ユニフォームだけで済む話なのか

テーマ:
まさかブログをまた書くことになろうとは。こんだけ更新していないなら見ている人ももういないだろうけどね。

ユニフォームの変更を受け付ければいいっていうものでもないよな、というのが正直な感想。ニワカ以下なのでサポの皆様とは違った印象を抱いている可能性もあるが、お金を払う価値のある貴重な選手を出しちゃったことが問題でしょうと。映像見ただけの推察だが、彼のプレーを見たいと思ってスタジアムに来る人も結構いるのではないかと。ヴェルディのことはよく分からないけれど中島は見たい、と。さすがに彼目当てでシーチケ買ったという人はまだ多くないだろうが、騙された、と思った人もいるのではないか。それぐらい苦しいんです、でも、買ってください、というのはさすがに難しいでしょう。誰かを取り込むには見に来たいと思わせる何かがあって初めて成立するのだから。

資金繰りが厳しいからと手放してさらに泣きを見る、3年前がそうだったなあ。経営が厳しくベレーザの主力放出→半年後W杯優勝→注目度が高まりINACウハウハ、一方…、という具合に。でも、それだけはやっちゃダメ、ってのを繰り返してるクラブなんだよな。M木を監督に戻したのがそもそも失敗の始まりだけれど、一番の不運だったのは恐怖の大王降臨か。それだけはやってくれるな、ってことばかりだったからな。
・石さんがいるのに金かけてバドン
 →結局降格。石さんは柏を1年で昇格させる。戸田「石崎さんの時にいい具合にあった規律がなくなって自由になってしまった。」その後、大量にお金を使って2年かけて昇格。フロントじゃなく金の力。
・林と米山を解雇
 →ビジョンの見えないクラブに愛想を尽かし主力選手もサポも離れる。その後、大量に以下同文。
・「DHLで50得点!」
 →フッキを自ら手放しレアンドロは離脱。結局降格。
・昇格に貢献した選手に翌年ゼロ円通知
 →戻りかけたファンも離れる。

うーむ、やはり恐怖の大王の威力は恐るべし。センスのないリアルさかつくのせいで多くの人が犠牲になったのか…。

成功かどうかは置いといて、夢を持たせるのって大切だなということをフォルラン移籍の報せに感じた。このクラブを応援してそんな心躍る日が訪れるか。道は険しい。
AD

コメント(5)