東京 part 2 of 2

テーマ:
職場の一大イベントが終了して

先週末は気持ちも晴れやかに、東京にライブに行った。


代休を使って、金曜の朝から出掛ける準備。

いいねー。

しかも2日連続ライブ。

いいねー。


平日の夕方、山手線に乗った。

混むね~f^_^;


そしてライブハウスのある渋谷に着いて、坂道を歩く。

坂道を……


これを、ただの「坂道」というの?



登山か!!!

と思わせるほどの傾斜。

細い道沿いに焼き鳥屋が何軒か並んでいたので、

煙がスゴイ(>_<)

どうやっても避けられない煙に巻かれて斜面を登る。

もう頭ん中のBGMは打首の「ヤキトリズム」だ。


ふと左手に、ストリートビューで見た、

青い色が特徴的なライブハウス前の景色を発見。

着いたねー。


ライブに通ううちに、何人か知り合いができて、

声を掛けて貰えるようになった。

こういうのも嬉しい^^


そして小さいライブハウスは、アーティストとの距離が近くて、

その表情、ギター運指、メンバーとの掛け合いが間近で見れて楽しい。


渋谷へは、Rollyの参加してるバンドを見に行った。

超多忙な彼は、この日、喉が本調子では無かったが、

それが気にならないくらい、いつものように、

とても楽しそうに、いつもよりも少し激しく、

いつもより(いや、いつも通り?)磨きのかかった演技を混じえつつ、

私たちを楽しませてくれた。


彼が演奏しながら、そして歌いながら、

本当に楽しそうにしている姿を見ると、

こちらも楽しく元気になる。

その姿を、また見たくなる。

また聴き惚れに行きたくなる。


ただ今回、珍しい嬌声があった。

「ローリー、私を抱いて~」

この掛け声で会場が微妙な空気になったことは言うまでもない…。


ちなみに斉藤さんのライブでは、必ず何回か

「せっちゃん抱いて~!」という声援(?)が聞こえてくる。

ま、それはイイよ。

お約束だよ。

大抵ノーリアクションだけど、前回のツアーの時は

「締まりに自信はあるんですか?」と笑いながら応えていた。

今回(Rollyの翌日)の武道館では、女性の声援の後に、男性ファンから

「俺も抱いて~」と何度も言われて

苦笑いしつつ「静かにしてください」って言ってたな。


そして武道館で合流した友達は、一途に斉藤氏を追い続けているので、

私がKenKen Tシャツを着ていたことはナイショです(笑)


その友達は、早朝に家を出て、はるばる東京へやって来ていた。

斉藤氏ゆかりの場所を、あの暑い日に歩き回っていたらしい。

ビールが飲みたい、焼き鳥が食べたいと連呼していた。

前日だったら、焼き鳥屋に困らなかったのにねー。


彼女が散策していた頃、私は他の友達とランチをして、靖国に参拝し、

早めに武道館前に着いて、友達とグッズを見て回っていた。

斉藤さんは絵が下手だが、その絵を元にしたグッズが有ったりする。

例えばコレ。

【GOODS情報】斉藤和義直筆イラストを立体化した“青いザリガニ”フィギュア販売決定!! | KAZUYOSHI SAITO OFFICIAL WEB SITE
http://www.kazuyoshi-saito.com/post/others/18791/

絶対、靖国のフリマで見たゴジラシリーズのフィギュアの方が魅力的だと思うのだが、

彼の全てを受け入れるファンも居るんだろう。





今回泊まったホテルからは羽田空港が見えた。

{FA753B42-63E8-43BD-9E26-3D3E42092845}

写メでは遠すぎて分からない(笑)

けど、写真の地平線の辺りに、あったのです!

おかげで昼間も夜も朝も飛行機の離発着を眺め、

ホテルにいる間、私はずっと上機嫌だった(^○^)



帰りの新幹線で新横浜を通る頃には、信じられないくらいの土砂降りだった。

次の日も武道館に行くと言っていた友達にLINEをしたら、

全く私の心配などしてくれず(笑)、

自分の為に翌日の天気予報をチェックしていた。

そんな彼女の天然でマイペースな所が、実は気に入っています。

{44E7006A-09C1-42FD-9002-3CC303D35135}

局地的な豪雨だったんだね。


さて、7月は恒例のシャンソンイベントがあるが、

今年は要の戸川昌子さんが他界されてしまって

どんな構成になるのか少し不安がよぎる。

もう、生で戸川さんの歌声が聴けないのは本当に残念だ。

いつ、何が起こるか分からないのが人生。

会いたい人、観たい人がいるなら、

その時に会いに行かないとね。


まあ、これも KenKen の言葉だけどね~(^^;;




AD