わすなつ日記

~The summer we don't want to forget~


テーマ:
1票だけSKEモバイルから投票しました。
誰にしようか迷いました。
朝長美桜ちゃんにしようか、NGTのおかっぱちゃんにしようか、
でも結局はこの子にしました。






チーム8の倉野尾成美ちゃん。
なるちゃんが今一番熱いです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
続いて2016年ハロプロ楽曲大賞の方に投票したいと思います。


第5位。
Juice=Juice「カラダだけが大人になったんじゃない」





この曲は久々にブラスアレンジが聞けたのが良かったですね。
JJは最近の爽やか路線よりも
こういうインディーズの頃を思い出すようなアレンジだったり
背伸びして大人になろうとしてる歌詞の方が良く似合うような気がします。


第4位。
こぶしファクトリー「未熟半熟トロトロ」





こぶしファクトリーのアルバム曲です。
やはりこの曲は「作詞:福田花音」という部分に目がいきますね。
アイドルから作詞家へと転身を遂げた彼女が今作を手がけました。
この歌詞がとても良かったです。

「白い卵を金の卵に変えちゃおうよみんなで」
花音が選んだ「卵」という言葉にはきっと特別な意味が詰まっているのでしょう。

「君が悔し涙流す時 拳握り喝を入れるから
 君が嬉し涙流す時 拳上げてせーのジャンプ!」

ここもすごくいい。
こぶしという言葉を交えつつ
音楽に上手く言葉が乗っていて好きな部分です。

花音らしくちょっとネガティブを交えながら
それでも前に進もうとする姿が良かった。
こういう歌詞が書けるなら作詞家福田花音としての活動も上手くいくはず。

またこぶしにとってもこういうストレートに可愛い曲ってあまり無かったので
曲の幅を広げることが出来たと思います。


第3位。
こぶしファクトリー「桜ナイトフィーバー」





春といえば桜を描いた曲が定番ですが
桜視点から浮かれる人々に対して愚痴をこぼすという異色の楽曲。
KAN氏がスパイスを効かせ
上手くアイドルソングとして仕上がっている名曲だと思います。
僕はこの曲がきっかけでこぶしを好きになって
現場デビューを果たしました。


第2位。
こぶしファクトリー「辛夷の花」





最初はこんな70年代フォークみたいな曲を作るなんて何を考えてるんだと思いながらも
聞き進めるうちに「あれ?意外と良いじゃないか」と思い始めました。
そして何回か繰り返して聞いていたらもう耳から離れなくなっていました。

植物の「こぶし」というのは果実の見た目がゴツゴツとしていて
そんなところから「こぶし」という名前が付けられたわけですが
花は綺麗に白く咲くんです。
そういう花になりたいというメッセージがこの曲に込められています。

「派手な花ではないけれど、清くこの世に咲いてゆけ」
こぶしファクトリーというグループはこういうグループなんだと
とてもわかりやすく表現されている曲です。
このメッセージが胸に強く刺さりました。

この曲がyoutubeにアップされたのが2週間ほど前でした。
楽曲大賞の締め切りが迫っていたので
このギリギリのタイミングで非常に迷いました。
もっと聞き込めば、あるいは現場で聞けば1位にしていたかもしれません。
でも今の時点ではまだ2位かなと。
難しい判断でした。


そして、第1位。
モーニング娘。「泡沫サタデーナイト!」





最後にすごくベタな選曲になってしまいましたw
多分ハロヲタの多くはこの曲に投票するのでしょう。
鞘師りほりほが辞めて、香音ちゃんも辞める。
どうするんだモーニング娘・・・となったところに
この曲をぶちこんできたわけです。

選んだのはEDMでもフォーメーションダンスでもなく、あえてディスコを。
この週末の高揚感というんですかね。
平日の仕事が終わったら、さぁ土日遊びまくるぞ!という気持ちになりますよね。
別に土日に何も予定が無くたっていい。
週末が来るというだけでも無性に嬉しくなるのが人というものだと思います。
そんな週末感をうまく表現していました。
僕は金曜の仕事が終わったら帰り道に必ずこの曲を聴くんです。
その時が最高に気分が良いのです。

僕は12期メンの顔と名前が全然覚えられなかったんですが
ようやくこの曲をきっかけに覚えられました。
一推しは尾形ちゃんです。
小田ちゃんの妙な色気にも惹かれます。
そしてこの曲が最後になった香音ちゃん。
この底抜けに明るいDJは香音ちゃんが一番の適役だったと思います。
そんなモーニング娘の楽曲が1位です。



続いてMV部門。

第3位。
℃-ute「愛はまるで静電気」





℃-uteのこんなに明るく可愛い曲は本当に久しぶりなような気がします。
みんな可愛い。
特に静電気で髪を立たせてるところとかすごく可愛かったです。


第2位。
こぶしファクトリー「桜ナイトフィーバー」





桜の曲らしく白とピンクを基調とした衣装がよく似合っていてみんな可愛いです。
あとたぐっちが良いですねw
たぐっちの八の字眉毛の困り顔が好きです。


第1位。
こぶしファクトリー「辛夷の花」





MV部門はもう時間の経過とか関係なくて
2016年このMVがダントツに良かったので迷わず辛夷の花を選びました。

あのスタジオ大好きのハロプロが
外に出てこんなMVを撮れるのかという驚きがまずあって。
辛夷の花というのはアルバム曲であって、別にMVを作る必要も無かったし
作るのならスタジオでサッと撮ってしまうことも出来た。
でもあえて外に出て。8人それぞればらばらに撮ってですよ。

これ実際ロケ地が千葉だったりするので
わざわざ撮りにいったんですよね。

なんでそこまでしたのかっていうと
この「辛夷の花」はそれだけこぶしファクトリーにとって
大事な曲だったからだと思うんです。
なんとしてもこの曲を世に出したい。
出来るだけ良い形で。
そんなスタッフの熱意がちゃんと伝わってきました。

また歌ってる時のメンバーも良い表情をしてるんです。
特にはまちゃんと井上玲音ちゃんが良かった。
ハロプロのスタッフとメンバーで作り上げた名作です。
だからこのMVが1位です。


推しメン部門。
これがまた迷うところで。
去年はあやちょを選んだんですが、今年はどうしょうかなぁと。
また色んな新しい子が出てきて
娘だったら尾形ちゃんか、アンジュルムだとむろたん、あるいはかみこちゃんか。
カントリーなら森戸ちゃんか、と迷いますが
やっぱり僕の中ではこぶしファクトリーがキテるので。
その中の野村みな美ちゃんにしようと思います。

今年初めてこぶしのイベントを見に行って
この子の可愛さとパフォーマンスに衝撃を受けました。
僕の中で今一番熱いのが野村みな美ちゃんです。



以上、ハロプロ楽曲大賞への投票でした。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年もこの季節がやってきました。
相変わらずの浅い知識ながら、順位を付けつつ2016年を振り返っていきたいと思います。

第5位.「Spotlight/GEM」





GEMのシングル曲です。
武田舞彩ちゃんの休業からの新メンバー加入で新体制がスタート。
ちょっと不安な部分もあったんですが、このMVを見て安心しました。
これは良いなと。これなら大丈夫だと思える曲でした。
西田ひらりちゃんの活躍に期待しています。

ただ、やっぱり舞彩ちゃんのことが気にかかります。
2年という時間は決して短い時間ではなくて
本当に帰ってこれるのかという部分が。
また新メンバーの子がすぐやめてしまうというアクシデントがあって。
新体制はスタートしましたが
この辺りの消化不良感を引きずって
GEMにとっては体制を立て直しきれない一年だったように思います。




第4位.「華麗なるV!CTORY/SUPER☆GiRLS」





結構しっかりMVを作ってあるので
最初シングル曲かと思いましたが、アルバム曲なんですね。

これは歌詞がいいんです。
「今変わらないでいつ変われるの?
 過去に用は無い 未来はこの手にあるから
 夢じゃない 嘘じゃない これで終わりじゃない」

スパガは明るい曲調でも
サラッと人生訓みたいなものを織り交ぜてくるところが好きです。
あとサビのペンギンみたいなダンスが良いですね。
ここの幸愛ちゃんが超絶かわいいです。



第3位.「クロスロード/フェアリーズ」





何らかの事情があったんだと思いますが
非常にシンプルなつくりになっているのMVです。
でも決して安っぽくなっているわけじゃなく
鑑賞に堪えうるクオリティを保っているのは
やはり楽曲の良さとメンバーのパフォーマンスによる部分が大きいと思います。

特に伊藤萌々香ちゃんが素晴らしい。
歌、ダンス、ルックス、スタイル。
どれをとってもアイドル界トップクラスだと思っています。

あと去年のノミネート曲ですが、林田真尋ちゃんのソロ曲「Terminal」
これも好きで今年よく聞いていました。


第2位.「光合成希望/乃木坂46」

乃木坂のアルバムの中から。
西野七瀬ソロ曲です。

本当にベタですけど僕は乃木坂ではなぁちゃんが一番好きです。
最初に乃木坂に興味を持ったのはなぁちゃんがきっかけで
そこからガールズルールの辺りでまいやんに流れて
そっからあしゅりんに行って、堀ちゃんを通って
最終的になぁちゃんに戻ってきたという流れですw

なぁちゃんのソロ曲は今までしっとりしたのが多かったんですが
今回はアップテンポな曲になっています。

「ヒマワリが似合わない」「ずっとカーテン閉めてるイメージ」「大人しいタイプ」
そう見られがちですが、実は違うんだぞと。
本当は風に吹かれて走るのが好きなんだぞと。
声高に主張する楽曲です。

爽やかさと開放感に溢れていて
なぁちゃんのイメージにピッタリなので好きな曲です。



第1位.「Maxとき315号/NGT48」






NGT48初のオリジナル曲。
僕の中では2016年でダントツのトップでした。
本当に素晴らしい楽曲です。

まずこのイントロ。
ピアノ一本で始まってそこにアコギが加わって
一気に雪景色が広がるイメージを作っています。

そして歌詞。
「未来はいつも 思ったよりも優しくて
 風景が不意に滲んでくる」

ここを聞いてると泣きそうになるんですよ。
例えばモーニング娘の歌詞の世界観が
「日本の未来は世界がうらやむ」的なワールドワイドな物だとしたら
それとは対照的に48グループは身近な幸せを歌う。

恋チュンの「未来はそんな悪くないよ」だったり
夕陽を見ているか?の「それなりの今日が終わり全てリセットする夜が来るよ」だったり。
すごい幸せがあるわけじゃないけど
何か一つくらいは良いことがあるよという考え方。
この寄り添うような優しさに触れると、ふと涙腺が緩む瞬間があります。

この曲を歌うのがまだアイドルとしてスタートしたばかりのNGT48。
無限の可能性に満ちた彼女たちが表現する夢、希望、喜び、悲しみ、期待、不安。
全てが詰めこまれた最高の楽曲でした。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。