2007ファン感謝デー

ファン感謝デーに参加するためランドまで。城下のバス停はやはり並んでいた。軽く運動がてら歩く事にした。食事を摂ってから中へ。オークションを見て一つ勘違い。夢吾はスパイクとユニフォーム、と思い込みちょっと奮発しようと思ったが、そこにあったユニフォームは別人のものと入れる前に判明。よく見たら内側に○○選手の札があるではないか。あー恥ずかしいと思いつつ夢吾スパイクを選択。抑え目なんで多分入札はないでしょう。


いよいよイベントの開始。司会は、クハラカズユキ、もといDJ西尾氏。今年のスタジアムDJを担当されるそうだ。選手とも親しいみたいだしきっとヴェルディを良く見てくださる方だろうと期待。そして背番号順に選手が入場した。


1 吉原 慎也
2 萩村 滋則
3 藤田 泰成
4 戸川 健太
5 Jose Luis Da Vistacao
6 菅原 智
7 名波 浩
8 永井 秀樹
9 Givanildo Vieira De Souza
11 大野 敏隆
12 Supporters
13 佐藤 悠介
14 富澤清太郎
15 金澤 慎
16 飯尾 一慶
17 土屋 征夫
18 海本幸治郎
19 船越 優蔵
20 廣山 望
21 高木 義成
22 服部 年宏
23 齋藤 将基

24 吉武 剛
26 柴崎 貴広
28 井上 平
29 福田 健介
30 一柳 夢吾
31 キローラン 裕人
32 弦巻 健人
33 喜山 康平
34 室 拓哉

35 エルサムニー オサマ
36 園田 清次
37 宮坂 翔
38 新村 純平
39 三原 直樹

お休み

25 平本 一樹

27 柴崎 晃誠

斜体になっているのは予想と異なっていた選手。服部の22番はかつて同じくレフティのタカ坊もつけていたので納得。船越とマーティンが逆になっていたけれど、18~20に77年組みを並べたと思えばまあ納得。マーティンの23は後々に触れよう。三原が一番大きな番号というのは契約が纏まるのが遅かったということなのだろう。

コーチ監督の入場。監督のコメント「最後に一つお年玉があるから、期待してて下さい」に私は当然あの選手を思い浮かべていた。それはまた後程。


今年は選手の売る食べ物でも買おうかな、来た選手のサインでも貰おうかな、と色々考えたが並ぶのが面倒だったという事もありステージで選手の声を聞くことに。順番は忘れてしまったので印象に残った選手を以下に。


7 名波 浩

「サインと写真を断るのが得意です。」

本当はどっちだろうと思いつつ笑ってしまった。

「僕のサッカー人生で唯一の汚点である全国少年サッカー大会に出場できなかった事。」

昔はランドで開催されていて、今ここにいるというのも何かの縁だろうか。


13 佐藤 悠介

(好きな食べ物を聞かれ)「イチゴです。」

そういえばオーストラリアに行くかもしれない某エキゾチックターミネーターもイチゴ好きだったような。


16 飯尾 一慶

「ヴェルディはJ2にいてはいけないチーム。」

共に上がろうぞ、今年こそ。


17 土屋 征夫

「9年ぶりに帰ってきました。あの頃は何も出来ませんでしたが、少しは成長した自分を見せられればと思います。」

最後にココでプレーしてから9年も経つのか…時の流れは早いや。


20 廣山 望

(監督が次だったため)「後が控えてるのでとっとと終わらせます。」

「ポジションは日替わりです。」

今日の踊る!ヒット賞でした。左サイドバックやらされた日もあったなぁ。

「ビリヤードが好きで、知らない人と対戦する事もあります。」

もしビリヤードしてていきなりヒロが挑んできたら素でびっくりするだろうな。誰かそんなビックリ経験持ってないだろうか。

「同い年の選手が多くなったので嬉しい。」

そうそう、私と同じ77年組が4人に。応援させてもらいます。


23 齋藤 将基

「僕の好きなマイケル・ジョーダンと同じ23という事で、今年は飛びたいと思います。」

23でベッカムか?と思っていたらジョーダンかよっ。


24 吉武 剛

「ツヨシのツヨで24番です。ツヨと呼んでください。」

帰りのハイタッチでツヨと呼んだら反応してくれたナイスガイ。コールは是非ツヨシで。


26 柴崎 貴広

「色んなクラブを経験したけれど、ここが一番温かい人が多いです。21番を除いて。」

本音かどうかは知らないが義成はおいしいと思ったに違いない。


31 キローラン 裕人

(コーチについて聞かれて)「普段は厳しいけど、練習が終わると僕たちより幼稚ですね。」

これを受けて

GKコーチ 菊池 新吉

「ちょっと今年は考え直さないといけませんね。彼の弟が育成でキーパーやってるんですけど、

可哀相にね。兄貴がこんなこといったばっかりに。」

キローランブラザーズの今年が楽しみだ。


36 園田 清次

「ゼ・ルイスさんから、ツナミ、ツナミ、と呼ばれてます。」

都並さんを超えていつかは後輩がソノダ、ソノダと呼ばれるくらいの選手になりましょう。


38 新村 純平

「大阪の履正社高校から来ました[ニイムラ]じゃなく[シンムラ]です。」

ごめんなさい。今日初めて知りました……お許しを。


39 三原 直樹

「去年のカラオケがトラウマになってるんすよ。」

といいつつ貴方歌ったじゃないか(笑)


ヘッドコーチ 柱谷 哲二

「では三原の代わりに永井が歌います。」

「永井が歌います、って俺頼んでるの三度目だぞ。」

(社長にマイクを渡して)「お前偉くなったなぁ、取りに来いよ。」

ここはまあ、国士舘繋がりなんでしょう。数年後はコーセイが社長にいじられたりして。



西尾さんが選手と親しいのかリラックスした雰囲気。ユース育ちの選手を苗字でなく名前で呼ぶあたり、距離が近いのだろうなと。義成との掛け合いも慣れた感じで。全緑疾走の看板が外れた時に義成がスタッフに(自分のタイミングで落ちて)good job!の仕草を見せた時はウケた。一番印象に残ったのは廣山かな。ありきたりのコメントは残さず自分の言葉で喋る人間なのだろうな。ドラゴンの後に喋らせたら違いにきっとビックリするだろう。


オークションは服部のスパイク、ハルの移動着とアウエーACLユニ、そして義成の天皇杯優勝ユニ。最後の義成ユニは監督が一万円で締め切っちゃったけれど、もっと高値がついても良かったでしょう。そういえばあの止めたFKは名波が打ったんだったな。そして最後は監督。コートやジャージを売ったのだが自分の考えていた値段が出たら他の声を聞く前に「決めたぁっ!」と。司会者の仕事まで取っちゃってた。ある意味ここでも主役ってのはすごいことだ。まさかお年玉ってこれじゃないよな、などとよからぬ事を考えていた。

アメーバチャレンジで宮坂・園田・選ばれた3人のサポーター全てが失敗しよろしくないフィナーレになるのかと思ったらその空気は大きく変わった。お知らせがあるというので、おぉやっぱりさっきのはお年玉じゃなかったんだと一安心(笑)


「新加入選手の発表です。背番号10、ディエゴ・ソウザァァーーーー!


今日間違いなく一番盛り上がった瞬間だろう。今日日本に着いてランドまで直行だったらしい。一人だけ私服だった。これで今年戦う選手は決まった。皆安心した事だろう。監督のコメントを聞いて会は幕を閉じハイタッチに。ディエゴにはオブリガードと声をかけた。本当に来てくれて有り難い。


素晴らしいニュースで今年のファン感謝デーは終了した。今シーズンが楽しみだ。

AD