そして、わたし、総理大臣としての仕事は何なのか。この間、テレビなど見ますと私が任命した閣僚や党の新しい役員が、それぞれマスコミの皆さんの取材を受けていろいろな発言をしているわけです。どうですか皆さん。私よりも10歳も20歳も若い民主党の閣僚や党役員の顔を見て、声を聞いてこんな若手が民主にいてなかなかしっかりしたこと言うじゃないか、なかなかこれならやってくれそうではないか、そういうふうに思っていただけたのではないでしょうか。

 私は鳩山さんと共に1996年に旧民主党をつくり、98年に新たな民主党、初代の代表となりました。その後、小沢前幹事長の率いる友党と合併して、今の民主党になったわけですが、そこにそうした人材が集まってきたたことがうれしいとともに、自信を持って今申し上げたような日本の改革を押し進めることが出来ると思っています。

 民主党に集ってきた皆さんは、私も普通のサラリーマンの息子でありますけれど、多くはサラリーマンやあるいは自営業者の息子で、まさにそうした普通の家庭に育った若者が志を持ち、そして努力をし、そうすれば政治の社会でもしっかり活躍できる、これこそが本来の民主主義のありかたではないでしょうか。

 そのみなさんとともに、このような課題を取り組んでいくうえで私の仕事は一つの方向性をきっちりと明示し、そして内閣、あるいは党をその方向で議論するところは徹底的に議論をして、みんなが納得したうえでその方向にすべての人の力を結集していく、そのことが私の仕事だと考えている。

 総理になったからには、もうあまり個人的な時間はとれない。本当なら53番札所まできているお遍路も続けたいところだが、今しばらくはそれを後に延ばしても、ある意味では官邸を中心、これこそが修行の場だという覚悟で、日本という国のため、さらには世界のために私のあらん限りの力を尽くして良い日本を良い世界をつくるために全力をあげることを国民の皆さんにお約束して、私からの国民の皆さんへのメッセージとさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。

【関連ニュース】
菅首相会見:その4「自信を持って日本の改革を押し進める」
<特集>菅政権
菅首相会見:その1「政治の役割は最少不幸の社会を作ること」
菅首相会見:その2「財政の立て直しも、経済を成長させる必須の用件」
菅首相会見:その3「自信を持って日本の改革を押し進める」

国家戦略相事務所費「党で調査中」と官房長官(読売新聞)
患者負担でHIV検査 院内感染防止で聖隷横浜病院(産経新聞)
<蓮舫担当相>初会見 特別会計は「丁寧に見ていきたい」(毎日新聞)
菅首相 「元気が出た」…出身地の山口・宇部を訪問(毎日新聞)
<強盗>レストランに男 25万円奪い逃走…さいたま(毎日新聞)
AD