NHK受信料“解約ラッシュ”

テーマ:
http://www.news-us.jp/article/433391487.html



【朗報】電話で「TV壊れたからNHK解約します」と言えば解約完了。裁判所が「NHKの確認はなくても解約は成立する」と認める 
netgeek 2016年2月2日

なにかと納得がいかないNHKの受信料について、「TVありません」と言えば集金人は家の中まで立ち入って確認する権利がなく、諦めるしかないというのは有名な話。しかし、一度テレビがあることを認めてしまった後に「TVが壊れた」と言えばどうなるのだろうか。

1/23、Twitterに興味深い記事が投稿されていたので紹介したい。 


http://i2.wp.com/netgeek.biz/wp-content/uploads/2016/02/nhk_kaiyaku5.png 
http://i2.wp.com/netgeek.biz/wp-content/uploads/2016/02/nhk_kaiyaku.png


添付されていた画像は日刊ゲンダイの記事。NHKが起こした訴訟について、裁判所がその請求を棄却し、むしろ逆に合法的に解約する方法を認めてしまったという内容だ。もともと受信料を支払っていたAさんはテレビが壊れた際にNHKに電話して「解約したい」と伝えた。しかし、NHKは「テレビが壊れたことを確認していないので解約はできない。規約にも書いてある」と言い張る。ただ、Aさんはすでにテレビを廃棄してしまっており、壊れたという証拠を見せることができない。受信料を支払い続けなければならないのだろうか?

この件について裁判所はそもそも解約の意思表示をした段階で解約が認められると判断し、NHKの規約を無効と判断した。受信料を回収するために見せしめに訴訟を起こしたのに、むしろ不利な状態に追い込まれてしまったNHK。今後は電話一本で解約を認めなくてはならなくなってしまった。

もとより、NHKについては不平等な契約や強引な料金徴収が問題視されていた。

▼不在訪問の紙に「ハラエヨ」の文字。 


http://i2.wp.com/netgeek.biz/wp-content/uploads/2016/02/NHK_kaiyaku-1.jpg


▼NHK山形の気象予報士、岡田みはるさんは生放送中に何度も原稿と別の映像を流される嫌がらせにあい、号泣してしまった。

http://i2.wp.com/netgeek.biz/wp-content/uploads/2015/12/1202yamagata_otenki3.png


▼神戸大学の木村幹教授はNHKの係員がまだ日本語を理解していない留学生に無理矢理契約書を書かせたと怒りを露わにし抗議した。 

http://i2.wp.com/netgeek.biz/wp-content/uploads/2015/10/nhk_ryugakusei1.png


これまでNHKの解約には、どこで手に入れるのか分からない解約書をなんとか入手し、正当な理由で承認を得る必要があった。しかし、今回の判決で、電話一本で「TVが壊れた」と報告すれば認められることが確定した。素晴らしい朗報だ。家族・友人にも教えてあげてほしい。

http://netgeek.biz/archives/65588




「一度テレビがあることを認めてしまった後に『TVが壊れた』と言えばどうなるのだろうか」
「裁判所はそもそも解約の意思表示をした段階で解約が認められると判断し、NHKの規約を無効と判断した」
「今回の判決で、電話一本で『TVが壊れた』と報告すれば認められることが確定した」
AD