文藝PIERROT

サブカルに光あれ


テーマ:
フランケン・ふらん コミック 1-8巻 セット (チャンピオンREDコミックス)/秋田書店
¥4,769
Amazon.co.jp

表紙が可愛らしい女の子なので、ほんわかした作品なのかなあと読んでみたのだけれども。人体改造版喪黒福造とでもいうような後味の悪いストーリーだらけで、肉体の断面まできっちり描き込まれててグロ満載で、とてつもなく惹きこまれてしまった。読むひとを選ぶ作品だろうなあ…、これ…。でも、ぼくはとっても気に入りました。8巻で終わってしまったのは残念でならない。

主人公・ふらんはフランケンシュタインであり、とてもカンタンにいうと人体のスペシャリスト。人間を切ったり貼ったり作り変えることはお手の物。仮面ライダーのパロディキャラもいる。ふらんは「命は大事にしなければいけない。救える命は全て救いたい」という”善意”で行動しているのだけれども、【生きてさえいればどんな姿でも気にしない】のだから必然的に真っ当な精神の人間にとっては悲劇的結果になりやすい。

ツイッターで「ズレてるひとは、ズレなければ生きてこられなかったのではないか」なんて旨のお話を見かけたところだったのだけれども、ふらんに関しては、そのズレゆえに天才的人体改造能力を手に入れているのかもしれないなあと感じた。ややホラーで、そこそこサスペンス。でも分類はギャグ漫画。とっても不思議な作品だよね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
悪魔、蟲、人の業。たんたんと語られるからこそ、心の奥底にまで恐怖は染みこむ。ケヴィン伯爵、夢子、短篇集に仕込まれた連載作品もアクセントとなって、より深い闇の世界へと誘ってくれる。

ホラー漫画好きならば、その名を知らぬものはないであろう御茶漬海苔先生。その代表作である「惨劇館」が『漫王』なら期間限定で無料で読み放題。

じわじわと寝苦しい夜が多くなりつつあるこの季節。でも興味本位で読んだなら、もっと眠れない夜が続いてしまうことになるかも。精神が弱いひとはやめておこう。

『漫王』ではいろんなジャンルを公開予定

ドラマ化したあんな作品や、かつて読んでいたあの作品、映画化した作品すらも公開していく予定。アプリをひとつダウンロードしておけば、新作が公開されときにお知らせしてくれるので、ダウンロードしておくことをオススメする。

惨劇感が怖いよーってひとも、いつかきっと気に入った作品に巡り合える。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
進撃の巨人(13) (講談社コミックス)/講談社
¥463
Amazon.co.jp
クリスタは幻想だった。とかとか、なんていうか、人間模様に力を入れているのはとってもわかるんだけど、展開が遅いよね。なんかもったりしてる。そろそろ加速的な進行をしてくれるんだろうか。伏線づくりと回収がお上手なのはわかるけど、それだけじゃあ物足りなくなってきた。

もやしもん(13)<完> (イブニングKC)/講談社
¥607
Amazon.co.jp
とうとう最終巻。ぼくにとっては、とっても先生のような作品だった。発酵学についての知識はもちろんのこと、生きるという意味、豊かさという意味。いろんなことを教えてくれる良い作品だった。モーニングの読み切りもなかなかによかった。

これからも石川雅之先生の作品は追いかけていきたいなあ。

霊媒師いずな Ascension 6 (ヤングジャンプコミックス)/集英社
¥607
Amazon.co.jp

まるで最終回のようだった。今までの仲間たちが現れて、巨大な敵を倒すというのは王道だよね。とても好き。なにより、地獄先生ぬ~べ~からのファンであるぼくとしては、玉藻先生が出てきたことで、かなりテンションが上がってしまった。


相変わらずの中二病狐だったけど、好きだなあ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。