好きなことを仕事にしたい人が
会社を辞める前にしておくべきこと。



僕は会社員でした。




ヨガと出会い、

インストラクターの資格をとり、


身近な人に教えたりする機会を与えてもらえるようになり

勉強を続けながら

教えることを少しずつ続けていました。



そして



地震がきっかけで仕事をやめ

他県に引っ越すことになった時、

ヨガで食べていきたいと思い、


バイトをしながらヨガ講師として

活動を始めました。






しかし





ヨガで食べていくと決めたハズなのに、

なかなか稼げない。






それに伴って


ある思いも大きくなっているのに気付きました。




「自分がヨガを伝えていいのか?」



ってずっと思いながら

ヨガに向き合っていた時期が長かったです。





インドの古代からの知恵を

または長年偉大なるヨギーの先輩方が

培ってきた

「ヨガ」という

深い深い深〜い教えを




たかだかヨガ歴何年くらいの僕が

人に伝えていいのか。

僕がしくじって

誰かのヨガのイメージや

壊したらどうしよう。








って。







馬鹿でした。笑

何言ってんだろ。



自分の影響力どれだけだと思ってるんだ??

何様だ??


勝手にプレッシャーをかけて
「ヨガ」を勝手に背負っていた僕。






そんな気持ちでお伝えしていたことに

みなさんごめんなさい。

ヨガの神様ごめんなさい。

自分自身、ごめんなさい。









この程度で

このレベルで

知名度がない

経験も知識もまだまだ少ない




向いてないんじゃないかと
自己否定をしていたり



自信がないからと、
動きがとれない時期が
結構長かったのです。







それなのに

何だかわからないプライドとか

理学療法士だからもっと科学的にとか

ヨガを教える人間はこうあるべきとか



「完璧なヨガの先生像」


という名の幻を創り出し


自分ではない誰か他のすごい先生のように


カッコをつけようとする自分がいるから





タチが悪い。




思考のクセが強い!!笑。






これは「ヨガ」の本質じゃない。







ヨガとは




自分の弱さも

自分の卑屈さも

エゴも

嫌いなところも

醜いところも






今この現在の”ありのまま”を

認めることではなかったのか😭









よく考えたら


ヨガの父・聖パタンジャリが



ヨガの聖典『ヨーガ・スートラ』の

一番初めの方で言ってるじゃないか!!


{0308EB17-77EB-477E-B969-2B07AAD358AC}聖パタンジャリ



योगश्चित्तवृत्तिनिरोध
yogaś-citta-vṛtti-nirodhaḥ

ヨーガシュ チッタ ヴリッティ ニローダハ

「ヨーガとは、心の働きを止滅することである。」


※ 心のことをサンスクリット語で

「チッタ」といいますが、

”心”  って日本語ですごく定義の範囲が広いです。

また、ヨガ哲学の中で心は3つの要素があります。
(ここでは割愛)

色々な人の解釈があるので、

僕の場合は「思考」と訳すると

理解しやすかったので今回それを選びました。








要するに


思考を止めて
今この瞬間を感じること。





思い込みを捨てて
ありのままの自分を、
そして世界を観察すること。





その中から心地よさを見つけ

自分の本質に還ること。








しかし






頭で考えて
損得勘定で
利益目的で




ヨガと向かい合っていた


自分と向かい合っていた


もちろん自分以外とも向かい合っていた










ヨガと出会った時の


純粋なワクワクとか

純粋な情熱とか




忘れかけてた!!







「ここまでできたから 人に伝える」

「ここまで勉強したから、このレベルまでいったから問題なくできる」

「自信がついてから 堂々と教えていい」



ってのを、永延とやっていました。








これが「エゴ」。






そのエゴは自分の中から出てきたものなので

まずはまるごと認める。



これが僕のクセであって

僕そのものなんだから。






現実を ”ただただ” 観る。


ヨーガシュ・チッタ・ヴリッティ・ニローダハ。







良いも悪いもなく
〇〇だからすごいとか
〇〇だからダメだとか
知名度がどうとか人気がどうとか
影響力がどうとか、実力がどうとか




一切のジャッジをしない。
ただ、今の現実を明らめる。





すると今の自分の現在地が見える。



(ヨガマットの上でのアーサナの練習と本当に同じなんですよね)


絶望する。




自分の思い込みのフィルターをはずして


自分の本質を見つけていく作業。




そして


あるところまで落ちると

そう、

「落ち着く」。

なんか仕方ないやって。


落ちるとこまで落ちたら
落ち着いて、ホッとする。





そうしたらふと、

やっぱりヨガを伝えたい

って情熱が溢れ出てきた。













ヨガはやはり偉大なり。

です。




自分の思考を入れないで

現実を観察してみて

そこで初めて

本当の意味で

やっと100%
決めることができたのです。


そう、
自分の”在り方”を決めることが。


そしたら自分の発するエネルギーが
変わったのがわかりました。 

(自己否定自己受容になった感じでしょうか。)






怖さや恥や自信のない自分を認めて

ただ愚直に、

ヨガを必要とする人に伝えて
(僕の場合はヨガでした)

ワクワクで生きる情熱を

いろんな人と一緒に味わう。





そして、

ヨガでお金を
たくさん稼ぐ。









以上。



ありがとうございました。
AD

リブログ(1)

  • なかなか変われない自分を、現実的に変えるために絶対に必要なこと。

    ハピビジプロジェクトの皆さんと日々ミーティングが続いていてなんとも大興奮な毎日ですそして、開始4日目ですが皆さんの変化が著しい(もちろんそれぞれに必要なことが起きているだけなので、早い遅いとかではないですよ)自分の好きなことが分からなかったりエネルギーを注げるものがなかった時は朝起きるのも10時過ぎ…

    まつむらゆか

    2017-05-18 09:08:13

リブログ一覧を見る