(((゜д゜;)))

テーマ:
こんばんは、アイです。
イギリスは、EUから離脱の道を選びました。
国民投票で決めたことであり、他国の人間がとやかく
言うことではないのでしょう。

ただ、紙一重の境界を越えてしまった代償は、
高くつくと思いますよ。


さて、シリアスな展開になってきました。

個人投資家でもあるアイにとって、ここから先は
ひとつのミスが命取りになりかねません。

ぶっちゃけ、戦闘放棄して撤退することも考えてますが、
ただ逃げ出すんじゃ根性ないです。

折れない心で、勝機を探ります。

来週に備えて、今日はここまで。頭を冷やすため、
コンビニでアイスでも買ってくるか。










AD
  こんばんは、アイです。
今年は家で梅酒を作ってみました。
相方がロックで飲みたいというもので。
できるのは当分先ですが、そのプロセスも楽しみたいようです。

アイはあまりお酒を飲まないこともあって、梅酒作りをしたことも
なかったのですが、調べたら知らないことが幾つもありました。

氷砂糖を使うのは、砂糖としての純度が高く、雑味が少ないため。

ホワイトリカーを使うのは、酒税法に関わるため。

浸透圧を利用して作る製法といい、梅酒は一定の筋道があって、
出来るものなんですね。

何にでも言えることですが、筋道から大きく外れてしまえば
上手くいかない。

なぜならそれは、正しくないからです。



今日は本を紹介します。

探偵の探偵 (講談社文庫)/講談社

探偵の探偵2 (講談社文庫)/講談社

探偵の探偵3 (講談社文庫)/講談社

探偵の探偵4 (講談社文庫)/講談社

北川景子さん主演でドラマ化もされた作品です。

要するに、美人で若い女主人公が酷い目に遭う
ハードボイルド小説です。

物語において、主人公は試練を乗り越えねばなりません。

試練は困難なほど良く、肉体的にも精神的にも
追い詰められればられるほど、続きが気になるストーリーになる。

ところが、主人公が著者が好きなタイプの人物だと、
苦しめるどころか甘やかしてあげたくなってしまうものだそうです。

よって主人公を決める際には、逆に著者が嫌いなタイプの
人物をモデルを選ぶというのも、ひとつの方法だそうです。

酷い目に遭わせるのが、楽しくて仕方がないような相手を。


探偵の鑑定1 (講談社文庫)/講談社

探偵の鑑定2 (講談社文庫)/講談社

探偵の探偵のさらに続編です。

酷い目に遭わされ続けた女主人公が、無事に卒業できて
良かったです。

てっきり死ぬと思ってました。それこそ探偵物語みたいに。
復讐の炎に身を燃やした者の末路として。

ちなみに、万能鑑定士Qシリーズは読んでません。

探偵の探偵を読んだ後に、これも読んでみようかと思ったら
あまりの巻数の多さに尻込みしてしまいました。

結末がこれなら、無理に読まなくてもいいかな。




アーサーとジョージ/中央公論新社

とても良い作品でした。おすすめです。

かなり分厚い本ですけど、二晩で読んでしまいました。

コナン・ドイルについては、文才に長けたヤブの眼科医という
ことしか知らなかったのですが、実は素晴らしい人格者
だったのですね。

探偵小説のように、スカッとする内容ではありません。

現実は違う。シャーロック・ホームズを代表とする名探偵たちは、
自ら法廷に立つことはない。事件の謎を解き、犯人だと証明する
確かな証拠を提示しても、裁判の場では台無しにされてしまう
こともある。

それでも正しいことをしようとする、高潔な精神というか、
こんなことが現実にあったと知ることができてよかったです。

スクリプトドクターの脚本教室・初級篇/新書館

個人的に面白かった本です。

スクリプトドクターというのは、ドラマなどの脚本の
手直しをする人という意味だそうですけど、それとは別に
脚本を書くこと自体が、著者の心の浄化に繋がっていると
論じているところが興味深いです。

確かに、書くことで気持ちが整理できたりしますからね。

アイもブログを10年以上書き続けていますが、
(諸事情により、2007年より以前のものは消した。)
やっぱり書かずにいられない気持ちがあるから、
続いているのでしょう。

いつまでも弱小ブログで、誰も読んでいなくても構わない。

これはアイの物語だから。



誰でも一冊の本は書ける。昔、ある作家が言ったそうです。

まあ本でなくてもいい。何かしらの成果を、生きた証を残せれば。

でもそれは、正しい筋道に沿ったうえで、作らなければならない。

そうしなければ、完成しない。作ったつもりが台無しだった
失敗作を抱えて泣きたくなければ、正しいことを忘れるな。







































AD

コツコツ

テーマ:
こんばんは、アイです。
6月ですね。
今年も半分が過ぎようとしています。

それぞれの立場で、思うことも色々あるでしょう。
ひとつ言えるのは、魔法のように都合良く問題が解決する
なんてことは、ない。
コツコツとやるしかないのです。



テレビで『世にも奇妙な物語』を見ました。

高橋一生さんめあてだったんですけど、時間の無駄と思える
ぐらい、駄作の寄せ集めでした。

世にも奇妙な物語ってこんなだったっけ?
アイの目が肥えてしまったんだろうか。

ただ、個人的に心に残ったのが『美人税』でした。





要するに、税収を増やすため、国が定めた基準以上の
容姿を有する女性に、課税するといったものです。
消費税・所得税・相続税等に課税される。

生まれ持った容姿の不公平感を是正するという、
語り尽くされたテーマを今更使うなら、もう少しウィットに
富んだ答えを見せてほしかったです。

確かに、美人は何かと得をするというのも事実でしょう。

だが、容姿における優位性は必要条件であって
十分条件ではない。

別に僻みで言ってるわけじゃありません。
テレビに出てくるアイドルを例にとっても、きれいな子は
たくさんいますが、みんながみんな人気者ではない。

外見が良いというのは、踏み台にはなるかもしれません。
だけど、その踏み台でも届かないほどの上を目指すなら、
他の能力も高めなければ通用しない。

容姿というのは、不公平感を是正しなければならないほどの
アドバンテージではないというのが、このテーマの結論です。

それでも踏み台があるだけズルイなんて、せからしい。

人生は戦いだ。それぐらいの差、知恵と勇気で何とかして
みせろ。



テレビで、弁護士を交えた枡添都知事の記者会見を見ました。

違法ではなくても、道義的責任は重いとアイも思ってますけど、
では前任の都知事たちはどうだったのでしょう。

程度の差はあれ、同じようなことをしていたというのが事実では
ないでしょうか。

ただ、それはもう許されない時代に変わったということでしょう。

プライベートな事柄であるはずのタレントの不倫が、
あそこまでバッシングされるように、大衆は攻撃する対象を
探しています。怒りをぶつけても仕返しできない相手を求めています。

経済がパイの分配から負債の押し付け合いとなったように、
誰もが余裕を失っているのでしょう。

そう考えると、美人税というのもあながちありえない話では
ないのかもしれません。

薬剤師なんて、ずっとバッシングの対象にされ続けてますから。

医薬分業は正しいものなのに、薬剤師はその職能に基いて
仕事をしているだけなのに。

悪しざまに罵り、弱い立場で仕返しできないことを知ってて
叩く者がいる。

社会保障費の増加分を、医師の診療報酬は削らず、
薬剤師の調剤報酬から出させればいいなんて平気で言うあたり、
アイには日本医師会が、トランプ大統領候補と共和党のように
見えます。

そんなことをしても、問題がより深刻化するだけなのに。



見通しは、暗い。

消費税延期は既定路線とはいえ、このツケは必ず後で
回ってきます。

イギリスのEU離脱はさすがに回避できるでしょうが、
アメリカの大統領はトランプ氏でほぼ確定でしょう。

クリントン・キャッシュ』なんて映画が本選の直前に
上映されてしまうようではね。クリントンさんには運がない。
いや、人望もないか。

アメリカはしばらく大混乱となり、TPPも解消。
その影響を受けて、アベノミクスもお終いです。

これからますますしんどくなるな。



アイに出来ることは、暗い道の途中でも迷ってしまうことの
ないよう、コツコツと道を叩いて確かめながら、進むことだけです。

楽をすることは許されない。不幸になりたくなければ。

とりあえず、2年後の改定に向けて、そろそろ準備を始めよう。
























AD
こんばんは、アイです。
windows7と8の搭載パソコンが、勝手にwindows10へと
書き換えられる現象が起きているそうですね。

未だにwindows Vistaで通しているアイは、全く
問題ありませんでした。薬局のパソコンは7だけど、
自動更新は初めからOFFにしてあるし。

それにしても、ありがた迷惑な話だと思います。
エンドユーザーの都合を無視し始めたあたり、Microsoftも
先が見えましたね。

もう、パソコンを頻繁に買い換えるような時代じゃないんですよ。



週末。

相方と子ども2人を連れて、実家を訪れるアイ。

ほぼ毎週、実家で一緒に食卓を囲んでいます。
相方はどう思っているか知りませんが、別に嫌がっては
いない様子。もともと、アイの家族を見て結婚を決めたという
ヤツですから。(家族仲が悪い相手と結婚するのは、
ツキが落ちると言ってました。
 

実家には妹2人が同居していますが、アイの子どもを
とても可愛がってくれますし、文句はないでしょう。

両親が実家を建てた時、住宅ローンを借りなくていいよう、
アイも出資したからです。

だから実家の名義は、両親とアイになっています。

いずれ受け継ぐつもりでしたが、それはどうでもいい。

一生住んでくれたって構わない。ここが家なのだから。



とはいえ、食卓で互いの近況を話すというのは
楽しいものであると同時に、複雑な気分になるものでもあります。

某大企業に勤める真ん中の妹は、課長に昇進しました。

アイはずっと薬局勤めで、昇進には無縁でしたが、
会社勤めをしていれば、女でも30代で課長になれるのですね。

1年中、国内と海外を行ったり来たりしていて、その度に
子供服やオモチャを買ってきてくれます。

この前は本をもらいました。
Ocean: A Photicular Book (Photicular Books)/Workman Pub Co

Safari: A Photicular Book (Photicular Books)/Workman Pub Co

これは良い本です。おすすめ。

いわゆる動く絵本であり、英語も簡単なので読み易いです。

真ん中の妹は、独身を謳歌していて、休日はMBAの
大学院時代の友人と飲みに行ったり、エステやマッサージに
通ったりしています。

過去は振り返らないにしても、少し羨ましく思うこともあります。

小さな薬局で働くアイと、広い世界を股にかけて活躍する妹。

資質と才能の帰結とはいえ、こんなに人生が違うものか。



もうひとりの、下の妹は専門看護師として働いています。

看護師ながら自分の外来を持ち、病院内でも一目
置かれる存在です。

一緒に食事をする時、よく薬について質問を受けるのですが、
町の薬局薬剤師に過ぎないアイにはすぐ答えられないものも多く、
結局持ち帰って後で文献を調べるはめになったりします。

すでに医療人としては、アイよりはるかにレベルが上でしょう。

ただ、仕事の責任とプレッシャーは年々増すばかりのようで、
実家ではほとんど廃人のようになっており、ずーっとチョコレートを
かじっています。

【送料無料♪】糖質84%OFF ミルクチョコレート 400g入り 4袋 【糖質0.3g/枚】【...

低糖質とは思えない味です。盗み食いしてみたらうまかった。

ただ、一袋を1~2日で食べてしまっては、ダイエットに
ならないと思うんですけどね。

妹の給料の約3割がこのチョコに消えていると言っても、
過言ではないでしょう。

お金を自由に使えるのも、実家暮らしの特権でしょうね。



同じテーブルで食事をしながら、考えるアイ。

真ん中の妹はマーチャント(商売人)として成功していて、
下の妹は医療のスペシャリストとして成功している。

それに比べてアイの、なんと中途半端なことか。
まあ、薬剤師という資格自体が中途半端なわけで、
アイは自分に合った道を選んだともいえる。

ふたりと違って子どもの頃から病弱で、アイは無理をしない
性格になった。

倒れないよう、余力を残して。
崩れないよう、バランスを保って。

ダイエットをすでに諦め、マツコ・デラックスのように
肥大化を続ける真ん中の妹と、まだダイエットを諦めておらず、
でも甘いものを食べるのが止められなくて、みんなが食事中
なのにひとりチョコレートをかじる下の妹。

最期まで立ち続けているのはアイに決まってるけど、
精も根も尽き果てそうなほど自分のやりたいことが出来るのも、
幸せだと思う。

アイには、そんな情熱もないから。




Apple 2016 iPhone SE SIMフリー 4インチ 【16GB ローズゴールド】.../Apple Computer


念願のiphone SEをゲットしました。

4月の初旬に予約して今ですから、結構待たされました。
iphoneの販売台数って減ってるんじゃなかったの?

アイの手は小さくて、iphone6以上のサイズは大き過ぎるのです。
小型機種が出るのを信じて待っててよかった。

さっそく、itunesでバックアップの復旧を行うアイ。


 
iPhoneの"iPhone"を使用できません。
使用するにはこれより新しいバージョンのiTunesが必要です。
最新バージョンのiTunesをダウンロードしてください



・・・なに?

表示された指示通り、最新のitunesをダウンロードしても、
繋がらない。

よく説明書きを読んで、やっとわかりました。

windows Vistaは、iphone SEのサポート対象外。

そりゃないでしょ。確かにwindows Vistaのサポートは
2017年の4月で切れる予定だけど、フライングして打ち切る
ことないじゃない。

windows7以降のパソコンを用意しなきゃ、ダメってことか。

時代は切り換えを要求する、こちらの都合をさしおいて。

ただでさえ変化の大きい毎日を送っているんだから、
慣れ親しんだものを使い続けることぐらい、許してほしいわ。







こんばんは、アイです。
今週は伊勢志摩サミットが開かれますね。
時間の無駄だと思いますが。

要するに、G7の中で最も景気が悪い国が、
みんなでお金を出しあってキャンペーンを開こうと、
呼びかけているのです。

アイが他の国の首相なら、こう言うでしょう。
みんなを巻き込む前に、まず自分の国のことをなんとかしろと。
三本の矢とかいうあれはどうなった?

まずは自律することです。

それが出来なければ、誰も信じてくれないでしょう。



起業しないのび太さん、コメントありがとうございます。

ポジティブに、ポジションをとり、ポジティビズムに基いて。

悩めば悩むほど、シンプルに動けなくなる。

理不尽に対して、異議を唱えることを間違っているとは
言いませんが、そんなことに労力を割いている時間があったら、
さっさと次の行動に移ったほうがマシです。



かかりつけ薬剤師制度の、地域活動の定義についての
疑義解釈が、物議をかもしているそうです。

まあ、アイにとってはどうでもいいです。自信をもって
クリアしたので。(実のところ、まだ許可は取れていないのですが、
2年前も4月14日までに書類の提出を義務付けておきながら、
許可が取れたのは7月過ぎだったので、今回もそれぐらいに
なるでしょう。


二転三転する厚労省の見解に文句を言いたくなる気持ちは
わかりますが、しょうがないですよ。

彼らは現場に出たことがありません。
薬局薬剤師が普段どんな地域活動を行っているかなんて、
知ってるわけがない。

提出された報告書を読んで、逆に慌てたんじゃないですか。

意外と薬局薬剤師って、色んなことをやってるんだなと。



かかりつけ薬剤師制度の是非はともかく、
その質を担保したければ、一定の研修を受けることを
義務付けるのが必要だとアイは思います。

その上で参考になるのが、平成29年から開始される
新専門医制度でしょう。

医師なら誰でも、どこかの学会に所属して何かしらの
専門医を名乗っていますが、専門医としての要件を満たす
基準は各学会によってバラバラで、客観的な評価は
されてきませんでした。

新専門医制度は、中立的な第三者機関である
日本専門医機構』を新設することにより、専門医を
適正に評価し、その質の向上を測ろうとするものです。

まあ、実際に上手く機能するかどうかはわかりませんが、
より良いシステムを構築しようとしているのは立派だと
思います。

新専門医制度では、臨床研修終了後に3年以上の
養成期間を経て、やっと専門医資格が取得できるとか。
つまり医学部6年+臨床研修2年+専門医3年と、足掛け
11年を経てやっと一人前の医師と認められるというわけです。

しかも基本領域専門医(19領域)を取得したうえで、
より専門性の高いサブスペシャルティ領域専門医(29領域)を
取得するという、二段階制だとか。

どれだけ自分たちでハードルを上げるんだって感じですが、
確かにここまでやれば、ヤブ医者は減るんじゃないでしょうか。

薬剤師も、同じような研修システムを構築することが必要だと
アイは思います。

新専門医制度の基本19領域の中には、総合診療というものが
含まれる予定です。

専門と総合って、言葉的には矛盾していますが、
要するにかかりつけ医です。地域包括ケアにおける主治医として
必要なスキルを身につけた専門医という解釈でしょう。

かかりつけ薬剤師制度では、3年以上の保険薬局実務経験を
要件にしているのですから、3年以上の研修を義務付けることは
スジが通っています。

学んでることもやってることもバラバラな認定資格や
地域活動を要件とするより、よほど正しいと思うのですけどね。



日本医師会は、プロフェッショナルオートノミーという
言葉を掲げています。

オートノミーとは自律、つまり我々はプロとして自律するという
宣言です。

裏を返せば、オレたちはエラい。
オレたちの領域に余計な口は出させないという、
傲慢さでもありますけどね。

でも、専門職というのは本来そういったものなのでしょう。

ギルドと呼ばれた中世の時代から。

同業者間で研鑽し合い、知識を受け継ぎ、自治する。

残念ながら、日本の薬剤師たちにそれが出来ているかと
いえば、答えはNOです。

決めるのも人任せ、逆らう勇気もなく、顔色を窺いながら
右往左往。

弱いのだから、それもしかたないかもしれませんけど、
まずは自律することが先なのでしょう。

それができなければ・・・オートノミーどころか、
その前のプロフェッショナルという言葉さえ、失うことに
なるのでしょうね。












ポジトーク

テーマ:
こんばんは、アイです。

センテンススプリングに狙われたとあっちゃあ、
マスゾエもお終いだな。

冗談はさておき、これは内部告発によるものでしょう。
枡添氏の行いは目に余ると、都の職員たちも不満を
募らせているということです。

ところで、枡添氏のご家族は税金を横領して旅行やご馳走を
楽しんだことを、どう思っているのでしょうか?

知らなかったで済まされる話ではないでしょう。
家族の幸せが、誰かの犠牲の上に成り立ったものだと
したら?

後悔に苦しむよりは、いっそ開き直るしかないのかも
しれません。



日経新聞に、消費税増税延期のニュースが大きく
掲載されていました。

まあ、日経新聞というのは購読料が高いくせに
飛ばし記事(裏付け取材をしていない
不正確な記事
が多く、偏見に満ちた記事を書くわりに投書欄はないという、
いい度胸した新聞なのですが、消費税増税延期は
確定事項だとアイも考えています。

目先は誰にとっても得なのですから、そうするしか
ありません。

来年の4月に消費税が上がったら、それに応じて
薬価や調剤報酬にも影響が及ぶことになっただろうから、
こちらとしても好都合です。

いや、それでも一部の高額薬剤は、薬価の修正が
入ることになるかもしれません。社会保障費の財源が
消えたわけですから。



ちょうど先月、財務省の財政制度等審議会・財政制度分科会
において、社会保障に関する議論が行われたそうです。

そこで槍玉に上げられたのが、小野薬品とブリストルが
開発したがん免疫療法薬『オプジーボ』でした。

オプジーボとは、要するに『すごく効くかもしれないけど、
すごく高い抗がん剤
」です。

どれくらい高いかといいますと、投与量や使用期間によっても
変わるので一概にはいえませんが、だいたい1年間使用して
3000万以上かかるといわれています。

3000万以上といっても、患者さんが全額払うわけではありません。
日本には高額療養費制度というありがたいシステムが
あるので、患者が自己負担として払うのは1割にも満たない程度です。

では残りを誰が払うのかというと、みんなから集めた医療費からです。
しかし、みんなのお金が一部の人によって大量に消費されてしまうのは
全体から見てフェアか、という問題は残ります。

そもそも抗がん剤とは病気を完治させるような類のものではなく、
生存期間が数ヶ月から数年延びるだけに過ぎません。

それは医学の進歩かもしれませんけど、運命は変えられない
わけで、高いコストを払ってまで救う価値があるのか、という話に
なります。

客観的には、一定の制限を課すべきなのでしょう。
ですが、主観的には無理でしょうね。

自分がその立場になったつもりで考えてごらんなさい。
世のため人のために死んでくれと言われて、ガマンできますか?



医学の進歩は止められないし、止めることはできません。

型落ちした古くて安い薬は、新しくて高い薬へと代替わりしていき、
治療にかかるコストは増すばかり。

でも患者さんが、より良い薬を使って治りたいと願うのは
当然の欲求です。医師だってそうでしょう。

医師は自分の患者さんにベストを尽くしているはずです。

一度決めた処方を変えるのは面倒だから前回通りのままとか、
本当はもっと良い薬があるけどあなたにこれを使うのは
もったいないからこっちの薬で十分、なんてことをしている
医師がいたとしたら、それはある意味傲慢や怠慢だと
言えるでしょう。

これは薬に留まらず、新しい治療法や手術などにも
同じことが言え、治療にかかるコストというのは
医学の進歩に比例して高くなるものであり、
抑え込みようがないものと、アイは半ば諦めています。

だって、人間の欲望に基づいているのだから。



九州の実家を、他人に貸すことになりました。

アイの両親は東京に住んでますし、祖父母は他界したので
10年近く空き家になっていたのです。

150坪ほどの土地と屋敷を月5万円で。まあ、田舎ですからね。

固定資産税とハウスキーピング料を払っていたことを思えば、
良い条件です。むしろ借り手がいたことが意外でした。

あんな過疎化が進んだ村に、今から住もうとするなんて
何者だろう。子どもが人外だったりするのかしら。

これで、九州に帰ることもなくなるのか。


アイの父方の祖父は、陸軍中野学校を卒業して
戦後は九州に帰り、農家を継ぎました。

本当にただの農家だったそうですけど、そこから派生して
仕事を増やしていき、一財産築きました。亡くなった時は、
資産が9ケタに達していたそうです。

個人農家で、何故そんなに稼げたのか不思議ですが、
とにかく色々やってたそうです。実験的に様々な作物を
育ててましたし(実家の庭にはキウイやらマスカットやら
晩白柚やらが普通に実ってた。)、売りに出された耕作地が
あると聞けば、すぐに現金を持って買いつけに行ってました。

企業の庭木の剪定を請負い、切った枝葉を回収して
自分の畑に植え、ちゃんとした庭木に育てて販売するなんて
こともやってたそうです。

政治活動にも熱心で、地元の有力議員を支援し、
集票に一役買っていました。

ただ、やり過ぎてしまったようで、警察に逮捕されたことも
ありましたけどね。

まあ、アイにとっては優しい祖父でしたし、前科があると
聞かされても、他人事のような感じです。

正直に告白すれば、アイはモラルが低く、情も薄い。

正しいことをしようとするのは、常にそう律していないと
道を踏み外してしまいそうな気がしているからです。



お昼休み。

食事をしながらiphoneで株価をチェックするアイ。

これから参院選までの約2ヶ月が正念場。

どう転ぶかわからないけど、確実に稼いでいきたい。

祖父には到底及びませんけど、アイはアイで
頑張っているつもりです。

勤務薬剤師から個人事業主となり、せっかく
薬剤師会に加入するからには、学校薬剤師や
介護認定審査委員の仕事をもらい、他にもささやかながら
文書を書く仕事もさせて頂いています。

薬や医療業界についての専門知識を生かして
投資に励むのも、アイにとっては仕事のひとつ。

シスメックスは予想通りでしたし、やはり小野薬品は
伸びてきた。妹を通じてがん専門の医師に話を聞いたら、
オプジーボは試してみたいってみんな思ってるそうだしな。

国の医療財政はともかく、小野薬品の株主である以上、
応援するのは当然のこと。

誰にでも立場があるわけで、ポジショントークになるのは
しかたない。

ならば堂々と、開き直って自分の道を進むのみ。




























正常性バイアス

テーマ:
こんばんは、アイです。
GWも終わりましたね。
いや、むしろ終わってくれて安心しました。

自分のための休日は、いつしか子供のためとなりました。
おかげでちっとも自由がない。
これが親になるということでしょうか。そりゃトラブルも
起こるはずです。

かといって、独身時代のほうが良かったとは思いません。

過去は乗り越えるものであり、振り返ってるヒマはないのだから。



4月の集計表を眺めて、苦笑するアイ。

特に患者さんの数が増えたわけでもないのに、
前より忙しくなった気がする。

それも当然か。余計な仕事がまた増えた。
薬局の業務がルーチンワークだったのは昔の話。
いまや薬剤師でも理解に苦しむほど、複雑怪奇なものと化している。

ただし、オートマとマニュアルの違いのように、
よりテクニカルになった分だけ、自分のスキルが結果に
反映されるようになった。

改定で薬の価格が下がったこともあるだろうけど、
薬剤料より技術料の伸びが大きい。

積極的に攻めたからな。かかりつけ薬剤師、
重複投薬・相互作用等防止加算、服薬情報提供料、ハイリスク・・・

法的に認められたことで、適性な報酬を得ることに、
躊躇うことはない。



今回の改定には納得できない薬剤師も多かったようで、
あえて技術料を算定しないという人もいるらしいですが。

他所のことはどうでもいいですけど、アイは愚かだと思います。

国という羊飼いは、私たち医療関係者という羊の群れを
導いてはくれますが、個々の面倒までは見切れません。

これは食い扶持(職能)を守るための生存競争。

もしかしてまだ、自分は飢え死にすることはないと思ってますか?


正常性バイアスという言葉があります。

心理学用語で、自分にとって都合の悪い情報を無視したり、
過小評価してしまう人の特性を指します。

例えば自然災害や事故・事件など、何らかの被害が及ぶ
可能性が高い状況なのに、まだ大丈夫と過信して結果的に
対応が遅れてしまう。正常化の偏見とも言い換えられます。


正常性バイアスは、特別なことではなく日常的に起きています。

誰だって慣れないことに取り組むのは面倒だし、嫌なもの。

でも、自分の内側から湧き出る「いいわけ」を
ぐっと飲み込んで、行動を起こさないといけない。

たとえ失敗したり、辛い思いをすることになったしても、
その経験は無駄にはならないし、いつかきっと実を結ぶはず。

確実に言えるのは、正常性バイアスに囚われた時、
成長はそこで停まるということです。

これまでと同じことをずっと続けていればいいなんて
思ってたら、取り残されて終わりですよ。



今年は公私ともに色々取り組んでいます。

正直面倒ですけどね。『なにひとつ上手くいかない・・・』なんて、
トイレでひとりグチをこぼす日もあります。

でもやらないと。いつだってそうしてきた。
不平不満を抱えながら、思った以上にかかる時間を耐えて、
夢を叶えてきた。

足りない頭を気合いと行動力でカバーしてきたんだから、
弱気は禁物。

休んでるヒマはないぞ、正常性バイアスに陥らないためには、
挑戦あるのみ。




母の日近し

テーマ:
こんばんは、アイです。
もうすぐ4月も終わりですね。
来週はGWです。

毎年この時期になると、患者さんから営業日について質問されます。
きまってアイは、カレンダー通り、でも緊急の要件があれば
臨機応変に対応する、と答えます。

不思議に思うのですが、休日診療の有無はともかく、
GWに7連休とか休む医療機関なんて、あるのでしょうか?

そんなに呑気な仕事ではないと思うのですけどね。
職業倫理としても、収入にしても。



自宅。

机に向かって、手帳を眺めるアイ。

GW前にやらなければならないことは、全て片付けた。

まあ、GWに何か予定があるわけではないですが、仕事は
追い立てるように処理していかないと、後で困るのは自分です。

性格上、薬歴を溜めることは無いし、職場は整理整頓が
行き届いていないと落ち着かない。まあ、最近は長女を野放しに
しているせいか、壁のあちこちにポストイットが短冊みたいに
貼リ付けられたりしていますが。

そういえば、また母の日か。

自分の母親はもちろん、相方の母親への贈り物も
考えるというのは、面倒なものです。

アイはどうでもいいと思っているんですけど、
やっぱこういうのって、ちゃんとしておいたほうが良いんでしょう?

他人が何を欲しているかなんて、わかんない。



アイは今、何が欲しいだろう?

ウェッジウッドのティーポット。

電動自転車。

ホームベーカリー、もっと大きな冷蔵庫。

PS4欲しい、ダークソウル3やりたい、ペルソナ5はどうなった。

やっぱり、自由な時間が欲しいわ。何者にも邪魔されない
アイだけの自由な時間、ああ、でもそれは全て遠き理想郷。

まあ、買うのはいつでも出来る。

まずはやるべきことをやらないと。仕事も、家庭も。




考え事をしていたら、長女に「おいで」と手招きされました。

まだオムツは外れませんが、少し前から
トイレトレーニングをしています。

ただ、便座の上に座らせると「あっちにいって」と
言われるんですね。

自己主張が強く、生意気なガキに育ちそうな予感が
早くもしていますが、ロールモデルがアイである以上、
当然かもしれません。

やれやれと思いながら、トイレのドアを閉めて、外で待ちます。

ところが、カシャンと鳴り響くカギ。

あ、やばいかも。ドアをノックして、長女を呼びます。

「あけてー。」

ドア越しに聞こえてくる声。おめーがカギを閉めたから
開かないんだよ。カギを開けるように言いますが、できないみたい。
とうとう泣き出してしまいました。

しまったなー。そういえば、玄関のカギが開いてることがあった。
それも上と下のカギの、下だけ。相方のかけ忘れかもと
思っていたけど、実は長女の仕業だったかもしれない。

フラグは立っていたのに、見落とした。

さあどうするアイ。このタイプのカギは、外からじゃ開かないぞ。









やれやれ。きっとこうやって、娘は親に迷惑をかけてきたのだろう。

やっぱり母の日は何か、感謝の気持ちになるものを送ろうかしら。




















民間薬の科学 船山信次著

テーマ:
こんばんは、アイです。
熊本で震災が発生しました。
現地に住むアイのいとこも、福岡の実家に避難したそうです。
被害は特に無いそうですが、断水と断続的な揺れが続いているそうで。

事態の収拾を待つ他ないですが、これで消費税増税の延期は
ほぼ確定でしょうね。

天変地異など、なすすべがないこともあります。

それすらもコントロールしようと、人は考え、あがくのでしょう。



薬学生さん、コメントありがとうございます。

まずはおめでとうございます(‐^▽^‐)
いよいよスタートラインに立ちましたね。

ただ、職業というのは、なるよりもなり続けることのほうが
難しいのです。

株価がファンダで決まるとは限らないように、自分の仕事が
適正に評価されるとは限らない。

いずれは報われると信じていても、待つ時間は一日千秋の思い。

これから何が待ち受けているかはわかりませんが、
けっして怒らず、乱れず、思考を放棄することのないように。

道半ばで倒れたなら、それは自分のせいなのです。




今日は本を紹介します。

道は開ける 文庫版/創元社

人を動かす 文庫版/創元社

言わずと知れた名著です。

むしろこれを読まずに社会人が務まるのか?とすら
思っています。

この2冊は、アイの本棚の1番良い位置に鎮座しています。

そこにいてくれるだけで、支えになる気がするから。


ペルシア王は「天ぷら」がお好き? 味と語源でたどる食の人類史/早川書房
まあまあ面白かったです。

なんだかんだ、世界は繋がっていると実感させられました。

ケチャップの語源が中国とか、知りませんでした。



服従/河出書房新社
日経新聞の書評にあったので読んでみたのですが、
アイにはいまいちでした。

なんていうか、太宰治の小説を読んでるみたい。
女々しくて嫌い。

でもフランスのイスラム化って、現実に起こり得ることかも
しれませんね。

何が起きても不思議じゃない世の中です。

トランプ氏がアメリカ大統領になるかもしれないなんて、
初めは誰も予想してなかったでしょう?


23区格差 (中公新書ラクレ 542)/中央公論新社

暇つぶしに読むには良い本でした。

東京といっても、ひとくくりにはできず地域性があるんですよね。

地域の薬剤師会もかなり違いがあって、人に聞いた話では
大田区なんかはかなり防災に力を入れているそうです。

東京もいつ震災が起こるかわかりませんが、
その時はアイも、できることをするつもりです。


スクリプトドクターの脚本教室・初級篇/新書館

これも書評にあったので読んでみたのですが、面白かったです。

脚本教室と銘打っていますが、内容は書くことによる
セラピーだったりして。

アイも長年ブログを書いていますが、忙しいのにわざわざ
時間を割いて書いているのは、自分にとって必要だと
無意識に感じているのかもしれません。


民間薬の科学 病気やケガに効く……民間の言い伝えはどこまで科学的か!? (サイエンス・アイ新書)/SBクリエイティブ

結構面白かったです。

仕事と直接関係ないとはいえ、薬剤師を名乗るならこういった
教養も身につけておきたいですね。

アイは学校薬剤師として、生徒に授業を依頼されることが
ありますが、薬剤師会から提供された教材を使うなんてつまらない。
身近な植物などの例も取り上げながら、自分なりにアレンジした
教材を作成しています。

仕事は相手の期待を超えてこそ評価されるもの。
逆に期待以下の仕事に金を払うのは耐え難い苦痛と感じるのが、
人のサガです。

だから経営者と雇われの間には、無理解という溝が常にある。

まあそんなことはどうでもいいとして、こういった余計な知識が、
いざという時に役立ったりするものですよ。



手帳を見ながら、頭を抱えるアイ。

最近はやる事が多すぎて、書きながら頭を整理しないと、
ぐしゃぐしゃになってしまいそうです。

とはいえ、4月も終わりに近付き、なんとか目処が立ってきました。

あとは求人か。そろそろなんとかしないと。

求人というのも、ある意味自分では制御できない領域では
あるけど。

手を尽くそう。どんなことでも無駄にならないというのは、
わかりきったことだから。












受け継がれていくもの。

テーマ:
こんばんは、アイです。
気付けば桜が散っていました。
見た記憶はおぼろげ、花見の時に家族で撮った写真だけが、
その全てです。

こうして時が過ぎ去っていくのか。

でも、それは悪いことじゃない。

新たな出会いもあるし、再び巡り合うこともある。



夕方。

テレビを見ている長女の様子をうかがうアイ。

2歳になり、お前は猫かと言いたくなるほど立体的な動きを
するようになった長女も、『おかあさんといっしょ』の録画を
見る時だけは、動きを停めます。

『おかあさんといっしょ』といえば、4月にうたのお姉さんが
交代になりました。

知ってる人は知ってると思いますが、先代のうたのお姉さん、
三谷たくみさんは歴代最長記録に並ぶ8年もの間、その役を
勤めてきました。

長女にとっても、慣れ親しんだ人のはずです。
それに伴い、着ぐるみのキャラクターたちまでもが刷新
されました。

アイが子供の頃は『じゃじゃまる』『ぴっころ』『ぽろり』で、
それから何代目かは知りませんが、『むてきち』『みーにゃ』
『めーこぶ』の物語は打ち切りのように終わり、今度は
ウサギとオオカミとロボットという、カオスな取り合わせに。

うたのお兄さん等は続投とはいえ、かなりの変化です。
果たして、娘はこの変化を受け入れられるのか?



テレビを見ながら、楽しげに笑う娘。

全く、何の抵抗もなく、受け入れてやがる。

いや、アイもこだわらない性格よ?

昔付き合ってた人に、

「この世の大半をどーでもいいと考えているだろう?」

なんて言われたこともあるわよ。

でもちょっとさー、ショックを受けてもいいんじゃないかしら。

人が変わろうと、番組のベースが同じなら、構わないのかしら。



まあ、そんなものかもしれません。

4月1日から始まった、かかりつけ薬剤師制度。

アイも既に20名ほどの患者さんと契約書を交わしましたが、
本来はこんなの、必要ないシステムなのでしょう。

余人をもって代え難し、なんて人は殆どいない。

むしろ、そんな人に頼らずともいい体制を整えるのが正しい。

そりゃいつもの人のほうが安心とか、そういうのもあると
思いますけどね。

そんなの、ただのマンネリに過ぎないんじゃないですか?








ジョジョの奇妙な冒険、第四部のアニメがスタートしました!

嬉し過ぎて泣きそうです。いえ、第一話を見た時は
マジに目が潤みました。

原作の第四部がスタートしたのは、ちょうどアイが
高校1年生の頃だったんです。

リアルタイムで読んでました。朝の4時にコンビニに行って
ジャンプを買ってました。

あれから20年以上も経って、動く仗助が見れるなんて。

なんていうか、諦めずに生きてきて、良かったです。

おおげさと思うかもしれませんが、生きがいのひとつに
ジョジョの最終回を挙げていた頃も、あったので。


まあ、四部って、著者の荒木先生にとっても
実験的な作品だったと思うんです。

絵柄も変化しましたし、ストーリーも明確なゴールがなく、
試行錯誤を繰り返した跡が随所に見られます。

そのせいか、矛盾や投げっぱなしの伏線だらけ。

有名どころでは、『過去に
仗助を救った謎の男の正体』
というのがありますが、個人的に心に引っ掛かっているのが、
『透明の赤ちゃん』です。

結局、最後まで身元すら判らずじまい。

東京ならまだしも、地方都市で赤ちゃんが行方不明になったら
さすがにわかるでしょう?

警察にだって届けが出てるでしょうし、残されたベビーカーなど、
手がかりもないわけじゃない。

話の都合上として出されたキャラクターとしても、何かしらの
答えは欲しかったです。

荒木先生って、余計と思ったエピソードはあえて語らない傾向が
ありますけどね。



ジョジョの奇妙な冒険、第四部がそれまでと大きく違うのが、
主人公が1人だけと決まっていないことです。

住人たちが助け合って、街を守っていく。
だから物語の最後には、先代の主人公たちは後を任せて
街を去ります。

仗助がその後どうなったか、語られることはなかったですが、
もし仮に彼が志半ばで倒れたとしても、街は大丈夫でしょう。
彼の代わりに戦う者がいるだろうから。

ああ、だから語る必要がなかったのか。