和而不同 わたなべ健責任編集 

社会との関わり、人と人との繋がり。営みを残し伝える。わたなべ健責任編集

わたなべ健責任編集(旧「練馬のミドル」「SOO」)
社会との関わり、人と人との繋がり。営みを残し伝える。

【問い合わせ先】tsuyoshi0517watanabe♪jcom.home.ne.jp (♪を@に替えてください)

テーマ:

2014年に、宮内庁編纂の『昭和天皇実録』が一般公開され、その後出版された。「実録」は、「一般に閲覧できない旧宮内省の内部史料を非公開のものまで含めて活用し、天皇の言動が詳細に記録され」たものであり、僕も相当の権威ある史料だと考えている。

 

しかし、著者の山田朗によれば、「天皇の戦争・戦闘に対する積極的発言とみなされるものは、極めて系統的に消されてしまっている」というではないか。

本書は、「実録」を読み解いた著者が、「昭和天皇の「正史」としての「実録」に何がどのような観点で残され、そして何があえて消されたのかを」、「戦後70年以上を経過した時点での<戦争の記憶>の<公的な継承>お到達点と問題点(欠落点)」を明らかにする上で検証した業績である。

 

 

はじめに-「昭和天皇実録」に残されたこと・消されたこと

第Ⅰ部 大元帥としての天皇-軍事から見た「昭和天皇実録」の特徴
第一章 国務と統帥の統合者としての昭和天皇

1 国策決定のための御前会議

2 軍事戦時決定のための大本営会議

3 戦況奏上の様相

第二章 軍事と政治・儀式のはざま

1 天皇と観兵式

2 天皇と陸軍特別大演習

3 天皇と海軍特別大演習

第Ⅱ部 昭和天皇の戦争-即位から敗戦まで

第三章 軍部独走への批判から容認へ-満州事変

1 張作霖爆殺と田中義一内閣総辞職

2 満州事変と国際連盟脱退

3 二・二六事件

第四章 戦争指導・作戦指導の確立-日中戦争

1 日中全面戦争の始まりと御前会議開催論

2 軍部人事への天皇の介入

3 日中戦争泥沼化への対応-張鼓峰事件宜昌作戦

第五章 アジアとの戦争/欧米との戦争-南進と開戦

1 武力南進路線

2 対英米戦への躊躇

3 対英米開戦論への傾斜

4 緒戦の勝利

第六章 悪化する戦況と「国体護持」-戦争指導と敗戦

1 昭和天皇の戦争指導① ガダルカナル攻防戦

2 昭和天皇の戦争指導② 天皇の決戦要求

3 戦況の悪化-天皇と軍事情報

4 「終戦」の「聖断」

おわりに

 

著者は、「実録」から消されているものを次々に指摘する。例えば、

 

・1941年、現在のマレーシア・シンガポール・インドネシアの各国にあたる領域を「帝国領土ト決定シ」た御前会議の決定について、記述していない。

・1942年、天皇が作戦指導の主導性を発揮した(ガダルカナル島への陸軍航空部隊の派遣)参謀総長とのやり取りと翌日の陸軍統帥部の決定について全く記述していない。

・1943年、アッツ島「玉砕」を契機にして、統帥部に対して強い口調で「決戦」を要求するようになる天皇の言動は全く記録されていない。

 

といったものだ。

そして、昭和天皇について「過度に「平和主義者」のイメージを残したこと、戦争・作戦への積極的な取り組みについては一次資料が存在し、それを「実録」編纂者が確認しているにもかかわらず、そのほとんどが消されたことは、大きな問題を残した」と総括する。

 

僕は「実録」が権威ある史料であると考えていると述べた。著者も「その史料的価値は相当に高い」と一定の評価はしている。

その一方で、「御前会議の叙述に関していえば、従来、明らかになっていること以上のものはほとんどない」などと厳しく切り捨てるところもあり、それは、「御前会議については、すべての決定事項の原資料を掲載すべきだった」のに、それをしなかった、記録が一様ではない、ことに大きな要因があると考えているようだ。

 

「実録」は唯一の「正史」ではなく、数ある史料のうちの一つとして読むべきということだろう。公文書には権威はあれど、必ずしも史実を正確に詳細に語っているとは限らない。その価値は民間史料との合わせ技で生きるものだ。トータル・アーカイブズ。

 

なお、本書では、「当初は現地軍の拡大に消極的でも、実際に戦闘が起き戦略的価値があると見るや積極的作戦を促す」、「統帥部のような強引なやり方は困るが、結果として領土・勢力圏の拡大することは容認する」という「昭和天皇の戦略判断」が繰り返し指摘されているが、これは当時の状況を鑑みるに、昭和天皇でなくともそうならざるを得なかったと考えることはできないだろうか。言わば、極めて「あり得る」戦略判断であったと。逆に、あの時代に「消極的」で「強引さを嫌う」ところがあったと裏付けられているのであれば、少なくとも平和主義的志向の持ち主であったという評価はさほど妥当性に欠けるとは思われない(もちろん、著者は昭和天皇が好戦的な戦争指導者であったと結論付けているわけではない。過度に平和主義者だったというイメージは正しくないのではないか、という問題提起を行っているに過ぎない。また、天皇の戦争責任については全く別の議論が必要だろうし、著者もあえてそこには触れていない)。

 

本当は、「実録」を自分で読めば、また違った見解を持つことができるのだろうが…。

 

(2017年7月22日)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

堺アルフォンス・ミュシャ館は、堺市立文化館の別名である。同市所縁の実業家、土居君雄(1926-1990。カメラのドイの創業者)から寄贈されたミュシャ・コレクションが所蔵されているのだ。

先に東京の国立新美術館で開催されたミュシャ展の出展作品のうち、実に半数近くが同館の所蔵であった(残り半数がプラハ市立美術館から)。

 

関連記事:「ミュシャ展 @国立新美術館」

http://ameblo.jp/tsuyoshiwatanabe/entry-12274725074.html


というわけで、ミュシャ展開催期間に合わせてリニューアル工事を行っていた同館が、7月から営業を再開した。その最初の企画展が、「あこがれ」である。同企画展では、ミュシャに魅せられた彼と同時代のポスター作家たち、日本でいち早くミュシャを紹介した雑誌『明星』の関係者、とりわけ堺市に所縁のある与謝野晶子、そして土居君雄等と関係の深い作品が展示されている。もちろん、ミュシャ展に貸し出されていた作品も少なからず出展されている。


 

ミュシャは女性をモチーフにした絵が多い。不思議なことに何度か観るうちに情が湧いてきたというか、段々その女性画が好きになってきた。恐らく、ミュシャの性格そのままに子供っぽさに加えどこか恥じらいがあって、時に女神的だ。そして写実的に描かれている。

僕が今のところ最も好きなのは、ミュシャの娘、ヤロスラヴァをモデルにした少女。「スラヴ叙事詩」展のポスター、そのもとである「スラブ菩提樹の下でおこなわれるオムラジナ会の誓い」で描かれている少女である。その他、すっとして比較的細身の女性が知性的でいい。ミュシャの描く女性は総じて、男の人生を狂わせるようなタイプではない。

 

本企画展の説明書きで触れられていたが、19世紀末から20世紀初頭はパリ、ウィーンンでフロイトが精神分析を広めていた頃、贅沢と退廃が大きな不安のうねりとなって上流階級を苛んでいた時代である。そんな時代に、ミュシャの女性画やアール・ヌーボーは現実逃避の対象としても人気を博したのだろう。

 

それにしても、こんな贅沢なコレクションをいつでも観ることができる堺市民が羨ましい。


 

(2017年7月22日)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

僕が監事を務める日本アーカイブズ学会の新しい会誌が届いた。

 

 

論文

情報公開法施行前の国立大学における文書管理規程と文書移管-東京大学を事例に- … 加藤諭

研究ノート

ポズナーの『日本のアーカイブズ施設とレコードの集積の仮リスト』-「ウォーナーのリスト」との関係ー … 筒井弥生

動向

国際アーカイブズ評議会(ICA)2016年ソウル大会参加記 … 金甫榮

千葉県文書館収蔵公文書の廃棄・移動をめぐる問題に関する報告 … 宮間純一

「学会登録アーキビスト制度に関するアンケート」実施報告 … 倉方慶明

日本アーカイブズ学会2016年度第1回研究集会「いま再び学会資格制度を考える~学会登録アーキビスト制度に関するアンケート結果報告会~」に参加して … 小澤梓

書評

白井哲哉須田努(編)『地域の記録と記憶を問い直す-武州山の根地域の一九世紀-』 … 冨善一敏

井上幸治『古代中世の文書管理と官人』 … 西村慎太郎

紹介

学校・施設アーカイブズ研究会(編)『学校・施設アーカイブズ入門』 … 和崎光太郎

天野真志『よみがえるふるさとの歴史11 記憶が歴史資料になるとき 遠藤家文書と歴史資料保全』 … 高増慧

東京都公文書館(編)『延遼館の時代-明治ニッポンおもてなし事始め』 … 宮間純一

 

当学会の2017年度大会の際、宮間氏の小論にある千葉県文書館収蔵公文書の廃棄・移動問題について、僕なりに問題意識を新たにし、

 

「果たして学会が矛先を向けるべきは本当に自治体公文書館(だけ)でいいのだろうか。そこには、主権者、潜在的ユーザーの無知、無自覚の問題があり、それが酷だと言うのであれば、かかる状況を許している専門家団体にこそ、大きな罪があるように思われてならない」

 

とこのブログに書いた。そして、次号(つまり本号)の学会誌でより詳細な報告がなされるということで楽しみにしていた。

 

関連記事:「日本アーカイブズ学会2017年度大会が終了」

http://ameblo.jp/tsuyoshiwatanabe/entry-12268311656.html

 

宮間氏の小論によって、本件の経緯は克明に明らかになり大変興味深く読んだ。宮間氏を始め、本件に関わった関係者の方々に心から敬意を表したい。他方、いみじくも宮間氏自身が指摘している疑問は残った。即ち、

 

「記者会見あるいはこの一件をめぐる報道では、「なぜ誤廃棄が起きたのか」「戦争関係文書を廃棄した」という問題ばかりがクローズアップされ、その基盤となる公文書管理体制や歴史的資源の保存・活用、専門職の養成・役割といった根本的な議論はほとんどなされなかった。これは、日本において"アーカイブズ"や"公文書管理"という言葉は浸透しつつあるものの、いまだに一般社会では本質的には理解されていないことを表している」

 

という点である。「根本的な議論」を提起すべきは誰か?ということであり、「本質的には理解されていない」のはなぜか?ということだ。

 

宮間氏は、「こうした問題について研究者の立場から議論し、社会に対して発信する場を積極的に設けていきたいと考えている。わたしたちにはその責任がある」としている。全く異論ない。今までにも学会という場を使ってかかる課題を議論しようという動きが無かったわけではない。それを実現することができなかったのは、当学会を含めた関連諸団体自体の判断に拠る。歴史は繰り返すのか、今度こそ新たな局面に踏み出すのか。

 

もう一点、法制度の問題について。宮間氏は、「公文書管理法の制定により、一見全国の自治体の公文書管理に関する条例・規則等の整備が前進しているかのように見える」とするが、これにはほとんど賛同できない。そもそも公文書管理法自体が既に賞味期限切れ状態だ。最近成立した東京都藤沢市の公文書管理条例を見れば行政の無理解、或いは確信犯的な旧態依然体質に愕然とする。

 

僕はこの国におけるアーキビスト(或いはレコード・マネジャー)という専門職の普及について、正直、かなり悲観的だ。それはアーカイブズ学関係者において、「第一世代」と言われる先達からバトンを受け継いだ後継世代に社会的ニーズに立脚した自己分析、自己評価の意識が極めて希薄であることに起因する。

学会登録アーキビスト制度に関するアンケートは貴重なデータだ。しかし、それを当学会自身がどのように分析し、評価したのか。

要はそういうことである。

 

(2017年7月15日)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)