今、想う事。感じる事。

気ままに不定期更新中★何を言いたいんだかわからないレビューや日々の色んな事を私なりの言霊に乗せて。


テーマ:

舞妓Haaaan!

  

  

  

舞妓 Haaaan!(2007年、東宝)メラメラメラメラメラメラメラメラメラメラ

http://www.maikohaaaan.com/index.html

監督:水田伸生  脚本:宮藤官九郎

出演:阿部サダヲ、堤真一、柴咲コウ、他

  

  

  

お茶屋で遊んだことはなくとも、熱狂的な舞妓ファンの鬼塚公彦は、念願の京都支社への転勤が決まる。

恋人の富士子を捨てて京都入りした彼は、お茶屋へ直行するも、

「一見さんお断り」の壁にぶつかってしまう。

しかし、会社の社長がお茶屋の常連で、仕事で実績を出した公彦はついにお茶屋デビューを果たす。

  

  

さまざまなルールや、しきたりが満載の“舞妓”の世界を舞台に、

クドカンこと宮藤官九郎がオリジナル脚本を手がけた人情喜劇。

舞妓と野球拳をするという夢をかなえるため、

人生のすべてをかける男の姿をハイテンションに描く。

監督は、宮藤脚本のテレビドラマ「ぼくの魔法使い」の水田伸生。

舞妓しか愛せない主人公を「大人計画」の阿部サダヲが熱演。

あでやかな舞妓姿を見せた柴咲コウが阿部、宮藤らのパンク・バンド「グループ魂」に参加し、

主題歌を歌っていることにも注目だ。

(Yahoo!ムービーより引用)

月に一度のお楽しみ、今月の報知新聞主催特選試写会がこの作品だった。

とにかくこの作品のチラシを見つけてから、観たくて観たくて観たくて観たくて仕方が無かった!

この日は急遽予定に無かったのだが、監督の水田さんが舞台挨拶に来て下さって、

色々なエピソードを話してくれたのも、とてもラッキーだった。

しかし、客席から失礼なオヤジの野次が飛んでいて、本当に雰囲気をぶち壊していたので、それがとても残念。

折角監督が来て下さったのに…人の話を聞けない親父に試写会に来る資格はなし。

自分の常識を振りかざしているオヤジほど、迷惑なヤツはいない。全く自覚して欲しいものだ。

   

  

さて、水田監督がお話して下さった中で、何故タイトルが「舞妓Haaaan!!!」になったかというのがあって、

当初「舞妓はん」だったのだが、クドカンさんに「勢いが足りない気がします」と言われて、

監督のノートのタイトル名「舞妓はん」の上に、クドカンさんが「舞妓Haaaan!!!」と修正されたそうである。

キャスティングは監督が阿部サダさんのお芝居を良く観ていらして、クドカンと同じ大人計画というのもあり、

是非にと抜擢したのだそう。

堤さんは世間的なイメージであまり知られていないが、関西出身という事でキャスティングしたそうである。

この作品もかなりカメオ出演されている方がいて、先日亡くなった植木等さんの遺作となっている。

山田孝之くんも、驚く様な出演の仕方で、これまたビックリした!

水田監督もこの日はテンションを上げて、色々お話をして下さってとても楽しい方だったので、

急遽でも監督のお話が聞けてよかったなあと思った。あのオヤジさえいなければ最高だったなあ…

  

  

では、ここから作品の感想。

もうね、一言で済ませると、

  

もう1回観たぁーーーーーーーーい!!!(絶対に観る!!!)恋の矢

  

あの笑いをもう一度!あの感動をもう一度!

  

鬼塚公彦!間違いなくキミはトップ・ブリーファーだぁ!!!グッド!

  

痛く感動、感激しすぎて(笑いすぎて)涙が止まらない様な状態に陥ったのも久しぶり^^

あー、また今日も観たい!公開日が待ちきれない!!!

観終わった後、一緒に行った友達と「公開初日にまた観に行こう」と堅く誓い合った。

近年、これほどまでに感激した映画は稀である。

  

  

まず、予想外の展開はもちろん、想定内の展開でも、もちろんキチンと落としてくれる。

阿部サダさん演じる鬼塚公彦と、堤さん演じる内藤喜一郎の掛け合いのとてもテンポが良い。

マニアックな公ちゃんに夢中な、これまたマニアックな柴咲コウさんもかなり良い感じで、

とにかく、これでもかと言うほどに笑わせてくれる、素晴らしくスッキリする爽快コメディである。

  

  

こんなに何にも考えずに笑わせてくれる作品というのも非常に必要である。

もちろん、考えたり、涙したり、感動したり、という作品も大事だが、

頭のネジを何本か外しても、十分に理解でき、リラックスしてちゃんと笑わせてくれる映画も

世の中には必要だと改めて思ったわけである。

   

    

とにかく芸達者な阿部サダさんが素晴らしい!

客席からの質問で、「阿部さんは普段からハイテンションなんですか?」というのが出ていたが、

監督が「普段からあんなにテンションが高かったら持ちませんよ(笑)大人しい方です」

確かにあんなテンションが高かったら、本人も周りも1日が終わったらぐったりだろう…

しかし、映画の中では思いっきり楽しませくれたので、本当に良かった!いやあ、良かった!

  

  

ということで、この作品は是非是非たくさんの人に観て頂きたい映画である。

公開は6/16(土)より、全国ロードショー!

この映画を観て、大いに笑ってストレスを発散してみてはいかがかな?

  

  

舞妓Haaaan!!!一見さん、イラッシャイ!!!―オフィシャルブック
¥1,300
Amazon.co.jp

GET THE 舞妓Haaaan!!! RIDE!!!
¥1,350
Amazon.co.jp
  

ランキングに参加しています↓

良かったら、ポチっと押して下さいね^^

ビジネスブログ100選
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

NORIKO SATOさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。