2005年10月24日

【第117話】 ロッテ強いな

テーマ:野球

ちょっとばかし調子に乗った文章を書いてみようかと。


※言っておきますが、私はタイガースファンでもありますので

 あ、今回はマリーンズを応援してますが。


千葉ロッテマリーンズを良く知らない人の為に書いてみます。

選手良く知らないって言ってた、不届きな人もいたので、その人は読みなさい。


日本シリーズ。

日本一を争うゲームの割りに、お粗末過ぎますね。

実質、12球団で1位・2位を争うのはホークスとマリーンズなのかも知れない。

パ・リーグのプレーオフが日本一決定戦だった様な気もします。


まず1戦目。

先発4人の中で一番不安定な清水から1点

あの濃霧が無ければな。ちくしょう」なんて言っているタイガースファンもいますが。


あの濃霧の中で試合をしていたのは、タイガースの選手だけじゃないんですが・・・w

まさか濃霧がなければ、8回・9回でひっくり返していたとでも・・・。


またしても里崎が良い所で打つわ、今江は全国デビューするわ・・・。


高校野球でコールドゲームってのがありますが、プロ野球でコールド勝ちをするとは。

(いや、ちゃんと違いはわかってますから、いちいち指導してくれなくて良いです)


2戦目。

なんで阪神は下柳じゃないの?安藤は舐めすぎかな、と。

渡辺俊介、予想したとおりで全然つけいる隙を与えない。


今江が8打席連続安打の日本記録を達成したと思えば、

アニキ・今岡、何やってんのか、と。

タイガースの松中か、おまえらは、と。


あるセ・リーグ(某在京新聞社の球団)のファンの方が私に言いました。


西岡って守備うまいですね!」

今江との三遊間は鉄壁じゃないですか!」


ああ、二岡と江藤の三遊間に比べれば。

マリーンズは、今回のシリーズで、「守備の達人」を二人欠いて戦っているわけで

ショート小坂、セカンド堀。


小坂の遊撃守備に比べたら、西岡の守備なんて赤子同然

小坂が入ったら、西岡がセカンドに回されるなんて、信じられないんだろうなぁ・・・。


後ね、今江の三塁守備は、

普通のサードと違いますよ

ショート側は小坂か西岡が入るわけで、

サードベースから思いっきり離れてライン側に体を向けて守ってるしね。

なんていうか、リレーでバトンを受け取る時の様な体勢。


最初っから三遊間の際どいゴロは、小坂・西岡に任せて取る気なし


サブローなんて、全国的に見れば、

なんだそりゃ?イチローのパクリかよ。やめとけ、バカ

ぐらいに思われてたでしょう。

だって、マリーンズのファンでさえそう思ってましたから

毎年毎年毎年毎年、怪我ばっかりで満足に働けなくて、

やっと目が出たなぁ、と。嬉しいな、と。

最近、死ぬまでサブローを応援し続けて見ようかと思い始めてます。


1戦目の先発清水なんて、「エース清水」なんて言われてますが、

別に聖飢魔Ⅱの警察長官の人とは関係なく、いや、それも文章とは関係なく、

今シーズン一番調子悪いピッチャーなんだけども。

いや、プレーオフで少し回復してましたけどね。


西岡にしても、今江にしても、サブローにしても、

みんなしてモデルみたいな体型してるしなぁ。

いや、関係ないけど。


で、

西岡も、今江も、サブローも、清水も、里崎も、橋本も、渡辺正人も、


みーんな西日本出身の選手だって気が付きました。

正人は千葉県出身だけど。


福浦ぐらいだもんな。レギュラー選手で関東出身なの。

フランコもベニーもスンヨプも、西と言えば西出身だし。


そんなわけで、西日本凄いね。偉いね。だからタイガースも凄いよ、きっと。

※言っておきますが、私、大阪市出身ですから。


あ、そうそう。よく知らない人の為に、マリーンズのレギュラー選手を教えておきます。


捕手 里崎・橋本

一塁 福浦・李・フランコ

二塁 堀・西岡         ※控え:渡辺正人

三塁 今江           ※控え:初芝

遊撃 西岡・小坂

外野 李・ベニー・フランコ・サブロー・大塚  ※控え:諸積


え?なんだか人数が全然合わない?

そう。ずーっとポジションが固定されて出場してるのは、今江ぐらいです。


それがマリーンズの強さの秘密かも知れません。


投手陣は、

先発   渡辺俊介・小林宏之・清水・セラフィニ・久保・(小野)⇒この6人で68勝。

      +ファンサービス専用で黒木。

中継ぎ 薮田・藤田・高木・山崎・(小野)・(小宮山)

抑え   小林雅英


タイガースのひょっとこ監督は9月27日に優勝を決めた時に言いました。


タイガースの投手陣は、12球団イチのスタッフです!」


は?

何をおっしゃる。


メジャーに行きたくて心ここにあらずの、エース井川

パ・リーグで防御率4点台が普通だった、規定投球回数未満の年寄り最多勝投手、下柳

まだまだ実績の少ない、今年のみの確率変動の可能性が高い杉山・安藤

タマだけ速い、福原

あの細い体で80試合も投げちゃって、来年の披露が心配な、広末涼子の同級生藤川

パリーグの攻撃的な打撃に通用するとは思えない、ウィリアムス

抑え転向ホヤホヤの、実績の少ない久保田


ホークス様とマリーンズの投手陣を良く知った上での発言か、と。

この、岡田め。

もう少しパ・リーグの事も研究してから発言しろ、と。


あ、研究する様な真摯な態度があったら、

2試合で20点も取られないか


言っておきますが、


私はタイガースのファンでもありますから


愛のムチって奴です。


それから良く人に、

コロ助さんもライトスタンドで跳びはねてるんですか?

って聞かれますが、

跳びはねてませんから


私、内野席で見るのが好きです。

どっちかっていうと、ピョンコピョンコ跳びはねている奴等を、

「ふっ」って感じで眺めてる方が好きです


甲子園のレフトスタンドがぼろくて、

マリーンズサポーターに、

「跳びはねないように」ってお願いしたらしいですね。

危険だから、とぶな、と。


えーと、交流戦の時にはそんな事言われなかったんですけど。


どういうつもりなんでしょうか?


跳びはねないと、タイガースが勝つとでも。


野球で勝負しましょう。


あ、私、言い忘れてましたけど


大阪出身のタイガースファンでもありますから。


この後マリーンズが情けない連敗をして、

日本一を逃したら、

この文章、消してしまうかも知れませんから、

読むなら今のうちです。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年10月18日

【第114話】 優勝

テーマ:野球

今年は本気で応援してました。


優勝した。

んー、「自分が真剣に応援するチームが優勝する」っていう感覚。

野球に限らず、ですが。


1985年の阪神タイガース以来かも知れない。20年ぶり


試合中は当然仕事でしたから、見る事は出来ませんでした。

休憩時間にネットのサイトで、確認する程度でした。


土曜日にまさかのサヨナラ負けをして、嫌なムードが流れていましたが、

結果としてよかったよかった。


授業している途中に、電話が鳴ったんですね。

で、「え?何か緊急事態でも??」と思って、取りました。

その電話。そしたら、


あ、今、見てるぅ?今、勝ってるよ!!」


・・・、あのう、今、授業中なんですが・・・。

授業中に携帯着信に出てしまった私も私ですが。

で、ビシッ!と言いましたよ。


私「何言ってるんだ!今は授業をしている所だ!」

M子「あれ?今日って仕事の日だっけ?」

・・・、いや、私1年中仕事の日ですけどね。

私「そうだよ。今は中学1年の授業中だよ。」

M子「あー、そうなんだ。でね、3対2で勝ってるよ!逆転したんだよ!」

でね、じゃない!でね、じゃ!

私「わかったよ!後にしてくれ!後に!」


ってなわけで、授業に戻りました。


9時半過ぎに、テレビを見られない私は、

マリーンズの公式HPのスコアシートを更新しまくっていました。

9回の裏、ホークスの攻撃。

柴原:セカンドフライ、2死2塁

の後、


F5ボタン連打


で、「川崎:レフトフライ、ゲームセット!」

を見た瞬間、

「よっしゃ!やた!」と叫んでしまいました。


超嬉しい~。

自分が応援している何かが勝つと、超嬉しい~

自分が応援している何かは、

勝って欲しいですね。

入試だっておんなじ。勝ってください、いや、マジで。


私がマリーンズのファンだって、

意外と色々な人に浸透してたんですね。

その後、

優勝おめでとうございます!」のメールが、


28件来ました。


その殆どに、「モーレツに感動している」って返しましたけど。

ありがとうございます

マリーンズの優勝も嬉しいけど、

そうやってメールを下さった事も嬉しいです


小林雅英。リベンジできて良かったね。

いや、いきなりフォアボールって、

相変わらずパッとしない内容でしたけどね。


結果オーライですよ。


何か、色々とがんばろうかなって思ってきました。


胴上げのシーンも、ビール掛けのシーンも、

両方ともPCで見ました。

んー、IT時代


初芝、引退しちゃうけど、最後に良い思い出を残せて良かったよ。


ありがとう、千葉ロッテマリーンズ。

ありがとう、バレンタイン監督。

ありがとう、マリーンズの選手達。


そして、


ありがとう、ホークスの頼れる4番バッター松中

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年10月09日

【第112話】ロッテ、プレーオフ第一ステージ突破

テーマ:野球

やった。

大丈夫だとは思ってたけど、突破しました。

2連勝。松坂・西口のダブルエースを攻略して、

マリーンズらしい投手陣と打撃陣が上手く組み合わさった勝ち方でした。


ホークスの打線は怖いし、カズミ・杉内・新垣・和田の投手陣も怖い。

でもマリーンズの打線だってどこにも穴が無い。投手陣だったらホークスなんかに負けてない。

何よりも、薮田・藤田のセットアッパーに、コバマサのクローザー。

この武器はホークスには無い。馬原や三瀬と一緒にはならない。


接戦になったら、松中やズレータの一発でひっくり返されてしまうのが怖い。

だけど、単打で繋いで繋いで、ホークス投手陣の「力投むなしく」を誘って欲しい。

そして何よりも、

多分、何もしないで(ってのは言いすぎだけど)待っているホークスに比べたら、

実戦で勘を磨きながら上ってきたマリーンズの方が有利だ、


と思いたい。


小林宏之、カッコいい。なんて足が長いんだ。

来年二段階モーションがボークになる事を受けて、少しずつフォームをチェンジしてるのかな?

今日のフォームはあんまりロックしてなかったな。


去年も第一ステージ突破のライオンズに負けたホークス。

歴史は繰り返すかな?


どうしても負けたくないなら、松中は全部敬遠しろ。

特に渡辺俊介。戦わなくて良いから。負けるが勝ちだから。

2位と優勝じゃ偉い違いなんだ。

どうしてもリーグ優勝したいなら、松中と戦うな。

馬鹿にしていっているわけじゃないけど、おまえには無理だ。

実力がないんじゃない。相性が悪すぎる。


どうしても書きたかった。

でも実際は、ありえないくらい具合が悪い。


熱が39度前後で全然下がらない。

無菌性髄膜炎の疑いありだって。


そんなわけで、あんまり中身の無い内容のブログを許してください。


おやすみ。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005年08月28日

【第104話】西口、パーフェクトゲーム。

テーマ:野球

にはならなかったのは知ってますが

それにしても西口…、すごい。


東尾前監督の秘蔵っ子と言われました。

それほど有名でない大学を卒業した後、ライオンズにドラフト1位じゃない入団。

松坂が入団するまでは、間違いなくエースは西口でした。


今の高校生ぐらいの子だと、

ライオンズのエース?松坂でしょ?」と考えているでしょうが、

やっぱり安定度では西口だな、と痛感しました。


現役で100勝以上あげている投手は、

山本昌(中日)・桑田(巨人)など、他にもいますが、

毎年毎年、コンスタントに成績を残している「200勝候補」は西口ぐらい。


今までに2回もノーヒッターを失敗

今回は9回まで一人の打者も出さずに27人で終了

次の回にヒットを一本打たれて、記録達成ならず・・・。

結局勝てたので良かったですが。


達成すれば記録にも記憶にも残ります。

特に西口の場合、イマイチ色が薄いので、このまま現役を引退すると、

「3回もノーヒッター(一度は完全)を逃した投手」としてさえも覚えられないような気がします。


印象の薄い人

どの世界にもいます。


例えばロッテの投手で言えば、村田兆治や仁科なんかはなぜか覚えているのに、

成田あたりだと名前さえ知らない人がいます。

まさに「完全試合」を達成した八木沢あたりは知っている人多いのに。


あなたの周りにもいませんか?


派手な動きをしないけど、着実に仕事をする様な人が。

動きが派手なわりには、仕事が出来ない人なら沢山いるんですよね。

目立つから周囲の人が認識しやすい。

例えば某読売の坊主のピアス大男とか。


派手な動きはないけれど、決して目立とうとしないけど、

「こいつがいないと困ってしまう」人

あ、地味で、その上に仕事を全然しない人は評価しなくて良いです。


よーく考えてみましょう。


私は立場上、「全然目立たないけど縁の下の力持ち」にはなれません。

本当は縁の下の力持ちの方がいいなって思います。

でも、たまーに、自分の功績を分かって欲しいなって思うこともある、

ワガママな人なのです。


えーとですね、何が言いたいかと言うと、

目立たない仕事をするけど、仕事が出来る人、仕事をしっかりやってる人。

そんなに人には、周りの人が見る目を養って

「凄いですね」って声を掛けてあげて欲しいな、と思うのです。

あ、全然仕事できない人を、「誰も評価してないから評価する」様な人はどっか行って良いです。

俺って人の評価の仕方が並じゃないだろ?凄いだろ?お前らの目が腐ってるんだぜ!」

と言わんばかりに、全然仕事を出来ない人をわざと評価して見せるような

目立ちたがりにはならなくて良いです。


もちろん、「この人が凄いだなんて、言わなくたって分かってる」から、

誰も声を掛けない様な場合もあります。


それでも声を掛けてあげて下さい。

褒められて気分を害するような人はいないはずですから

きっと、素敵な人間関係が築けると思います。


なんだか私、最近ブログの書き方が変わってきていますが、

中身は同じ人です。別に死んでません。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年07月06日

【第89話】ソフトバンク15連勝

テーマ:野球
あー、サボったサボった。
なんかね、「ブログ重いから更新する気がなくて・・・」なんて言い訳しつつ、
実は重いのが理由でなかったりして。
単にやる気が無かっただけだったりして。
いいです。少しずつ元に戻していきます。

ところで、
ロッテが勝っても全然ゲーム差縮まらないな、と思ったら。
負けたらドンドンゲーム差がつくな、と思ったら。

福岡ソフトバンクホークス15連勝中なんですか。
34年ぶりだそうです。強いっすね・・・。

いい加減にして欲しいですね。
プロ野球記録は18連勝だそうですが、達成して欲しいような、して欲しくないような。

個人的には、20連勝したけど優勝できなかった
みたいなマヌケなオチがついてくれるとベストです。
2年連続プレーオフで、2位のチームに油揚げさらわれて。

もうね、なんですか?あのチームは。
あの打線にあの投手陣。
さすが、世界制覇を目指すだけの事はありますね。
バティスタ以外、去年と大して戦力が変わってない気もするんですが・・・。
やはり、カベパンチ杉内の活躍が目立ちますね。
カベぶん殴って、一皮剥けたんでしょうか。あれ?カベ殴ったの、杉内ですよね?
どうでもいいや


ああ、久しぶりに書いた様な気がするので、全然纏まらないな。
と、思ったら、私、昨日ブログ書いてますね・・・。
いつのまに。

次、頑張ります
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年06月29日

【第83話】ロッテ、2ヶ月ぶりに首位陥落

テーマ:野球
昨日は朝四時半に家を出て、
朝っぱらから江ノ島で仕事してきました。

真夏の暑さの中で、目の前が朦朧としてしまいましたよ・・・。
前の日も夜まで仕事だったし、全然寝てないし。

で、夕方に千葉マリンスタジアムに行って、
「息の根を止められる第一歩」の瞬間を見てきたわけです。

この試合に負けたら首位陥落で、
ちゃんと陥落してくれたわけですが。

昨日のマリンスタジアムは一律1,500円でどこに座ってもオッケ!な「生ビールナイター」の日。
まあ、車運転するんでそんなに飲めなかったわけですが。

凄い人でしたよ・・・。
普段は来ないような人も、大勢来ていたせいか、2階席まで満席
私は普段内野の指定席に座るんですけど、
5時過ぎに到着した時には既に満員で、外野スタンド近くの席に座るしかありませんでした。

この時ね、私、思いました。
吉野家のコピペ 』って、こんな状況だったんだろうな」、と。


昨日マリンスタジアム行ったんですよ、マリンスタジアム。
そしたらね、なんだか内野スタンドが満員なんです。
で、良く見たら360度ビアガーデン・全席1500円って垂れ幕が下がってるんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
おまえらな、1500円ごときで普段来てない内野スタンド来てんじゃねーよ、と。
1500円だよ、1500円。
なんか親子連れとかもいるし。一家四人でマリンスタジアムか、おめでてーな。
よーしパパ、今日はビール沢山飲んで、マリーンズ応援しちゃうぞー、とかいってんの。
もう見てらんない。
4000円やるからその席開けろ、と。
内野スタンドってのはな、もっと閑散としているべきなんだよ。
ガラガラのスタンドでカップルが誰も見てないだろうっていちゃついてて、
いつ酔っ払いのオヤジがそれに絡んでもおかしくない。
刺すか刺されるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。
野球あんまり好きじゃない、騒ぎたいだけの奴はひっこんでろ。

で、やっと席を探して座ろうと思ったら、
その後ろの席の奴が、そこ来ますから、とか言ってるんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、ここは全部自由席なんだよ。ボケが。
得意げな顔して何が、そこ来ますからだ。
お前本当に内野席で野球みたいのかと問いたい。問い詰めたい。小一時間ほど問い詰めたい。
お前、一度でいいからネット裏座ってみたかっただけとちゃうんかと(中略)
素人にはお勧めできない。
まあ、お前は外野スタンドで、白い服着てピョンピョコ飛び跳ねてなさいってこった。


いや、本当に自然に頭の中に浮かびました。


仕事でカメラ持って行ったんで、
ついでにスタンドに持って行って、超望遠レンズで色々な選手の連続写真を撮ったりしました。
ダイエー、じゃなかった、ソフトバンクの杉内やロッテ清水、李、西岡など、全部で500枚ぐらい
撮りましたかね。

ここにアップしようかと思ったら、容量が大きすぎますとか言ってるんです。もう見てらんない。

途中でスコールが降ってきて、一時試合中断
昼間暑かったですから、気化した水蒸気が耐え切れなくて落ちてきたんでしょうね。

雨が少し弱まって、席の移動でもしようかな?と思って違う席に座って見たんです。
そしたら、そこ私達の席ですからとか言ってるんです。そこでまたぶち切れですよ。

結局15分程度で雨は止み、試合再開。

ズレータ・城島・バティスタ(呉)3本のホームランで、全然太刀打ちできずに試合終了。

もう話す事も無いです。
今日もし負けたら、二度と追いつかないような気がします。

しょうがないな。よーし、プレーオフで勝って、日本シリーズ出場だ!」とか考える人、
多分人生上手く行かない人ですよ。

上手く行かないからといって、簡単に計画を修正してしまう人は、
どこまでも無制限に目標を下げてしまう人でしょう。

成績伸びないから志望校変えちゃう人とか。

このままロッテを甘やかすと、いつの間にか4位ぐらいまで落ちちゃったりして、
プレーオフに出られればそれでいいよ!良く頑張ったよ!」って話で終わっちゃうわけです。

もうね、全然成長してない。
最後の最後まで諦めてはいけません。

諦めなければ夢が実現するかって言えば、そんな事もないですが、

諦めたら夢が実現しないという事は、確かでしょう。

あれ?もうね、ダメかと思ってたんだ。毎日、ダメかと思って戦ってたんだけど、
気がついたら優勝してたよ。ラッキーだったね!

なんて事は、まずありえないわけです。

だから、私を含めて、夢は諦めないようにしましょう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年06月27日

【第80話】千葉ロッテ 3連敗脱出

テーマ:野球

最近は全然野球の話題を書いていないので、

久しぶりに書いてみようかと思ってみました。


まずね、そろそろヤバイんでしょうか。

現在マリーンズは、ゲーム差無しの僅差で首位ですが、

明日からホークスと直接対決


これは・・・・、怖くて見てられませんね。

もし3連敗とかしたら、恐らく息の根が止まるでしょうね。

はい終了、ごくろうさん、と言った所でしょうか。


選手たちも、その重要さがわかっていると思います。

そして、そのプレッシャーを跳ね除けられるかどうかは、微妙です。


明日は朝から仕事で、

撮影なんかにくっついて行かないとならないわけですが、

早めに切り上げてマリンスタジアムに行ってみます。


明日からのマリンスタジアムホークス戦は、

「360度ビアガーデン」だそうで、

一律1,500円の入場料で、どこに座ってもオッケー


ネット裏のキャッチャーの真後ろでも1,500円。

ベンチの上でも1,500円。

外野スタンドで白い服着てピョンピョコ飛び跳ねても1,500円、だそうです。


でもね、本当に怖くてみてらんないです。

勝てる気がしないんですよね・・・。

何せ、元々ホークスなんかとまともに渡り合えるチームじゃないですし、

負け犬根性が染み付いているとでも言いますか。


一つ気が付いた事があるんです。

現在マリーンズとホークスが僅差で争っているわけですが、

3位ライオンズは首位と16ゲーム差の、勝率.467


この3位のチーム・・・、

プレーオフに進出するんですか?


やってらんねえ・・・


どのくらいやってらんねえ、かと言いますと、

一生懸命料理作って、完成したところを、

何にもしてない、全然違う奴が皿を運んでいって、

客が、「わぁー!凄い!おいしそう!」

そいつが、「そうだろ?今日の料理は自信作だよ。」

客が、「へー、凄いね!料理得意なんだね!」

そいつが、「いやいや、そんなにたいした事ないよ!(運んだだけだし)」

客が、「ううん!全然そんな事無いよ!凄いと思うよ!」

そいつが、(以下略

 

ぐらい、


やってらんねえ



プレーオフ制度。

恐らく今年で終了なのではないか、と考えているわけですが。


いや、っていうか、


もうヤメロ


「マリーンズが同じ状況で3位」だったとしても

迷いも無く言える。


ツマンナイからやめてくれ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年06月15日

【第57話】千葉ロッテ、交流戦1位確定

テーマ:野球

後数試合を残して、ロッテの交流戦1位が決定しました。

2位ソフトバンクが2連勝し、ロッテが2連敗したとしても同率の1位。


相手は前回3連敗のヤクルトですが、ここは3連勝してタイにしておきたいところ。

「全球団勝ち越し」の完全優勝はお預けになってしまいましたが。


例年ならば、投手陣が良くても、打てなくて負けていたわけですが、今年の打撃の好調っぷりは

素晴らしいですね。こんな事は滅多に無いと思います。

試合数の上下はありますが、6月14日現在の公式記録を見てみたいと思います。


(勝ち星の数)   47勝で12球団1位。  2位はソフトバンクの44勝。

(負けの少なさ)  18敗で12球団1位。  2位はソフトバンクの24敗。

(勝率)       .723で12球団1位。  2位はソフトバンクの.647。

(得点の多さ)   399点で12球団1位。 2位はソフトバンクの340点。

(失点の少なさ)  200点で12球団1位。 2位はヤクルトの229点。

(本塁打)      67本で12球団6位。  1位は巨人の97本。

(盗塁)        48個で12球団2位。  1位は中日の51個。

(打率)        .293で12球団1位。  2位はソフトバンクの.279。

(防御率)      2.65で12球団1位。  2位はソフトバンクの3.19。


・・・、とまあ、まるでDHC化粧品のCMの様になってしまいましたが、

本塁打と盗塁を除いて全て1位。通常であれば、ソフトバンクがぶっちぎっていてもおかしくない

状況なのですが、さらにそれを上回っているロッテの強さが際立っています。


大砲ばっかり並べてドンドン打ちまくるのではなく、戦闘機に魚雷を積んで戦艦を沈めた方が

強い、というまるで第二次世界大戦のエポックメイキングの様な状況になっております。


月末にソフトバンク直接対決があります。

ここで相手を鎮めることが出来れば、殆ど優勝(ではなく、シーズン1位)は間違いないでしょう。

・・・、と思いたいところですが、やはり、マリーンズ自体が優勝経験の無いチームですし、

終盤の粘り強さはソフトバンクの方が上でしょうか。


イ・スンヨプとか、原井ぐらいしか、優勝経験のある選手がないのが、痛いです。


終盤に5つか6つ負けても、それでも1位になれる位の差をつけたい所です。

交流戦1位・シーズン1位・リーグ1位・日本一の完全優勝を目指して欲しいです


特に落ちはありません。


《アントニオの友達》  0人  記録3日目

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年06月13日

【第50話】ロッテ渡辺、二桁まであと一つ。

テーマ:野球
ここの所、ロッテの事を書くのを忘れていました

だからまとめて書きます
昨日まで、巨人に2勝1敗。中日に3連勝で、結果的に4連勝。
本当に強いですねぇ。

渡辺俊介は9勝目
先週の火曜日にマリンスタジアムに行った時、オールスターのファン投票をしてきましたが、
「先発投手」は清水・宏之と迷った結果、渡辺に1票入れてきました。
現時点で、パ・リーグの中でも先発投手部門で1位。清水や宏之は監督推薦で出てくれれば良いな、
と思っていますが、小林雅英も出場するとなるとロッテばっかりですので、選ばれるかは微妙ですが。

こんなに強い年はめったに無いわけですから、福浦や西岡・今江や李・ベニー・フランコもまとめて
みんな出場すれば良いな、などと思うほど、私はバカではありません

どうせセ・リーグは西の虎応援団が腕を腱鞘炎にしながらでも、出場させるでしょうから、
阪神VSロッテになってしまうわけで、そんなオールスター、見たくありません。
例えばサードは今江より小笠原の方が良いに決まってるわけで。
福浦よりも松中の方が実力が上なのは、悔しいけれどわかっています。
まあ、虎のファンの数と、ロッテのファンの数では圧倒的な差がありますので、ロッテファンが
本気になったところで、オールスタージャックなんて出来ないのはわかってますが。

ですから、私は1回「全部ロッテの選手」で投票しましたので、後は流れを静観するつもりです。

記念すべき第50話は、やっぱりロッテの話で終わってしまいました。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年06月08日

【第37話】ロッテ-巨人 観戦記

テーマ:野球

行ってきました。


小坂選手のヒットと、Gローズ選手のエラーでランニングホームランの様な形で1点。

これは記録はホームランではなく、ワンヒット・ワンエラーという形ですが。

小坂の時にあんな緩慢なプレーしたら、そりゃ得点入ります

なんだかね、少年野球の選手みたいだったもの・・・。

その後もローズの所に打球が

行く度に、「アッ!アッ!おい!取れよ!おい!」って。(昨日は3塁側に居ましたので)。

去年ヤクルトを解雇された代田選手のスクイズで1点。

ジャイアンツはローズのタイムリーヒットで1点。エラーを帳消しにしました。


結果的に2-1で交流戦ジャイアンツに4連勝


先発投手は、またまた小林宏之。火曜日に見に行ってるからだ、という話もありますが。

今シーズンは小林宏之しか見てません

足長いですよ、この人。

【ヒロユキ投手です。どうもヤンキー顔してますが】


いや、マリーンズの選手はジャイアンツに比べてモデルみたいな体系

選手が多いです。西岡とか福浦とか。清原なんかと比べると、同じ野球選手か、と。


実はジャイアンツには中学・大学の時の友達がいるわけで、ちょっと複雑な気もしました。

昨年の怪我が影響して、外野の守備につけません。だから昨日はDHでしたが、

故郷の試合だから堀内監督も出したんでしょうかね。

ちょっと複雑だ、とか言いながら、三振したら「わー!」って感じで喜んでましたけどね、私。

早く怪我が完治して、守備にもつけるようになって欲しいと思います。

守備につかないと、彼の魅力は半減してしまいますからね


昨日は9番に代田。このせんしゅは「だいた」と読むのですが、他チームを解雇された選手なのにも

関わらず、何故かバレンタイン監督は期待を寄せていました。

去年と今年のマリーンズは違う。去年は代田が居なかったが、今年は代田がいる」って。

昨日はチャンスにしっかりとスクイズを決めていました。使い勝手が良い選手という意味なんでしょうか。

昨日も熱狂的なマリーンズライトスタンドサポーター。

代田の打席では「だいた!だいた!だいた!だいた!」。代打って聞こえました。

味方チームにブーイングかよ、と。

西岡がヒットで塁に出ると、ライトスタンドから「リー!リー!リー! (リードしろの意味)」。

ジャイアンツの先発上原が牽制球を送ると、「ブー!」とブーイング。

やりづらいだろうナァ・・・。いや、一回上原に牽制で刺されてましたけどね、西岡。

しかし、今シーズン19個目の盗塁も決めてくれました。これでソフトバンク大村に一個差。


7回までを1点に抑えた小林宏之に代わって、8回に薮田・9回に小林雅英

コバマサはいつもと変わらず、なんだかあぶなげなピッチング。結果抑えて宏之8勝目。

最後のヒーローインタビューで宏之は言ってましたね。「見ててドキドキした。」と。


昨日はね、チケットが取れなかったので、思いっきりジャイアンツ側の席にいたんです。

周りは「ヨシノブ」やら「小久保」やら「ニオカ」のユニフォーム着た人ばっかり

それでも私はめげずにマリーンズのメガホン叩いてましたけど。

ちょうどライトスタンドが真正面に見える位置なんですが、相変わらず凄い声援。

一面真っ白。ジャイアンツ側レフトスタンドは空席が目立ちましたが、東京から幕張は電車で

20分ですよ・・・。応援に来てあげましょうよ。

マリーンズサポーターは、

世界一の応援団」とか言われているわけです。前回の阪神戦では、タイガースファンが捨てた

ゴミを拾うマリーンズサポーターの姿がテレビで放映されてましたね。


マッチカードプログラム、という物がありまして、毎回3連戦毎にマリーンズが出している、

「このカードの見所」みたいな小冊子で、1冊100円です。

マリーンズの選手のメンバー表の中の質問に、「⑤マリーンズに入ってよかった事」という

質問があるわけですが、殆どの選手が「素晴らしい応援団の中で野球が出来る事」といった内容の

返事をしているわけです。さすが、26番目の選手

まあ、初芝選手だけは「家を建てられた事」なんて、妙に現実的で興ざめな返事をしていましたが。

マット・フランコ選手も、以前の週刊ベースボール誌で、「マリーンズファンの応援が自分の力を後押ししてくれる。最高のファンだ」って言ってました。

世界一の応援団を選手達も誇りに思っている様子。

バレンタインもそれがわかっているから、ヒーローインタビューは内野席の前で一度した後、外野席の

前に移動して、選手に「ありがとう!」って言わせているわけですが。


まあ、私はあの中に入って飛び跳ねたりしたいな、とは思わないんですが胃下垂になりそうだ。


私は3塁側で、ほとんどがジャイアンツファンの中に座っていたわけですが、

マリーンズの応援を見ながら、

おいおい・・・。なんだよ、あれ・・・。凄く楽しそうだナァ・・・。あっちに行きたくなった来たよ。」とか、

こんな中でアウェーのチームは戦えないよ・・・。マリーンズのファンになろうかな。」とか、

なんだかジャイアンツの応援団見ていて情けなくなってきた。」なんていっている人が居たわけです。

私の横に座っていた親子連れのジャイアンツファンは、帰りにグッズショップでマリーンズグッズ

購入してましたけど(笑)



そう、実はここからが本日の本題(笑)


私はね、この話をするために、わざわざ昨日のブログで複線を張ったわけです。

テーマは劣化コピー (←クリック)。

ジャイアンツの応援は、マリーンズサポーターの応援をパクッた、のではなく

実際に「教えて欲しい」とお願いをして今の応援スタイルに変えたのは有名な話。


マリーンズサポーターもサッカー日本代表のマネしたんだろ、と言われればそれまでですが。

野球にあのスタイルの応援を取り入れたのは、間違いなくマリーンズ応援団が(世界で)最初。


タオルを回す・トランペット等の楽器に頼らないで文字通り声援をする・

全員同じユニフォームを着る、飛び跳ねる・・・・。

ジャイアンツもこの様な応援スタイルに変わってきています。

「本家・元祖」の前で、(言い方は悪いですが)「劣化コピー」が応援しているわけです。

やはりね、ジャイアンツファンの人が「マリーンズ側に行きたい」と思った理由は頷けるのです。


まだどこか違う場所でやっているならばともかく、パクッた取り入れて参考にした相手の前だと、

劣化っぷりが目立つわけです。この場合、マリーンズサポーターよりも勝っている部分が何か

一つでもなければ、ジャイアンツファンも「情けない」と思ってしまうと思うのです。

ビートルズのコピーバンドが、ビートルズの前で演奏をして、「ビートルズより上手い」と言われる事は、

永久にないと思うのです。恐らく、「よく本物の前で演奏できるよなぁ・・・。」と思うはず。

どんなにファンだったとしても、恥ずかしくて顔から火を噴きそうになるでしょう


で、本日の結論。


マネをしても、マネした相手に勝てる見込みは少ない

特に目の前にオリジナルがいたら、まず勝てない。

だから最初からマネしないで、オリジナルのままの方が、いいんじゃない?

焦ったり、試行錯誤して、良い人の良い所を吸収するのは、素直で良いと思うけど、

吸収するのと、マネするのは全然違う

マネしても、マネだって気がついてしまう人が、必ずどこかにいるはず

その人がもし目の前で、「○○のマネだよね?」って言ったとしたら、死にたくなるほど恥ずかしい。


無理にマネしたりしないで、

自分に合ったスタイルで、生きてみようじゃないか(と、超キレイ事 笑


それが人間の、アイデンティティ。(んー、カッコ良くまとまった 笑

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。