縁はわからぬものである

テーマ:
オリ阿南タレント野口綾子と結婚(日刊)

ぱっと見ヴェルディにはあんまり関係ないように思えますが、6年前のヴェルディガールとしてご活躍された野口さんのご結婚です。元々はチームヴィーナスの前身であるチアにも在籍していましたが、まさかあんまり関係のないオリの選手とは。

2004年の三人組って何気に豪華なメンバーだったなあ。戸澤さんもTOKYO FMを経てテレビ宮崎のアナウンサーに。もう一人の子はジェフサポに「まけねぇよ」とか言ってたような。

おめでとうございます。阿南選手も頑張ってください。
AD

チームは上向きか

テーマ:
チームがさあこれからだ、という時にJ1でやりたいという子が移籍。本人の希望が強かったのでしょうね。一部では豊さんという噂もあるけれど。愛着はあっただけに悩みに悩んだのでしょう。叩く気はさらさらない。本人の人生だし。

こういう事態があるからこそトップリーグでプレーするのが一番、ということになる。それには時間が掛かるが、チームは確実に前を歩んでいると思う。無理だろうなと思われたランドの継続使用があと少しで認められつつある。スポンサーの新規獲得が大きいようだ。やっぱり見ている人は見ているんですよ。恥原やゴ湊の姿見て、新たに協賛したいなんていう人はなかなかいないでしょ。ようやくまともな人がトップについたことで期待も抱けたんじゃないでしょうか。

12年前の「ヴェルディ改造中」が今再び、というところ。これからですよ、ええ。
AD

人の心を動かせる人

何やら森勇介の復帰が濃厚だとか。そもそも何故クビになったのか疑問ではあったが、地方紙では守りを固めたいため、ということのようだ。色々騒がせていたようなのでwikiを見てみたら、相変わらずのようで…。パク・チュホに町で会ったらぶん殴られてもおかしくないレベルだな、ありゃ。
問題はありつつも、やはりあの突破は武器になるからまさか川崎が出すとは思わなかった。当然のようにJ1からオファーもあったとのこと。J2でお金もさほどないヴェルディには縁のない話、と思っていたから、驚かされた。「君にフェアプレー賞を取らせたい」という羽生社長の言葉に動いたようで。人の心を動かせる人、こういう人がトップなんですよ。日テレから出向してきたゴミ×2には出来ないことだよね。
さて、その森が更生するか、っつう話になるとそれはまた別なわけで。あれだけやらかしてちゃね。そこはそこでつきものだと考えたほうが無難か。
川崎ラストイヤーから10年、あの時のメンバーがまた一人加わるのか。よし、あとは総監(ry
AD

HUGO

決して「ふご」ではありません。

2004年といったらホームのみならず、カシマ・磐田・万博・広島・日本平などなど結構遠征にも行ったものだが、ウーゴのプレーは殆ど印象にない(え)国立でのゴールもあれはフィニッシュよりもそれに至るまでの過程が見事すぎたからなあ。
そんなウーゴがクラブW杯に出ているのを今朝ズームインで知った。あれ?ウーゴってまさかあのウーゴ??と思ったら本人だった。大きくなったもんだ。当時平野や相馬の陰に隠れていた選手がまさかねえ。

雑記 2010/12/6

テーマ:
トリコロールさんが松井を取るって?山瀬・坂田を出して松井、うーん。何がしたいんだろうなあ。ただし、この記事の出処は、ヤクルト身売り決定と一面に載せてその日の午前中に関係ある会社双方から否定された日刊スポーツ(笑)

もっともお金のない今は期待できないだろうけれど、河合は欲しいね。桜井様と同じく浦和河川敷組。高さもあるし。あとは土肥ちゃんとバウルの後継者か。さすがにいつまでもこの二人頼りってのは。

長い90分+α

テーマ:
テレビで埼玉スタジアムの試合を見てました。それにしてもテレ玉が哲さんでNHK-BS1が福西と偶然にもヴェルディOB達がねえ。若様は古巣の降格に何を思ったか。
昨日は地元戦士たちの魂ですかね。孝行に康造といった滝川二高OBとユース登録の小川。見事でした。それにしても見てない間に色々選手変わってるのね。そういや我那覇って神戸行ってたんだったな、とか、あれ?トミダイ?とか結構違和感。
大観衆の中で神戸に完敗した浦和はボロボロでんなあ。使った方の責任だろうけれど、何で堀之内じゃなくて濱田なんだ、ってなるでしょうね。二点は完全に彼の責任だから。放出した徳重からゴールを割れず、ポンテのラストマッチがあんな最低のゲームに。そら怒るわ。
FC東京の降格に関してはフロントの責任だろうな。茂庭を取ったセレッソがACL出場決定、赤嶺を補強した仙台がどうにか残留。助っ人も当たらず。監督も変わるみたいだから来年もそう簡単には行かないでしょう。

2010年のJリーグは終了。来年は鹿島頑張れ。理由?巨人の優勝とシンクロしてるからよ。1996,2000,2007,2008,2009とな。