tulsi aman-びわの葉の化粧水



☆前回からの続きになりますので、まだ読んでいない方はコチラ から。


私の普段のお肌のお手入れは、コットンパックをして、「田中宥久子さんの造顔マッサージ」をやって、それから「骨気(コルギ)+つぼ押し」をやるので、
1,,コットンパックをしてもベタつかない
2,時間がたっても分離しない
3,マッサージをしてもボロボロにならない
というのが、私が理想としている化粧水なんですが、ここまで辿り着くのは本当に大変でした...。


いろいろ試した結果、キサンタンガムとポリソルベート20の量を最小限に抑えて、その代わり少量のレシチンパウダーを入れて、ようやく安定させることに成功しました王冠1


また、いろいろ作ってみて良かったのは、「生薬チンキ+精製水」よりも「生薬を煮出したもの」をベースに使ったほうが即効性があって、お肌の調子が良くなりました。


高価な有効成分を買うよりは、ちょっと高くてもお肌にいい生薬を買って、水分のベースにして使った方が断然効果が実感できたので、それ以来面倒でも「生薬を煮出す」、「チンキのアルコールを飛ばす」、「乳化させる」の3工程は必ずやって作るようになりました。


その時の肌の状態や季節によって、何をベースにするか変わってくるのですが、今回はびわの葉を煮出したものをベースに、びわの葉と種のチンキと生薬チンキをたっぷり使って作りました。


びわの葉の成分は、ブドウ糖・ショ糖・果糖・マルトース・でんぷん・デキストリン・酒石酸・クエン酸・リンゴ酸・アミグダリン・タンニン・サポニンが入っていて、中でもアミグダリン(ビタミンB17)という物質は、①血液浄化作用、②鎮痛作用、③抗ガン作用、④殺菌作用、などがあることが明らかになっています。


また、びわの種にはビワの葉の1300倍のアミグダリンが含まれ、非常に強い鎮痛・抗炎作用があるとされています。


お肌の効果としては、保湿力があり、肌をなめらかにする為、老化肌を若々しく保ちます。また、肌のキメを整え、炎症を抑える働きがあり、皮膚のトラブルにもよいとされ、アトピー性皮膚炎にも効果があるといわれています。


*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*


◇材料◇
・精製水(びわの葉を煮出したもの):240ml

・ハーブ・生薬チンキ(カモミール、トウキ、カンゾウ、クジン、シャクヤク、霊芝、よもぎ、すぎな、マルべリー、卵の薄皮、昆布):60ml
・びわの種チンキ:30ml
・びわの葉チンキ:30ml


・オリーブオイル(ウルトラ抽出):小1/2
・グリセリン:小1
・ポリソルベート20:小1
・キサンタンガム:マドラー1杯
・レシチンパウダー:小1

・クエン酸銀:10滴


★オリーブオイル(ウルトラ抽出):びわの葉、よもぎ、当帰、モリンガ、紅景天、アマドコロ、松葉、スギナ、雪茶、サルノコシカケ)



◇作り方◇
1,びわの葉10gを精製水400mlに入れて煮出す。


2,「ハーブ・生薬チンキ」を合わせたものと、「びわの葉チンキ」と「びわの種チンキ」をそれぞれ湯煎にかけ、アルコールを飛ばして半分の量にして、全て一緒にする。


3,キサンタンガムとグリセリンとオリーブオイルをよく混ぜる。全体的にきれいに混ざったら、ポリソルベート20を入れて、さらによく混ぜる。


4,レシチンパウダーを少しずつ入れて混ぜていく。(この段階でかなりトロトロになります。)


5,①のびわの葉を煮出したもの240mlと②のチンキを一緒にして、耐熱カップに入れて湯煎にかける。同時に、④の耐熱カップも湯煎にかける。


6,両方の温度が70~80℃になったら湯煎から下ろし、⑤の容器に⑥の水分を少しずつ(小2~3)入れて混ぜていく。


★この時、クリ-マーは使わず、ひたすら小さじの計量スプーンで混ぜます。ちょっと面倒ですが、ここが肝心!。焦らず、ゆっくりと丁寧に混ぜていくと分離しません。


7,水分の半分の量まで入れて分離しなければ、残りはもう少し多めに入れていって大丈夫です。最後にクエン酸銀を入れて出来上がり。



*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*


なぜ、ここまでこだわって化粧水を作るのかというと、手作りコスメをいろいろ作ってきて思ったのは、「顔を洗ってから、肌に一番初めに何を入れるのかが大事」かということです。


調子が悪い時や面倒な時は、ハーブや生薬を煮出したものだけを使う時もありますが、やはり肌の状態が全然違います。また、コットンパックをするのと、そのまま付けるのとでは、だいぶ肌の調子が変わってきますキラキラ


この化粧水を使うようになって、肌がしっとりして、ハリが出てきて、毛穴が気にならなくなってきました。使い心地も良く、満足な仕上がりなんですが、ちょっと薬草くさいのが難点です。また、欲をいえば今後はできればキサンタンガムなしで作ってみたいです。


☆ちなみに、このレシピだとかなり多めだと思われるかもしれませんが、私はたっぷりコットンパックするので、この量だとだいたい1ヶ月で使い切れるので調度いいです。





にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ
にほんブログ村



AD

暑い、暑い、暑い、めちゃんこ暑いです!!!。

まだ6月だというのに、先週から気温が30℃前後ある日が続いていもうバテバテです(+_+)。例年、この時期の北海道は22℃前後で、過ごしやすい爽やかな季節のはずなのに、もうすでに真夏日が3回もありました。


今まで、いくら暑いからと言っても、何年も扇風機を使うことはなかったし、体のことを考えて飲み物に氷を入れて飲む習慣はありませんでした。でも、今年はさすがにこの暑さに耐えられなくて、扇風機をひっぱり出して、毎日飲み物に氷をたくさん入れて飲んでいます。


おまけに、1週間ぐらいなんだか右耳が詰まっていて、聞こえにくいです。はじめは、「ブブゼラが聞こえなくていいか~」とのんきにしていたのですが、人と話していると、声が聞こえにくいし、ご飯の味がわからなくなってきましたあせる


なんだか、W杯を見る元気もすっかりなくなってしまったのですが、昨日日本vsパラグアイ戦はなんとか見ました。0-0で延長戦に突入し、PK戦の末に敗れてしまいましたが、チーム一丸となって全力で戦う姿に感動しました♪。最後の最後まで熱い闘いでしたが、本当に残念でしたね。


  

さてさて、私がコスメ作りで一番力を入れているのは化粧水なんですが、自分好みの使い心地のいい化粧水ができるまで本当に今まで苦労しました。今回から2回にわたって、理想の化粧水ができるまでの奮闘記をお送りします。


手作りコスメを作り始めた頃は、ハーブのチンキとグリセリン、精製水を使ったごくごくシンプルなものを作っていました。それから、コラーゲンやトレハロースを入れたり、保湿成分をいろいろ入れたりしてみたのですが、だんだんそれだけでは物足りなくなってきました...。


ある日、化粧水を作ろうと思ったら、グリセリンがなかったので、自分で 作った乳液があったので少し入れてみたのですが、グリセリンを入れ作った時よりもお肌がしっとりしてすごく良かったんです!。


その時は、全体の20%の量の乳液を入れていたのですが、鮮度を保めに、はじめに乳液を作って、それから化粧水を作るという大変面倒な作り方をしていました。でも、やはり作るのに時間がかかるし、どうしても分離してしまうのが気になるので、作り方を変えることにしました。


とは言っても、少量のオイルと水分(約300ml)を乳化させて、乳液よりも軽く、お肌がしっとりする化粧水を作るのは、思っていた以上に大変でいくつか問題がありました。



1.オイルの量と乳化剤の種類
私は、いつもコットンパックをするので、あまりオイルが多いとベタベタし
て使いづらいし、コットンパックが顔にふっついてしまうので、マッサーする時にとても不便でした。


はじめは、乳化ワックスを入れて乳化させていたのですが、水分の量が多いので、どうしても分離してしまいました。また、乳化ワックスを入れとペタペタした触感になるので、乳化ワックスをステアリン酸に換えたりポリソルベート20に換えてみたのですが、独特なペタペタした感じがてあまり好きではありませんでした。



2.分離させないためには
そこで、キサンタンガムを入れてみたのですが、量が多いと独特の膜が
貼ったような感じになってパリパリするし、きちんと溶かさないとダマになってしまってなかなか難しかったです。乳化剤の種類や量をあれこれ替えてみましたが、作った直後は均一でも、時間が経つと分離してしまうので、もうほとほと困り果ててしまいました...。


それまでは、レシチンは使い方が難しいと言われていたので、使ったことはなかったのですが、キサンタンガムの量を増やさずに、なんとか分離させない方法はないものかと、最後の望みを賭けてレシチンパウダーを使ってみることにしました。



3.クリーマーは使わない
分離させないためには、攪拌が大事なのかと思い、はじめはクリーマーを
使って丁寧に時間をかけて攪拌させていました。でも、クリーマーを使うと泡立ちすぎて、泡がたくさん出来てしまって、なかなかおさまらず、翌朝には分離してしまうことが何度もありました。


どうやら、泡立てすぎるのも分離する原因の1つだということがわかり、いろいろ試した結果、クリーマーを使って作るのを辞めることにしました。



何度作り直しても、なかなかうまくいかないので、そもそもこんなレシピで化粧水を作ること自体が無謀なのかと何度も諦めようと思いました。どうせ分離していても、使う前に振って使えば何の問題はないのですが、なんか均一じゃないような感じがして嫌なので、こつこつとオイルと乳化剤の量を微調整していきました。


いろいろ試行錯誤しながら、約1年かかってようやく理想的なレシピができたのですが、長くなったのでレシピは次回に続きますブーケ2






AD




tulsi aman-紅景天の美容液




手作りコスメを使い始めて、以前に比べると肌の調子がよく、だんだん

シミが薄くなってきて、お肌のハリが出てきました。普段はほとんど化

はしないので、よく「むき卵のような肌だね~」っと言われます♪。


でも、欲を言えばもう少し頬骨の上のシミが薄くなって欲しいし、小鼻
の横の毛穴が少し気になるので、今回はアンチエイジングをテーマに

美容液を作ることにしました。


そこで、今回は水分のベースに保湿効果の高い「紅景天」を使いまし

た。紅景天とは、原産地のチベットでは海抜3500~5000mという高

地に自生しているベンケイソウ科の野生多年生草木です。茎や花など

地表に出ている部分は10cm程度と小型ですが、根や根茎が薬効

分として利用されています。


紅景天に含まれる有効成分は、これまでの研究から、脂質、タンパク

質、必須アミノ酸、各種ビタミン、有機酸、ミネラルなど約40種類が認

められています。これまでに分かっている効用は、老化防止や疲労回

復、高血糖・ガン・ウイルス感染・肝臓病・白血病・酸素不足に有効で

あるとされています。


お肌の効果としては、紅景天に含まれるグリコシド(配糖体)がアトピー

に効果があり、シミ・ソバカスの原因となるメラニンの生成を抑えること

どが明らかにされています。また、ビタミンA、B1、B2、C、D、Eのほ

かミネラル、必須アミノ酸が豊富に含まれ、天然のサポニンの効果で

保湿性が高く、美肌、美白効果があります。

 
さらに、お肌をしっとりさせるために「アロエと人参の花蕾と卵の薄皮の

チンキ」を使いました。「人参の花蕾」は、高麗人参全体の中でもサポ

ンが一番多く含まれており、開花前の花蕾は一番パワー(栄養)を

保持しているそうです。美白、美肌効果があり、お肌がしっとりするの

で、私の大のお気に入りです。


オイルは、さっぱりめにしたかったので、スクワランオイルと、ボリジオイ
ルを使いました。ボリジオイルにはγ-リノレン酸やリノレン酸、オレイ

酸が豊富に含まれていて、抗アレルギー作用、消炎作用、老化防止

用、皮膚再生作用などがあります。
※γ-(ガンマ) リノレン酸


通常の保湿剤や水系のモイスチャライザーは、皮膚の比較的表面まで

しか作用しませんが、ボリジオイルは細胞レベルまで浸透し、細胞にと

って非常に有用な成分を供給してくれます。



*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*

◇材料◇
(A)
・自家製ウル抽オイル:小2
・スクワランオイル:小2
・ボリジオイル:小2
・フローラルワックス:小1/2

・植物性ワックス:小1/2
・グリセリン:小1
・キサンタンガム:マドラー1~2杯


(B)
・アロエ+人参の花蕾+卵の薄皮のチンキ:20ml
・霊芝+沈香茶のチンキ:20ml
・精製水(紅景天を煮出したもの):100ml

・クエン酸銀:5滴



◇作り方◇
1、紅景天10gを500mlの水に入て、沸騰後とろ火で30~40分煮出し

  て、半分の量になるぐらいまで煮出す。


2、「アロエ+人参の花蕾+卵の薄皮のチンキ」と「霊芝+沈香茶のチ

  ンキ」を合わせてビーカーに入れ、半分の量になるまで湯煎にかけ

  る。


3、①で作った100mlと②のチンキを合わせ、耐熱容器に入れる。    


4、ボールか耐熱の計量カップ(200mlぐらい入るもの)にキサンタンガム

  と各オイルとグリセリンを入れてよく混ぜる。きれいに混ざったら、フ

  ローラルワックスを入れる。


5、③と④のボールと一緒に湯煎にかける。


6、それぞれが70~75℃ぐらいまでになったら、湯煎からおろし、③に

  ④を少しずつ混ぜていく。はじめはだまだまになりますが、焦らずに

  ゆっくりと少しずつ混ぜていってください。


★はじめは水分を小2~3ぐらいずつ入れていきます。水分の半分ぐら

 いまではゆっくりと少しずつ入れ、ダマがなくきれいに混ざれば後は

 大丈夫です。
  


*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*


いつもロータスコスメは、生薬チンキたっぷりで薬草くさいので、今回は

チュベローズのフローラルワックスと、ラベンダーとゼラニウム、パルマ

ーザのEOも入れて、フローラルな香りに仕上げてみました。

今までにないさらっとした使用感で、香りも良
くて、お肌が潤ってすごく

いです!。またぜひリピートしたいです(*^▽^*)。



☆今回作った美容液は、かなりさらっとした使い心地です。私は、いつ

も顔筋マッサージをするので、あまりキサンタンガムを入れるとポロポ

とはがれてきて使いずらいので、キサンタンガムの量は最小限に抑

えています。もし、もう少しトロミが欲しい場合は、お好みでキサンタン

ガムの量を調整してください。  




AD