Google

WWW を検索
ブログ内検索


2006年02月06日

「ラッシュライフ」伊坂幸太郎 / 「悪者」が書けない作家による、犯罪絡みの群像劇

テーマ:ミステリ一般


伊坂幸太郎を読むのはこれで2冊目。

それぞれ独立したストーリーが仙台を舞台にして交錯しあう、群像小説だ。

金の力で生き抜いてきた大物画商に従わされる若手画家、どこか達観したところのある一匹狼の空き巣、父親の自殺をきっかけに新興宗教に入れ込んでしまった若者、リストラされて街をさまよう冴えない中年男、不倫相手と共謀して相手の妻を殺そうと画策する精神科医らの5者5様の人生が部分的に重なり合い、また分化していく。


「陽気なギャングが地球をまわす」のときにも感じたのだが、ややコミカルなタッチで犯罪を描くわりに、著者の作品にはいまひとつキレがない(本書に較べると「陽気な~」はまだましだが)。海外のクライムノベルに親しんでいる僕の目からすると、これは少々物足りなく感じる。

寒々しい魂を描くノワールタイプの犯罪ものは別として、殺伐としているか逆にあっけらかんとしていないと犯罪小説というものはつまらないわけで(と言うより、物語全体が道具であるはずの「犯罪」の重みに負けてしまう)、本書のように妙に叙情的な犯罪小説などは、僕としてはなかなか支持できないところがある。

本書にわりあい近い形態なら、犯罪小説に特有のエッジ感やスピード感を備えている戸梶圭太のハチャメチャ群像劇「溺れる魚」のほうが、まだしもおもしろいと思う。映画なら「アモーレス・ペロス」。


仮に犯罪という要素を除外して眺めてみても、素直に時系列通りに組み上げられていない物語構成にもすっきりとしないものが残る。発表時と文庫本版では推移の様子がいくらか違うらしいのだが、作中におかしげな接続と感じられた部分があったのはそのせいだろうか。

5つの異なる人生のなかでも見るべきものは宗教絡みの線くらいなもので、あとは特段どうと言うこともない。

それなりに評価された小説らしいが、個人的にはそうたいした物語とは映らなかった。

好きな人は多いんだろうけど、これなら宗教1本でいったほうが断然よかったのではないか、と思う。


さて、口直しにハイアセンでも読むか。


伊坂 幸太郎
ラッシュライフ

オススメ度★★★

この話題でもっとさがす→クリック



パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
アモーレス・ペロス ― スペシャル・コレクターズ・エディション
これはかなりいい!
AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

tujigiriさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

16 ■つながい★かすみさん

>でも、今、本作と『陽気な~』ですよね?
個人的に言って、伊坂さんの良さがあんまり出てない2作な気が・・・。


どうもそうらしいですね。
あまり筆質にあっていない感じは受けます。

>『オーデュボンの祈り』もすごく好きなんですが、設定がかなり変わってますので、好き嫌いは別れるかもです。

読むときには念頭においておきますね。
コメントどうもです。

15 ■TBども。

どうもお口に合わなかったようですねえ。
でも、今、本作と『陽気な~』ですよね?
個人的に言って、伊坂さんの良さがあんまり出てない2作な気が・・・。
『グラスホッパー』とか、『アヒルと鴨のコインロッカー』辺り、かなりオススメです。
『オーデュボンの祈り』もすごく好きなんですが、設定がかなり変わってますので、好き嫌いは別れるかもです。

でも、合わないものは合わないですからね。
まあ、なんとも。

14 ■midareutiさん

といって、別に悪くはないですよ。
僕との相性がそれほどよくなさそう、というだけで(笑)。

そうか、インパクトがないんだよなー。
だから退屈だったのか。
うんうん。

13 ■げーしーさん


>独自のユーモアセンス

たぶん、そこがあわないんでしょうねー。品行方正なユーモアは肌に合わないんですよ。

>この作家も2作目以降はやはり推理小説としてよりも、人物の会話や雰囲気を楽しんだ方がいいのと同じです。

そういう評判を聞いているので、続きに手を出していません(笑)。
一応ストックはしているんですけどね。


コメント・TBありがとうございました。

12 ■伊坂さん

気になっている作家さんなのですけど、あまり良くないですか・・・(^^;)

11 ■トラックバックありがとうございます。

はじめまして。

先に書かれていますが、この作品を犯罪物として捉えない方がいいと思います。
伊坂氏の作品は、作品の内容そのものよりも雰囲気、特に独自のユーモアセンスを楽んでます。
「内容そのものより」っていうのは小説に失礼かもしれませんが。

拝見したところ、森博嗣氏の「すべF」の評価が高いですね。
この作家も2作目以降はやはり推理小説としてよりも、人物の会話や雰囲気を楽しんだ方がいいのと同じです。

本のことはたまにしか書いていませんが、また遊びにきてください。

10 ■しゃおさん

そして次の候補も?(笑)

9 ■読む順番

「陽気・・・」から「ラッシュライフ」へと読む順番が自分とtsujigiriさんとが一緒なのが何故か可笑しかったです(笑)。

8 ■セラビーさん

え~と、「脅迫者のブルース」でもTBさせていただいたんだったかな?

しかしこの時期にライブドアに移転とは、また大胆ですね。
ともあれ、ご健闘をお祈りしております。

7 ■つなさん

基本的に、犯罪を扱うのに悪者が書けなくちゃあ、どうしようもないと思うんですけどね~(笑)。
でなければコミカルさか不条理感が漂っていないと、個人的には不満です。

>「犯罪」として読むと、軽すぎる嫌いがありますが、「冒険」小説として読むと、和物冒険として、それはそれでアリではないか、と思います。

そういうことなんでしょう。
変に犯罪小説の側から語ってしまうと、僕のような感想になってしまうんでしょうね。

TBありがとうございます。
「オーデュボン~」はずいぶん前からストックしているので、いずれ読むことになると思います。

6 ■いわいさん

>素直に時系列通りに組み上げられていない物語構成にあるひっかかりが、この作品の面白さではないかと感じています。

もちろん、そういう見方もあるでしょうね。
同時に僕のように犯罪小説として論じるのも、少し斜め方向からの視点だろうと思います。

5 ■無題

お久しぶりです♪ 「adliblog」→「アドリブログ」のセラビーと申します。
以前は,TBなど寄せていただき,お世話になりました。
さて,ご連絡が遅れていましたが「アドリブログ」は「アメブロ」から「ライブドア」へリニューアル移転してブログっています。
JAZZ/FUSIONの名盤をお探しの際には,また当ブログにお立ち寄りくださいね。
ブログ環境は異なりますが,お互い熱心なブロガー目指して頑張りましょうねっ。応援していま~す。

4 ■確かに

伊坂作品に「悪者」は出てきませんよね。
(って、私もまだ三冊しか読んでませんが。笑)
「犯罪」として読むと、軽すぎる嫌いがありますが、「冒険」小説として読むと、和物冒険として、それはそれでアリではないか、と思います。
今まで読んだ三作品の中で、一番面白かったものを、トラバしまーす。
(でも、一番面白かったのが、デビュー作ってどうなんでしょう。笑 新しいのも読んでみなくては)

3 ■トラックバックありがとうございました

初めまして。
伊坂幸太郎は、『オーデュボンの祈り』に続いて2冊目でした。
この作品、あまり犯罪に注目して読んでいなかったことに気づきました。
>素直に時系列通りに組み上げられていない物語構成
にあるひっかかりが、この作品の面白さではないかと感じています。

2 ■リブさん

犯罪の切り口は、かえってこの作家の本質を阻害してしまうんじゃないかな、と思っています。なんとなくですけどね。

伊坂幸太郎はそれぞれの登場人物にきちんと人生を与えるタイプの書き手なので、犯罪という一種エキセントリックな道具に頼らなくても小説を書くことができると思うんですよね。
彼は派手な道具立てを用意しない方が、より深みのある物語の創作につながるとみますね。

2冊しか読んでいないのにわかったようなことを言ってますが(笑)。

1 ■初めまして

TBありがとうございます。
確かに「犯罪」に着目すると少々重みが足りない気がします…。
僕は海外のクライムノベルは読んだことがないので今度参考に読んでみようと思います。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。