千葉県柏市の不動産屋のブログ - 「不定点観測」

こんにちは。有限会社竹之内建設の鶴岡です。
50歳の営業マンが、日常や業務について綴ります。

柏市・松戸市・我孫子市・流山市・野田市の
不動産売買はお任せください!

【有限会社竹之内建設】
千葉県柏市西原2-6-35
TEL.04-7156-0770


テーマ:

昨日J1が開幕。

そして今日はJ2の開幕と、三浦選手の誕生日。

50歳。先発したようですね。

素晴らしいです。

 

 

 

同時代を生きてきて、

ブラジルからの凱旋からの活躍も、

「ドーハ」やフランス前の落選も

見てきました。

個人的にはクロアチアから帰って

きたあとにプレーも言動もグッと

円熟味が増したように見えた

カズが好きでした。

 

フォトブックでも『Number』でも、

ザグレブでのゴラン・ユーリッチとの

出会いが大きな転機だったと

語っていて、腑に落ちました。

 

私は彼のひとつ歳上になります。

きちんとトレーニングすれば

死ぬまで筋肉はつくという、彼の

トレーナーのコメントに励まされました。

 

全裸を背後から撮影した一枚が

フォトブックに載っていますが、

やっぱり、いいケツしてる笑

マシントレーニングとランニングだけ

ではこうはいかないと思いました。

いまさらスプリント系の練習は

無理ですが。

 

三浦選手の文章は難しい単語は使わず、

スピードに乗ったドリブルのように

とてもリズミカルです。

日経新聞の隔週連載を楽しみにしています。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

巻末の略年譜を読むと、その「主な作品」の

7割がたは今でもそらで歌える。

 

 

小学生のころ、日曜日は「ミユキ野球教室」→

「君こそスターだ!」→「スター誕生!」→

「NHKのど自慢」か「クイズ ドレミファドン」→

「新婚さんいらっしゃい」→「TVジョッキー」を観る、

というのが昼過ぎまでのお決まりだった。

 

特に「スター誕生!」は、欽ちゃんの司会の

温かさと、審査員の面々の辛辣さのギャップが

大きく、「欽ちゃんはやさしいなあ」と子供心に

思っていた。

 

そこから、山口百恵や伊藤咲子や

岩﨑宏美や新沼謙治やピンクレディが

デビューし、文字通りスターになって

ゆく。

 

挑戦者だったステージ上の彼らを

険しい表情で睨み付け、

特に厳しいコメントをぶつけている

印象があったのが阿久悠さん。

彼が当の番組の企画者だなどと、

田舎の小学生は知る由もなかった。

 

阿久さんは昭和56年(1981年)1月から

平成19年(2007年)7月までの26年7か月、

欠かさず日記を書き続けた。

 

昭和56年というのは、阿久さんが

「スター誕生!」の審査員を辞した年。

また、『瀬戸内野球少年団』で

直木賞候補になった翌年だ。

 

その膨大な記述と史実を重ねて、

昭和から平成を生きた阿久悠の

人生を考察しようという試みです。

 

兵庫県に生まれ、映画好きだった

少年が広告マンを経て

ヒットメーカーへ昇りつめる。

 

「きみの詞は売れないよ、哀しくないもの」

と言われたが、「情に溺れる」詞は

書きたくなかった。

 

「おまえの歌は品がいいね。」

淡路島の巡査だった父のその言葉を、

どんな賞にもまさる勲章として励みに

し、阿久さんは詞を書き続ける。

 

やがて『笑って許して』や『さらば涙と

言おう』や『どうにもとまらない』など、

哀しくない歌が次々とヒットしてゆく。

 

およそ堅気らしくない、白のスーツに

黒いワイシャツというスタイルだった

わけ。

同い年の美空ひばり(ヒット曲がない)、

「スター誕生!」出身の山口百恵

(一曲も提供していない)との奇縁。

 

でも浮き彫りとなるのは芸能界の

華やかさではなく、言葉を紡ぐ者の

産みの苦しみや時代に対する憂慮。

父親への深い思い。

そして病気との闘いだ。

非常に興味深く読みました。

 

本筋にはほとんど関係ないのだが、

1981年1月12日に

「村上春樹を気にしてみよう。」との

記述があり、「おお、さすが、早い」と

思った次第。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

セブンイレブンで見かけまして、

衝動買いしました。

 

 

クーピーペンシル。小さいです。

セブンとロフトのコラボ商品のようですね。

 

普段、手帳に色を着けたいときは

「マルチ8」(写真左)を使っているのですが、

子供の頃を思い出してクーピーで

塗ってみようかと。

 

 

さすがに鉛筆削りと消しゴムは付いて

おりませんでした。

 

発売された当時は斬新でした。

全部芯。折れない。手が汚れない。

消せる!

小学2年生の私は祖母におねだりしました。

 

のこいのこさんのCMソングも、まだ

耳に残っています。

サクラクーピーペンシル~♪

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
1ヶ月ほど前に、東葛地区の子育て支援に
松戸市については言及しませんでした。
 
昨日、ようやく『この世界の片隅に』を
観ることができたのですが、予告編に
混じって松戸市のPRのVTRが流れて、
ちょっと驚いたのと、何かの啓示かなと。
 
 
今日は首相の待機児童ゼロに関する
答弁もあったので書かせていただきました。
 
*
 
話は逸れますが子育てといえば、
昨日、赤江珠緒さんが「たまむすび」の
オープニングで妊娠と3月いっぱいでの
(とりあえずの?)降板を突然発表して、
これにも驚きました。
 
高齢出産ということを考慮してか、
「必ず戻ってきます」とは言わなかったのは、
彼女の責任感の強さの表れかなあと
思いました。
がんばっていただきたいです。
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日は休日。
例によって、午前中はにゃーこの通院。
体重は20g増えて3.08kg。次の目標は
円周率。
前日に採取した鼻汁には今回も
リンパ腫細胞は見当たらず、一安心。

午後は合羽橋へ。
新年に帰省した折、父親に晩酌用の
カンピン(「燗瓶」と書くらしい)を
頼まれていたのだ。長年愛用の品が
もう寿命らしい。


{68D076FD-0B56-44B0-A7AB-DD4950FC2C72}

こういうやつ。
「徳利」はあるが、燗瓶はなかなか
見当たらないのだそうだ。
確かに、先月、柏市内でも見つけられ
なかった。

そういうわけで、合羽橋。

{233A9430-EA0D-4E77-A725-7CAC78DF4D80}

簡単に考えていたが、「これは」と
いうのがない。
小さかったり、鉄瓶だったり。
ほぼ端から端まで歩いて、
ようやく探し当てた。
写真を撮り忘れた…笑

割れずに実家に届くことを祈ります。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)