はっさくな日々。

日々の暮らし〜育児・介護・パフォーマンス〜×アレクサンダーテクニーク

前日のクラスで初めてアレクサンダー・テクニークを体験されたMさんが、

今回から、この講座に参加されることになりました。

 

「きのうクラスでやった『からだの側面を思う』を、家でやってみました。

一瞬でしたが、自分の時間を感じられました。」

とMさん。

 

「自分の身体の中の空間が増えると、時間が増え、余裕が生まれます。」

と新海みどり。

 

Mさんは「からだの側面」という、ご自分のからだの新しい空間が増えたことで、

時間が増え、余裕を感じられたのかもしれません。

 

いつの間にか、一日がまた終わった。。。

完全に一人で、ゆっくり、はっきりと

「癒しの時間」を持つなんてとてもとても。。。

 

仕事、子供、家事・・・いろいろな事がらが進行している生活の中で、

一人になれなくても、誰かに癒してもらえなくても

「自分の時間がある」と少しでも感じられることは、

とても大切なことだ、と思います。

 

 

今回のクラスでは「内臓」にふれました。

「内臓」も日頃思いにくいところ。

 

内臓の堅さ、柔らかさ、みずみずしさ、側面、内臓と内臓のすき間などを、

横になってゆっくり味わい、それぞれの「新しいからだの空間」を増やしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

面白かったこと

クラス中、お隣のマンションから、ほうきで掃除する音が聞こえました。

かなり気になる大きな音。

 

「足の裏がついている床、お尻がついているイスの座面を感じます。

「感じよう」としなくても、感覚はすでに入ってきています。

そんな風に思って、この音を聞いてみましょう。」

 

ほうきの音をそうして聞いてみると、

私がいる場所とは違う、別の所からの音だとわかりました。

 

気になる音を、自分でどんどん近くしていっているのかなあ。

別の場所だとわかると、安心できて、前より気にならなくなりました。

 

 

「感覚情報を増やして、分母を増やします。」

 

ほうきの音が”1”だとしたら、1/10よりも1/100である方が、気にならない。

分母という考え。

 

「感覚情報は、もともとすでにあるもの。ただ思うだけで増えます。

だから増えても頭がうるさくならないし、筋肉努力もいりません。」

という言葉も、心に響きました。

 

いろいろ努力してとりに行かなくても、

あらゆるものは、もう私たちのからだに既に届いてきている。

 

受け取ることを、ただ許すだけなのだ,と思うと,少し気が楽になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

辻野恵子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。