太平洋のアブ大好き

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |oldest Next >>

2016/7/9 ボートロックとお買い物

2016-07-10 19:56:17 Theme: 釣行記
最近、週末だけ天気が悪くて平日は天気がいい。
という釣り人殺しな天候にイライラしつつ会社の喫煙室で後輩と話をしていたら

「そういえば、最近苫小牧の調子が良いらしいんですけどボート行きません?」

と素晴らしいお誘いを受ける。
メンバー集めて行こうかーなんて話をしているうちに当日を迎え
久しぶりのボートロックにウキウキ。

うちの仲間4人+別の方々4人の乗り合いとなり、出船前にご挨拶。
乗り合いなので不公平感が出ないようミヨシとトモを30分ローテで釣ることに。

今回は月下美人のアジングAGSとブラックレーベルの2本で勝負。
月下美人には7gジグヘッドにパワーシャッド3インチをセット。
ブラックレーベルは10gのテキサスリグにパドルホッグをセット。

最初のポイントに着いて、まずはパワーシャッドでボトムをスイミング。
結構早めに巻いてみたら「ゴン!」と良いアタリが。



30後半の太平洋アブさん。
このデカくてきれいなヒレで分かる通り、サイズ以上の強烈な引きを楽しめる。

タモで静かに海へリリースしキャストを続ける。
が、アタリが少なく、というか船全体でさっきの1本しか出ていないので
船長がポイントチェンジするとのこと。


次のポイントから最後まで絶好調。



50ジャストのゴンザレスアブ。

こんなのがガンガン釣れる。
ほとんどスピニングで釣ってたんだけども、
ドラグの音がたまらない。

ジーーーーー!(フッキングの時のドラグ音)
ジ・・・ジジ・・・ジ・ジーーーーーーーー(ボトムから引きはがしているとき)
ジーーーーーーーウィーーーーーン!!!(最後の大暴れの時)

こんな感じでドラグ大活躍。
ATDも使い慣れてくると楽ちんで良いドラグだということが分かった。
ものすごい勢いでドラグ出ると「ウィーーーーーン!」っていうモーター音みたいな音に変わって
これが病みつきになりそうなほどいい音。

最終的に何本釣ったか数えてもいないけども
左手首が腱鞘炎レベルに痛くなるほど釣った。

船を下りて船長と雑談していたときに船長が言ってたんだけど
最近ロックフィッシュ人気が下火になってきて、苫小牧の釣果が良くなったらしい。
ロックフィッシュ人気がピークだったころは
毎週何便もの船を出していたため魚が少なくなって(スレて)、
一時期は壊滅的に釣れなくなったと話をしてくれた。
皮肉な話だけど、それだけ釣り人のプレッシャーが与える影響は大きいんだな
と考えるきっかけになる話だった。



と、そんなことを考えつつも釣りはやめられないわけで。
8年くらい使っている装備を買い替えることにした。
それがウェーダーとレインパンツ。

ウェーダーは確か2007年くらいに買った超安いやつ。
何回もソール張り替えて、穴空いたところはボンドで補修して使っていたのだけど
先日ついに靴との接合点が破けた。
さらに中をよく見てみると白カビらしきものまで・・・

レインパンツは昔のスノボ用を流用していたのだけど
こちらも直近のタフな釣りに耐えられずついに破けてしまった。
そんなわけで2つとも一気に買い替え。


まずはウェーダー。



ダイワのタイトフィットソルトウェーダー。
これだよダイワさん。
こういうウェーダーを待っていたんだよ。
私のように細身の体系の人間にとって、あのウェーダーのブカブカ感は苦痛でしかなく
余計な水圧感じるし歩きにくいしで、ものすごく苦労していた。
このウェーダーは本当にスリムでフィット感が高い。
生地もものすごくタフそうなものなので、そうそう破けることも無い。
何より自分のゲーミングベストと色もマッチしていてデザイン性が良い。

家で試しに着ていたら嫁から
「そのウェーダーめちゃかっこいいね。おしゃれでいいわ」
と初めて釣り具を褒められた。
これで1万6千円はかなりお得だ。


次にレインパンツ。



MAMMUTの登山用レインパンツ。
最近、雨具系は全部MAMMUTを愛用していて、その流れで購入。
とりあえずアルパイン用だけあって丈夫で動きやすい。
何よりこの象のマークがカッコイイのでお気に入り。

最近気になっていたボロい装備はすべて買い替え完了したため
来週か再来週に道央の河川に泊まり込みで釣りに行く予定。
それまでに買い替えた車が納車すればいいが・・・
いいね!した人  |  Comments(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

2016/6/18 然別湖 トラウト

2016-06-18 18:49:58 Theme: 釣行記


数年ぶりに然別湖のミヤベイワナ釣りに行ってみた。

ここ数日、十勝地方では大雨続きで水温が急激に変化しているため、
それが吉と出るか凶と出るか。
朝4:30に然別湖の受付で調査票を貰い6:00の出船時間を待つ。
この日は偶然、各ルアーメーカーが参加する日だったらしく



まさかのJIMさん登場!
子供のころからTVで見ていたプロアングラーに会えてちょっと興奮。
独自の理論でミヤベイワナの狙い方を説明してくれていたが
やりきるのは難しい方法だなぁと感じた。
そういうことをやりきれるからJIMさんは記録に残る釣果をたたき出すんだろうなと。


そんなこんなで出船時間を迎え、各船が自分の狙いのポイントを目指す。



ウチの船は真っ先に音更湾を目指し道すがらの良さそうなポイントを打っていく。
最初のワンドを超えたところで沖側から岸際にキャストして水深3m程度のラインを
チヌークで通してくると「ガン!」と明確なアタリ。
アワセ入れなくてもがっちりフッキングしていることが分かるほど強烈な食い方。



ファーストフィッシュはニジマス。
幸先は良いがミヤベ狙いのためニジマスは外道。
素早くリリースして次の魚を狙う。

音更湾側で岸にボートを接岸させて沖に向かってキャスト。
ボトム付近までスプーンを沈めてかけあがりに沿って巻いてくると






サクラマス連発。
サクラマスなのでもちろん嬉しいが、ミヤベが釣れない。

ポイントを移してあらゆるタナを攻めるがサクラマスは釣れるもののミヤベイワナが釣れない。
ミヤベイワナはチェイスしてきて水面近くまで追っては来るが
とにかく口を使ってくれない。
これはキツイ。

ミノーイングしてみたり、スプーンを重くしてボトム狙いで攻めたりと
パターンを変えて攻めてみるが結果は一緒。
チェイスだけで終わり。

うーん・・・・厳しい状況だ。

そんな時、JIMさんが乗ったボートが近くまで来て声をかけられる。
状況を説明すると
「今日はミヤベイワナが釣れない日みたいだねー。みんなチェイスだけと言っているから
 そういう日なんだろう。」
フムフムと納得しているとアドバイスをくれて
「ボトムからルアー引いてかけあがりに魚を集めるイメージでアピールして。
 魚が集まったと感じたら少しサイズを落としたルアーをスローに引いて口を使わせてみて」

もはやイメージの世界なのでボトムからかけあがりのところに魚を集められるのか
自信は無いものの、アドバイス通りにやってみる。
ボトム取ってから少し派手目にルアーを引いて魚の目につくであろうイメージを持ってアクション。
それを5分ほど繰り返してから、本命の小型スプーンを中層にぶつける感じで引いてくると





釣れたぜミヤベのブルーバック。



JIMさんすげーとか思って、同じ方法を続けるがこの後はぱったりと釣れなくなる。
サクラとニジは何本か追加できたがミヤベはこれっきり。
おそらく、ルアーの動かし方がミヤベイワナにはまっていないのだろう。
結局パターンを見つけられないまま時間切れ。

事務所に戻って釣果報告をした後に
何人かの釣り人に声をかけられたので情報交換してみたが、
すべての釣り人が「今日は渋い。今期最強に渋い」とおっしゃってた。
全員状況は同じで、チェイスのみで食ってこなかったらしい。
水温の影響なのか、大雨の影響なのかはわからない。

ただ、こういう気まぐれなところがあるから、この釣りが面白いわけで
みんなミヤベイワナに憑りつかれるんだと思う。


今回は満足できる釣果ではなかったものの
終わってみればとても面白い釣りができた。
秋の第2シーズンも行ってみようか検討中。

たぶん行くんだろうな俺。
いいね!した人  |  Comments(0)  |  リブログ(0)

2016/5/8 トラウト

2016-05-08 13:22:46 Theme: 釣行記
昨年もその前も書いていたと思うけど、やっぱりイトウが釣りたい。
何年間狙ったか覚えてもいないけど、まぁ釣れない。

先日、そのことを知り合いの釣り人に話したら
「イトウなんて簡単に釣れるのに何で釣れないのwwwwうぇwww」
的な嘲笑を受けて、あったまに来たから今期のイトウ狙いを個人的に開幕。

今まではイトウ=朱鞠内湖だったのだけど、どうにも釣れる気がしない。
何より朱鞠内は寒すぎて心を折ってくるので却下。
ボウズでも良いから、心折れずに竿を振り続けたい。

色々と検討した結果、近場で可能性がありそうな「かなやま湖」に行くことに。
車で3時間半ほどかけて現地到着。
夕マヅメに湖畔に降りて一通りポイントを探る。

5キャスト程度でフローティングミノーのタダ巻きに「ゴン!」とアタリ。
巻き合わせでフッキングしてから追い合わせを入れてやり取りしたが、
魚が思いっきり自分のほうに走ってきてテンション抜けてフックアウト。
バーブレスシングルフックなので、こういう展開にめっぽう弱い。

風が強くなってきたので風裏に移動。
湖水全体に濁りが入っていたんだけど風裏は比較的クリア。
シルバー系でギラッギラのショアラインシャイナーバーティス97Fにルアーローテ。
早巻きしてみると足元まで巨大な魚影がチェイス。
まぁ食ってくれないんだけども。
たぶん60UPは固いだろう魚影でちょっと興奮。
しかし、この後はアタリも何も無く日が落ちる。
予約しておいたログホテルラーチにチェックインして、フレンチ食って就寝。




翌朝4:00に起床。
暗いうちに、前日目星をつけておいたポイントへ移動。
藪をこいでポイント到着。
日の出までタバコ吸いながら待機。

空が明るみ始めた頃合いにキャスティング。
前日同様に濁りが強いためピンクシルバーのトラウティンサージャーを選択し
中層をトゥイッチでガンガン巻いてみる。
沖のかけあがりをトレースするように意識して攻めると
ゴン!!と強烈なアタリ。
おもっくそフッキングして巻き上げると、走らずに重めの突っ込みでファイトしてくる。
うーん、これはアメマスくさい・・・

枯れ木にライン巻かれそうになりながら、なんとかこんとか取り込みに成功。


うん。やっぱりアメマス。
サイズは52cmなので嬉しいっちゃ嬉しいけど、やっぱりイトウが釣りたい。

徐々に風が爆風になってきて風裏に移動。
ひたすらルアーを投げ続け、あらゆるタナを探りまくったけど、
追加で25cmくらいのオチビなアメマスを追加しただけ。

今回もイトウは釣れなかった。
次回は道北まで足伸ばすか検討中。
いいね!した人  |  Comments(3)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |oldest Next >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。