茅ヶ崎漁港

テーマ:
今日はサザンビーチに出撃!  のはずが波の影響で漁港になってしまいました。。。



そこで待ち合わせをしていたバリッチョさんたちと釣り開始。

しかし、太陽がでなく北風なのでとても寒い & 釣れない(*_*)

なのでいっそのこと港内を狙ってみようということでやってみたら小さいですが本命をゲット

1匹釣れたはいいけど、その先が続かず雨も降り出しそうだったので撤収。
今日の釣果はこれだけでした。


しかし、今日は嬉しいことが!!

釣工房 たな賢 様から素敵なプレゼントを頂きました。
大切に使わせていただきます!(^^)/

SN3T0108.jpg


ではまた(^O^)/





AD

西湘海岸どうなる?

テーマ:
今日のニュースで載っていた記事ですが、これやばくないですか?

「小田原市付近の海底で急激に深くなるエリアでは、谷底に砂が落ちないようにする壁のような施設も設ける。」と書いてあるが、この先も国府津で釣りしたいよ?



相模湾沿岸の浸食対策 国が海底に流出防止施設(日本経済新聞2014/4/3)

 国土交通省は海岸浸食が進んでいる神奈川県の相模湾沿岸の保全対策に着手する。事業費は約181億円で、事業期間は2014年度から31年度まで。台風発生時などに土砂が大量に沖合などに移動するのを防ぐ施設を海底に設置するほか、海岸に約36万立方メートルの砂を入れる「養浜(ようひん)」を行う。

 大磯港(大磯町)から酒匂川河口(小田原市)までの西湘海岸(約13キロメートル)を整備する。大磯町から二宮町にかけた沿岸の海底に岩盤状の施設を6基設置し、高波などで砂が大量に沖合などに移動するのをせき止める。小田原市付近の海底で急激に深くなるエリアでは、谷底に砂が落ちないようにする壁のような施設も設ける。

 同エリアは07年9月に発生した台風9号で、海岸沿いの西湘バイパスが崩落した。約50万立方メートルの砂が沖合に流出し、砂浜が浸食された。県や沿岸13市町などで構成する「なぎさづくり促進協議会」が国の直轄事業として保全事業を実施するよう要望していた。

 国の直轄事業となることで国の補助事業として手掛けるのに比べて県の負担を減らせるという。
AD

国際フィッシングショー 2014

テーマ:
ご無沙汰しております。
釣行回数は減りましたが、まだ元気にやっております。


今日はフィッシングショーに行ってきました!(^^)/

まずはいつもお世話になっているはりよし様へ。

去年より一段とお客様も多く活気づいていました!!

高澤鱚介さんや吉野さんもいらっしゃられ色々お話をさせていただきました。
また、投げキス専用針の鱚介アブミも5号・6号とラインナップが増えずいぶんと使いやすくなりました!
そして、すでにハリスが結んである鱚介アブミも新発売され、いつも忙し~い方にはいい商品だと思います。

SN3T0104.jpg

お次は、ダイワ様へ。

こちらでは高橋さんとお話をさせていただきました!
興味がある新製品のサーフベーシア45やAGSを搭載した投げロッドなど色々なものの説明をしていただきました。

そして、高橋さんのトークショーにも行こうと思っていたのですが時間を見忘れ・・・
なので、他に投げのトークショーやっていないかなと探していると伊藤幸一さんがささめ様と景山様でやるというので出席!

両方でちゃいました(^^♪

これで今年のフィッシングショーも終了。。


今年も大会に出ようと思っているのでよろしくお願いします(^_-)-☆

AD