文藝PIERROT

サブカルに光あれ


テーマ:
文藝PIERROT
http://motoyakito.wordpress.com/

2年寝かしていたワードプレスへと移行します。
アメブロでのご愛顧ありがとうございました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
これは今朝の夢の話なんだけれども、夢の話なんて大概が荒唐無稽でしょうもないもので、他人に聞かせても、「え、あ、ふーん」で終わるどうしようもないものであることはわかっている。わかっているのだけれども、自分としては楽しかったので、これは書き留めておきたいなあっと。

自分のブログなんだから、勝手にしやがれってなもんだけどね。

風早君が黒沼にふられてしまった物語

君に届けを読んでいるひと、アニメをみたひとは御存知の通り、ヒロイン黒沼爽子は風早翔太と両思いになって、それでも進路に悩んだりなんやかやで悩むという作品。だのに、ぼくが夢で呼んだ君に届けでは、風早翔太が黒沼爽子にふられてしまっていた。原作的にはまったくもってありえないストーリーなのだけれどもね。

それで、風早翔太は荒れに荒れて、なんか帯広だかなんだかで呑み潰れていた。高校生なんだから、もっと爽やかに失恋すればいいのになあ。北海道、冬の道端で、酒に潰れて眠りこけそうになっている風早翔太。凍死するよなあ。そんな風早翔太を、帯広の母と呼ばれる妙齢の占い師が拾うんだよね。風早翔太はなんとなく、その帯広の母のご厄介になることに…。

急展開する物語
数週間、帯広の母の元で爛れた生活をしていた風早翔太だったのだけれども、この帯広の母はチャイニーズマフィアに頼られていた。色んなことを占っていた。そのため、莫大な資産もあったし、コネもあった。ロシアンマフィアがそんな帯広の母に目をつけて、チャイニーズマフィアの情報を握ったり嘘の占い結果を流すように脅してきた。

帯広の母はそれを断固として断り続けたのだけれども、しびれを切らしたロシアンマフィアが、帯広の母を襲撃する。出かけていた風早翔太が戻ってくると、帯広の母は血みどろになっていた。死を目前とした帯広の母は、風早翔太に人脈を託した。帯広の母の占いがあたるのは、情報網をもっていたからだった。

ロシアンマフィアの動きに気づいていた帯広の母は、風早翔太に全ての人脈を託す用意をしていた。その闇の人脈を与えられた風早翔太はヒットマンとなり、帯広の母を殺したロシアンマフィアたち、それを守ることを拒絶したチャイニーズマフィアたちへの復讐劇を繰り広げることになった。

これはこれで読んでみたい気はする

本来の君に届けの要素は一切残っていないのだけれども、なんとなくBLACK LAGOONのような空気が漂っていて、ぼくとしては嫌いじゃないんだよなあ。ちなみに、風早翔太が相当にあくどい顔をするもんだから、ファンの間では作品初期の爽やかさ100%な翔太と比較してブラック翔太と呼ばれていた。

風早翔太の黒沼爽子へのべた惚れっぷりを考えると、こっぴどく振られたなら、荒れそうだよなあって考えもするけども、ここまで闇堕ちすることはないよなあ。やっぱり夢は荒唐無稽なものですね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

関東から関西に向かう時、富士山を通るときはよくわかる。晴れていれば、右側列でシャッター音が鳴り響くからだ。日本人は撮影し過ぎな民族というが、それは事実で、でもぼくはそんな日本人が大好きだ。記録主義最高。何気ないことがツイッターで呟かれているところなんて心やすらぐ。なるべくなら、平穏無事な人生を送りたいものだね。

そういえば新幹線の自販機って終わっちゃってた。売り子さん、いつ来るかわからないから重宝してたんだけどなあ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。