール (コバルト文庫―KZ少年少女ゼミナール)/藤本 ひとみ
¥459
Amazon.co.jp

探偵チームKZ事件ノート 切られたページは知っている (講談社青い鳥文庫)/住滝 良
¥651
Amazon.co.jp


こっちは「親友アイテム」からでしょ。

旧作はこれ↓。


親友アイテム KZ少年少女ゼミナール (コバルト文庫)/藤本 ひとみ
¥398
Amazon.co.jp

探偵チームKZ事件ノート キーホルダーは知っている (講談社青い鳥文庫)/住滝 良
¥651
Amazon.co.jp


で、これが「初恋プロセス」にあたる、と。

そして旧作はこうだった↓。


初恋プロセス KZ少年少女ゼミナール・中学編 (コバルト文庫)/藤本 ひとみ
¥398
Amazon.co.jp


中をぱらぱらと見てきましたが、ほとんどオリジナルと大差ないように思えました。

イラストが変わった分キャラも現代風になってたり、児童書だけあってイラストが多かったり、という変化が一番わかりやすかったですかね。


今思えばこんな小学生男子いねーよ(笑)ってなるんですけど、そうは思っても魅力的な藤本男子キャラ。

懐かしすぎる。


そして何よりもうれしいのが、この三作目の続きが今年の秋~冬にかけて刊行予定だということ。

念願の4巻。

中学生編ですかぁぁぁっっ?!


欲しい!!

欲しいんです!!

どうサバ読んだって児童書読むような年齢じゃないんですけど、読みたい!!


そんなわけで、既刊3冊含め新刊が出たら買ってしまうかもしれません。



いや~、ゴーストハントのリライトとかオーフェンの新シリーズとか。

過去の作品が再び世に出てきて、それを新しく楽しむことができるとか・・・・。

ありがたい話です、ホントに。



いいね!した人  |  コメント(0)
PR

[PR]気になるキーワード