体力・気力を充電したい老若男女にお薦めの本です。!?



高橋さんの本は写真がいいので大好き、この本も


写真に癒される。




本のタイトルは 自由帳 著者は 高橋 歩 さん


人生を決めるヒントとなる自由の詩177が集められて


いる。 著者をご存知の方も多いと思いますが、自称


自由人 高橋 歩 曰く : 今回 (一度だけと言わず、今回)の


人生を、くだらない常識を破壊すれば、夢が広がる、


人生が広がる、世界が広がると・・・。メラメラ



‘型破り陶芸家’ 堀内めぐむ の 陶芸の楽しみ方

 1470円

      

      高橋語録 目


自由に生きるために必要なものは、自信・勇気・行動力・


決断力なんかじゃない。持って生まれた才能・運・環境


なんかでもない。不必要な常識を捨てろ。叫び


プロローグで Take off your frame! 


まずは、自分のワクをはずそうと、言っている高橋さん。


      

       読後の感想 合格



いたって高橋さんは、常識人で枠内にいると思う。


ただ、その責任感・常識の領域・Frameの大きさが、普通人より


はるかに大きすぎて、見えないところにあるだけのことでしょう。


自由な行動には、大きな責任が伴うことを、充分ご存知ですから。あせる



個人的には、彼に少し似た生き方をしてきたが、創作活動を


する者にとっては、ワクに囚われると、自由な発想が生まれない。


高橋さんは 自由人=人生のアーティストです。



旅とは一冊の本であり、旅に出ない者は、同じページばかり

読んでいるのだ。 アウグスティヌス(古代ローマのキリスト教神学者)



明日も、お気に入りの詩を、少し紹介しましょう。




 
  いつも読んでいただきありがとうございます

   
    応援して    ”豚を木に登らせよう” 
 このブログのリピーター(読者登録)大歓迎 ラブラブ


   

 

  プレゼントに何か・・・?迷っておられる方へグッド!


   Only one をあなたにお店(見せします。

   



AD