とは言っても、完全無肥料で続けるのは大変ですよね?


作物によってはまともに栽培出来るようになるにはかなりの期間を要する場合もありますし。


そこで、我が家では、以下の方法を取っています。


【注意】これは我が家の自己流ですので。参考程度にしてください。


道や、畑の周囲に生えた雑草をこまめに刈り取っておいて、それを堆肥にします。


これを、種まきや、苗を植える数週間前に土にほどよく混ぜてあげることで作物はグングン生長していくんですよ!


雑草を利用することで無料で堆肥がたっぷり作れますし、自然界で自然に生えてきた食物なので、それを適度に入れても土の生命力が落ちるようなことはないので、安心して使えると思っています。


また、堆肥には野菜が成長する為の養分があまりないと言われていますが、それでも、肥料を入れて栽培していた頃と変わりなく野菜は元気に生長しています。


そもそも、過剰な窒素などの養分が病害虫の元となっていますので。

AD

肥料について

テーマ:

大量の肥料で育った野菜は、収穫して常温で保存しておくとドス黒く腐敗してきます。


特に牛糞等の動物性肥料を与えた野菜はそうなりやすいです。


通常自然界では植物が腐るという現象が起こることはないそうですが、自然界ではありえない大量の肥料を与えられてしまう為に、腐りやすく、病害虫にもなりやすい野菜が出来上がってしまうのです。


長年無肥料栽培を行っている畑で取れた野菜は、自然界の植物と同様に腐る現象が起こらず、長期間置いておいても、枯れる、または醗酵する、のどちらかの現象しか起こりません。


しかし、植物性肥料の場合は、大量に使いすぎなければ腐るという現象は起こりにくくなります。


この為、うちでは無肥料で育てるのは難しい野菜の場合は植物性肥料を与えています。



例えば、お店で買ったかぼちゃを数週間放置しておくと、腐敗してきますが、植物性肥料で栽培した我が家のかぼちゃは何ヶ月置いておいても腐ることなく、日に日に乾燥して硬くなってくるだけです。



以上から、


腐る野菜と、枯れるだけの野菜、


どちらを食べれば健康になれるか一目瞭然ではないでしょうか?

AD

無肥料栽培

テーマ:

無肥料栽培の野菜は大変体によく理想的なのは確かです。

ですが、肥料で育てる野菜とは比べ物にならないほど大変なのも確かです。


但し作物によっては肥料無しの方が病害虫の発生が少なく簡単に育てられることもあります。


食物は本来人間が肥料を追加しなくても、健全に育つのが当然なんですよね。


そしてそれらの食物を食べて生き物は健康に生活できるように出来ています。


しかし人間は、農薬や肥料を使って生命力の少なく、かえって体に悪影響を及ぼす食物を生産し続けています。


特に日本人は、虫食いが少しでもあったり、形が悪かったり、小さかったりすると、まず購入しませし、


日本の農家の方も、農薬や肥料をたっぷり使って効率よく作物を作らないと生活できないようになっています。


このため世界でもダントツで日本の作物には農薬と肥料が多く使われているそうです。


世界的に見ると日本の農業は異常なようですが、仕方が無いのかな・・・


しかし、せっかく家庭菜園を楽しむのでしたら、趣味なので、利益より健康なものを作ることを優先したいですね!無肥料で簡単に育つ野菜なら是非挑戦してみてください!


肥料で育った野菜と比べて断然美味しいし、病害虫被害もほとんど起こらなくなるので凄く簡単になりますよ。

AD