1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2006-05-29 05:13:57

■第59回カンヌ映画祭

テーマ:映画祭

■第59回カンヌ映画祭 閉幕


パルム・ドール 監督ケン・ローチ


グランプリ「FLANDRES」監督ブリュノ・デュモン


監督賞 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ プレゼンター ティムさん


脚本賞 ペドロ・アルモドバル(「ボルベール」)
林家さんちの御大思い出す…




主演女優賞「VOLVER」(ボルベール ペドロ・アルモドバル) 出演女優全員ぺネロぺ・クルス、カルメン・マウラ、ヨハナ・コボ(違うかも)、ロラ・ドゥエニャス、ブランカ・ポルティージョ、チュス・ランプレアヴェ で、プレゼンターは列車に乗った髪結いの亭主。。。


エエ奴やなぁ~ベルッチ姐とのコメディあったデスね(笑)


流石ジャメル君!皆温かい笑いデス




熱かったッ!主演男優賞「INDIGE`NES」(監督ラシド・ブシャレブ) 出演男優全員 ジャメル・ドゥブーズ、サミ・ナセリ、ロシュディ・ゼム、 サミ・ブアジラ、ベルナール・ブランカン  で、監督が一等小さい(苦笑)


吉報に急遽舞い戻ったアンドレア・アーノルド審査員賞


ショートフィルムパルムドールのボビー・ピアーズ
カメラ・ドール Corneliu Porumboiu


オマケ…ティムさん満面の笑み


で、締めはやっぱこの御仁


次回はノラ・ジョーンズ主演「ブルーベリー・ナイト」
くーッ!ブルーベリーだとぉ!美味いぞぉ~



▲The highlights of the Festival in video

■パルム・ドール(最高賞)
 「バーレー(稲穂)を揺らす風」 監督:ケン・ローチ
■グランプリ(審査員特別賞) 「FLANDRES」監督:ブリュノ・デュモン
■主演男優賞「INDIGE`NES」(監督:ラシド・ブシャレブ)  出演男優全員 ジャメル・ドゥブーズ、サミ・ナセリ、ロシュディ・ゼム、 サミ・ブアジラ、ベルナール・ブランカン
■主演女優賞「VOLVER」 (ボルベール 監督:ペドロ・アルモドバル)
 出演女優全員 ぺネロぺ・クルス、カルメン・マウラ、ヨハナ・コボ(違うかも)、ロラ・ドゥエニャス、ブランカ・ポルティージョ、チュス・ランプレアヴェ
■監督賞 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(「バベル」)
■脚本賞 ペドロ・アルモドバル(「ボルベール」)
■審査員賞 アンドレア・アーノルド(「RED ROAD」レッド・ロード)
■ショートフィルム パルムドール「Sniffer」 監督:ボビー・ピアーズ
■カメラ・ドール(新人作品賞)「l'Est de Bucharest」(仏題「A FOST SAU N-A FOST」仏題和訳:「12時8分、ブカレストの東」) 監督:Corneliu Porumboiu(ルーマニア)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2006-05-27 13:36:32

■ボルベール VOLVER

テーマ:映画

■VOLVER ボルベール

●日本では来年公開のペドロ・アルモドヴァル(ペドロ・アルモドバル)監督の新作「ボルベール」。物語の舞台はアルモドバル自身の故郷だというスペインはラ・マンチャから始まるのか、な。本作も彼自身の生い立ちに深く関わりを持って生まれたもの、といえるのだろう。親子三代の人生ドラマだそーだ。どうやら、ラ・マンチャ、そこから物語の糸は紡がれ、舞台はマドリードに移り住んだ娘からその娘に…忙しく働く女ライムンダを演じるペネロペ・クルスに焦点が合わされる模様。





ラ・マンチャ・マドリッドの下町。どーにも稼ぎなど当てにもならない失業中の夫を横目に、ティーン・エイジャーの娘を養い、稼ぐのは妻のライムンダ。姉は美容師。2人の両親は火事で焼死!。哀しい出来事を乗り越えて、前に進もうと奮闘する彼女たちの前に、なんとも…死んだはずの母親がこの世に帰ってくる…帰郷=ボルベール!







どうも女達には何か秘密がありそーだと…。問題は山積という女達の日常を背景に、滑稽で哀しい秘話をタンゴの名曲「VOLVER」(ボルベール:帰郷)をテーマにしたらしいアルモドバル監督作。これ、またまた女達の神経を研ぎ澄ました哀歓に満ちた傑作になったかな、な。

本作は、1999年カンヌ映画祭監督賞受賞作「オール・アバウト・マイ・マザー」に続く、ペネロペ・クルスをキャスティングした本作のスチール。そのどれをとっても彼女の表情が素晴らしく印象に残る。前作では脇に控えたクルスがあれから数年…。ここ最近のクルスの女優としての花開き様はまさに「花様年華」ではないのか、と思えるほど。巧いんだ、ホント、きっと本作は彼女とカルメン・マウラ、ブランカ・ポルティージョ目当てに来年は映画館に行こう。そ、クルスはカルメン・マウラに並んだ、わけかな。








カルメン・マウラは70年代後半から(「Folle... folle... fólleme Tim!」~「バチ当たり修道院の最期」「グロリアの憂鬱/セックスとドラッグと殺人」※ビデオ 「マタドール<闘牛士>・炎のレクイエム「欲望の法則」「神経衰弱ぎりぎりの女たち」等…アルモドバルに欠かせない女優。 チュス・ランプレアヴェも結構ご常連。

しかし、今作初登場だったはずのブランカ・ポルティージョは知らなかった。女っぽいメイク姿より本作のこんなタイトな姿、様になる女優は貴重だろ。男役も演じれそう、ではないかい。映画界、まだまだ知らないことばっかし。








ところで、ペドロ・アルモドバルの表記も題名も2種類あるが、どーなの。ハビエル・バルデムの場合と同じよーに、スペインのVのカタカナ表記はバなのか?ヴなのか…。も、わっかんないぞー。で、ヴァルにしとこーか悩んだやん。題名もカタカナ表記だと「ヴォルベール」なのか、「ボルベール」なのか…。スペイン通の方、ご教授ください。
さ、アルモドヴァル新作「ボルベール」(ヴォからボへ表記変えました。ご教授有難い!)…濃い~の、見らずに通り過ぎるなんてことが我に出来よーか、でッきゃしないデス(苦笑)。(2006年/製作国スペイン/日本公開2007年:遅いやんギャガさん)




▲Official site
オフィシャルでもTRAILERはご覧になれます。


●Directer&Screenwriter:Pedro Almodovar ペドロ・アルモドバル
●Cast:Penelope Cruz ペネロペ・クルス Carmen Maura カルメン・マウラ Lola Duenas ロラ・ドゥエニャス  Blanca Portillo ブランカ・ポルティージョ Chus Lampreave チュス・ランプレアヴェ









女優はこーでないとネ…
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2006-05-26 08:29:11

■スキャナー・ダークリー カンヌ

テーマ:映画祭

■スキャナー・ダークリー A Scanner Darkly

●映画「A Scanner Darkly」スキャナー・ダークリーの面子、キアヌ・リーヴスとロバート・ダウニー.Jrが監督リチャード・リンクレイターと共にカンヌでフォトコールやプレスを前にプロモーション。長かったデスがもーそろそろなんですナ。主役はキアヌ君ですがロバートの存在は強力デス。とゆーても、ちょっと気配の違う映画です。リンクレイターも次々に撮ります。で、三人組みでも注目株は外せない、とばかりに取材陣が囲んだ。












▲2005年2月13日

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。