年波と小鳥

昨日、久しぶりにブログを書いたら、

ありがたいもので、

沢山のアクセスをいただきました。

感謝いたします。


それにしても、

全然書いていなかったので、

amebaのいろいろな「しきたり」というか、

やり方が変ってしまって、

なかなか思うようにいかないです。

まあ、俺のブログはそんなに凝ったつくりをしていないので、

基本、文章を楽しんでいただければと思います。


さて、さきほど、

駅前商店街をぶらつきながら、

月末の支払いなどに行って参りました。


つまらねえ商店街ですが、

20年も住んでいると、

まあ、いろいろそれなりの変化もあったりするわけで。


今年の夏に

小鳥屋がつぶれました。

何故つぶれたかの本当のところは分かりませんが、

店主のジジイの「閉店宣言」が

7月末に貼ってありました。

↓これです。

(この写真をどうやって縦方向に戻すのかが、

わかりません)


ジジイの「宣言」を読んでみると、

「寄る年波には勝てず……なんちゃら」

とか書いてあります。


あ、ちなみに、

連れ合いのババアは

タバコ屋を同店内で営んでおりました。

つまり小鳥とタバコの専門店、

という誠に奇妙なコラボショップだったのです。


まあ、今時、

タバコ屋も儲からんし、

小鳥屋は更に儲からんでしょう。

というか、俺はこの店で、

小鳥を買っている人を

20年の間、

只の一度も観たことがありません。

ジジイは、

小鳥を積極的に販売するよりも、

趣味の「伝書鳩」にうつつを抜かしていたのです。

ですから、集う客は、

ジジイの鳩仲間ばかり。

その鳩仲間たちがババアのタバコを買うというような、

営みだったのです。


しかし、俺は不思議です。

ジジイは廃業を「寄る年波」のせいにしていますが、

20年前にこの街に越してきたときから、

ジジイとババアだったし、

小鳥屋なんてものは、

死ぬまで商いができるからやれるのだと思うのです。

つまり、「お勤めに不向きな人」がやる仕事だと思うのです。

俺がフリーランスの編集者&ライターであるように。

加えて、ジジイは「仕事」などせずに、

ババアのタバコの僅少な売り上げで、

コラボショップを運営し、

自分は鳩三昧の生活をしていたのですから、

「寄る年波」で今更やめるというのは、

どうにも意味がわかりません。

むしろ「年波」が寄ってからやるような商売だと思うのです。


かつて、

真隣に「焼鳥屋」があった頃、

拙宅に遊びに来たナンシー関が

「小鳥屋の隣に焼鳥屋って、

藤子不二雄Aの漫画みたいな安っすいブラックジョークだね」

と評して、

さすがだな、と感心したものでした。


まあ、ジジイとババアは、

どこかに桃源郷を見つけたのかもしれません。


今日、前を通ったら完全に更地になっていました。


俺は、売れ残った小鳥の行方が少しだけ気になるのです。


なんともはや、

つげ義春さん的世界だなあ、としみじみしています。




AD

幸せな信仰

「信仰」を持つ人は幸せです。

だがしかし、利己的な排他主義に「信仰」を「利用」するのは、
明らかな間違いであり、
それは「信仰」とは呼べません。

あまねく「信仰」というものは、
言葉、美術、音楽などの「人間の五感に訴えるもの」を介して、
信仰者が「第六感」で「幸せな気持ち」を
受容するものでなくてはいけないと思います。

宮沢賢治が仏教徒であり、
宗派を変えながらも、
晩年は法華経に帰依していたことは有名ですね。
皆さんは『雨ニモマケズ』を詩文だと思っていますか?
詩文だと誰に教わりましたか?
教科書で教わったから、
詩文だと思い込んでいませんか?

賢治が『雨ニモマケズ』を書いた黒革の手帳には、続きがあります。
「そういう人に私はなりたい」の後に、
「南無無辺行菩薩 南無上行菩薩 南無多宝如来 南無妙法蓮華経 
南無釈迦牟尼仏 南無浄行菩薩 南無安立行菩薩」
と大きな文字で、書きなぐっているのです。
これは詩文でしょうか?
違います。
賢治の「咆哮」「絶叫」です。
「信仰」を持っていたからこそ
賢治は「救済」されたと俺は思います。
いや、救済はされていないかもしれませんが、
「題目」を絶叫することによって、
「穏やかさ」を獲得したのではないでしょうか?

俺は「信仰」というものを、
今の今まで持ち合わせていません。
これからも持つことはないと思います。

ですから、俺は「信仰」という意味合いで
「不幸」だと言えます。

しかし、俺は文章を書いたり、
書籍を編集したりする仕事を生業にしています。
したがって、「信仰を望む人が幸せになろうとすること」の
お手伝いはできると思います。

つまり「信仰」を望む人だけが発することができる
「咆哮」や「絶叫」を後世に遺すことはできるだろうし、
そういうことをせねばならないと考えています。

そうしたことに関われるのは、
俺にとって「不幸」ではなく、
とても「幸せなこと」だと信じているのです。


Christopher Duffley Sings The Ave Maria
AD

世の中と寸暇

寒いぜ、ベイベー。

強烈に寒いぜTOKIOベイベー。

みんなはどうかな?

俺は今、「先生」からの電話を待っている。

夏目漱石の『こころ』で言うところのKの状態である。

しかし、俺はKとは違うから、

一応、礼を尽くして、風呂に入り、

アンディウォーホルよろしく

「グル―イング」を完了して、待っている。

時間つぶしにネットを開いてみたら、

ずいぶんずいぶん、ブログをさぼっとることに気づいた。

であるからして、この寸暇、

更新でもしてみようと思った次第である。

とはいえども、特段、何かご報告することはない。

まあ、いろいろ全方位的に困ってはいるけどね。

相変わらずだ。

ちょっと思考してみると、

特に深刻な「経済的問題」や「心身的病気問題」というものは、

基本、「いい歳ぶっこいた人間」にしか起きない。

巷間「いい歳ぶっこいた大人が情けない」と罵られること多いが、

若い人には、そういうプロブレムは起きづらいのである。

そこいらへんがなかなか理解できないのも、

「若い人」の特徴でもある。

それぞれの年代に合わせたプロブレムが発生するのが

「人の世」である。



ゴトーアキオとTURTLEHAZE (タートルヘイズ)-世の中の図式


世の中は大体「下衆ヤバ夫」的世界観によって

構成されているのだ。(↑の図が詳細)


サンキュ―、風邪ひかぬように。

AD