浦和(国立)□1-1 長かった46分

テーマ:
  飯尾一慶  大黒将志
       DIEGO
 柴崎晃誠    富澤清太郎
      菅原 智
服部年宏       和田拓三
  那須大亮  萩村滋則
      土肥洋一


前半はほぼこちらの左サイド・相手の右サイドで試合が行われた。平川のスピードで行けると考えたのか最後はほぼ右から仕掛けるようにしていた。高原の強烈なシュートは枠を逸れたが間違いなく身体は切れている。
ヴェルディは流れの中から飯尾・ディエゴがシュート。セットプレーのこぼれから菅原の宇宙開発ミドルとセットプレーから飯尾のボレーが前半のシュートだった。
その後二本シュートを打たれるも得点は許さず前半を終了した。


      大黒将志
 LEANDRO   廣山 望
  DIEGO   菅原 智
服部年宏        和田拓三
那須大亮 萩村滋則 飯田真輝
      土肥洋一


動いてきたのは相手だった。何とツートップをそのまま交代。永井とエジミウソンが入った。そのエジミウソンに拓三が吹き飛ばされシュートを打たれるが失点にはならなかった。
右サイドで拓三がボールをキープ。そこから大黒-ディエゴ-飯尾-大黒と渡り左に開いたディエゴにパスが通った。キーパーのニアサイドを破ってゴール。何とヴェルディが先制した。
その後もカウンターでディエゴがドリブル。大黒にパスが出てダイレクトでシュートを放つも都築に阻まれた。
後半16分に左サイドからクロスが入り阿部がドンピシャのヘディングでやられた、と思ったら土肥が見事な反応を見せてセーブ。阿部が頭を抱えるくらい素晴らしい反応だった。
その後しばらく攻める時間帯が続き、拓三の左足シュートからコーナーを得て、萩村・萩村・那須とシュートを放つも惜しくもゴールならず。
残り15分くらいから勝ちを意識し始めた。いつの間にか闘莉王はFWになっていた。一部の報せでは、闘莉王対策で船越を入れるという記事があったが、実際に入ったのは新人の飯田だった。
ロスタイムの表示を見て驚く。何と5分。阿部のヘディングをセーブした後に土肥が治療していたのでそんなに使ったというのだろうか。どうにかしのいでくれ、と祈るしかなかった。
セットプレーからボールが左にいた相馬に流れた。クロスが入り誰かが合わせてゴールに吸い込まれてしまった。この時は闘莉王にやられたものとばかり思っていた。
あの同点弾でも選手には諦めない気持ちがあった。左サイドからチャンスを作って最後はディエゴがシュート。枠を外れたが勝ちたいという気持ちが伝わるシーンだった。
試合終了。電光掲示板を見て阿部の得点だと知った。



後半これほど時間が長く感じたのは近年ないだろう。バックスタンドであれだけ緊張感があったのは、五年前に優勝争いしていた時の磐田戦くらいだろう。もしかしたらいけるかもしれない、という気持ちでいっぱいだった。ディエゴゴールからの46分はとても長かった。
真剣勝負にたらればを言ったらキリがないが、レオではなく平本であればまた結果は違ったのではないかと思う。反応があまりにも遅く前線からの守備は機能していなかったように思える。守れる平本が今日居なかったのは痛手だったのではないか。
勝ちたいところであったが、また課題が見つかったと思うしかない。数年前ボロボロにやられたことを考えればチームの方向性は間違っていない。これをばねに明日からまた取り組んで欲しい。
最後は双方のファンから拍手が起きていた。浦和戦にしては動員は物足りないが、今日見た人達はスポーツの素晴らしさを実感できたのではなかろうか。




20080827_all




20080827_diego
強奪されませんように
AD

出場選手 システム5-3-2 ボ:ボーナスポイント、キャプテン:キャプテン
位置 選手 チーム ファンタジー年俸 ファンタジーポイント(fp)
第22節年俸 前節との差 出場 守備 攻撃 勝利 警告 合計
GK 菅野 孝憲 2780万 -310万 ダウン 3fp -2fp 0fp 0fp 0fp 0fp 1fp
DF 古賀 正紘 2500万 -440万 ダウン 3fp -2fp 0fp 0fp -2fp 0fp -1fp
DF 阿部 勇樹 浦和 7050万 -370万 ダウン 3fp 1fp 0fp 1fp 0fp 0fp 5fp
DF 藏川 洋平 2920万 -250万 ダウン 3fp -2fp 0fp 0fp 0fp 3fp 4fp
DF 小林 祐三 2910万 -320万 ダウン 3fp -2fp 0fp 0fp -2fp 1fp 0fp
DF 森重 真人 大分 3020万 +500万 アップ 3fp 4fp 6fp 1fp 0fp 0fp 14fp
MF 小笠原 満男 鹿島 7510万 0万 変動なし 3fp 0fp 1fp 0fp 0fp 3fp 7fp
MF 太田 圭輔 2580万 -290万 ダウン 2fp 0fp 0fp 0fp 0fp -1fp 1fp
MF 金崎 夢生 大分 3740万 0万 変動なし 3fp 1fp 0fp 1fp 0fp 1fp 6fp
FW 田中 達也 キャプテン 浦和 1930万 0万 変動なし 2fp 0fp 0fp 1fp 0fp 1fp 4fp
FW 興梠 慎三 鹿島 3200万 -280万 ダウン 2fp 0fp 0fp 0fp 0fp 2fp 4fp

ベンチ入り選手
MF 鈴木 啓太 浦和 3050万 -240万 ダウン 3fp 0fp 0fp 1fp 0fp 0fp 4fp
MF エジミウソン 大分 3020万 -260万 ダウン 2fp 1fp 0fp 1fp 0fp 0fp 4fp
FW 李 忠成 1900万 +170万 アップ 3fp 0fp 0fp 0fp 0fp 4fp 7fp


またもやランクダウン。当たりは森重のみという散々な結果に。。まさか清水に負けるとはな、柏も。

AD

DERBY(AWAY国立)○2-1これが始まりだ

テーマ:
  大黒将志  飯尾一慶
       DIEGO
 富澤清太郎   福西崇史
      菅原 智
服部年宏      和田拓三
  那須大亮  土屋征夫
      土肥洋一


パスやドリブルの仕掛けでは相手が上回っていた。が、雨のピッチであるせいか、ミスも多かった。序盤に四本シュートを打たれたが危なかったのは梶山のFKと羽生のシュートだった。ヴェルディは大黒とディエゴがシュートを放つも得点はならず。

相手右サイドからクロスが入りファーにいた選手がシュートしたボールが中に入りカボレに。カボレは空振り。その脇を上がっていた今野がシュートするも外してくれて助かった。

福西にボールが渡り右サイドを拓三が駆け上がる。いい位置にボールが欲しかったが後ろに行ったため、拓三が後退。突破を試みるが二人につぶされてしまう。空いたサイドを羽生に使われ中にいたカボレに。カボレが放ったミドルシュートが土肥の頭上を破りそのままゴールに突き刺さってしまった。あのゴールは仕方がない。打った相手が見事だった。

前半はその後ディエゴのシュートのみで終了。



  平本一樹  大黒将志
 DIEGO       LEANDRO
  菅原 智  福田健介
服部年宏      和田拓三
  那須大亮  土屋征夫
      土肥洋一


右サイドからクロスが入り赤嶺がダイレクトで打ったが枠を外れて助かった。

14を見て思ったこと。
・監督から評価されている
・色んなポジションを半端にこなす
・何かしらやらかす
・サポからの評価は低い
という点を考えると、巨人で言う古城のような存在だな、という結論に達した。レアンドロが出てきたが下がったのは14。この交代が今後の流れを変えることになろうとは。

レアンドロが中央でボールを受けて右に開いた大黒へナイスパスが通った。キーパーをかわしたシュートは転々とゴールに吸い込まれた。日本復帰後初ゴールをようやく決めてくれた。あとレアンドロ、すまなかった。

その後飯尾と菅原が立て続けに警告。だから吉田寿光なんてとっとと辞めさせてしまえ。

セットプレーからこぼれたボールを受けて長友が放ったシュートがそのままゴールに入ってしまった。と思ったらオフサイド。FC側は抗議。確かに後でVを見るとゴールマウスに一人選手がいたように見えた。が、その選手と土肥の間に一人居てそれがオフサイドとなったようだ。

相手はエメルソン・羽生を下げて、浅利・石川を投入。こちらは福西・飯尾を下げて健介・平本を投入。平山が最後の最後で出てくるんだろうなと思ったが意外や意外、彼の出番はなかった。

右サイドから飯尾が放ったシュートは枠の外。相手のクリアミスを受けて左サイドを突破した服部が放ったシュートも枠外。どちらもあと少しというシュートだった。

ダービーで怖いのはロスタイム。ここで試合が動くことが多い。セットプレーは怖かったがどうにか守りきった。カウンターからディエゴがシュートを放ちCKに。観客を煽るディエゴ。このセットプレーが間違いなくラストチャンスだろう。
ディエゴが蹴ったボールに選手が合わせ、そしてゴールに吸い込まれた。歓喜のサポーター。しかしゴール裏で見ていたにもかかわらず誰が決めたか分からなかった。誰だ?しばらくして那須が一人になりガッツポーズ。その時に彼のゴールだと理解した。
そしてセンターサークルでワンタッチと同時に試合終了。五年振りにダービーで勝利した。



ピッチのコンディション・警告を受けた選手が多く二枚目の恐れがあり強く当たれないこと・糞審判吉田寿光、という要因を考慮すると引き分けでも評価に値するかな、と思っていた。それだけに最後の最後で掴んだ勝利は大きい。あれだけ劇的な勝利は三年前の日本平以来ではなかろうか。町田忠道のゴールに歓喜したことを思い出した。周りのサポーターも大喜びして、選手挨拶時には皆前に寄っていた。

ダービーだからではなく、今後の柱となる選手が初ゴールを決めて勝てたことが大きい。日本に戻ってきた大黒。動きの質は問題がなくあとは結果だけだった。同点弾の落ち着きはさすがとしか言いようがない。字の如く大黒柱が出来ればチームは安定する。そして移籍後初ゴールを最高の場面で決めた那須。彼がチームの柱になる事は認識していたが、このゴールで歴史に名を刻んだことでより一層自分が引っ張っていくという意識が出来たのではないだろうか。次のキャプテンは彼以外考えられない。ヴェルディに那須あり、ということを強く印象付けた。

これからのヴェルディを牽引する選手が結果を残した素晴らしい勝利。未来は決して暗くない。
AD

出場選手 システム5-3-2 ボ:ボーナスポイント、キャプテン:キャプテン
位置 選手 チーム ファンタジー年俸 ファンタジーポイント(fp)
第22節年俸 前節との差 出場 守備 攻撃 勝利 警告 合計
GK 菅野 孝憲                  
DF 古賀 正紘                  
DF 阿部 勇樹 浦和                  
DF 藏川 洋平                  
DF 小林 祐三                  
DF 森重 真人 大分                  
MF 小笠原 満男 鹿島                  
MF 太田 圭輔                  
MF 金崎 夢生 大分                  
FW 田中 達也 キャプテン 浦和                  
FW 興梠 慎三 鹿島                  

ベンチ入り選手
MF 鈴木 啓太 浦和                  
MF エジミウソン 大分                  
FW 李 忠成                  


はじめての5バック。負けられないダービーとはいえ誰も使ってない。いかに信頼してないか、ということがバレバレですな。7が出るか出ないかで勝敗は決まる、と適当なことを言ってみる。

次の目標

テーマ:
後半に力の差を見せられ、なでしこジャパンの銅メダルはならなかった。甘いと言われるかもしれないが、胸を張って戻ってきて欲しい。メダルへの期待を抱かせてくれたのは前進なのだから。上位三チームとの差はまだまだあるが、それを徐々に縮めて、近い将来メダルを勝ち取って欲しい。四年後はメンバーも変わっていると思うが、若い人にとってはチャンス。自分達がやれば出来るという気持ちを持って臨んで欲しい。明日から再び目標に向けて歩むのだろうが、先ずはお疲れ様でした。

出場選手 システム4-3-3 ボ:ボーナスポイント、キャプテン:キャプテン
位置 選手 チーム ファンタジー年俸 ファンタジーポイント(fp)
第21節年俸 前節との差 出場 守備 攻撃 勝利 警告 合計
GK 土肥 洋一 東京V 3620万 -320万 ダウン 3fp -3fp 0fp -1fp 0fp 3fp 2fp
DF 服部 年宏 東京V 3220万 -360万 ダウン 3fp -4fp 0fp -1fp 0fp 1fp -1fp
DF 阿部 勇樹 キャプテン 浦和 7420万 -390万 ダウン 3fp 1fp 0fp 1fp 0fp 0fp 5fp
DF 井川 祐輔 川崎F 1960万 -340万 ダウン 0fp 0fp 0fp 0fp 0fp 0fp 0fp
DF 阿部 翔平 名古屋 5340万 +700万 アップ 3fp 1fp 0fp 1fp 0fp 4fp 9fp
MF ディエゴ 東京V 5660万 0万 変動なし 3fp -2fp 4fp -1fp 0fp 2fp 6fp
MF マギヌン 名古屋 3260万 +300万 アップ 3fp 0fp 0fp 1fp -2fp 5fp 7fp
MF ヴィトール ジュニオール 川崎F 3560万 +260万 アップ 2fp 0fp 0fp 0fp 0fp 6fp 8fp
FW 永井 雄一郎 浦和 3150万 -270万 ダウン 3fp 0fp 0fp 1fp -2fp 0fp 2fp
FW 平本 一樹 東京V 2030万 0万 変動なし 3fp 0fp 0fp -1fp 0fp 2fp 4fp
FW 飯尾 一慶 東京V 1990万 0万 変動なし 2fp 0fp 0fp -1fp 0fp 2fp 3fp

ベンチ入り選手
MF 小川 佳純 名古屋 3650万 +480万 アップ 3fp 0fp 11fp 1fp 0fp 3fp 18fp
FW 黒津 勝 川崎F 2110万 +190万 アップ 3fp 0fp 1fp 0fp 0fp 3fp 7fp
FW レナチーニョ 川崎F 3150万 -270万 ダウン 1fp 0fp 0fp 0fp 0fp 1fp 2fp


大幅にランクダウン…orz 小川スタメンにしただけでも全然違ったろうな。

惜しかったなでしこ

テーマ:
前半に近賀が中に入れたボールを大野が巧くトラップしてシュートを決めて、アメリカ相手にまさかの先制。前半のパス回しを見て行けると思っていたが甘くはなかった。相手右サイドの突破を許した後、相手に三人が釣られスルーされた裏にはどフリーの選手が待ち構えていてシュートを決められた。さらに左サイドから仕掛けられ中に入ってシュートをニアに決められてしまい前半を1-2で折り返すことに。

これ以上失点しないでいれば宮間のキックから同点になるのかな、と考えていたがその見通しも甘かった。相手は前からプレスをあまりかけずにカウンター狙い。が、ピンチはこちらのほうが多かった。そして右サイドからロングシュート。角度のないところからシュートを放たれいずれもゴールを割ってしまう。

ロスタイムに丸山が左サイドを抜け出し折り返したところ、こぼれたボールが永里に。そのままニアに打っても入ったろうが、中に折り返してそれを荒川が決めた、と同時に試合終了。決勝進出はならなかった。

最初は行けるかなと思ったが、まだまだ壁は厚いということだろう。しかし数年後は越えたい壁だ。三位決定戦でメダルを取れば女子サッカーに対する目もまた違ってくるのではないか。プレーする選手が増えて技術・フィジカルを高め今の壁を破れる強さを身につけられれば理想だが。決勝への夢は潰えたけれど、まだメダルを取るチャンスはある。やってくれる、そう信じたい。

出場選手 システム4-3-3 ボ:ボーナスポイント、キャプテン:キャプテン
位置 選手 チーム ファンタジー年俸 ファンタジーポイント(fp)
第21節年俸 前節との差 出場 守備 攻撃 勝利 警告 合計
GK 土肥 洋一 東京V                  
DF 服部 年宏 東京V                  
DF 阿部 勇樹 キャプテン 浦和                  
DF 井川 祐輔 川崎F                  
DF 阿部 翔平 名古屋                  
MF ディエゴ 東京V                  
MF マギヌン 名古屋                  
MF ヴィトール ジュニオール 川崎F                  
FW 永井 雄一郎 浦和                  
FW 平本 一樹 東京V                  
FW 飯尾 一慶 東京V                  

ベンチ入り選手
MF 小川 佳純 名古屋                  
FW 黒津 勝 川崎F                  
FW レナチーニョ 川崎F                  


相手は強豪。だが、鹿さんに二敗したシーズンも近年はない。鹿スタで勝ったのは8年前に遡る。飯尾が後半から出て完全に流れを変えて3-0で勝ったという試合。そしてその飯尾がこの試合も出れば期待大。シーズンを面白くしておくれ。


出場選手 システム4-3-3 ボ:ボーナスポイント、キャプテン:キャプテン
位置 選手 チーム ファンタジー年俸 ファンタジーポイント(fp)
第20節年俸 前節との差 出場 守備 攻撃 勝利 警告 合計
GK 下川 誠吾 大分 1550万 0万 変動なし 3fp 0fp 0fp 0fp 0fp 0fp 3fp
DF 上本 大海 大分 4940万 -430万 ダウン 3fp 0fp 0fp 0fp 0fp 1fp 4fp
DF 増川 隆洋 名古屋 2590万 -290万 ダウン 3fp 1fp 0fp 0fp -2fp 0fp 2fp
DF 深谷 友基 大分 3760万 -330万 ダウン 3fp 0fp 0fp 0fp -2fp 1fp 2fp
DF 阿部 翔平 名古屋 4640万 +340万 アップ 3fp 1fp 0fp 0fp 0fp 3fp 7fp
MF 中村 憲剛 川崎F 8360万 0万 変動なし 3fp 0fp 0fp 1fp 0fp 2fp 6fp
MF ディエゴ 東京V 5660万 +420万 アップ 3fp 2fp 0fp 1fp 0fp 2fp 8fp
MF ヴィトール ジュニオール 川崎F 3300万 0万 変動なし 3fp 0fp 0fp 1fp 0fp 2fp 6fp
FW ジュニーニョ キャプテン 川崎F 8640万 0万 変動なし 3fp 0fp 0fp 1fp 0fp 3fp 7fp
FW 杉本 恵太 名古屋 2820万 -250万 ダウン 2fp 0fp 0fp 0fp 0fp 2fp 4fp
FW 鄭 大世 川崎F 3090万 +280万 アップ 2fp 0fp 0fp 1fp 0fp 3fp 6fp

ベンチ入り選手
DF 横山 知伸 川崎F 920万 0万 変動なし 0fp 0fp 0fp 1fp 0fp 0fp 1fp
FW 大黒 将志 東京V 2070万 -360万 ダウン 0fp 0fp 0fp 0fp 0fp 0fp 0fp
FW 平本 一樹 東京V 2030万 +340万 アップ 3fp 0fp 3fp 1fp 0fp 3fp 10fp


大分見事に大外れ…しかしヴェルディがベストイレブン占めてるかと思いきや、ハットとチビだけなのか。それもまた意外。