文藝PIERROT

サブカルに光あれ


テーマ:


かっぱ橋商店街の下町七夕祭りにいってきた。ギラギラと太陽が照りつける猛暑の中、歩いていると汗が噴出してきて、「夏だぁ…」と体で夏を感じた。


ヨーヨー釣りや金魚釣り、そして道の両端には巨大な七夕飾りが揺らいでいた。風に吹かれてたなびく姿はクラゲのようで、なんとなく涼しげだった。



それにしても巨大な飾りだ。色んな趣向が凝らされた七夕飾りはかっぱ橋商店街のあちこちに設置されており、お祭り気分を盛り上げてくれていた。



屋台の中には生ビールを売り出す露店も少なくなかった。汗をかきかき、ビールを呑んで、ほろよい気分で祭りの喧騒を楽しむのも乙なものだ。なんとなく歩いていると、人だかりがあった。なんだろうと覗きこんでみると、少女たちによってフラダンスが披露されていた。



出し物はフラダンスだけではない。和太鼓や紙芝、歌謡曲なんてものもあった。絵かきや飴細工なども目を楽しませてくれる。田舎の祭りにはない出し物がここにはあった。さすが下町祭りである。なんでもありだ。




他にも江戸時代のじゃんけんと呼ばれる、東八拳や弾き語りもあった。切子も安く売られており、ちょっと気になった。他にも安売りされている屋台は多くあり、商店街だからこそなのだろうかと感じた。


折角なので、出店でかっぱ一本とイチゴ味のかき氷を食べた。かっぱというのはきゅうりだ。きゅうりの一本漬けが売られているのである。和歌山ではそんな出し物はみたことがなかったので不思議な気分になった。

来年もまた、訪れてみたいものだと感じた。それにしても夏だ。


(元弥きと/Twitter)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


東京都練馬区江古田の雑貨屋ふたばねこ。閑静な住宅街の一角に、その店は佇んでいる。妖怪七夕という言葉に惹かれて初見で突撃してみた。思ったよりこじんまりとして雰囲気の良い雑貨屋さんだった。



妖怪七夕展の名に相応しい、絵師たちによる妖怪絵が飾られていた。それぞには絵師の名刺も用意されていた。様々な妖怪をモチーフとした作品が壁を埋め尽くしていた。



表現者によって、同じ題材でもここまで違った方向性の作品が完成するんだなあっと、眺めて不思議な気分になった。妖怪だからといって、和をイメージした作風だけでないのがバラエティを富ませていてよかった。


色んな方向性はあれども、どれもこれも妖怪っぽさが出ていてよかった。オドロで、身近にありそう。ちょっと怖くて、でも憎めない。それが妖怪だよなーってのが、ぼく個人の妖怪観なので。たっぷり楽しむことが出来た。


妖怪展ではイラストだけでなく、いろんな人形も飾られていた。これらは展示販売もされており、気に入ったものは購入することが出来る。それもまた心憎い演出だった。




可愛いものから、ギョッとするものまで。まさに妖怪展に相応しい妖怪のオンパレード。一妖怪好きとして、こういう催しをどんどん開かれていただけると嬉しいなあ。と感じた。


妖怪七夕展だけあって、ちゃんと笹の葉も飾られていた。また、ふたばねこではボックスもあり、そこには細々として可愛らしい商品が展示されていた。気になるひとは実際に訪れてみるとよいだろう。


こういう雑貨屋は巡っているだけで楽しくなってくる。他の店にはないオンリーワンを求めるとき、或いは自分の趣味に本当にあったものを探すとき、いろんな馴染みの雑貨屋さんがあるとよいかもしれない。チェーンにはない良さが、ここにはあるのだ。


色んな発想があるものだなっと、おもわずううむと唸ってしまうほどたくさんの商品が所狭しにひしめき合っていた。また、妖怪展は抜きにしてあそびにいってみたい。そんな気分になる落ち着いたお店だった。



妖怪七夕展は7月7日までだ。だが、次は納涼金魚展が8月4日から8月25日まで開催する予定なのだそうだ。ふたばねこが気になってしまったひとや、金魚が好きなひとは是非ともふたばねこに足を運んでみよう。ちょっと探すのに苦労するが、見つけ出すだけの楽しさがここにはあるのだ。

(元弥きと/Twitter)


【ふたばねこ】
http://www11.ocn.ne.jp/~futaneko/
住所:
〒176-0006
東京都練馬区栄町36-13 ルミエール江古田102号
TEL:
03-6914-7826
営業時間:
平日12:30~19:00
日曜10:00~19:00
定休日:
1http://www11.ocn.ne.jp/~futaneko/01.html




























いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

池袋サンシャインでやっていた、勇者ヨシヒコ展最終日にいってきた。池袋でやっている程度の知識しかなかったので展望台でやっていると聞いて、「あー、これは通天閣のキン肉マン展ぐらいの規模かなあ」とおもっていたら、ちょっと想像以上にいろいろあって楽しかった。


まず入り口からすぐにお出迎えしてくれる手作りモンスターたちがお出迎えしてくれた。登場したすべてのモンスターが展示されているわけではないようだが、充分過ぎるほどの点数が飾られていた。









ケースの中にモンスターが大量発生。”勇者ヨシヒコと悪霊の鍵”のラスボスのペンギンも居た。しかし、改めてこうまじまじとみると、しっかり作ってある。こういうのばっかり集めたドラクエ文化祭みたいなイベントがあったら楽しいだろうな、と感じた。



等身大ポスターも飾られていた。よく見るとサイン入り。勇者ヨシヒコの顔の隣に「ヨシピコ」と書いてあるので、「もしかして、仏が書いたのか」と勘ぐってしまった。真相は闇の中。おそらく山田孝之さんの直筆だと思われる。


無駄に仏が神々しく展望窓に貼られているスペースもあった。どう頑張っても逆光になった。それでもまだこれは見えるレベルに撮影出来ている方だ。さて、これで見るべきものは全部見たかとおもったら、他にも参加型コーナーがあった。


勇者ヨシヒコといえばお約束の”呪文投稿コーナー”だった。魔法使いメレブが唱える適当な呪文っぽいものをみんなで考えてみよう、というコーナーのようだ。





無駄にほくろネタが多かった。あとぼくの一番のお気に入りは”アフロズン”だ。これはなんか勇者ヨシヒコで本当に使われそうなチープな感じがたまらないものがあった。


実際にドラマで使用されたメレブの呪文もまとめられていた。本当にその場のノリで成立している呪文の数々が実に面白い。この呪文がたまに役立つときもあるので、侮れないのがまたよいのだ。


ドラマで使用された伝説の兜とか、仏を見るためのメガネとかそのあたりのアイテムが展示されていた。勇者ヨシヒコと魔王の城も見ていると感動はひとしおだ。




衣装も飾られていた。本当この辺りの展示だけを眺めているとリアル再現DQ展か何かに迷い込んできた気がする。マネキンが着るとここまで立派な衣装に見えるものなのか。ドラマではあんなにチープでファニーに見えたのになあ。





キャラクター図鑑のコーナーはひとりひとりの等身大ポスターに一言コメントがついていた。セクシーポーズな仏の存在感が面白かった。あと、なぜか仏だけちょっとヨシヒコ一行から離れていたのが面白かった。


壁にはドラマの名場面が飾られていた。全てのドラマを視聴したファンならば、見ているだけで笑いがこみ上げてくるシーンも多かった。知らなかったら、たぶん、シリアスなシーンに見えるものも多い。不思議な気分だ。




こうやって名シーンの台本だけを眺めてみると、本当にChaosなのがわかる。他にも様々な名シーンが飾られていた。


しかし、魔王の城も悪魔の鍵も面白かったなあ。是非ともあのゆるいテンションのDQコント劇場がまた見たいなあ。今度は劇場化とか、DVDの売れ行き次第ではあるんじゃないの!って期待してしまうわけだけれども。ほんと、期待しておこう。


帰りのエレベーターの前にはスライムが展示されていた。んーむ、やっぱり、これ欲しい。とんがり具合とか本当にガチだと思うんだよね。いいよね、スライム。嗚呼、DQモンスターズ牧場みたいなイベント施設ないかなあ。中にひたすらDQモンスターが展示されているって感じのやつ。水木しげるロードのような、ああいう感じのスポットが欲しい。わりとガチで。

(元弥きと/Twitter)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。