Google

WWW を検索
ブログ内検索


2005年12月08日

「レイジング・アトランティス」トマス・グレニーアス / 南極ピラミッド、極寒のサバイバル!

テーマ:ハードボイルド・冒険小説
トマス グレニーアス, Thomas Greanias, 嶋田 洋一
レイジング・アトランティス


超古代文明伝説の花形アトランティス。その出自はインドの老僧が口伝したというムー大陸伝説よりも確かなもので、かの哲学者プラトンが神官からその存在を伝え聞き、実際に著書に書き残している。

アトランティスがどこにあったかには諸説あって、大西洋の真ん中という説や地中海のサントリーノ島あるいはマルタ島を候補に挙げる説、またはトルコにその地を求める者もいる。のちにプラトンの弟子アリストテレスはプラトンの抱く理想郷像を伝説風に装飾しただけと一蹴したが、なんのなんの、いまもって謎の文明に魅せられる人間は多いのだ。


本書「レイジング・アトランティス」は、そのアトランティスの遺跡とおぼしき被造物が南極で発見されるシーンで幕を開ける、ノンストップ冒険小説だ。

超古代文明に隠された秘密を追って多種多様な登場人物が出てくるのだが、そのほとんどがアトランティス文明を使って自分の野望を果たすことしか考えていない、おそろしくエゴイスティックな連中ばかり。

遺跡の保存にまるで興味のない異端の考古学者コンラッドや、その父でアメリカ軍の秘密任務を帯びたイェーツ将軍、言語学を駆使する才媛にして頑固な元修道女セリーナなどを中心に、冷徹な専門家たちが南極に集結し、親子関係や恋人関係を越えて我先にアトランティスの核心に近づこうとするのだ。

基本的にこの3人は仲間として一緒に行動するのだが、どっこい仲間内での駆け引きや裏切りが続出するわ、ロシアやアラビアから派遣された軍人チームが重武装で暴れまわるわ、とにかく目まぐるしい。

加えて、ストーリーの進展で不要になったキャラクターが次から次へと容赦なく死んでいくのも特徴的。

もともとネット上で発表されて人気を博し、出版にまで漕ぎ着けた小説だけあって、とにかく話のテンポが早いのである。

一応は考古学知識を下敷きにしているので、古代文明ものに付き物のアクロバティックな神話解釈や1万年規模の星座の移動チャートなどが謎の解読に用いられるのだが、まあほとんど読み飛ばせる。

読者に要求されるのは細かい理解よりも、エゴを剥き出しにする登場人物たちの見せるシビアなプロフェッショナリズムに付いていけるだけの心構えなのだ。

この小説には、世界を救うだとか凍りついた愛を復活させるといった甘っちょろいテーマは用意されていない。

でも、そのあたりがアトランティスに魅せられた人間の姿をよく描いているのだ。


すぐにでもハリウッドで映画化されそうなこの小説、あなたはいったいどう読むか。


オススメ度★★★

この話題でもっとさがす→クリック
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

tujigiriさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

7 ■Westieさん

ありがとうございます。

アトランティス=アイルランド説はおもしろそうですね。
いちど読んでみたいと思います。

6 ■間違えました

すみません。url がちがっていました。

訂正します。
 ↓

5 ■面白そうですね

トラックバック、ありがとうございます。

面白そうな小説ですね。
エゴむき出しの登場人物ばかり、とのことですが、フィクションだからそうなるのかもしれませんね。

4 ■だんぜん!

飛び抜けてかっこいいですね。
読みながら、なんとなくプラネテスのゴローさんを思い浮べてしまいました。
あっちはもっとわかりやすいし、ずっと可愛げがあるんですけどねー。

おもいっきり現役なんですよね、肉体もズルさも。
最後まで野望に忠実で、形はどうあれ、ひとり飛んでいっちゃうところなんてたまりません。
続編で「親父の逆襲」を書いてほしいくらいです。
地球は滅ばなければならなかったのだー、と言って帰ってくる、とか(笑)。

3 ■あの親父

主人公格の息子より魅力的じゃなかった?
すんげー好き、ああいう「ワルい」キャラ。
あの年齢ですごいタフだし。
はっきり言って、いちばんかっこいいキャラ。

2 ■親父さんとの和解とかね

お定まりのパターンになるんでしょう、きっと。

あの親父は刺されたまま宇宙をブッ飛んでいくのが最高なのに(笑)。

1 ■甘っちょろさはない

そう、これはほんと、欲のぶつかりあいでしたね(笑)。
映画化にむきそうだなーと思うのだが、その場合は、たぶん、キスシーンなどが挿入され、別ものになるのでしょうけど(笑)。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。