斉藤つうりのブログ 『ブッダプログラム』

斉藤つうりのブログ 『ブッダプログラム』

■Buddha Program HPはこちら



斉藤つうりのブログ『Buddaha program ブッダプログラム』



既存の宗教や、様々な哲学、スピリチュアルな教え。

それらすべては『本当の自分に気づいていくための覚醒プログラム』なのだと私は捉えています。


そのプログラムを私は『ブッダプログラム』と呼んでいます。



私、齊藤つうりは寺に生まれ、僧侶として僧籍に従事すると同時に、

全国で活動を展開しています。


●2016年4月21日刊行

後悔ゼロで生きるために、いまのうちやっとくこと』






●『自分探しのアカシックリーディング入門』



$斉藤つうりのブログ 『ブッダプログラム』

誰にでも読みやすいアカシックリーディング入門書です。

2013年10月説話社より発売。


アマゾンのリンクはこちら です。



●個人セッション


毎月開催しています。

・アカシックレコードリーディングセッション

・リチュアルヒーリングセッション

・アカシックレコードリーディングフォローアップセッション


お申し込みはこちら から。




齊藤つうりスケジュール


満席
2017年7月28-30日
ホワイトマジック特別習得リトリート IN 洞爺湖

北海道洞爺湖にてエソテリシズムの本質とホワイトマジックを習得するための3日間
詳しくはこちら



受付中
2017年8月25-27日
ホリスティックスク-ル IN 八ヶ岳原村リトリ-ト-Quantum Leap 量子的飛翔-

夏の恒例。田園調布長田整形外科・長田先生と最強スタッフの皆さんとのコラボ。
詳しくはこちら


満席
2017年9月16-17日
広島・弥山ビジョンクエスト

秋分の弥山山頂にてビジョンクエストを行います
詳しくはこちら



受付中
2017年9月30日-10月2日
ノウイング3日間集中コース

ノウイングの13カ月のエッセンス3日間で集中的に行うクラスです
詳しくはこちら

NEW !
テーマ:

満席となりました。
キャンセル待ち受付させていただきます(6月26日現在)

 

 

 

弥山ビジョンクエスト。募集開始します。

■2017年9月16-17日「弥山ビジョンクエスト-2017 秋分-」
 

広島にある宮島、弥山・山頂にて、ヴィジョンクエストを行います。

ヴィジョンクエストとは、通常の意識状態では得られない、あなた自身の内に眠っている明晰性の扉をひらき、意図した事柄のヴィジョンを受け取るためのもの。

古来より、広島弥山は山岳信仰の場とされており、山頂にある巨石群から伸びる垂直方向のエネルギーは、そこに訪れる人に霊妙なインスピレ-ションを与えてくれます。

また弘法大師空海によって、開かれたとされるこの山は、日本古来のマスターたちがより大いなる自分へと開かれるための意図を持ち、瞑想やワークを重ねた場所。

今回はこの弥山山頂にて、一晩夜を通し、ヴィジョンクエストを行います。

ヴィジョンクエストの開けた朝には、弥山よりご来光を望めることでしょう。

この特別な機会をぜひご一緒しましょう!

※このビジョンクエストは、宮島・大聖院さまのご協力と許可をいただき、弥山山頂ならびに、お堂(悪天の際)を使用させていただきます。通常では行うことができない方法ですので、どうぞこの機会をご活用ください。
 

昨年のビジョンクエスト明けの朝の写真。
実際にこの場所にてビジョンクエストを行います。


■ビジョンクエストとは?
 

ビジョンクエストという名称は、古来ネイティブアメリカンの部族で行われてきた少年期から大人へと、変容するための通過儀礼としての認識が一般的です。
たとえばネイティブアメリカンの代表的な部族であるスー族で行われるビジョンクエストの儀式では、ある段階を迎えた少年は、村から離れた山へと連れて行かれ、四日間飲まず食わず、たったひとりで過ごします。その間に得た体験や、夢を持ち、村に帰還した少年は、部族の長老と夢について話し合い、長老はその夢について解釈をします。そしてその少年には新しい名が与えられ、大人として部族の新しい役割を与えられます。
そしてまた古今東西成熟した文化では、人間がある段階を迎えると、家族で与えられた役割や、社会的なアイデンティティを一切手放し、自らの内側にある神聖さ-自分とは何者かを知ろうとする力-に目覚めるために、現実の一切から自分を切り離すための時間と場所が用意されています。たとえば日本ではそれが仏教や神道の修行として、一般的には知られています。現代でも出家を望む人の大きな欲求はこの自らの内にある神聖さに目覚めたいという、とても本質的な欲求なのではないでしょうか?
今回の弥山ビジョンクエストは、ネイティブアメリカンの代表的な形にとらわれることなく、「自らの神聖さに目覚め、人生の指標を自らの内に求め、獲得する」という目的のために行われます。
 


昨年のビジョンクエスト明けの朝日。



■広島弥山について

宮島の最高峰標高約535メートルの霊山「弥山」。
1200年前、弥山は弘法大師空海によって、開かれました。弘法大師は100日間の虚空蔵菩薩求聞持(アカシックリーディング)の修法を行い、数々のインスピレーションを受け取ったとされています。その際、空海が修行を行ったとされる弥山本堂、そして1200年以上経った今も燃え続けていると言われる「消えずの火」など、多くの伝説を残しています。また、弥山には山頂付近には巨石群があり、楔文字などよりも古い時代のものとされる古代文字が刻まれた岩などが存在しています。
この場所の力はより大いなる自分にむかって開かれたいという意図をもち訪れる人に、大きなサポートを与えてくれることでしょう。
 
 
山頂付近の洞門。 

 

■弥山登山

ロープウェイの降り口から山頂まで通常の大人の足で約40分ほどです。
途中、岩の道や足場の悪い個所などが少しだけあります。

 
■今回のビジョンクエストについて
 
好天時は山頂にてビジョンクエストを行う予定です。
悪天候時には、今回のイベントの為に仮り切っている宿坊にて行います。
準備のために必要な講義とワークを行い、その後、ビジョンクエストを行います。
9月16日18時頃~17日日の出まで、約12時間のビジョンクエストを行います。
ビジョンクエストとは、基本的に不眠不休で瞑想を行い続けるものです。
 
 
  
■服装について
 
弥山はどなたでも簡単に登山と自然を楽しむ場所ですので、登山に関しては本格的な登山の装備は必要ありません。
ですが、今回は弥山の山頂にて一晩を過ごすプログラムとなっています。
秋分の日とはいえ、自然の山の山頂は急激に冷え込む場合があります。
その点をご了承の上、以下の持物、服装をご準備くださいませ。

※服装や持ち物についての詳細はお申込み後に、メールにてお知らせします

 


プログラム概要

■日時

9月16日(土曜日)14時集合 
9月17日(日曜日)午前10時ごろ解散
 
■集合場所

広島弥山ロープウェイ紅葉谷駅

地図こちら

■料金     35000


■参加者人数   15名

■お申込み 

ブッダプログラム事務局
tsurisaito.buddhaprogram@gmail.com
こちらをクリックするとメール送信画面がひらきます

こちらのアドレスへ、「弥山ビジョンクエスト」の件名にて、お名前、電話番号、をご明記の上、メールを送信ください。
追って、事務局より、3日以内に、詳細のメールをお送りいたします。
もしも3日以内に、返信がない場合、携帯電話のアドレス等の問題により、メールが届いていないという事態が考えられます。
そのような際には、大変お手数ですが、下記電話番号までご連絡をよろしくお願いいたします。
 

■お問いあわせ先
 ℡ 090-1694-4170


■お支払い方法について

お支払いは銀行振り込みにてお願いします。
ワークショップ、イベント関連のお支払いについては、ブッダプログラムからお送りする確認メールにて、お振り込み情報をお知らせ致しますので、メールの内容をご確認のうえ、期日内でのお振り込みをお願いいたします。
なおこのイベントは、お堂を貸し切るため、キャンセルは8月16日(1カ月前)までとさせていただきます。
それを過ぎますと、返金はできませんので、ご了承ください。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

満席となりました。ただいまキャンセル待ち受け付けしております。(6月25日現在)

 

今年も夏の北海道でリトリ-トをやります。

「ホワイトマジック特別習得リトリ-ト」。


ご一緒できる方、お越しくださいませ。


 


ホワイトマジック特別習得リトリートin洞爺湖
 

古来より秘教的なグル-プのなかで大切に保持されたホワイトマジックを、3日間で集中習得するためのリトリ-トです。

ホワイトマジックを習得することで、微細なエネルギ-領域を視覚化し、意識的にコントロ-ルすることが可能となります。

いま私たちはこれまでになかった視点を持って、人類の意識の核ともいえるエソテリシズム(秘教)を自らの内に統合するときがやってきています。

古今東西のエソテリシズムの本質を理解し、そこで保持されてきた教えとホワイトマジックを実際に体験することで、この現実のベールの向こう側にある「人類の核なる意識領域」へと到達していきましょう。

北海道洞爺湖の洋館と広大な敷地を少人数で貸切り、真に豊かな時間を共にする3日間です。


※事前に行っていただくワ-クがありますため、申込み期限は7月5日までとさせていだたきます。
 


■マジックとエソテリック


エソテリシズムとは、秘教的な教えのこと。

キリスト教の神秘主義であるグノーシス主義、ヘルメス主義などの西洋エネテリシズムの体系や、チベット、エジプト、中国など各地で閉じられたインナ-サークルのなかでだけ伝えられてきた教えとその情報は、2012年の境界線を超えて、各マスターたちによって、一斉にこの世界に解き放たれました。

これからの教えは、意識の変容のプロセスを急激に押し進めるために、一部のサ-クルのみに留められ、イニシエーションを通してのみ、その情報とエネルギーは伝えられてきました。しかしユニティの時代へと入ったいま、それらの情報をどのようにあつかうのかは、各個人にゆだねられたのです。

このリトリートでは、西洋・東洋の枠を超えて、それぞれのエソテリシズムの核心的な情報をお伝えし、様々な教義の意識の段階を横並びにして整理していきます。

そしてそれぞれの意識段階を遡り、内なる神性へ至るために必要な、ワ-クや瞑想をお伝えし、三日間で徹底的に実践していきます。

またこのプログラムでは数々の秘教で実践されている「ホワイトマジック」を体得します。

これらのマジックは、個々人の意図を強力に後押しするものです。

あらゆるマジックは、この世界との関わり方によって生み出されるということを、参加者は真の意味で理解するでしょう。

 

ひょっとしたらこのような試みは、これまでの時代では完全に禁止されていたことかもしれません。

なぜなら、ひとつの体系を身につけようとするとき、他の体系を身につけることは妨げとなるとされていたからです。

私自身、様々な体系のなかへ飛び込み、仏教や、西洋エネテリシズムを学ぶプロセスのなかで、ひとつのことに完全に身を捧げることでしか体験できないもの、ということ意味をそれこそ「身に沁みて」理解してきました。

しかしいま時代は圧倒的な速さで変化を遂げています。

たとえば西洋エネテリシズムの源流である、アリスベイリー、ブラバツキー、シュタイナーらが、かつてヒマラヤの奥地に求めた教えは、様々な多様性をもって世界中にひろがりました。

また同じように、チベット密教の頂点として、その秘儀を代々守り続けてきたダライラマは、世界大戦により聖地からの退出を余儀なくされ、結果的に密教としての教えを世界中に説き回ることとなりました。

まるで何万年も固くその姿を変えることのなかったヒマラヤの山頂の雪が溶けだし、大地を潤したように。

いま私たちはまったく新しい視点を持って、人類の意識の核ともいえるエソテリシズムを自らの内に統合するときがやってきているのです。

あらゆる偏見を捨て、エソテリシズムの本質を理解し、そこで保持されてきた教えを実際に体験することで、意識の新しい領域へと到達していきましょう。

また今回の会場は洞爺湖畔の9000坪の敷地にある大邸宅と敷地のすべてを、参加者で貸し切りにします。

ジオパークとして世界遺産登録された北海道洞爺湖。

緑豊かなベストシーズンの洞爺湖は日常と離れた内側の静けさをもたらしてくれることでしょう。

 

 

 

齊藤つうり



■プログラム内容

・エメラルドタブレットによる人類の起源
・「神智学」による創造のヒエラルキ-(階層構造)について
・アカシックレコ-ドを織りなす天使存在についての詳細
・神々、仏、天使存在の役割とその本質について
・グノーシス派による世界観
・ホワイトブラザーフッドについて
・アセンデットマスタ-の輪廻転生の系譜
・サナトクマラという存在について
・微細エネルギ-の実践的な扱い方
・守護天使とのコミュニケ-ションの方法
・生命の木(カバラ)による意識の各段階とエネルギープロテクトの方法
・五大元素の活性化とマジックサークル(魔方陣)の作り方
・ホワイトマジックの秘儀を体得する
・シャーマニックテストによる再生のイニシエーション(超自然によってもたらされる自己イニシエーション)


※進行によって、内容は変更する可能性があります。

■日時
2017年7月28日(金)15時~30日(日)



■リトリート会場
 レイクハウス アット 洞爺湖(北海道虻田郡 洞爺湖町財田9-3)

◆会場の紹介(レイクハウスアット洞爺湖HPより)



レイクハウスアット洞爺湖は木々に囲まれた湖畔にあり、すばらしい北海道の自然を楽しむことのできる宿泊施設です。
9000坪ほどの敷地は支笏洞爺国立公園に隣接していて、湖まで歩いて1分という距離にあります。この景色の中、さまざまなウォータースポーツやゆったりとした時間をお楽しみいただけます。
世界有数のジオパークとしても有名なこの地域は、ルスツスキーリソートから25分という隠れ家的でありながら恵まれたロケーションにあります。
ヒマラヤスギをふんだんに使って作られた 建物は美しい湖畔の景色と自然あふれる庭、ポプラの立ち並ぶエントランスと調和しています。
 



1階のお部屋はそれぞれパティオにアクセスできるようになっています。いずれのお部屋も景観を楽しみながらおくつろぎいただけます。春は桜の花が咲き、夏は湖で夏は湖で、秋には山々の紅葉を鑑賞し味覚も堪能、冬は極上のパウダースノーをお楽しみください。



レイクハウスの部屋にはそれぞれ特徴があります。プレミアム ツイン・キングの【SAKURA】 はウォークインクローゼット付、バスルームには天窓があり星を眺めながら入浴ができます。窓の外は洞爺湖、輸入のカナディアンシダー木を惜しむことなく使った贅沢かつ温かみのある室内は建物の中で一番のラグジュリーな空間です。パウダールームは2人同時に利用可能。【デラックスバンクルーム】は4名様同時利用可能な2段ベッドがついています。どのベッドもカーテンでプライベート空間を保つことができ、窓からは洞爺湖が見えます。

 


■食事

北海道ならではの新鮮で豊富な食事を用意しました!!
毎食のバラエティ豊かな食事もこのリトリ-トの大きな楽しみとなることでしょう。

 




■参加費
128,000

3日間の宿泊費、食費を含みます。



■参加者定員
 14人
少人数制です。
キャンセル待ちに関しましては、キャンセルが出た場合、お申し込み先着順でご連絡を差し上げます。



■お申込み先

◆札幌セラピーオフィス トゥルーライフウェイ
http://true-lifeway.net/
連絡先メールアドレス:2017touya@true-lifeway.net

お申し込みの場合、「お名前(おふりがな)、生年月日、性別、ご住所、お電話番号、メールアドレス」を記入の上、ご送信ください。
お申込みメールを頂いたにも関わらず、こちらから3日以内に返信がない場合は、お手数ですが再度ご連絡いただけますよう、よろしくお願いいたします。
またお問い合わせもこちらにお願いいたします。


■現地までの交通手段の概要

◇お車の場合
◆札幌から約2時間(国道230号経由)
◆新千歳空港から約2時間(支笏湖経由)

※会場まで直接お越しください。宿泊施設に無料駐車場がございます。

◇公共交通機関使用の場合


◆モデルケース① 羽田空港→洞爺の一例 飛行機→電車の交通手段の場合

羽田空港   10:00発 ANA059便              

新千歳空港 11:35着

JR新千歳空港駅  12:21発
 JR快速エアポート125号・小樽行

JR南千歳駅 12:30発 
 JR特急北斗12号・函館行

JR洞爺駅 14:07着

タクシ-にてリトリート会場まで30分ほど
(駅にて相乗りを手配予定)


◆モデルケース②
JR札幌駅→洞爺の一例 電車の場合

JR札幌駅 12:15発
 JR特急北斗12号・函館行

JR洞爺駅 14:07着

タクシ-にてリトリート会場まで30分ほど
(駅にて相乗りを手配予定)


◆モデルケース③
札幌駅→洞爺の一例 バスの場合

札幌駅前 10:10発
 道南バス 豊浦しおさい前・洞爺湖温泉~中山峠~札幌

道の駅「洞爺水の駅」 12:29着
(開始お時間になりましたら、車にて送迎予定)

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(2)

テーマ:

妻に父の日のプレゼントでジャケットを買ってもらっちゃいました。

 

このジャケット、薄くて、軽くて、すごく気にいった!!

 

というわけで、自撮り。

 

このブログはじまってから初の自撮り。

 

これから本科スクールにいってきます。

 

 

明日、弥山ビジョンクエストの募集開始します。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

あの世とこの世の境界線。

 

それは一見、とても明確なように感じます。

 

死者は向こう側。

 

生者はこちら側。

 

けれど寺という臨床の場にいると、あの世のとらえ方はまったく変わってしまいます。

 

あの世はすぐそこにあるとか、明日亡くなるかは誰にもわからないとか、そういうことではありません。

 

寺に住んでいると、生者と死者の境界線はほとんどありません。

 

私は子供のころから、毎日のように金縛りにあい、亡くなった方との対話をくりかえしてきました。

 

ときにはそれはほんとうに恐ろしい体験でしたが、そこから多くのことを学びました。

 

あの世とこの世とは、意識のレベルの違いです。

 

あの世とはあらゆる可能性が「たたみこまれている」意識の世界(無意識・合一・ユニティ)であり、

 

私達がいる現実はその可能性が展開されている意識の世界(顕在意識・二元性)です。

 

そして最近亡くなった方(あるいは亡くなりそうな方)はこの二つの世界の中間の領域に意識の焦点が当たっています。

 

そして夢で私たちが亡くなった方と出会うのは、睡眠中(あるいは金縛り)はやはり亡くなったばかりの方と似た意識のレベルになるので、そこで波長が組み合わさった時に、死者との対話が起こるのです。

 

明日のブッダプログラム、気づきナイトでは、いま身近な人が亡くなりそうな方へ、亡くなったばかりの方への気づきがテ-マなのですが、この意識レベルとあの世の話がなぜ大切なのかというと、

 

もしあなたが意識のレベルを拡大することができるなら、

 

亡くなった方、亡くなりそうな方は、

 

ほんとうに移行をするだけなのだとわかるからです。

 

そして何も失われるものはないのだと本当の意味でわかるからです。

 

亡くなった方は、あなたの無意識のなかに住みます。

 

あなたのなかには、実際に亡くなった方が住んでいます。

 

もしあなたが彼らとつながりたいなら、

 

すこしあやしい言い方になりますが、

 

あなたの内側にあの世を開くことです。

 

それはけっして、厭世的なことを意味しているわけではありません。

 

むしろとても現実的なことであり、けっして生きる意味を損ねるものではありません。

 

すこし長くなってしまいました。

 

明日の気づきナイトでは、寺の臨床としての、あの世とこの世のリアルな話と、

 

本当に実用的ないま亡くなりそうな方、亡くなったばかりの方とつながるためのワ-クを行っていきます。

 

残席が少なくなっています。

 

この気づきが必要な方に届きますように。

 

 

 

ブッダプログラム「気づきNight」

自分っていったいなんだろう…?
そんなシンプルな問いかけから、世界中のあらゆる宗教やスピリチュアリズムはスタ-トしました。
表面上はまったく違うように見える教えも、その本質で言い表したいことは「あなたとは何者か」ということだけなのです。

このブッダプログラム「気づきNight」は、あなたが自分とは何なのかをほんとうの意味で知り、深めていくための時間。

仏教や世界中の様々なスピリチュアリズムの内容を、誰にでもわかりやすいようにお伝えし、瞑想やワ-クを通じて、その体験を落とし込んでいく2時間です。

堅苦しい会ではありません。わいわいとシェアをしながら、あなたの内側にある「気づきの種」を開花させていきましょう!


ブッダプログラム 気づきNight vol.1
「人生最後の気づき」
いま身近な人が亡くなりそうな方へ
最近身近な人を亡くした方へ
本心と慈愛で相手とつながる方法


あの世。

それはいつかやってくる境界線の向こう側にあるものでしょうか?

ついこないだまで普通に話をしていた人が、今はもういない。

頭ではわかることも、こころに聞いてみると、それはとても不思議なことです。

あの世は身近なものどころか、もうあなたのなかにあるのかもしれません。

ブッダプログラム気づきナイト・第一回目のテーマは「人生最後の気づき」。

身近な人が亡くなりそうなとき。

いったい私たちに何ができるでしょうか?

あるいは身近な人を亡くしたとき、どんなふうに私たちは自分と死者とのこころを解放していくことができるでしょう?

寺で40年に渡り、私が死とかかわってきた経験でわかったこと。

それは「人は自分自身の本心に気がつきにくい」ということ。

人は誰しも、社会的な役割や、恥のなかで自分の本心を隠してまいがちです。

そうして人生の最後のときまで、その仮面をはずすことができないなら、いったいいつ本心に気がつくことができるのでしょう?

ひょっとしたら死を前にして感じる無力さとは、別れや痛みのつらさではなく、本心を伝えることのできないはがゆさなのかもしれません。

今回の気づきナイトでは、仏教や様々なスピリチュアリズムから既存の枠にとらわれない「ほんとうのあの世の話」をお伝えし、死へのとらえ方を楽にするためのお話をします。

そして実際に亡くなっていく身近な方(亡くなったばかりの方)へ、あなたの本心を伝え、お互いの慈愛を解き放つためのワ-ク行っていきます。

人生の最後という、その事実は変わることはないかもしれませんが、ひょっとしたらとらえ方を変えることはできるのかもしれません。

また身近にそういった方がいない方でも、このテ-マに興味がある方はもちろんお越しください。

 

【ワークショップ内容】
  • そもそも「あの世」って何?
  • この世の仕組み、あの世の仕組み
  • 亡くなる人を前にして「いつものリアクション」をしないこと
  • 「感情を感じきること」は亡くなった方への最高の供養
  • 亡くなった人が伝える大切なサインを見逃さないように
  • 亡くなった人が住むのはあなたの「無意識」のなか
  • あなたの罪悪感はどこからやってくる?
  • 死を間近にした人(亡くなった直後の方)へ、あなたの本心を伝えるためのワ-ク

 

 

2017年6月20日(火曜日)
時間:19:00〜21:00(開場18:30)
料金:5,000(税込)
場所:京急蒲田駅から徒歩2分(詳細はお申し込みの際にお知らせさせていただきます)
定員 30名

■お申込み 
ブッダプログラム事務局
tsurisaito.buddhaprogram@gmail.com
こちらをクリックするとメール送信画面がひらきます

こちらのアドレスへ、「気づきナイト」の件名にて、お名前、電話番号、をご明記の上、メールを送信ください。
追って、事務局より、3日以内に、詳細のメールをお送りいたします。
もしも3日以内に、返信がない場合、携帯電話のアドレス等の問題により、メールが届いていないという事態が考えられます。
そのような際には、大変お手数ですが、下記電話番号までご連絡をよろしくお願いいたします。

お問いあわせ先
℡ 090-1694-4170

お支払い方法について
お支払いは銀行振り込みにてお願いします。
ワークショップ、イベント関連のお支払いについては、ブッダプログラムからお送りする確認メールにて、お振り込み情報をお知らせ致しますのでメールの内容をご確認のうえ期日内でのお振り込みをお願いいたします。

※ ご予約の前にご利用規約をご確認ください > 詳しくはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

金曜日から三日間アカシックアドバンスコ-スのスタ-トでした。

 

三日間で自己認識をしっかりと深めていきました。

 

そして本質的なレスポンスをいかに行うのかについてワ-ク。

 

新しいアプロ-チを行っていったので、実は講師である私もかなり緊張していました(そうはみえなかったかもしれないけどね)。

そして夜もプログラムを練るために、ほぼ睡眠とれずでした。

 

結果的に、仮面を取り去るためのガチクラスの三日間となったのでした。

 

生徒の皆さん。ご統合さまでした<m(__)m>

 

とりあえずゆっくり休んでくださいませ。

 

そしてこれからアカシックリーダ-の旅、9か月。

 

がっつり深めていきましょう!

 

 

 


バリの寺院にて

 

 

●個人セッション7月のセッション残りわずか

 

毎月開催しています。

・アカシックレコードリーディングセッション

・リチュアルヒーリングセッション

・アカシックレコードリーディングフォローアップセッション


お申し込みはこちら から。

 

齊藤つうりスケジュール


明日です。残席わずか↓

2017年6月20日19-21時
ブッダプログラム「気づきNight」人生の最後の気づき

いま亡くなりそうな方、亡くした人へ。本心と慈愛でつながる方法
詳しくはこちら



 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。