首都圏アピオス調査

テーマ:
一年間のご無沙汰でした。

この間、農作物であるアピオスの研究栽培、加工、販路の模索等でブログを 

更新しておりませんでした。

本日からまた始めますのでどうぞよろしくお願いいたします。

さてさて、今月の21日~23日にかけ、神奈川県横浜市と群馬県前橋市に

アピオスの試食アンケート販売に行って来ました。

 

石巻専修大学の学生さんたちと首都圏の消費者の動向を知るためです。

ほとんどの方は知らないようです。

しかし、甘さには驚きの声が多数。

 

青森県下北半島産アピオスの魅力を少しでも多くの方に知ってもらう活動は

これからも続けてまいります。

 
 
パッケージデザインも出来上がり、4月1日よりネット販売を開始いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

「河野商店」ホームページ 4月1日オープン!

お楽しみに

http://apios.jp




 



AD
このところ雨が降ったりやんだりの日が続いている。

畑にはちょうど良い降水量だ。

しかし・・・・

雑草も勢いよく伸び始めた。

天候の回復を待って草刈り三昧になりそうだ。

さて今日は、「しもきた☆はぴはぴアピオス」の第二回栽培講習会。

圃場は一番生育の良い浜田久美子さんのところだ。

 

 
 
もう草丈が1m80cm以上になっている。

花芽も着き始めている。

今回の講習は・・・

生理障害対策、アピオスの花の利用方法

イモつる切り、摘芯、ネットの倒状対策

この中で一番重要なのが、「イモつる切り」だ。

産地独特の方法なので詳しいことは言えないが

これをするかしないかで大きなイモが出来るかどうか左右される。

ミスターアピオスである下北地域県民局の館山氏の指導のもと

参加者は真剣な眼差しで食い入るように聞いている。

 
 
 
 
私はというと何度も聞いているので、アピオスを引っこ抜いて観察。

 
 
左右に伸びているのが「イモつる」

種イモの下部から細い根が伸びてます。

よくアピオスの根という方がおりますが

厳密には「つる」

他に根があるのです。

来月になるといよいよアピオスの花が咲きます。

この花は実は血糖値上昇抑制効果があると大学の先生が

実証実験し論文を出しています。

花は取りきれないほどたくさん咲きます。

欲しい方は自分で摘み取って乾燥させお茶として試してみては

いかがでしょうか?


 


AD

緑と赤のオクラ

テーマ:

秋空を思わせるような夜明け。

 

梅雨前線が北上したり南下したりと不安定な日が続いている。

晴れたと思ったら突然雨が降りだす。

日中の気温が25℃前後になるが、朝は17℃前後で気温差がある。

朝は長袖、昼は半袖姿で農作業は続く。

今日もまたそんな日だった。

露地栽培をしているオクラが少しづつ花を咲かせ実をつけ始めた。

 

 

今年もまた緑の丸オクラと赤い丸オクラを栽培している。

露地栽培なので管理は大変だが、毎年実をつけてくれる。

北国でオクラを栽培するという発想は今までなかっただろう。

しかし3年間も収獲出来たということは、間違いなく温暖化による

夏の気温が上昇している証拠だと私は思う。

東日本や西日本は今年も猛暑続き。

私にはとても耐えられない気温だ。

さて、マイファームのオクラだが・・・

緑のオクラは・・・・これ

 

赤いオクラは・・・これ

 

違いは茎の色だ。

花房の色も違う。

当然実も違う。

しか~し・・・・

赤オクラは茹でると緑に変わるのだ!

色どりをつけるには赤オクラは生でサラダ感覚にして食べるのがいいのかなあ?

今年の夏は暑くなって欲しくはないが、オクラは暑くならないと大きく成長

しないので複雑な気持ちです。

AD

マイファームの現状

テーマ:
7月に入り適度な恵みの雨が続き、マイファームの野菜たちは息を吹き返した。

20アールほどのメーンになっている畑は、荒地を耕起してから4年目に入った。

土の状態は年々良くなり作物の成長も以前に比べると早く、葉などの状態は

比べ物にならない。

メーンのAブロックは・・・・

 
トウモロコシ、オクラ、インゲン、きゅうり、ミニとまと、ジャガイモを植えている

生育状況はまずまずだ。

きゅうりはもう収獲が始まった。

Bブロックは・・・・

 

長ねぎ、かぼちゃ、スイカ、大豆、ピーマン、カラーピーマン、ゴーヤ、ゆうがおを

作付中。

長ねぎは枯死寸前だったが雨ですくわれた。

 

かぼちゃは勢いを増して来て、3節~5節目に雌花が着いたものもある。

もったいないがすべて除去します。

 

Cブロックは・・・・・

 

アピオスとジャガイモ専用

アピオスだけは生育遅れが生じているが、まあこの先の暑さで

盛り返すことでしょう。

完全無農薬有機栽培で野菜を栽培しているので

この先はあちこちからやって来る害虫除けのため

忌避剤をこまめに散布してあげなければならない。

この先一ヶ月は害虫との戦いが始まる。



雨が降っても畑に行かねば

テーマ:
6月は一日しか雨が降らなかった。日照り続きで水やりに苦労した。

今月は一転して雨続き。

農作業を休みたいところだが、ちょうどマイファームのメーン畑は野菜たちの成長期。

今朝は早くから雨合羽をかぶり農作業をすることにした。

メーン畑ではちょうど「きゅうり」、「ミニとまと」、「オクラ」が成長を続けている。

 

今回は「丸オクラ」と「赤オクラ」の整枝作業だ。

事前に支柱を差し込んでいた穴とオクラをつなぎ止めることに・・・・

 

オクラは高温を好む作物なので、この辺で露地栽培している農家さんは

数少ない。

成長すると茎の太さが5cmくらいの木のようになる。

支柱としっかりつなぎ止めておかなければ倒木してしまうのだ。

もう3年前から植え付けているので要領は得ている。

 

まだ20cm足らずの大きさだが甘い蜜を出しているようだ。

アリが主枝付近に集まっている。

  

私が作っているのは一般的な五角オクラではない。

丸いオクラなのだ。

これからきれいな黄色がかった花を上に向けて咲き始めると

ちょうど梅雨明けになる。

今年も柔らくて体に良いとされるネバネバたっぷりの丸オクラが出来そうです。