愛媛(味スタ)○2-1 J1への使者達

テーマ:
大一番で最初はいつもと変わりないかなと思っていたが、ゴール裏の人数が明らかに違っていた。サイドゾーンは埋まらなかったものだが、一階部分が埋まっていて気付けば二階席にも人が流れていた。やはり今日は特別なのだろう。フッキが出場停止でスタメンに選ばれたのは船越だった。天皇杯の悔しさをここで晴らせるか。ここで結果を出せば契約も見えてくる。

    船越
飯尾 DIEGO 廣山
  大野 菅原
服部     海本
  富澤 土屋
    高木

後方からのフィードを船越が落とし、そのボールをディエゴがシュート。試合の入りは悪くない。船越のポストも良く、久々でも試合に入り込めてるなと感じ取れた。
試合が動いたのは11分。右MF大山の不用意なバックパスをディエゴがカットしスルーパス。ラインの間をするりと抜けた船越にボールが通った。相手DFのプレッシャーを受けながらもゴール左に流し込み先制した。相手のプレゼントパスからだが、パスのタイミング、ボールを貰う動きと完璧なものだった。
昇格へ大きく近づいたかに見えたが、ジョジマールから左サイドの星野へ。センタリングが入り内村がヘディングしたボールがふわりとゴールに入り込み同点にされてしまった。
海本から珍しくいいクロスが入り飯尾が決めた、と思いきやあまり勢いが無くゴールならず。その他は廣山が右に走ってからのシュートや、菅原のホームランがあったくらい。前半は1-1で終了した。


    船越
井上 DIEGO SILVA
  晃誠 菅原
服部     海本
  富澤 土屋
    高木


後半もヴェルディペース。飯尾の動きが切れてきて勝負をどんどん仕掛けていた。中に切れ込んでのシュートはキーパーに弾かれこぼれを狙うも相手に阻まれた。チャンスは作り出せている。
右サイドからのCK。キッカーは勿論服部。ファーにいいボールが入りバウルがフリーでヘディングし入った、と思ったらバーに嫌われた。
その後も左サイドからチャンスを作ってキープして後ろに落としてシュートもギリギリのところでDFに弾かれた。敵ながら見事なディフェンスをしてくれる。
左サイドからのCKをこれまでは大野が蹴っていたが服部がキッカーとなった。その服部のキックは中央へ。船越が中央からニアに向けて動き頭をちょんと出してゴール右に決めた。ここで船越のヘディングが決まるとはおもわなんだ。
後半終盤にサイドチェンジからダイレクトで打たれるも義成が好セーブを見せ、その後もやられたと思ったシーンでGKとDFがどうにか凌いだ。そして試合終了。

終了するちょっと前に京都-仙台が0-0となっていたためこれで決まったろう、と思ったが、ビジョンに京都1-0仙台と表示された。昇格は持ち越しとなった。が、ほぼ手中に収めたというのは選手の表情が物語っていた。


フッキ不在の中、変わりに出た船越が結果を出した。ここのところの出来を考えると、来年に関しては少しわからないかなと思っていた。が、ここで来たチャンスを彼は活かした。天皇杯ではシュートチャンスを外すなど精彩を欠いたが、この大きな一番で結果を残し、自身のチーム残留を近づけた。

その船越のゴールをアシストした二人は本当に何度もチームを救ってくれた。一点目のスルーパスを出したディエゴ、彼が京都戦ロスタイムで決めたのが今になって生きている。あの時負けていれば京都との順位は入れ替わっていたのだから。仙台戦での同点ゴール、そして札幌戦のハットトリックが得失点差で大いに効いている。
服部の左足、チームに存在しなかったらこの結果は無かった。気付いたらセットプレーの時には必ずハットに声援を送っていた気がする。この日も決勝点をアシスト。

ディエゴ・フッキ・服部、とJ1へ導く使者達が全て結果を出してくれた。まだ昇格は決定していないが、彼らが私達に与えてくれたものは生涯忘れる事はないだろう。
AD

二年後の悲劇から

テーマ:
二年前の日立台で二つのチームが降格し、一つのチームが昇格した。その二年後、降格したチームが二年前昇格したチームに勝ち、そのチームは降格となった。二年前は別のチームで降格を味わい、今年そのチームで降格を再び目にした選手。彼は二年前も出場停止で今年も同様だった。彼自身もピッチに立ちたかった事だろう。二年前と今日、彼がピッチに立っていたらまた展開は違っていたように思える。見たかったとは思うが、誰よりも出たかったのは本人に違いない。来年はどうするのだろう。本人が納得出来る決断になる事を願ってやまない。

さて、その二年前に降格したチームが再び元の舞台に戻ろうとしている。チームの核となる選手が納得できない理由で解雇され、中心が崩れた事によりチームの土台は出来て居なかったが、様々な苦難を乗り越え昇格の権利を手にしようとしている。生まれ変わったチームが第一の目標を達成するために明日は勝ちに行く。二年前の降格という悲劇は昇格というエピローグで終了する。次のプロローグに向けて勝つだけだ。
AD

出場選手 システム4-3-3 ボ:ボーナスポイント、キャプテン:キャプテン
位置 選手 チーム ファンタジー年俸 ファンタジーポイント(fp)
第33節年俸 前節との差 出場 守備 攻撃 勝利 警告 合計
GK 川島 永嗣 川崎F                  
DF 箕輪 義信 川崎F                  
DF 寺田 周平 川崎F                  
DF 伊藤 宏樹 川崎F                  
DF 阿部 翔平 名古屋                  
MF 遠藤 保仁 G大阪                  
MF 谷口 博之 川崎F                  
MF 中村 憲剛 川崎F                  
FW 播戸 竜二 G大阪                  
FW ジュニーニョ 川崎F                  
FW 鄭 大世 キャプテン 川崎F                  

ベンチ入り選手
MF 小林 慶行 大宮                  
MF 小林 大悟 大宮                  
MF 養父 雄仁 川崎F                  





両小林をスタメンで使っていたが、FCが空気を読まない気がしないでもないのでベンチに。しかし川崎戦は糞審の予感…。
AD

出場選手 システム4-3-3 ボ:ボーナスポイント、キャプテン:キャプテン
位置 選手 チーム ファンタジー年俸 ファンタジーポイント(fp)
第32節年俸 前節との差 出場 守備 攻撃 勝利 警告 合計
GK 曽ヶ端 準 鹿島 6430万 +310万 アップ 3fp 4fp 0fp 1fp 0fp 2fp 10fp
DF 大岩 剛 鹿島 2930万 +380万 アップ 3fp 4fp 0fp 1fp 0fp 0fp 8fp
DF 箕輪 義信 川崎F 5090万 +380万 アップ 3fp 2fp 0fp 1fp 0fp 1fp 7fp
DF シジクレイ G大阪 9880万 0万 変動なし 3fp 2fp 0fp 0fp 0fp 4fp 9fp
DF 寺田 周平 川崎F 6330万 +300万 アップ 3fp 2fp 0fp 1fp 0fp 1fp 7fp
MF 遠藤 保仁 キャプテン G大阪 9260万 -490万 ダウン 3fp 0fp 0fp 0fp 0fp 4fp 7fp
MF 寺田 紳一 G大阪 1390万 -150万 ダウン 2fp 0fp 0fp 0fp -2fp 0fp 0fp
MF 中村 憲剛 川崎F 6240万 0万 変動なし 3fp 0fp 0fp 1fp 0fp 2fp 6fp
FW ジュニーニョ 川崎F 1億490万 +950万 アップ 3fp 0fp 10fp 1fp 0fp 1fp 15fp
FW バレー G大阪 6140万 -320万 ダウン 3fp 0fp 1fp 0fp -2fp 3fp 5fp
FW マグノ アウベス G大阪 6300万 +300万 アップ 3fp 0fp 3fp 0fp 0fp 1fp 7fp

ベンチ入り選手
MF 林 健太郎 甲府 1200万 0万 変動なし 3fp 2fp 0fp 0fp -2fp 6fp 9fp
MF 保坂 一成 甲府 520万 +70万 アップ 3fp 2fp 0fp 0fp -2fp 0fp 3fp




ガンバが一人少ないFC相手に引き分けちゃあな。しかし寺田0fpかよ。健太郎入れておけば良かったわ。それにしてもボーナス6fpて(驚)

52 or 42?

テーマ:
来季のJ2、2チーム入会なら総当たり3回戦制に変更 (YOL)


記事によれば、J2加入が1チームの場合は従来どおりの4回戦制、2チームの場合は3回戦制に変更するそうな。14チームの場合は 13x4=52試合で、15チームの場合は14x3=42試合となる。52試合の場合は、今年の日程で休みの節がなくなるというもの。単純にこの数字だけを見ると、2チーム上がって欲しいって思うだろうな。というか来年はもっと厳しくなるから何としても上がらなきゃ。

ラストスパート

ヴェルディの試合はなかったわけだが、今日が終わり残り二節となった。札幌-京都は、京都に先制されるも、札幌が逆転して昇格をほぼ手にしかけていた。が、ロスタイムのPKで追い着かれ、三位以内は確定したものの昇格決定はおあずけとなった。そして四位の仙台と湘南の対戦は、加藤望の活躍で湘南が勝ったため、仙台に勝ち点はプラスされなかった。その結果、残り二勝しない限りは三位以上になることは不可能となった。そして、密かに逆転昇格の可能性があったセレッソだが、ザスパと引き分けたため、勝ち点で単独二位になることは不可能となった。


さて、上記の結果によりヴェルディはどうなったかというと、三位以上はほぼ確定となった。勝ち点で並ばれる可能性はあるが、得失点差のアドバンテージがあるため、ここで逆転される事は、HOT6の再来でもない限りは、起こり得ない。次節の愛媛戦で勝てばほぼ昇格確定、同一条件で京都が引き分け以下ならヴェルディの昇格は決まる。二連勝すれば他チームの結果は全く関係なく、昇格とJ2優勝を手にすることが出来る。


楽な試合はないが残り二試合、自分達が失った一つのものを取り戻すチャンスが目の前に来ている。やるしかない。

出場選手 システム4-3-3 ボ:ボーナスポイント、キャプテン:キャプテン
位置 選手 チーム ファンタジー年俸 ファンタジーポイント(fp)
第32節年俸 前節との差 出場 守備 攻撃 勝利 警告 合計
GK 曽ヶ端 準 鹿島                  
DF 大岩 剛 鹿島                  
DF 箕輪 義信 川崎F                  
DF シジクレイ G大阪                  
DF 寺田 周平 川崎F                  
MF 遠藤 保仁 キャプテン G大阪                  
MF 寺田 紳一 G大阪                  
MF 中村 憲剛 川崎F                  
FW ジュニーニョ 川崎F                  
FW バレー G大阪                  
FW マグノ アウベス G大阪                  

ベンチ入り選手
MF 林 健太郎 甲府                  
MF 保坂 一成 甲府                  




ガンバは過去五年味スタで勝てないという嫌な情報があったけれど気にしない。今年FCはホームであまり良くないから。ただ、多摩川クラシコのようなゲームにはならないのではないか。僅差でガンバと予想。今度は頼みますよバレーさん。
寺田と最後までスタメンで迷ったのが林健太郎。甲府には、残って欲しいという想いからサブに二人。これがともにヴェルディに縁のある選手だというのは全くの偶然。

出場選手 システム4-4-2 ボ:ボーナスポイント、キャプテン:キャプテン
位置 選手 チーム ファンタジー年俸 ファンタジーポイント(fp)
第31節年俸 前節との差 出場 守備 攻撃 勝利 警告 合計
GK 西部 洋平 清水 9980万 +480万 アップ 3fp 2fp 0fp 1fp 0fp 2fp 8fp
DF 大岩 剛 鹿島 2550万 0万 変動なし 3fp -1fp 0fp 1fp 0fp 2fp 5fp
DF 児玉 新 清水 6490万 0万 変動なし 3fp 1fp 0fp 1fp 0fp 1fp 6fp
DF 青山 直晃 キャプテン 清水 7370万 0万 変動なし 3fp 1fp 0fp 1fp 0fp 2fp 7fp
DF 内田 篤人 鹿島 5620万 -300万 ダウン 3fp -1fp 0fp 1fp 0fp 2fp 5fp
MF 小笠原 満男 鹿島 5490万 -290万 ダウン 3fp -1fp 2fp 1fp -2fp 3fp 6fp
MF 遠藤 保仁 G大阪 9750万 +890万 アップ 3fp 2fp 5fp 1fp 0fp 4fp 15fp
MF フェルナンジーニョ 清水 5740万 +520万 アップ 2fp -1fp 7fp 1fp 0fp 4fp 13fp
MF 藤本 淳吾 清水 4850万 +360万 アップ 3fp -1fp 4fp 1fp 0fp 3fp 10fp
FW 田代 有三 鹿島 2400万 0万 変動なし 2fp 0fp 0fp 1fp 0fp 1fp 4fp
FW 矢島 卓郎 清水 2240万 0万 変動なし 2fp 0fp 0fp 1fp 0fp 1fp 4fp

ベンチ入り選手
DF 村山 祐介 大宮 1440万 0万 変動なし 3fp -1fp 0fp 0fp 0fp 1fp 3fp
FW チョ ジェジン 清水 5580万 0万 変動なし 3fp 0fp 0fp 1fp 0fp 2fp 6fp
FW デニス マルケス 大宮 1220万 0万 変動なし 2fp 0fp 0fp 0fp 0fp 0fp 2fp





守りがだめだったので今ひとつかなと思ったら90FP。FWとキャプテンのチョイス次第では100にも届いていたのか。これで満足するなよ、という事なのだろう。次いってみよ。

バスツアーノススメ

先日のMDPにオフィシャルバスツアーの案内が掲載されていた。サポーター団体主催のバスツアーの値段が安く、そちらに人が溢れているようだ。が、まだ決まっていない人は、このバスツアーに参加してみてはいかがだろうか。内容を見ると、三年前に天皇杯準決勝で行ったのと大差はない。その時はもう少し安く、かつ、試合後の弁当もついていた。参加してみていい意味であれが一万円?となかなか信じられなかった事が記憶に残っている。そういえば隣に座ってた方は今やすっかり一部では有名になられているようで。それもまた懐かしい話。と、話は逸れたが、他のツアーに比べ高くはなるものの、新幹線等を使うよりは安く行けるので、まだ迷っている方には本当にお勧めしたい。自分は仕事の都合上参戦出来ないが、可能であれば申し込みたかったくらいなのだから。そういえば三年前も対戦相手は違えど長居スタジアムだったな。縁起はいいのでは、多分。


あれから三年。ブログも多くなったな、本当に。