1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2007-01-17 10:36:28

■ゴールデン・グローブ賞とマシ・オカ!

テーマ:映画祭

The 33rd Annual People’s Choice Awards

●。。。ゴールデン・グローブ賞の授賞式は映画のみアップしていたのだが、気になったのはジェレミー・アイアンズがご機嫌で受賞していた…この賞は≪Best Performance by an Actor in a Supporting Role in a Series, Mini-Series or Motion Picture Made for Television≫。
テレビ映画のミニシリーズの助演男優部門てなことですが、ジェレミー受賞の影に有力視されていたノミネート男優がMasi Oka、マシ・オカだった。なんだか妙な英語日本名!?…だが、本名は「おか まさより」なんだそーデス。





既に、映画、TV、音楽界で最も活躍した人をアメリカ人の投票で選出する「第33回ピープルズ・チョイス賞(The 33rd Annual People’s Choice Awards)」授賞式が9日に開催され、彼が出演(ヒロ・ナカムラ役)する超能力を持った人間が人類の危機を救うという物語「HEROS」が受賞。
で、ゴールデン・グローブ賞でも注目されていたのだ。結果は前述の通りで受賞には至らなかったものの、人気は急上昇中!
ちなみに彼は、1974年12月27日 東京都生まれながら6歳で渡米。現在はアメリカの俳優であり、デジタル視覚効果アーティストでもある。
日本では、これから話題になりそーな気配するデス。

 
NBCサイトへ

 

youtubeに行っちゃえ!



▲一応・・・今年も、デスが、
あまりアップしてなかったなぁ…反省デス

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2007-01-12 07:07:04

■The Astronaut Farmer

テーマ:映画

■ The Astronaut Farmer

●うずうず。。。日本での上映はこりゃあるかも!と待ち構えておこう。憎みきれないろくでなし…!ビリー・ボブ・ソートンだもの、クセは目いっぱいのはず。教師やってたかと思てりゃ今度は農夫、いや、宇宙飛行士の農夫!

かつて一度はNASAのために働いていた男。男は宇宙への憧れに取りつかれている…で、男は自分ちの納屋で宇宙ロケットを造ることにしてしまうのであります。めでたしめでたし~!★





いえ、ことはそー簡単なものではなさそーです。間違いがあれば許してチョ(と、伏線を張り~苦笑)。
どーもこの物語の主人公であるチャーリーはNASAの宇宙飛行士だった。航空宇宙工学の学位を取得して、パイロットとして空軍に加わって…NASAで宇宙飛行士として訓練を受けていたのだと。ところがある日、実家の農場が抵当に入って手放さなければならない窮地!こりゃ救わねばなるまいと、幼い頃から夢だったNASAの仕事…宇宙飛行士を諦めて故郷に帰ってきた男、って風なのかな。

然しながら一度宇宙に向かった夢は諦められない…夢はそのまんま…今や農夫となったチャールズだったのだが、時間の経過と共にむくむくと一等大事な夢の煌きが彼の中に充満してくる…そ、彼の目の前に広大な宇宙への夢の扉が開きはじめるのであります。
やっぱ夢は諦められない。そっかぁ、なら、オレっちが自分でやりゃエエんでないかい…と、必要な機具・材料を集めながらコツコツと自分のロケット(!)を納屋で造りはじめるんだと!。地球の大気圏を飛び出す本物の宇宙ロケットの組み立てなんですと!。そ、黙々と淡々と?彼の生涯の夢である宇宙飛行士!に向かって一直線。







そりゃ、やがては周囲の者達もなんだかあいつぁオカシイんとちゃうかぁ~って。あやつはいかれちまった奴だと…。
同時に面白可笑しく取材したがるメディアも飛びついて、途方もない夢の農夫の宇宙物語を発信!
一方、当初は妙なオカシナ野郎だ程度だと思っている政府も徐々に話題になっていくチャーリーの様子に苦虫潰したよーな面子が揃い、こりゃイカンぞ!と。いよいよ1000ガロンの燃料を調達した、ってことで通報がはいるのかな?そこで政府もこりゃ国益を損なう野郎だ、このまんま放置すりゃ国の脅威ともなる存在だ~と阻止にかかる。









さ、彼がいよいよ宇宙へ飛び出そうとするその夜!なんとかこの目論みを阻止すべく小さな田舎町の小さな農場にCIA、FAA、さらにアメリカの軍隊までが彼の小さな農場一体に集結するのだと?で、相手はビリー演じるチャーリーなんだもの、ヤダ!絶対に飛ぶ!とゆー気持ちに揺らぎなんぞ生じさせるはずがない、じゃないか!





「スリング・ブレイド」「チョコレート」「バッド・サンタ」「バーバー」…「アイス・ハーヴェスト 氷の収穫」(←いっつの間にかDVDですと!ったくぅ~)のビリー・ボブ・ソートンの怪優ぶりが今度は宇宙飛行士の農夫チャーリー・ファーマー(まんまやネ)。ホントに期待大デス。
で、胆っ玉カミさんオーディに「サイドウェイ」で花開いたバージニア・マドセン。15才の息子シェパード(名前がいいやね「ライト・スタッフ」思い出すでしょ)に愛らしい娘っ子も出ているが、物語において、オーディとチャーリーは誠に真のパートナーであるそーだ。





脇のFBI捜査官役にジョン・グリースと共に出演しているのが、今回も脚本を担当した監督と双子の相方マーク・ポーリッシュ。引退した宇宙飛行士で、かつての仲間だったシモンズ役にブルース・ウィルス。チャーリーを思いとどまらせるために圧力をかけてくるんだと。結構嫌味な役どころだが、最後までみなきゃウィルス…わっからない。ほんに今日日いい役演ります。

70代に入って再び面白い物語の中で主人公の義父役なんて良い役にめぐり合ったブルース・ダーン。彼の演じる義父が与えるチャールズへの明確なアプローチとはいったいどんなもんかな~
精神的な援助以上のサポートをする弁護士役には「オー・ブラザー!(2000/米)」「スクービー・ドゥー2 モンスター・パニック」「シリアナ」等…さらに「O」「灰の記憶」といった監督作もあるティム・ブラック・ネルソン。彼はチャールズ長年の友人であり、弁護士としてクライアントを政府機関の敵対する連中から守る味方役のようにふるまうのだが本当にそうなのか!?彼は本当に味方なのか…





ソートンはこの役を演じ、見る側にそのカリスマ性をアピールしているのだと。彼はまさしくスターなんだが、同時に誰の回りにもいる普通の人、ごく自然に生きている労働者階級の人間といった様子も併せ持っている、そーゆー人物を演じる資質を持っているのだと。まるで町のどっかにすんでいてもおかしくない…友人のようだと。で、繊細で強い、その存在感は果てしなく…とても稀な俳優、人物だと。これは監督マイケル・ポーリッシュの弁。

ワンマンロケット、いいではないですか。どっからこーゆー夢物語を映画にしようって魂胆が生じるのか。双子の兄弟の意思の疎通バッチし成せる業なのか。映画は「That's something we don't often see anymore…」って、良い気分をもたらしてくれそうだが、そこに至る随所に主人公チャーリーの苦い思いや周囲から頭オカシイんじゃ~と扱われる様子もあり、チャーリーの思いは…





この映画は、「ツイン・フォールズ・アイダホ(Twin Falls Idaho)」「Northfork」を世に放ったマーク&マイケル・ポーリッシュ兄弟が監督・脚本。で、こーゆーのやるんだと思わず、今回も身を乗りださんばかりに待ち遠しいのであります。

ポーリッシュ兄弟、今回の主要なロケをサンタフェ郊外で2005年9月から始め、ニューメキシコに移り、物語の舞台であるテキサスにあるファーマーズの風景を作り上げたという。いったいこの物語、どーなると思うデスか?飛ぶ…よね。飛んでいるみたいだし…でもポーリッシュ兄弟にソートンだものねぇ…どーなるデスかね…興味津々であります。(2007年/製作国アメリカ/アメリカ公開2007年2月23日/日本公開?)


Twin Falls Idahoの時の2人


ポーリッシュ・ブラザーズ!


▲Trailer


▲Official site
オフィシャルでもTRAILERはご覧になれます。


●Directer:Michael Polish マイケル・ポリッシュ
●Screenwriter:Mark Polish マーク・ポリッシュ
 Michael Polish マイケル・ポリッシュ
●Cast:Billy Bob Thornton ビリー・ボブ・ソートン Virginia Madsen ヴァージイア・マドセン Bruce Dern ブルース・ダ-ン Tim Blake Nelson ティム・ブレイク・ネルソン J.K. Simmons J・K・シモンズ J.K.Nelson

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2007-01-10 20:06:06

■オーシャンズ13 Ocean's Thirteen

テーマ:映画

■Ocean's Thirteen オーシャンズ13

●「オーシャンズ13」の内容が今ひとつ…いや全く伝わってこないのでスチールから予測するしかない。
「オーシャンズ13」をそんなにワクワク気分で待ち望んでいるわけやないだが、前作「オーシャンズ12」で結構ガックシ来てしまったことは歯がゆかった…と、それが伏線となって今作への期待度が高まらないのが攻を奏しているのではないかい、と。
まったく回りくどい言い方だが、あそこまで肩透かしを食いますと、今作は楽な気持ちでスクリーンに向かうことができる、とゆーもんです。役者揃いで盆暮の顔合わせのよーな具合いで楽しめばいいか、と重さ、軽妙洒脱さといった細部にこだわらないままに見ていきゃ、ま、いっか!と結構寛容(と忍耐、なんてね:苦笑)な気持ちで楽しんでみますか、とさ。









ま、「オーシャンズ13」は娯楽楽々の映画と思って向かえばいいのだと思っておるのだった。が、ここにきてキャストにエレン・バーキンとアル・パチーノの名が浮上してきやがりますと、困るデス。こんな面子揃えて、中途な物語はないよなーとお気楽で見ようと思っていたのが悶々とするではないか。

目いっぱい製作物を抱え込んでいるソダーバーグは、前作をフィニッシュのつもりだったのだが、クルーニー等の説得で今作限りとまた監督の座についているそうな…。
で、今作に豪華な悪役でのご登場というわけがアル・パチーノ。はいな~スチールなかなか探せなったアル・パチーノは徹底した悪、だそーです。その子分みたいに見えてしまうアンディ・ガルシア(悪かないデス)が…またオーシャン等と対決してますがな。脚本は新たにブライアン コッペルマンとデヴィッド・レヴィーン。オーシャンズは毎回脚本が変わるのがなんとも、今度こそ、なんてのがソダーバーグにあるのか、と勘繰ってみたり。









オーシャンの仲間勢ぞろいで、爆発もするってか!。エリオット兄もすっかり…痩せ過ぎやないか、と気がかりになったり…ドン・チードルのハシャギ方にニヤニヤ喜んだり…ケイシー・アフレックににたり~で、カメオが結構散らばっているのかも…デヴィッド・ペイマーは、どこぞにふらりと姿を現すカメオか、と気になったりは致しますデス。

そーゆー中、クルーニー兄さんはますますハリウッドの看板スターのマスクに磨きがかかり、仲良し仲間引き連れて演ってみたのサ、てな風にポピュラリティに長けた奴でございます。目いっぱいの秀作ではないままにシリーズ化に転じた物語を引っ張るには程よいのか。遊び気分がなけりゃ~面白味が救いになるはずの物語…さ、今作は如何か!









実はこの映画「オーシャンズ13」のプレミア・パーティーにジョージ・クルーニーのエスコート付きで参加、その後のパーティにも参加できるという権利がオークションに出品。結果落札金額は45000ドルだったそうです。ちなみこの落札金額は全額、キング牧師の関係団体へ寄付されるそうです。
今回はあらすじなんぞこれ以上なしで、見てみましょ!(ええ加減デス)エレン姐さんも役名なしだと…ふうん~どっこで出てくるんだろーね。パチーノはカジノのオーナー!お主も悪よのぉ~~なんて。スミマセン、この程度デス。(2007年/製作国アメリカ/アメリカ公開2007年6月8日/日本公開?)


















▲Trailer


▲Official site
オフィシャルでもTRAILERはご覧になれます。


●Directer:Steven Soderbergh スティーヴン・ソダーバーグ
●Screenwriter:Brian Koppelma ブライアン コッペルマン David Levien デヴィッド・レヴィーン
●Cast:George Clooney ジョージ・クルーニー Brad Pitt ブラッド・ピット Matt Damon マット・デイモン Andy Garcia アンディ・ガルシア Don Cheadle ドン・チードル Bernie Mac バーニー・マック Ellen Barkin エレン・バーキン Al Pacino アル・パチーノ Casey Affleck ケイシー・アフレック Scott Caan スコット・カーン Eddie Jemison エディ・ジェイミソン Shaobo Qin シャオボー・クィン Carl Reiner カール・ライナー Elliot Gould エリオット・グールド Scott L. Schwartz スコット L シュワルツ…

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。