望月のうさぎ 篠綾子 感想

テーマ:


角川春樹事務所

副題が江戸菓子舗昭月堂

表紙が可愛いキュートな色とデザインで、読むまでは(あえて後ろ表紙のあらすじ読まなかったので)時代小説か現代小説かどっちかなと楽しみに読み始めました
武士の家に生まれたんだけど、気づいたら家が焼けて家族全員死んでて、それなりに生活不自由のない尼さんに引き取られたという少女が主人公

主人公は重い設定いくつも持ってるのに…えらく軽い
親戚に見捨てられて、赤の他人に面倒見て貰ってるのに「あれやりたい」「やっぱこっちやりたい」「私の本当にやりたいのはこれ」
……軽いを超えて図々しくないだろうか

主人公は京都で家族がそろっていたころに食べた「最中の月」という餅菓子が食べたいと江戸でも探すけれど見つからず。
吉原で「最中の月」というせんべいを売ってそれが主流になってしまったので、江戸ではうれなかったと判明。
たまたま京都で修行していた人が、最中の月を作っていたけれど売れないからやめると聞いて、
「(丸い餅の上に)右と左に二本ずつ、細長い葉っぱのような線模様。その溝の先に赤い小さな丸が二つ」
でウサギになったと文中で説明しているのは、最初まったく意味わかりませんでした、表紙のイラストを見てこういう事かと判ったんだけど…
丸い部分が目で細長いのが耳というのは、文章だけからではれんそうできずに「うさぎ…?」と首をひねっておりました。

キャラクターはみんないきいきとしているのだけれど、困ったことに良い方向のキャラはあまり印象に残らず
「いやみくさい」「言い訳だらけ」「適当」みたいな言動の方ばかりが記憶に残ってしまうのはもったいない
…なんでだろ

方向性はベストセラーにもなった(他作者さんの本であれですが)「みおつくし料理帖」シリーズに近いのに、なんだかもったいない仕上がりという感じでした。
見かけたら二巻も読んでみたいけれど、探してまでは…という感想です。

AD
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

慶次郎縁側日記【全3巻セット】高橋英樹 安達祐実【中古】
価格:4500円(税込、送料無料) (2018/1/13時点)




シリーズの一冊目を読んで、あまりの設定の暗さに敬遠していたのですが、シリーズいっぱい出ているしと適当な巻を取って読んだら、普通にいいお話でした、
暗すぎたのは一冊目だけで、あとはこのみな人情元同心物語。
このシリーズで好きだなあと思うのは、お金に関してきっちりしていること。
女性作家さんの書かれる物語では「お金の事なんていいのよ」という成功した店主の女性が、何の見返り無しにお金をあげたりするのがよくあるのですが、そういうのは嫌い。
お金の不自由がない、おっとりした女性というよりは、それで店が成功しているっておかしいよね。
タカリが来たら同じことするのかとか、思ってしまう。

この作者さんの場合、ちゃんと「いつでもいいから、ちゃんといつか返せ」とか、上げるにしても相手の話を聞いて、ちゃんと自分の小遣いを削ったり、心苦しいけど養子に頭を下げてお金を貰おうかという算段をつけて、「今までの苦労の分だ」と渡すので、お金の価値をちゃんとしてるなあと感じます。
妻を早くに亡くし、美人だった一人娘に婿を取ってと思っていたところに、娘が乱暴されて自害。
…というのが一冊目でしたが、その後養子に入った娘の元婚約者に「我が家を絶やすな」と別の娘を嫁に取らせ、自分は別の家で。
昔助けてあげたお金持ちの商家の、別荘番といいながら、ふらふら生活しているという主人公。

美人な恋人や、今では可愛い(血がまったく繋がっていないとはいえ)孫娘に弱いじいじとなりながら、周囲の人にいまだたよられているというのが、基本短編でつづられています。
少しひがみっぽい佐七や、マムシと呼ばれながらも独特の味がある親分などとの日々が全部で16冊。

2013年に作者さんが逝去されて、最後の一冊が「乗合船」だそうです。
その直前の「あした」ではあとがきで、闘病していることが書かれていました。
…最後の一冊、読みたいのですがここで物語が終わってしまうのか…と手にすることがまだできずにいます。

余談ですが副題は縁側日記ですが、この主人公引退したけどしゃきしゃき元気で孫はいるけど、やり手の美人女将が恋人と縁側にはまずいません(笑)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

祭りの日 慶次郎縁側日記 (新潮文庫) [ 北原亜以子 ]
価格:680円(税込、送料無料) (2018/1/13時点)




AD



ドラマだか映画だかになって、有名な本だと思いますが初めて読みました。
最初にタイトルを聞いて「スポーツものかな」と思い、その後医療系ミステリと聞いて「重そうだな」となって
どちらもさほど好きなジャンルではないなあと食わず嫌いでした。

先日、この方の短編集を読んでみたら「あれ、結構軽いノリ…?」となってこちらも手にしてみました。
予想よりはるかに、(嬉しい意味で)軽かった。
病院がメインの医療ミス系がテーマであるのはそのままなのですが、主人公が病院内であまり出世も考えず人とも別に特別なつきあいもない、気軽な一般人的な意志
…という視点で書いてくれているので、感情移入がしやすかったのが一番の理由ではないかと思います。

下巻になって登場してくるトリック・スター兼探偵役のキャラクターは主人公と対比し、憎まれ役
いっそここまで傍若無人はすがすがしいというキャラなのに、お見通しぶりはホームズ並み。

主人公が当人にとっては貧乏くじな出世だとか、度量のある医院長をうまく慰留させたりだとかの後処理まで含めて
「医療現場が舞台だけれど、庶民にも非常にわかりやすいミステリ」でした。


AD




一巻を読んで主人公の口の悪さというか性格の悪さに「商売なめんな」と読んでてイライラしたのですが、まだ巻数が続いているようだし少しずつ良くなるのかなと思ったのですが…
もうこの巻で断念
主人公は言葉遣い悪いだけでなく、商売を続けているのに「これないの?」と言われたら「本店の店主に聞いてくりゃいいんだろ!」

しかもその店主を自分が好きだから、用事を作って出向き、用事がなくても無理やり関連付けて出向くみたいな流れで、それを周囲がひたすら「もう自分に素直でしょうがないなあ」とほほえましく見ているというのが、まったく謎
誰一人好き勝手やってる主人公をとめないし、主人公はそれでいて責任をとることはしないで全部本店の店主に丸投げで、「おいらは大工の出だから口が悪いんだよ」と直す気配もない
女の子で口が悪いってのは「ないの?」って聞かれて「悪いな 次までには用意しておいてやるよ」みたいに、返すようなやりとりをさすんだと思うんだけどなあ

短編集なのですが、しまいには妖怪オチまであり
……てっきり妖怪に見せかけた、人間の仕業みたいな流れを期待してたんですが、妖怪オチ

裏表紙では「男勝りな言葉遣いが玉に瑕」とあるが、かわいらしい見た目以外傷だらけなんですが…ともうシリーズの続きはよまないだろうなこれ

ただ新刊などのレビューを見ると、主人公が随分成長したとあるので、もしそちらを読むことがあれば感想が変わるかもしれません


宝島社

副題が死をささやく青い花
ほっこりしたイラストと題字とタイトルなのですが、中身は…ほっこり感はそんなにないミステリでした
私は嫌いじゃないですけれどタイトル(副題を読まずに)を見て絵本的なお話を期待して読んだらちょっと違う…となりそうです

幼い頃見た臨死体験
川近くの花畑で急に花の色が変わり…というものに対し、そのリアル映像がネット配信されているよというのが謎の中心

これ短編だったらすごくいいアイディアと人数だと思うのですが、長編なので途中で間延びしている感じ
登場人物が少ないので、犯人はこの人しかいないなあと消去法で出てくるし、お父さんは意味ありげすぎてかえって主人公の好奇心を掻き立ててるだけだし、娘さんの悩みも不要なように読めてしまう。
突飛で奇矯な名探偵は好みですが、いきなり出てきていきなり解決しすぎなので、どうも置いてけぼり感がありました

タイトルでムーミン的なファンタジーを予想していたのですが、どちらかというと現実世界寄りのお話。
短編でこのアイディアだったら秀逸、長編なのでちょっともったいないという印象です

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鯖猫長屋ふしぎ草紙 (PHP文芸文庫) [ 田牧大和 ]
価格:842円(税込、送料無料) (2018/1/6時点)




PHP文芸文庫

表紙が美しい猫のイラストです、美猫
鯖猫って、白と濃い灰と薄い灰色猫かと思ってたんですが、三毛でも鯖模様があったら鯖猫って呼ぶのね

最初に連想したのが、漫画の「猫絵十兵衛」
ネコが物語に絡み、主人公が謎ありの猫絵描き…という点なのですが中は結構違ってました
主人公は猫しか描かないのは、そもそもが絵描きでなく昔は盗賊だったから

猫は賢い猫だけど特に化け猫ではなく(多分)すごく頭のいい猫であるというので、随分猫絵十兵衛とは違った世界になっていました。

ところで時代小説を書かれている作者さんには当然の知識なのかもしれないのですが、猫の為に一日二回ご飯を炊くというのはすごく異例のことを書いといて上げた方が、猫目当てで手にした人にはわかりやすいんじゃないかなあ
(当時は一日一回炊いて、あとは冷や飯を湯漬けにしたり味噌汁と混ぜたり人間でも冷や飯が多い)

ラストはちょっとご都合主義かな…
主人公は積極的に何かをするというより、突き放した観点でものごとを見ているせいか、あまりにぎやかなのに熱を感じない不思議な雰囲

そして表紙の絵が美猫です
大事な事なので二回言いました。



これの原点が殺人鬼フジコの衝動で、どうやらその本の限定版があって、私は、フジコという本があってこれに続くらしいです
これ一冊でも楽しめますが、多分意味不明な個所が多いかと
私は衝動を読んでいるのですが、それでも読んでいて「??」となったりしたので

ただ勢いはあると思います
後味はよくないし、よく監禁されていた人の「なんで逃げなかった」という質問に対しての被害者側の見方というか入り組んでいる人間関係だとか
しかしこの流れだと何を考えているのかまったくわからない編集長
(被害者を隠しカメラで見ていながら放置)の真実とかいう続きがまた出てきそう

衝撃的ではあるけれど、これ以上はいいかな…
あらためてまた一冊目を読み直すと色々謎が解決しそうですが、後味がよくないのでどうも試す勇気がありませんw
Huluオリジナルドラマ「フジコ」というのをやっていたそうですが、エグそうです
(追記:ドラマを見た方の感想というのを探してみたら、原作の方がえぐかったという声がいくつかあったので、映像の方がまだ優しいらしいですw)

今年最後(多分)更新がエグいもので終わってしまいましたw
来年も当ブログをよろしくお願いいたします!


シリーズ4冊目
この方のお話は1冊1冊できちんと流れがあるからいいですね
(人気あるシリーズなんかだと、二、三冊飛ばして読んでも話が全然進んでないこともあるので)

まさかまさかと思っていた、3兄弟に嫁ぐ主人公
二番目の夫が商才溢れるし主人公ラブだしと思っていたら、3巻で挫折
どうなるかと思ったらそのまま家出し、プライドから離縁
家出してた三男坊が跡継ぎになり、主人公と結婚するよというのは、少女漫画ではあるかもしれないけれど、時代考証などがきちんとしてる歴史小説ではまさかの展開でした。

なんかイメージだけですと、プライド高い二番目の夫が急に死んだみたいですが、一応生きてはいるみたいに影が急に薄くなります。
そして主人公が子供時代に、初恋っぽい相手となっていた三男と結婚。
美人でしっかりしていて、周囲からも受け入れられてと、平凡だけど料理の才能だけで色々切り抜けてきたみおつくしシリーズとはちょっと違って、苦労はしているけれど、順風万円な苦労という感じ。

この後の波乱万丈もいいのですが、早めにまとまってくれてもどちらでも面白いだろうなあと思わせてくれるのは、この作者さんが主人公を基本的に幸せにしてくれるだろうと思っているから

5冊目も待っています
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 玉村警部補の災難 /海堂尊【著】 【中古】afb
価格:198円(税込、送料別) (2017/12/23時点)



宝島社

あまりに有名になりすぎた作家さんなので、なんとなくどこかでドラマとかやってそうと手にした事なかったのですが、やはり普通に面白かったです
イメージとしてはシリアスな、現代の闇を切るみたいなミステリ系社会派。
しかしこの本は例外なのか、どうもシリーズの番外編っぽいコミカルな短編集です。
しかしコミカルではあっても「あー確かにこれ、こうしれば現在でもアリバイとして利用できるかも」といった描写が多く、ある種勉強になりました。

警部補というと、通常は一探偵の理解ある上役的存在というイメージが大きいのですが、この本ではホームズ役が警視正なので、警部補なのに超下っ端扱いです。

トリックとしては、できそうだったりできなさそうだったり、穴もあるけれど現実でも一部使えそうなのは大きいです。

多分最初に読んだこれが、コミカル系なんだろうなと思うのが、基本連作になってる間に別の設定があるらしく、とある地方や組織を「闇深い」と表現していたり訳知りだったりとがあるから。
他にもコミカルのがあったら読んでみたいけれどあるのかなあ。
有名どころの方も、一気に読めてしまいそうですのでお休みの時にでも探したいです。


角川文庫
先日までアニメをやっていて、小説のイメージだと無個性なのっぺり顔のイメージな人物があったので見ていなかったのですが、実際イケメン揃いのデザインだったと放送終了後に知り、見ておけばよかったーーとなったシリーズです(笑)
副題はジョーカー・シリーズ


通常の軍とは異なり、選抜方法も行動方法も独自の手段を取っていたD機関なるスパイ組織で活動する面々の、短編連作でこれは3冊目。

3冊目となると、なんとなく手順というか法則みたいなものがわかるので、一、,二冊目ほどは楽しめないかなーと思ったのですが、やってくれます魔王様。
D機関のトップたる人物の過去を暴けば、身元の割れたスパイなぞ紙くず以下と、頑張る外国スパイ。
さああと少しで身分ばれ…というところで、どんでん返しをみせてくれます。
読んでいるこちらにすら、謎だらけという人物は、やはり謎のままでした。

スパイや情報機関といった小説だと、バイオレンス血みどろ非情というイメージがあって、手にしていなかったのですが、このスパイたちの第一番にあげる概念は

「死なず殺さず」

暴力的行為も描写は激しくなく、読みやすいので、ジャンルで忌避されている方にもお薦めしたいシリーズです。アニメの二期もやってくれないかなあ…

え、これドラマにもなってたの!?
…うわあ…知らなかった…内容どうだろう…興味…