SOO スー わたなべ健責任編集(旧練馬のミドル) 

市民の力をここに。わたなべ健責任編集

わたなべ健責任編集(旧練馬のミドル)
私達の社会。私達が考える。私達が決める。市民の力をここに。
当事者意識"Sense Of Ownership"を呼び覚ませ。

【問い合わせ先】tsuyoshi0517watanabe♪jcom.home.ne.jp (♪を@に替えてください)
NEW !
テーマ:

個人的にはこういう本にこのタイミングで出会えることは有り難かった。

法政大学出版局からの出版だが内容は一橋大学大学院社会学研究科の研究成果集である。



編者まえがき

第一部 日本前近代史研究とアーカイブズ

第一章 訴訟からみた近世社会の特質-信濃国松代藩領を事例として…渡辺尚志

第二章 慶応期幕府奏者番における師弟関係と手留管理…吉川紗里矢

第三章 明治前期における「好古家」の新聞受容-埼玉県比企郡番匠村小室元長の交友関係を中心に…古畑侑亮

第二部 近現代の歴史研究・歴史教育とアーカイブズ

第四章 市民団体(市民アーカイブ多摩)における市民活動一次資料アーカイブズ化の取り組み-「懸樋哲夫旧蔵電磁波運動資料」の整理過程を事例に…長島祐基

第五章 1960年代の一橋大学における「大学の自治」論と教職員組合-史料整理から大学史における組合の位置づけを考える…伴野文亮

第六章 歴史教育における史料活用の可能性-柳条湖事件を描いた漫画を例にして…関原正裕

第三部 海外におけるアーカイブズと歴史研究

第七章 グアムにおける追悼・慰霊の空間-「想起の場」としての戦跡を考える…新井隆

第八章 キリー・キャンベルの収集活動から見る歴史意識の変容-南アフリカにおけるアーカイブズ構築の一事例…上林朋広

個人的に何が助かったかと言えば、「市民アーカイブ多摩」の取り組みについての論考を探していたからである。日本アーカイブズ学会2014年度の研究集会のテーマが「市民活動のアーカイブズ」であり、そこで藤沢市文書館の中村修氏が「市民アーカイブ多摩」の歴史を報告されており、その集会には僕も参加していたし、論考も読んだ。しかしもう少し特定の資料群の扱いや設立後の内部の活動についての具体的な情報を探していたのだ。長島祐基氏は昨年の日本アーカイブズ学会において正に本書の第四章の内容を発表しているが、僕も同日に別会場で発表があったために聞き逃していた。

第四章では、「懸樋資料」という特定の資料群が「市民アーカイブ多摩」に収蔵されるまでの経緯、整理するにあたっての問題点(1)一次資料の整理に関するノウハウ不足 2)予算と人員の確保)、実際の段階的な整理の状況が詳細に記述されている。

長島氏は基本的に国内文献のみを参照して論じているのだが、恐らく最も大枠に持っている問題意識としてはTerry CookTotal Archivesの考え方に近いのだろう。

 

「公文書の保存や公開は行政の(後代の)市民社会や市民に対する説明責任であるといった意見がある。他方で公害問題などは市民による告発が不可欠であり、「解決」に向かう過程で運動を行っている市民が政策決定過程にもかかわることになる。市民社会が曲がりなりにも発達して来た中にあって、市民活動資料を残すことは市民社会の、(後代の)市民社会や市民に対する説明責任としても捉えられるのではないだろうか」(P166)

 

その他の論考も興味深く読んだ。

第一章は、渡辺尚志氏本人も書いているが、安藤正人氏の『江戸時代の漁場争い』(1999、塙書房)を想起させる。

第七章は、南洋の戦場であるグアムにおける日米とチャモロとの関係を巡る記憶と記録についての論考である。「追悼・慰霊の空間」を「記憶のアーカイブ」とし、北村毅からの引用で「戦死者の「戦死後」のアーカイブである」と位置付けていることについては、アーカイブズ学的にはやや違和感があるが、パラオにおける戦争の記憶やパラオ人の西洋、日本に対する想いがどのように残されているのか、といったテーマに取組んでみたいと考えている僕には大いに刺激になった。

 

少々気になったのは第五章である。論文中に登場する「筆者」や「著者」が資料の作成者なのか論文執筆者本人なのか掴みにくいような表記ゆれをはじめとして突貫工事で作られた文章という印象を持った。さらに、「文字史料」と「モノ史料(「カセットテープや写真アルバム」)」の対比、「文書・モノ史料(「学内に建つ学長の像や肖像画など」)」の括りなどにもぶれを感じた。何より、大学アーカイブズの重要性が、大学が「レスポンシヴィリティを果たすため」という件、やはりここは「アカウンタビリティ」ではないだろうか。

 

とにかく、今年の4月、「市民活動の記録管理とアーカイブズ」という発表をしなければならない僕としては、第四章に出会えて本当に助かったのである。

 

(2017年2月24日)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

記憶や記録を如何に残し、伝えていくのか。

この問いに対する回答を様々な分野の専門家と市民がともに考え議論する場として僕が企画しているシリーズ。初回と2回目は戦争、3回目は生活と家族・児童養護施設、そして今回は福島をテーマに取り上げた。

 

関連記事:「練馬で聴く東京大空襲 ~世代を超えて伝えるべきもの~ を開催しました」

http://ameblo.jp/tsuyoshiwatanabe/entry-11961884043.html

 

関連記事:「ギャラリー古藤さんにて『未来に繋ぐ記憶と記録~戦争とアーカイブズ』と開催しました」

http://ameblo.jp/tsuyoshiwatanabe/entry-11992284589.html

 

関連記事:「生活と家族の記録を考える」

http://ameblo.jp/tsuyoshiwatanabe/entry-12118002880.html

 

僕の研究領域であるアーカイブズ学では、「一次資料」「文字資料」「公文書」といったものが研究対象となることが多い。しかし、「記憶や記録を残し、伝える」という観点から言えば、一次資料から得られた情報を加工した「二次・三次資料」、文字化されていない「語り」、そして役所には残されていない私たち一人ひとりの私的な記録が同じくらい重要ではないだろうか。そういった問題意識から、単にアーカイブズ学や資料学の研究者のみならず、歴史的出来事に遭遇した当事者や芸術家・演劇人の視点や作品を併せて市民の前に提示することで、より歴史的な出来事や社会問題の本質が浮き彫りにされるのではないか、と考えて企画を組むようになった。
 

2月18日(土)、練馬区江古田のギャラリー古藤におけるプログラムでは、僕がやや固い話の担当を請け負った。「原発事故調査委員会資料を知っていますか?」と題して、2011年3月11日以降、僕たちが「福島」から連想するキーワードの一つである「原発事故」に関する調査記録がどのように保存され利用できるのか(できないのか)を法整備の問題点を中心に説明した。東京都の都政改革で小池ゆりこ知事が取り組んでいることと通底する問題があることをお話しした。

 

 

福島県大熊町出身で、震災発災時には福島第一原発で仕事をしていた浅野秀蔵さんは、現在茨城県水戸市で避難生活を送っている。震災直後に、僕が顧問を務めるNPO法人日本リスクマネジャー&コンサルタント協会で知り合ったご縁で今回のイベントでの登壇をお願いした。原子力災害で住み慣れた土地に戻ることができない人たち、特に子どもたちの切ない想いと、他方、戻ることを想定できなくなっている高齢者を含めた大人たちの意識について臨場感のある語りを披露して頂いた。

 

(「積小為大の会」浅野秀蔵さん)

 

本イベントの目玉の一つだったのが、東京工芸大学准教授でアーティストの野口靖さんの作品展示だ。『核についてのいくつかの問い』というデジタルアートは、日本各地の食品中の放射性物質検査マップと日本・ベトナム・インドで実施したビデオインタビューを組み合わせた映像作品である。

放射性物質検査マップは、厚生労働省東京電力が公表してる約160万件のデータを可視化した大作で、客観的なデータが解りやすく市民の目の前に提示されていないことに疑問を感じた野口さんが自らその可視化を買って出た気概の成果だ。

作品の説明を受けた参加者からは、「こういう取り組みがもっと広く知られるべきだ」「食品中の放射性物質については何が正しいのか不安だったが、この作品を観て不安が軽減された」といったコメントが発せられていた。

 

(放射性物質検査マップ)

 

放射性物質検査マップ

http://foodradiation.org/map/

 

また、ビデオインタビューは、全てのキャプションが日本語と英語の併記になっており、「海外に正しい状況・情報が伝わっておらず、日本の食品に関する風評被害に繋がっているのではないか」という野口さんの問題意識が形になっている。

僕自身、この作品はこれまで数回目にしているが、アートとしても情報伝達媒体としても非常に存在意義の大きいものだと思うし、多くの人に知ってもらいたい。本イベントはそのために企画したと言っても過言ではないのだ。

 

(ビデオインタビュー)

 

「核についてのいくつかの問い」プロジェクトのドキュメントビデオ

https://vimeo.com/121926522

 

事実を記録した資料や作品のみならず、創作の世界からも登壇をお願いした。

練馬区江古田でスタジオを構え、プロの演劇集団として質の高い芝居を作り続けている劇団一の会。『長崎は明日も晴れだった』という作品を上演してもらった。11月に自分たちの本拠地であるワンズスタジオで上演されたものの再演をお願いしたのだが、3人のキャスト、せつ子さん、泉川萌生さん、児玉尚幸さんの気迫は衰えず、会場には感動の涙を流す参加者が大勢見受けられた。

 

(劇団一の会の熱演)

 

「福島」をテーマにしたイベントでなぜ「長崎」なのか。本作の演出を手掛けた一の会の熊谷ニーナさんとのトークではその種明かしもして頂いた。僕は、「核」という共通点を思い浮かべたのだが、それ以上に「タブーに挑戦できる演劇という表現方法、辛い経験をした人々に対しても普遍的なテーマはタブーにはならない」といった想い。震災の翌年、被災地でアンネフランクの話を演じた際に感じたとのこと。『長崎は~』では耶蘇教と言われたキリスト教に対する差別、タブーの問題も重要な要素として含まれている。福島に関しても放射能に関する風評被害やいじめが取り沙汰されており、そういった観点からも通じるものがあった。また、『長崎は明日も晴れだった』というタイトルに未来(「明日」)と過去(「だった」)が混在しているように、時間軸に対する思い入れも本作の特徴の一つだと思う。物語の舞台は1945年8月8日の長崎だ。そこで若い女性の妊娠(世代を繋ぐ象徴)が問題になる。市井の人たちが予想もしない大量殺戮兵器による暴力。時間の断絶-これは、東日本大震災という突然の自然災害によって日常生活が奪われた状況と重なるように思われるのだ。

 

(真ん中左から、泉川萌生さん、せつ子さん、児玉尚幸さん)

 

(熊谷ニーナさんとのトーク)

 

多くの登壇者、参加者に支えられた長い一日。

 

 

翌19日(日)は終日野口さんの『核についてのいくつかの問い』をギャラリーいっぱいに展示することができた。

 

 

本イベントに関わったすべての方々に心からお礼を申し上げます。ありがとうございました。

 

(2017年2月19日)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

1992年の改正都市計画法によって、各地方自治体は、「都市づくりの具体性のある将来ビジョンを確立し、個別具体の都市計画の指針として地区別の将来あるべき姿をより具体的に明示し、地域における都市づくりの課題とこれに対応した整備等の方針を明らかにする市町村のマスタープラン」を策定することとなった。僕が住んでいる東京都練馬区でも2001年に都市計画マスタープランが策定されている。その頃から活動してる幾つかの地域住民グループのメンバーが、2013年に区が主催した意見交換会後、自主的に集まって地域のまちづくりについて議論しているのが「都市計画マスタープラン自主懇談会」(通称、都市マス自主懇)である。
僕は知人を介して、2014年の春から参加し始めた。月1回の懇談会では、建築やまちづくりの専門家に混じって大いに勉強させてもらっている。

昨年の秋、メンバーから「都市マス自主懇で議論しているような官民協働の事例をいかに一般の区民に知ってもらうか」という問題提起が出され、それへの対処の一つとして僕が提案したのが、「都市マス自主懇の資料をアーカイブズ化する」ということだった。
「都市マス自主懇アーカイブズ」については、資料目録の作成から始め、現在進行中である。

そして、今回、都市マス自主懇のメンバーからの要望で、「市民活動のアーカイブズ」と「公文書管理」について懇談会で話をする機会を得た。
市民活動の記録は公文書だけではカバーしきれず、市民の市民による市民のための記録管理やアーカイブズが必要であるとの認識から、まず公文書管理の制度的問題点(特に練馬区を含む地方自治体には公文書管理条例も公文書館も設置されていないことが多いこと)を説明し、次に市民活動アーカイブズの先進事例を幾つか(立教大学共生社会研究センター市民アーカイブ多摩こうべまちづくりアーカイブプロジェクト)紹介した。
自主懇のメンバーからは、「資料の保存スペース問題を解決するためにはデジタルデータによるアーカイブズ化が有効ではないか」、「市民活動の中で生まれたオーラルヒストリーを行政が保存するようなことは難しいのだろうか」、「個人情報の取扱いが面倒になってきたので資料公開が難しくなっている」、「区立の図書館にアーカイブズを設置できないだろうか」、「そもそも記録を残していくとこんなにいいことがある、ということを示すことができれば賛同者が増えていくだろう」、「小池都知事がやろうとしている情報公開と公文書管理の繋がりがよく解った」といった活発な意見が出された。



(練馬駅近くの「みどりのまちづくりセンター」にて)

 

まちづくりに関心のある非常に当事者意識の高い市民であっても、「アーカイブズ」や「記録管理」には必ずしも馴染みがあるわけではない。僕には僕ができることでまちづくりの貢献していきたいと思うのである。
 

(2017年2月19日)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)