1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2007-01-13

『007/カジノ・ロワイヤル』

テーマ:映画について

007

2006年 アメリカ/イギリス  
原題:CASINO ROYALE  
監督:マーティン・キャンベル
原作:イアン・フレミング
脚本:ニール・パーヴィス  
キャスト:ダニエル・クレイグ、エヴァ・グリーン、マッツ・ミケルセン、ジュディ・デンチ、ジェフリー・ライト、ジャンカルロ・ジャンニーニ


最後の条件である2件の殺害を実行し“00(ダブル・オー)”の称号を得たジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)。

彼の最初の任務は、世界中のテロリストを資金面で支える男、ル・シッフル(マッツ・ミケルセン)の資金を絶つことだった。天才的に数字に強いル・シッフルは、依頼者(テロリスト)から資金を預かり、カジノで勝負し勝ち続け、莫大な額に変えていく。彼がモンテネグロの“カジノ・ロワイヤル”で大勝負に出るとの情報を得たジェームズは、英国政府から用意された資金で、ル・シッフルとの勝負を試みる。


久々にやってしまいました、リピーターを。

一回目に映画館に行った際、これ絶対もう一度くらいは観に来るだろうなぁ私・・・と思いましたがね、案の定です。

だって、もうもう手がつけられないほどのかっこよさでしてね。

DVD、はやくでないかなぁと、久々に思いました(←この人、購入する気満々のようです)



【以下、徹底的にネタばれています。

また、テンションが妙に上がっている関係上、無駄にアツい記事となっています。ぜひご注意ください。】






オープニングからして既にかっこいくて困りました。
曲もいいし、映像もいい。センスがね。なんて言いますか・・・、ああもう、これから今から”007”を観るのだよねぇ私は、って感じにさせてくれる、そんな感じ(え?)どっかに飛ばされてしまうような、そんな感じ(ますますワカラナイ・・・)。
そのオープニングのラストで、ジェームズの顔が超どアップになるわけですが、これ、実に困りますね。そんなにアップになられたら、どこをみればいいのです?という疑問がかなり沸き起こりました。いや、普通にかっこいいジェームズの顔を隅から隅まで見て堪能すればいいだけなんですけれども。

ええっと、まずは言っておこう。


色っぽすぎだから、ジェームズ。


まずは最初の追いかけっこシーン、うーん、いい。
爆弾の犯人をジェームズが追いかけるシーンなんですが、この犯人がまた半端ではない逃げっぷりで、その逃げ方はもう芸術的というか、そんな感じの美しい逃げっぷりなわけなのです。

速い。実に速い。まじで速い。

で、その犯人を追いかけるジェームズもまた、しんでしまうほどの追いかけっぷりで、こちらも見事。犯人は、きっと逃げ足の速さで今まで誰かに負けたことはないと、本人も思っていると思うのですが、そんな彼を圧倒的なしつこさで追いかけるジェームズに、「は?ちょっとまだ追いかけて来るんですか、あんた(驚愕)!?」という感じでしたね、この犯人の人。

あのシーン、ほんとにきもちよかったなぁ。

あと、追いかける途中で、ジェームズがブルドーザー(ですよね?)に乗って、目の前にあるすべての物を片っ端から壊しながら追いかけるところがあるんですが、この”ブルドーザーに乗るボンド”というのは、”007”シリーズのお約束なのだろうか?確か、ピピアーズのボンドでも、ブルドーザーに乗るシーンがあったのですが、どうなのでしょう。

いずれにしても、大きなブルドーザーに乗って前にある物を壊しまくって運転する(非常に迷惑な)時の顔と愛車を運転するときの顔が同じというのは、大変にいいと思いました。


今回、”M”のプライベートな部分も垣間見えました。

あの方は、すごくすてきだなぁ、やっぱり。

彼女、私が口癖のようにいう、「色っぽい」と言うカテゴリに入る気がするのですよね。
大変な色気があると思うのです。なんていうか、人間的なえろさがある、そんなかんじ。

色でいうと、銀色みたいな。そんなえろさ。色で言わなくていいんですがね。

物体でいうと、表面は固くて冷たいのだけれど、中身は柔らかくて、だけどもその日、感触は無いというか。そんなえろさ。物体で言(ry

あ、夜中、寝ている”M”の寝室に部下から電話が入るシーンがあるんですが、”M”ダブルベッドに寝ていて、ちょっと焦りました(なぜアセる?)そして横には、ダーリンらしき人物が眠っているわけですよね。一回目観たとき、このダーリンらしき人物(いや、確実にダーリンでしょうけれども)がとても若い男性に見えて、「え?”M”って若い男性・・・ですか?そっち方面ですか(黙れ)?」と思ったのですが、それはそれでますます”M”かっこいいと思うのですが、2回目みたら、どうも割と年輩の方のようでした。”M”と同じ歳くらいの。

いや、でもさ、”M”のめくるめくプライベートをみて、なんだか「あの・・・、み、みてもいいのでしょうか?」と問わずにはいられませんでした(誰に?)。どきどき。まあ、どちらにしても旦那さんがいる”M”、まじでいい。



エヴァ・グリーン、可愛かったなぁ。

『ルパン』のときより、もっとずっと美しい女性になっていて、妖艶さも伴っちゃっていて、うっとりと。
「”美貌”を武器にするわけではないけれど、ともすれば、それをも武器にしますよ?だって持っているものだからね」という感じの女性。うわ、すてき。

この彼女、最後、案の定、ボンドを裏切るんですが、そのシーンが非情に哀しかった。

エレベーター(旧式の、籠のようなあれ)に閉じこめられたまま、水中に落ちていってしまうのですよね。

彼女の裏切りに気づいても尚、それでも彼女を助けるべく、ジェームズは水中へと潜っていく。

彼女の乗ったエレベータに追いついて、水圧で飽かない扉を開けようと必死なジェームズ。でも、彼女はわざと、内側から鍵をかけ、水に沈んで自ら死を選んじゃうわけです。そのね、「助けないでいいから。ジェームズ、私にはその価値がないから」というね、彼女の罪悪感の大きさが、哀しかったですな。

そして、そんな彼女の気持ちやら何やらをすべて理解しているけれど、それでも助けようとして、助けられなかったジェームズが、もっと哀しかったですね。

カジノシーンは、最強でした。すごくて。

まず、今回の悪役であるル・シッフル。なんですか、彼は。大丈夫なんですかね、いろいろと。なんか、もう、

無制限に色っぽいんですけども(逆ギレ)

エロスがカードゲームやっていましたよ(はい?)

ジェームズvsル・シッフル。この2人のゲームっぷりが大変にぐっと来ました。

頭脳と頭脳の闘い、はったりとはったり、眸と眸・・・、ぎゃ。

カードゲームという名の殺し合いみたいなね、そんなかんじ。

結果的に、ル・シッフルはジェームズに敗れるんですが、敗れたときの彼の悔しがり方が、これもまた殺人てきに色っぽくて、たいへんたいへんお巡りさん呼ばないとと思った次第。

そう言えば、このカジノシーンですが、このゲームは、ジェームズとル・シッフルを含め、その他腕に覚えがある人たち計10名で行われていまして、時間も大変に長丁場なんですね。なので、4時間ゲームをしたら1時間休憩という具合に、途中休憩が何度か入るのですが、この休憩のたびにジェームズは、襲ってくる悪い人たちをころしたり、毒を盛られて死にかけたり、泣いている彼女を慰めるためにずぶ濡れたりと、実に忙しくて、うわこのひと休憩ないじゃないですかと、こっそりと同情、こっそりと笑い。

でも、そんな風に休憩の度に、いろいろな事に巻き込まれながら、普通にまたゲームに戻ってくるジェームズ、いや彼はやはりすごいですな。


でも、単純な拷問は痛いよ・・・(泣)

ちぇき。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-12-17

『プラダを着た悪魔』

テーマ:映画について

 
pr2


2006年 アメリカ  
原題:THE DEVIL WEARS PRADA  
監督:デヴィッド・フランケル
原作:ローレン・ワイズバーガー
脚本:アライン・ブロッシュ・マッケンナ  
キャスト:メリル・ストリープ、アン・ハサウェイ、エミリー・ブラント、スタンリー・トゥッチ、エイドリアン・グレニアー

大学を卒業したアンディ(アン・ハサウェイ)はジャーナリストになることを目指してニューヨークに来る。彼女はその夢を叶える第一歩のためにと、まずは一流ファッション誌の編集長ミランダ・プリーストリー(メリル・ストリープ)のアシスタントの仕事に就く。
しかしこの仕事は、アンディの想像以上に大変なもので、ファッションに興味のない彼女にとって全くの別世界であったし、また上司であるミランダの昼夜を問わないたくさんの命令に対処しなくてはならないことなど、彼女の私生活をも侵略するほど。仕事に振り回される彼女の周りも徐々に変わり始めていくのだった。



【ネタバレありです】




大学を出たばかりの女の子アンディが、ファッション界のカリスマ的存在である上司のもとで働くのですが・・・。

この上司、ほんとに大変な命令を毎回してくるわけです。アンディは、そんな上司の命令をなんとか為し遂げようと必死にがんばる。

嵐の中、飛行機がすべて欠便になったとき、それでもなんとか飛行機を飛ぶように手配しろって命令をうけて、でも悪天候の所為で万策尽きたとき、軍に依頼する方法までがあらわれたときには、大変にわらった。カリスマの為についに米軍まで登場かよwwwというかんじで。


仕事に振り回されるアンディは、彼氏との関係も当然ギクシャクしてきまして。一緒に居る時間がどんどん減って、何なく心も離れていっちゃうわけです。

ある時、ついに彼と別れる話になってしまうのですが、この時の彼がかっこよかった。この彼、決して彼女の仕事に嫉妬しているとか、自分が置いていかれるんじゃないか・・・とか、そういった、言ってみればヒステリックなかんじで別れようとしているのではないのですよね。ただ、自分と今現在のアンディとでは価値観が違っているから、それはどうしようもないから別れようというわけです。

自分の生き方がとっても大切だから、無理に価値観を合わせようとすべきでない。だから、ここでさようなら・・・というね、その辺のドライっぽいところが、なんだか男前だなぁと思ったりしました。自分は、自分以上でも以下でもない、というそんな感じの生き様が、いいなと。


アン・ハザウェイ、可愛いですね。でも、声のトーンがけっこう低めで、それもまたよかったですwわたし的に。

『ブロークバック~』の時とはなんだか大分印象が変わったような気がしましたよ・・・。

あ、でも、今回でも『ブロークバック~』でも思いましたが、演技がクドくなくて上手いなぁと思うです。

アンディは、仕事にどんどんのめり込んでいっちゃいますが、その為にデートをキャンセルとか友達との約束をキャンセルとかを繰り返すわけです。で、そのたびに言い訳として、「仕事だから仕方なかった」っていうんですよね。あくまで、私の意志ではなく”仕事”の所為なんだと。

その、言い訳じみたところを彼にも指摘されていましたしね、観ているこちらも「でもさ、結局は自分の選択なの、かな・・・」と思ってしまうんですが、でも最後の最後に、彼女自分の意志で今の仕事を辞めようと決断するんですよね。

カリスマの上司からの連絡がひっきりなしにかかってくる携帯を、海に投げ捨てちゃう。そのシーン、すごくいい、と思いました。


ファッション界のカリスマなミランダ(悪魔)に、ちとぐっときたですよ。

彼女、ファッションのことには勿論、いろんなことに妥協を許さず、周りに無理なことばかりいって、それでも自分の意見をおしとおすんでよね。反面、当然彼女にも私生活というのはあるわけで、鬼とか言われても心の中ではそれは泣いちゃうときもあれば弱い面も持っていたりなんかして。でも、そんな自分の内側の部分はけっしてオモテには出さないわけです。

彼女、誰もがワタシに憧れているわと言い切るんですよね。たとえ、私生活がごたごたしていても、もう、こんなカリスマだなんて言われる立場にうんざりだとしても、みんなはワタシに憧れているのよ。だからわたしはワタシを作り上げて、そして生きていく。なにか文句、ある?寂しそう。バカ言わないで、これがワタシ。最高の人生よ。みたいなね、そんなことを言うシーンがあるんですがね、その時の彼女のちょいと無理している感じがえらくかっこよかったと思うのです。



ぎゃぅ、痛いぃ・・・。
ちぇき。



久々の感想で書き方を忘れて、以前よりも纏まらないままに・・・(泣笑)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-11-22

お名前

テーマ:映画について

会社の近所に、まっ白な犬がいるんですが、すごくすごくかわいいのです。

そのこの近くを通るたびに、「シロちゃん♪」て声をかけるんですがね、あまりこっちを向いてくれないのですよ、ちぇ。

なんですかね、「シロさん」て呼ばないといけないんですかね、もしかして。

ていうか、そもそも、「シロ」じゃないんですかね。

さてと、明日はいろいろと片づけなければ。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-11-08

納得

テーマ:映画について

そうか、やっぱりそうだったか・・・。

『シン・シティ』のあの、眼鏡を掛けた”たべる”青年役は、指輪のふろどだったわけですね。

いや、どう考えてもあの顔の感じとか体つきとか、そうにちがいないと思っていたのですが、あまりにもあまりな役だった所為で、

いやヤツはふろどだ、いやそんなはずはない、の間で揺れていましたよ。

解ってよかったw

なんだか半径1めーとる居ないに一日中あらゆることに苦情を申し立てている人がいる生活というのは、けっこう心がいたいですな。

何事も、過ぎるのはどうかと思うのですよ。

ご利用は計画的にってはなしですよ。

・・・とうっかり苦情を申し立てる、私(大汗)

いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-11-01

どっぷり

テーマ:映画について

『カポーティ』を観てきました。

私がよく行く映画館では、今日で上映が終了だったようです、よかった間にあって。

予告観たときに、かなり気になっていたのですが、いろいろなイミでw、いや映画の始まりからどっぷり浸ってしまうのって、久々だったかもしれないです。

感想もどきはまた改めるとして、カポーティ役の役者さん、すごかった(涙)

えっと、たしか本物の映像が残っていて、それをみて、彼のしゃべり方とか仕草とか表情とかを研究してのでしたっけ?

迫真の演技なんてものではなく、カポーティ役の役者さんがカポーティなんじゃないの、という感じだったです。

それにしてもさ、しゃべり方がものすごくお子ちゃまちっく(実在の本人がそうだったらしいですけども)で「おっと・汗」と思ったのですが、尚かつ動きとかもいろいろと「おっと・・・汗」と思ったのですが、だんだんと可愛く見えてくるわけです。

人間の魅力のすごさをみた感じがしたようなしないような(いや、した)


私信:(もしご覧になっていましたら)某さま、やはり屋根の付き方は中途半端かも知れません、あの映画館はww今日、歩きながら、ついニヤリとしてしまいましたwww

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

メロメロパーク

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。