【本のこと あれこれ】 since 2004

やっぱり本が好き!2004年11月から本にまつわるあれこれを記録しています。

 本 ご訪問 ありがとうございます 本

おすすめ本の紹介をはじめ
無節操で種種雑多な乱読の日々
小学校での読み聞かせ
「仲畑流万能川柳」投句の記録など
本にまつわるハナシ あれこれ。

多岐にわたるテーマを見やすくしました
本 こちら 本
からどうぞ。

2004年からの記録で記事が混在してきたので
ブログを分割しました
右矢印【産後の読書案内】産後を見据えて産前に、これからの人生を見据えて産後に。読んでおきたい本をご案内します

□□ 産後の読書案内 □□-産後の読書案内

ドキドキコメント大歓迎ドキドキ
本のたのしみを共有できるのはこのうえない喜びです
(ご挨拶のみのコメントは公開、返信しませんのでご了承ください)

にほんブログ村 本ブログ 本・読書情報へ

ランキングに参加していますアップClickしていただけると励みになります

夏といえば、妖怪がぐんと身近になる季節。いろんな妖怪がいるなかで「豆腐小僧」は有名なのか、どうなのか…?わたしが「豆腐小僧」という妖怪を知ったのは、小説家であり、妖怪研究家でもある京極夏彦さんの小説「豆腐小僧双六道中ふりだし」でした。

2003年12月発行

単行本は、なんと正方形の豆腐型(!)。

 

なんでもこの妖怪、豆腐を手に持ち、それを見せるだけの妖怪で、京極夏彦さんによれば、「当代一のキャラクター妖怪」なんだそうです。

 

そんな豆腐小僧が絵本になりました。

京極夏彦石黒亜矢子東雅夫
2015年3月発行

 

生活クラブの「本の花束」の本選びの会でも大好評。2016年7月4回(393)号で紹介文を書きました。

おばけがこわい男の子。お風呂から上がり、着替えて廊下を歩き、部屋に行くまでずっとおばけがついてくる気がしています。ほんとにいるようですよ。みつけてみましょう。布団に入ってもこわくて眠れません。すると部屋の窓から入ってきたのは「とうふこぞう」。あれれ?こわくない。おはなしの後半は打って変わって明るくなります。こわがりの子でも楽しくなっちゃう妖怪えほんです。

 

妖怪ウォッチにハマり、ひとりで寝るようになったという、わたしのいとこの子(当時5歳)にこの絵本をプレゼントしたら、お礼とともに「こわくないよ」と書かれたお手紙をもらいましたw

 

こちらはせなけいこさんのおばけえほんシリーズ。

2000年6月発行

 

豆腐小僧がお寺の小僧と友だちになり、他のいろんな小僧を紹介します。豆腐小僧が「見越入道の孫」だと自己紹介しております。

ブログテーマ一覧は本こちら本です
にほんブログ村 本ブログ 本・読書情報へ
読者登録してね

右矢印【産後の読書案内】産後を見据えて産前に、これからの人生を見据えて産後に。読んでおきたい本をご案内します

右矢印【きょうのパン あしたのパン】愛犬パンの日々&犬の本・映画の紹介

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。