ありがたいシェアに感謝です!

 


 

 

****

 

 

自分に内向きに集中してると

とても心地いいということは最近感じるようになった。

 

近所のカフェでボケっとしてる時。

確かに雑念というか思考してなくて

感覚が自分と一体化している感じというか(^▽^;)。

 

ひょっとしたら、こんな状態の時は

潜在意識のナーガオンとも同化してるのかも?。

 

 

引き続き、僕も地味に実験を続けます!

 

 

 

 

 

今日も僕の趣味満載のお話なので

どんどこスルーしてくださいね(^ε^)。

 

 

****

 

 

今日は僕と潜在意識などを観察しながら

僕の自分らしさについて感じてみたいと思う。

 

 

 

僕という意識の性質は「繊細で優しくて健気」な小動物系。

 

(どんぐりの確保が任務でしコアラ

 

 

宇宙人の性質に例えると

白シリウスの繊細で優しい人魚さん

奉仕型なアルクトゥルスに似ていると感じる。

 

(動物や自然が友だちでしチュー

 

 

****

 

 

僕の本能や体感を担ってると思われる領域を

ナーガオンと名付けて呼ぶ。

 

これらの僕の潜在意識は

「川の精霊」である龍のようなエネルギー体。

 

 

最近の交流で黎明堂のキヨさまにも

「爽やかで純粋で・・・森林の滝に波立つ水飛沫の雫のよう」

ととっても素敵な表現をして頂いていと嬉し。。(/ω\)。

 

 

(金色の毛も生えてるぞ~!)

(ナーガオンを今更じっと見て思ったが

 魚のようなヒレが随所にある(☆。☆))

 

 

****

 

 

こんな感じの 表層意識は 繊細な人魚や動物系人魚リス

         潜在意識は 自然の川などの精霊系川龍

 

 

僕って今まであんまり気づいてなかったけれど 

顕在意識人魚、潜在意識龍どっちにしても
 
「自然いっぱいの森や水中などに生息する動物や
 自然そのものの精霊系」満載な
存在のカタチをしているんじゃないの?(^▽^;)。
 
自然界そのものが僕本来のテリトリー地球」というか。
 
もともと自然界に親しみ
その場所が主な住人たちなんだから湖
この人間の世の中に埋没すると
何か違和感を抱いても当然だったのかも汗
 
だから、動物的でピュアで健気な軸に安住するとコアラ
自分的にも心がどしっと根付くような感じがするのだろうびっくり
 
 
****
 
 
最近津留さんの本を読んでいて
「比較すること」と「咎めること」を意識して外してみた。
 
すると世間の価値観に左右されない自分が見えてきて
やっぱり「純粋な動物に近い生態」が楽な自分が見えてきた目
 
 
 
人間界に住む僕の生態については
昔から「ペルシャ猫」のイメージがしている猫
 
昔懐かしのモンプチのCM
お家でまったり有閑ネコになっているさま。。(笑)。
 
(画像はお借りしましたm(_ _ )m)
 
 
 
僕のアパートに居る白猫のミーちゃんで
僕の生態について説明してみるとおすましペガサス
 
 
(わたちの仕事はお家の警らなのニコ
 
 
(わたち、お留守番ちてエライのよにやり
 
 
(よくこうして寝ているわzzz。笑)
 
 
****
 
 
今世の僕の存在意識の中心にあるのは
自然界で生きる動物の生態」に近いと思う。
 
食物連鎖の輪の中で
生と死を繰り返して生きている動植物草原
 
 
思考優位で生きてきた僕は
彼らの自然体で比較も善悪もない
 
本能のままに調和の中で生きて地球
ありのまんまが完全体の美しい姿におすましペガサス
惹かれずにはいられないハート
 
 
僕も人間界の中で
お家にいる有閑ネコのん吉」として(笑)
 
体感優位な動物的生態の中で地球
自分が心地いい自分軸を作って
ブレても、またいつでも自分軸に戻れるようにいのしし
 
僕だけのカタチでよりリラックスしてお茶
ゆるんで暮らしてゆけたらカエル
嬉しいなと思ったのでしたお願い
 
 
                     コアラ〈完〉