3月31日、簡易書留郵便で届きました。
司書資格証明書」です。

まだか、まだかと待っていた「スクーリング「情報資源組織演習Ⅱ」の結果も同封されていました。
結果はS。「おっしゃー!」と喜びましたが、当然といっちゃあ当然。
だって持込可でしたし、仮に仕事としたら、全部合っていなければいけない。
ミスがあったらすぐに修正せねばならん。間違いがあってはならぬわけです。

アンケートが同封されていました。
質問と回答は…
hoshi*学習を通じて、最も大変だったこと

レポート作成はほとんど初めてだったので、体力、脳力(!?)ともにきつかった。

hoshi*学習を通じて、最も励みになったこと
 
司書資格を取るために勉強しているということは、家族や職場、友人知人にも伝えていたので状況を報告し、その都度アドバイスや励ましをもらっていた。
レポートに対する先生のコメントもありがたく、「人とのつながり」が励みになった。


hoshi*レポート、科目終了試験、スクーリングなど、学習中の皆さんへのアドバイス

・参考文献はなるべく多くのものにあたり、レポートはまずは書いてみて、その後1600字になるよう削っていく作業をするといい。

・現役の学生のように長時間まとめて勉強したりすることはできないからこそ、短時間の細切れ読書や勉強を重ねていくとよい。

・休みの日は図書館に行くなどして環境を変える工夫も必要。

・情報を得ること、細切れの時間を積み重ねることが、修了のポイント。

--------------

箇条書きだとたいそうえらそうですが…汗

自分一人でだれにも言わずやっていたとしたら、わたしの場合は2年で修了できなかった可能性が大です。
宣言して、制限を設けてやるっていうのはほんとうに大事。

これまでのまわりの方々の応援に感謝きらきらして図書館業務に励むとともに
月に1冊くらいは図書館関連の本を読むことも続けていきたいと思います。

右矢印更新しましたきら【産後の読書案内】 子どもの名&迷言 on Twitter ★『それ、どこで覚えたの?』

にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へペタしてね
読者登録してね
AD