うたし日記3

うれしい・たのしい・しあわせな日常を綴っています。

NEW !
テーマ:
解散後、高野山を下り
再びゆの里さんへ。
リンポチェさんの講演会を聞かせていただきましたが、
心地よい波動に包まれて、
私はほとんど寝てて、、、(^o^)



その後、温泉へ入って(この時点では5人)
宇治から車で来ていた悦子さんのご厚意で、
奈良へ送っていただきました。







奈良のおかるというお店でお好み焼きのディナーです。




大阪へ向かう藤原さんと近鉄奈良駅で別れ、
3名はJR奈良駅へ送ってもらいました。
一旦ホテルへ入った後、
まだ少し食べたいということで、
ホテルのフロントの方がお好きという
駅前の「龍」というラーメン屋さんへ行きました。


亮ちゃんが頼んだのは、
コーンスープのようなトロ~ッとしたスープのラーメンでした。
もちろん、美味しかったですよ(^o^)


深夜まで部屋で飲んでいて、
就寝は2:30でした。




しかし、蓮は早く行かないと写せませんので、
早起きして喜光寺へGO。


この蓮は、高島さんが写しました。




















大安寺へ向かう途中の
バッティングセンターに、
何故か立ち寄りたいということで、、、。





空海さんが奈良時代に、
よく来ていたという大安寺です。



こちらは、その横にある推古天皇社です。













金比羅宮もあります。




奈良市内ウロウロして、
塀の外から正倉院を見る。
それから一路、橿原神宮を目指して走ります。



当日朝、いきなり連絡したのに、
都合よく会えることが出来た橿原の友人とランチです。







橿原神宮では巫女さんが浦安の舞の稽古をしていました。


ジャジャ~ン、坂下碧さんの登場です(^o^)



橿原神宮は意外と歴史が浅く、
明治時代に建立されたそうです。


橿原神宮から徒歩で、
久米寺へ行きました。


ここには、久米の仙人が祀られているのです。




高島さんは仙人になりたいそうですが、
碧さんから「亮さんに似てますよ」と言われてました。



和(やわらぎ)という言葉にぴったりな、
穏やかで調和された境内の様子です。


他に参拝客もいなくて、
静かな橘寺でした。
亮さんはえらく長い間座っていましたが、
何を語り合っていたのでしょうか?


藤原京の後に咲く蓮を眺めながら、
家路についた私達でした。
碧さん、ご案内ありがとうございました。


高島さんのひらめきといきなりの
楽しいアフターになりました。


電車で新大阪へ向かい、
そこでアフターツアーはお終いでしたとさ(^o^)



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
ここは、
奈良市内の喜光寺です。


菅原道真の誕生の地で、
菅原寺とも呼ばれます。
本尊は阿弥陀如来。
奈良時代の僧・行基が没した地とされている。
薬師寺の別格本山。


亮ちゃんは、
新潟育ちですが、
実家の近くに蓮池があり、
蓮は見飽きてるのかも?


この蓮は、その亮ちゃんが写した1枚です。





















今年の蓮の旅も、
これでお終いとなりました。
ご覧いただいたことに、
感謝しております。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
正観塾夏合宿最終日
常喜院さんに荷物を預けて徒歩で出かけます。


向かい側にある金剛峯寺さんです。
金剛峯寺



阿字観を受けれるマックスが22名、
すでに予約が入っていて、
17名しか受けれませんので、
新別殿の169畳の大広間で待つことにしました。
平素は参拝者の休憩所としてお茶の接待を受けられますし、
僧侶の法話も随時行われています。


ご住職のお話はとても楽しかったので、
2回も聞かせていただきました。


御詠歌も唄ってくださって、
気軽にお話もしてくださいました。
なんと!北海道のお寺のご住職様でした(^o^)
ご仏縁に感謝です。


豪華な書院上段の間の廊下側に、
鶴の柄がありましたので、
記念撮影です。


このかまどは、
今でも行事の時には、
使われていると書かれていました。




このかまどは使われているかどうかは?ですが、
2000人分のご飯を炊いていたそうです!


金剛峯寺から天上伽藍へ向かいました。




高野山の本堂は、大伽藍にそびえる「金堂」が一山の総本堂になります。
高野山の重要行事のほとんどは、この金堂にて執り行われます。


高野山には、
本来の日本人の神仏の祀り方どおりに、
神社も境内にあるのです。


丹生都比売神社が、
境内に祀られています。


高島さんが、
よく働いてくださいました。


そして、
高島さんオススメの天徳院さんでのお昼です。
天徳院






そしてここには、
大石順教尼さんの書が、
飾られている部屋です。
16日に行った奥之院に、
お墓があった方です。








この書は彼女が筆を口に加えて、
書いたものなのです。


大石順教尼

初めて写経した私は、
この美しい文字を見て感銘を受けました。






天徳院さんは、
山内唯一、重要文化財の小堀遠州の庭園を有しています。
美しい書と美しい庭園を拝見した後、
今年の正観塾夏合宿は解散したのでありました。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。