四万温泉つるやのスタッフブログ

群馬県四万温泉「鹿覗キセキノ湯 つるや」のスタッフブログです。


テーマ:
こんばんは、黒之助です。

最近わたくし、「湯たんぽ」を夜のお供にして寝ております。
足元の冷えがなんとまあ辛いこと辛いこと……
堪らず実家で愛用していた湯たんぽを連れて帰ってきたのです。

底冷えの晩にはどうぞひとつ「湯たんぽ」に纏わる雑学にお付き合いくださいまし。
「湯たんぽ」は漢字で書くと「湯湯婆」となるのですが(あ、ちなみに「湯婆婆」と書くとジ○リ映画の某魔女になります)、なにゆえ「婆」なのでしょう?
「婆」という字は、日本語ですと「年老いた女性」の意味ですが、面白いことに中国語では「妻」という意味を持ちます。
ん~漢字の意味がわかったところで、「湯たんぽ」とは何ら結び付きません。

では別の角度から話を進めましょう。
これは男性の皆様にお伺いいたします。
寒い寒い夜のお供には何が欲しいですか?
熱燗?いいですね~身体を内から温めつつほろりと。
ウィスキーのお湯割り?たまらんですなあ。
ホットワイン?うむうむ。
う~む……




……人肌恋しくなりません?笑
寒い寒い夜、隣に妻のぬくもりを感じられたら……。
はい、実は「湯たんぽ」とは妻の代わりのようです。だから「湯湯婆」。
「湯婆婆」ではありません、間違っても湯婆婆を抱いて寝てはいけません。
妻のぬくもりを求めて、お湯を入れた容器を抱いて眠るなんて、ああ涙ぐましい……!!


雑談にお付き合い下さいましてありがとうございました。
先日静岡からいらっしゃったお客様より、早くも桜の知らせを聞きました。
やれ湯たんぽだのやれ人肌だのと騒いでるどこぞの誰かはさておき、
しっかりと春はぬくもりを運んで来てくれるんですね。

日本の四季は魅力的ですが、何よりそれを愛でる日本人の感性が素晴らしいと思います。
愛で方が上手と言いますか。

四万の冬はまだまだ長いです。
でも冬だからこその味わいもあります。
雪見風呂だってそのひとつ。
トンネルをひとつくぐるごとに深くなる四万の雪景色を楽しみつつ、どうぞ安全運転でお越しくださいませ。




黒之助
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

tsuruyastaffさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。