SOO スー わたなべ健責任編集(旧練馬のミドル) 

市民の力をここに。わたなべ健責任編集

わたなべ健責任編集(旧練馬のミドル)
私達の社会。私達が考える。私達が決める。市民の力をここに。
当事者意識"Sense Of Ownership"を呼び覚ませ。

【問い合わせ先】tsuyoshi0517watanabe♪jcom.home.ne.jp (♪を@に替えてください)
NEW !
テーマ:

邦訳は大島かおり入谷敏男 両氏。底本は1958年発行で、編者はJacob Sloanである。



序文
ゲットー以前
 1940年1月‐9月
ゲットーに移る
 1940年10月‐11月
ゲットー生活
 1940年12月‐1942年6月
ゲットーの壊滅
 1942年7月‐12月

この本を知ったきっかけは、Timothy Snyder の『ブラッドランド 』にRingelblum のアーカイブズについて記述があったからだ。

関連記事:【書籍紹介】Timothy Snyder著、布施由紀子 訳(2015)『ブラッドランド』筑摩書房
http://ameblo.jp/tsuyoshiwatanabe/entry-12168008946.html

今まで知らずに過ごしてきた不明を恥じ、古い著作だが紹介しておきたい。

Ringelblumは、ポーランド/ワルシャワのユダヤ人歴史家である。彼はドイツ占領下のワルシャワで、自ら見聞したことを記録として書き残すと同時に、外部の記録も収集し、「O・S」(Oneg Sabbath )というアーカイブズを運営していた。Oneg Sabbathとは、「安息日を守る人びと」という意味である。

訳者のあとがきによれば、
・リンゲルブルムの手稿は原本がユダヤ史研究所に保管され、その写しがイスラエルのナチ時代に関する国営る記録保管所、ヤド・ヴァシェムにある。
・本書がその一部をなしている厖大な「オネグ・シャバト地下史料集」は、大きく分けて二つの部分から成り立っている。
・構成要素その一は、ナチ・ドイツによるワルシャワ占領から1943年2月までの蒐集資料で、3回に分けてゲットーの地下に埋められていたもののうち、最初の2回の分が発見されている。その内容は、
1.アンケート調査、報告、年代記、日記、手記、手紙、文学的資料等
2.ドイツ占領軍当局の布告・命令と、ゲットー諸機関の布告・声明・議事録等の公式文書
3.秘密文書、とくにさまざまな国語による非合法出版物
4.個別的テーマごとにまとめた研究報告書・論文等
である。
・構成要素そのニは、リンゲルブルムがその後ゲットーで1943年4月まで書いたものと、トラヴキニ労働収容所脱出ののちワルシャワのアーリア人地区にひそんでいた1943年8月から1944年2月末までの間に書いたいくつかのモノグラフと覚え書である。


Ringelblumは感情を押し殺し、見聞したものを淡々と書いている。

「死が街のいたるところにある。子供たちももはや死をこわがらない。ある中庭で子供たちが、死体をくすぐるゲームをして遊んでいた」

もちろん、読んでいて面白い書物ではない。が、救いを感じる記述に出会うことがあった。

「ゲットーが封鎖された翌日、多くのキリスト教徒がユダヤ人の知人、友人のためにパンをもってきた。これは非常に広汎に見られた現象だった」

「数人のごく若い兵隊たちが出てきて、私たちの顔を打つのです。みんな血を流しました。ほかの二人の兵隊がこれを見てひどく心を痛めて、抗議しはじめました。すると相手は、ポーランドのドイツ人(民族ドイツ人)がひどい暮しをしているのはユダヤ人のせいだと答えました。二人は、それはユダヤ人の罪じゃない、ポーランド政府の政策のせいだと言い返しました。私たちを殴った兵隊は立ち去り、私たちの弁護をしてくれた二人もいっしょに行きましたが、そのあとときどき見にきてくれました。とくに一人がそうでした。二人は血を洗うための水を運んできて、すまないことをしたと言いました」

Ringelblumたちは、将来世代に対してドイツ政府とポーランド政府に説明責任を果たさせるため、いや、自ら責任を果たすためにアーカイブズを残しただけでなく、収集した資料をナチに対する武器として、即ちポーランド亡命政府や連合国、或いはドイツ国民への報告・プロパガンダの材料として使った。アーカイブズ学的に言えば、現用・非現用両面の価値を十分に意識した記録管理戦略を持っていたということであろう。
Ringelblumは、アーカイブズを地下に隠したあと、1944年3月7日、妻と12歳の息子とともにワルシャワの廃墟で処刑された。
彼は、大学では経済学を学び、のちに社会学に転じ、最後は歴史学を専門としたそうだ。経済学と社会学の道具は手放すことなく使い続けたという。「リンゲルブルムは、より広い語義における社会科学者であった」というのが、編者であるJacob SloanのRingelblum評だ。

戦争史料・迫害の史料として一級品のアーカイブズであることは間違いないが、社会科学と歴史学・史料学の邂逅という意味でもRingelblumの業績は意義深く、その手法には学ぶべき点が多い。

(2016年6月26日)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

6月17日(金)の深夜から19日(日)まで、南三陸を訪れました。
政府、国土交通省はボランティアバスが旅行業法に抵触する恐れがあるとして規制に乗り出しそうな勢いですが、実際、こんな割りに合わないツアーを催行しようという旅行会社があるのでしょうか。旅行会社が組んでいるようなツアーしか被災地を訪れる機会がないとすれば、業界は多少の旅行客を取り込めるでしょうが、支援活動に入る人たちはグッと減るでしょう。既得権、利権の臭いがします。

さて、今回お手伝いに入ったのは、稲渕の千葉さん宅。私がお世話になるのは恐らく4回目だったと思います。
18日(土)の朝、到着直後は、ホタテの貝殻磨き。割と特別な作業です。というのも、イベントでホタテの貝殻を皿代わりに使うという事情から生じた仕事でした。



土曜日の午後から日曜日にかけては、南三陸の定番作業である浮き玉磨き。フジツボや海藻がしっかりこびりついて、炎天下、なかなか大変な仕事です。





大学生と新入社員研修生の若い二人と一緒だったのですが、疲れてくると会話を忘れて黙々と作業に没頭してしまいます。初めて東北に来られる方もまだまだ多く、南三陸の魅力を知って欲しいですね。

千葉家のお母さん、サチコさんには今までもいろいろなお話しを伺ってきたのですが、今回の話も興味深いものでした。
お父さんの初さんは、東日本大震災当時、浜の役員をなさっていたため、集落の漁業復旧に向けて家の仕事を差し置いて粉骨砕身尽くしたそうです。千葉家では家も作業場も船の多くも津波で流出してしまいましたが、初さんが沖へ逃がした大きな船だけが無事でした。そして、この船が震災後に活躍します。浜では、各漁業者の漁場を割り当てます。場所の特定は「あの島の松の木と浜の岩を結んだ線」といったようなある種感覚的なものでした。すると、津波で「目標物」が流されてしまったり、地形が変わってしまった場合、なかなか特定が難しくなり、果てはトラブルの原因にもなりかねません。実際、多くの浜でトラブルが起きていたようです。初さんの船にはGPSが装備されており、そこには漁場を特定する位置情報が記録されていました。稲渕の人たちは、その位置情報を頼りに各自の漁場を特定することができ、他の浜に先駆けて漁業を再開することができたとのことでした。「記録」が震災からの復旧に役立った好事例でしょう。

作業とは別に、震災遺構も巡りました。何年振りかで女川町に入りました。
それから、いつもの石巻~南三陸~気仙沼。


女川町地域医療センター の柱には、津波の高さを示す線が入っています)


(女川町もやっと整地が終わりつつある段階)


石巻市立大川小学校


南三陸町防災対策庁舎


(南三陸町もまだ「町」にはなっていません)



気仙沼向洋高校 をこのアングルから見たのは初めて)

そして、食べる(笑)。


(見よ、このカツオ。なぜ銭湯で?亀の湯ならではの歓待)


(朝市にて。食べ過ぎにつき抑え気味に)




(豪華過ぎて食べ切れないのが悔しい海鮮BBQ)

「町」になっていない風景を見てもらえば分かる通り、復興はまだこれからなのです。
間もなく参院選ですが、東北のこと、どれだけ各党の政策に盛り込まれていますか?

(2016年6月24日)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

6月9日(木)の夜から11日(土)の深夜までパラオ に滞在し、10日(金)は祖父が戦死したペリリュー島 に初めて行ってきました。

関連記事:ペリリュー島の部隊行動を追う
http://ameblo.jp/tsuyoshiwatanabe/entry-11791872210.html

ペリリュー島は、パラオ最大の街コロール の南に位置するマラカル島 から40㎞、ボートで約1時間かかります。


(スキンヘッドはガイドのヒロシさん。パラオ在住10年のベテランです)


ペリリュー島の北端に到着した後、島内はマクロバスで回りました。



港から少し歩けば、日本軍が残したトーチカが目に入ります。





島内北部から広がる日本軍の洞窟陣地。現在でも一部の洞窟に入ることができます。







洞窟の入り口付近には黒く焼かれた跡があります。米軍の火炎放射のためです。


(布で壁を作った名残とされる釘がそのまま)




(キリンビールの文字)

洞窟内には、日本軍が使用した空き瓶や器などが散乱しています。


(この場所は医療行為のための処置室だったとのこと)


(アリの巣のように続く洞窟陣地)

島内には様々な戦跡が残っています。


(終戦の2年半後に日本軍の残存兵が投降した場所)

日本海軍総司令部跡は非常に大きな建物です。大正時代の建築ですが、米軍の800㎏爆弾の直撃を受けてもこれだけ骨組みが残ったというのは驚異的な技術水準を物語っているのだそうです。




(800㎏爆弾直撃の穴)


(弾痕には弾丸が残っています)


(洗面台)


(便所)


(風呂場)


(階段には滑り止め)

海軍総司令部跡は経年劣化が激しく、私が訪れた際、丁度ニュージーランドの保存チームが補強のための調査を行っていました。


(保存・修復チームによる仮の柱が準備されていました)

その他、日米の戦車や日本軍の大砲。


(日本軍の戦車)


(米軍の戦車は水陸両用で大きさも日本軍の3倍以上)


(資材不足の中、これを設置するだけでも大変なことだったと思われます)

ペリリュー第二次世界大戦記念博物館は、日本軍の魚雷備蓄庫だったものを米軍が奪った後、医療施設として活用していた建物。弾痕も生々しく当時の姿を残しています。



日本軍と米軍の資料がほぼ同じくらいのスペースで展示されており、日本語の説明もあります。



私が『戦史叢書 』で見つけた「米軍上陸時におけるペリリュー地区隊防禦配備要図」も展示されていましたが、私の祖父が配属されていた「特設」部隊(海軍配属の陸軍部隊)が含まれる「海軍部隊」の記載が、中川州男 大佐率いるペリリュー地区隊の直轄部隊から明らかに意図的に削除されていました。とても気になるところです。

そして、大変印象深い展示物と出会いました。



「日本海軍の主力対空機関砲で」「海軍対空部隊と陸軍特設機関砲隊で使用された」と説明書きにあります。「九六式単装25ミリ対空機関砲」です。



祖父は「特設第35機関砲隊」でしたので、恐らくこれを使って戦闘に参加していたのではないかと思われます。衛生兵として従軍し、1940年に27歳で一旦召集解除となった祖父は、1944年に32歳で再召集され、恐らく初めての本格的な戦闘をペリリュー島で経験することになります。そして玉砕戦で命を落としたのです。再召集時、兵隊としては決して若くない祖父は歩兵ではなく高射砲兵となりました。因みにペリリュー島の歩兵や戦車部隊には10代の若者も少なくなかったとのことです。

米軍がフィリピン奪還のために確保したかったのが、日本軍がペリリュー島に作った飛行場です。現在でも南北の滑走路が残っており、使用されることもあるとか。昨年天皇皇后両陛下が慰霊に訪れた際、この滑走路上にヘリコプターで降りられました。


(滑走路)

1944年9月15日に米軍が初上陸作戦を敢行したのがオレンジビーチです。





この小さくて穏やかな浜が血で真っ赤に染まったのです。眼前の浅瀬には400隻以上の米軍の船がビッシリと並んだそうです。

オレンジビーチの近くには、零戦の残骸が。







天皇皇后両陛下が訪れた「西太平洋戦没者の碑 」。



碑の両横には貝殻がまるで手の平のように設置されています。これには水不足で苦しんだ日本軍兵士が水を受け取れるようにとの祈りが込められているとか。
また、慰霊台の下には、雲の形をしたモニュメントがあり、日本の方角を向いています。これは亡くなった兵士が雲に乗って日本に帰れますようにという意味。





米軍の慰霊碑も複数目にします。海兵隊の慰霊碑にお祈りを捧げました。



そして、ペリリュー地区隊の顕彰碑。



祖父が所属した特設第35機関砲隊の名も刻まれていました。





パラオは美しい国です。ペリリュー島を訪れた翌日はセスナで遊覧。











パラオの人たちが日本やアメリカをはじめとする欧米諸国に対してどのような感情を持って生きてきたのか。その複線的なところを知りたいとずっと思っています。
その手がかりを得られそうだと思っていたのが、パラオ国立公文書館であり、ベラウ・ナショナル・ミュージアム だったのですが、前者は事前の度重なる問い合わせにも何の回答も得られず、後者は休館日で訪問が叶いませんでした(日本人ガイドによると、ベラウ・ナショナル・ミュージアムは観光ルートから外される傾向が強いようで、その理由は「日本の負の部分が展示されているから」だとのこと。「親日」であることしか聞かないパラオの地でそのような展示は非常に貴重だと思います。やはり行かねばなるまい、と余計にその意を強くしました)。

また、現地の記録管理のあり方について、スペイン統治以前は文字はなかったというのが定説のようです。但し、絵文字のようなものは多数残っています。戦前に現地に渡った日本人彫刻家の土方久功 がストーリーボードという物語りをモチーフにした木彫りの制作を勧め、それで同地の民話や言い伝えを残す流れを作ったとのこと。ストーリーボードは一種の記録管理のあり方ではないかと。
そんな新たな興味が沸いたパラオ訪問でした。

(2016年6月15日)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)