おおつる 求 ブログ

“みんなちがって、みんないい。 ちがいがあるから、オモシロイ。”
大津留が見た・聞いた・感じた・考えた事を、徒然なるままに。。

   おおつるWebSiteを大幅にリニューアルしました。http://ootsuru.com

テーマ:
5月22日午後、いたみホールで開催された福島みずほ社民党副党首の国政報告会「政治を市民に取りもどす」は、「野党共闘」の場にもなった。

司会はラジオパーソナリティー小山乃里子さん。
会場は1000人を超える方々。


参議院選挙兵庫選挙区立候補予定者、民進党の水岡俊一参議院議員が「立憲主義を取り戻す」とアピール。

福島みずほさんは、
神戸女学院大学名誉教授であり思想家の内田樹さんとの対談形式で、国政報告をおこなった。


後半は福島さんへ激励リレーアピール。
安保関連法に反対するママと有志の会@兵庫の羽田尚子さん
元大阪市長の平松邦夫さん
宝塚市長の中川智子さん
新社会党で神戸市議会議員の粟原富夫さん
緑の党で兵庫県議会議員の丸尾牧さん
そして闘う労働組合代表として全日建連帯労組関生支部委員長の武建一さん


あと少しで参議院選挙。
持てる力を出し切って頑張ります。

尚、当日の模様は、
IWJ Independent Web Journalでご覧になれます。
政治を市民に取りもどす 福島みずほ×内田樹 2016.5.22



《ご案内》
第4回市政報告&意見交換会を開催します。
日にち 5月29日《日》
午前10時~ 稲野センター
午後3時~ いたみホール 大和室

お子様大歓迎です。
お時間のある方は是非お越し下さい。










AD
いいね!(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
画期的だ。

「野党は共闘」と頑張るたくさんの市民に後押しされ、
参院選「1人区」32選挙区すべてで
民進、共産、社民、生活4党による候補者一本化が実現した。

「安倍政権の暴走を止める」
「立憲主義を取り戻し、戦争法を廃止する」
政党同士が個別政策の違いや感情を乗り越え、
選挙を一緒にする枠組みが出来た。

「俺が出るんだ、お前は降ろせ」では無理。
互いに相手を尊重しつつ、
苦労しながら話し合いを粘り強く重ね、
このような結果を出された方々に敬意を表する。


野党統一候補の対象ではなかったが、兵庫選挙区でも同じうねりが起きている。
安保関連法の廃止をめざす市民選挙・連帯兵庫(通称:連帯兵庫みなせん)が、
5月21日午後、神戸元町とJR尼崎で、市民と野党の共同アピールと題した
街頭演説会を開催した。
《希望はここに。つながれ野党!みんなで選挙!》
野党5党(民進・共産・社民・新社・緑)の代表が、
同じ街宣車の上で市民に訴える、という初めての取組み。


今、兵庫では衆議院選挙でも「野党共闘」の可能性を模索している。
小選挙区は「1人区」。
県内12小選挙区で、自民・公明、そして「おおさか維新」に対し
「野党統一候補」で戦うことができないか。
政党間の利害がぶつかる難しいものだが、
微力ながら努力していきたい。















AD
いいね!(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
「人の世に熱あれ、人間に光あれ」
1922年に設立された全国水平社。

結成の中心となったのが奈良県御所市柏原の青年たち。
その発祥の地にある「水平社博物館」へ行ってきた。


ボクがこの博物館の存在を知ったのは
皮肉にも2011年1月におこった「水平社博物館前差別街宣事件」だった。

(*)水平社博物館前差別街宣事件
「在日特権を許さない市民の会」の川東が、水平社博物館前で部落差別的な街宣を行い、不法行為責任を問われた事件。(財)水平社博物館は街宣によって社会的・精神的被害を被ったとして民事訴訟を提起した。
奈良地裁は2012年6月、「穢多・非人が不当な差別文言であることは公知の事実であり、言動は水平社博物館に対する名誉毀損にあたる。また川東の言動は水平社博物館の設立目的及び活動状況等を否定するものであり、生じた損害は相当大きなものであると言わざるを得ない」として、慰謝料150万円を支払うよう命じた。



電車は2両のワンマンカー。
最寄り駅のJR和歌山線「掖上駅」は無人駅。
何も考えず、JR高田駅改札をピタパで入場したため、色々大変でした。

そこから1.2キロ。
のどかな風景が広がっています。
途中からハイキング気分に。


到着。
当日は「国際博物館の日」だったらしく、入場無料!(^^)!
観覧者は2名。
途中から貸し切り状態。

展示内容に圧倒され、2時間ちょっと滞在。
特別展示室では「水平社と差別糾弾闘争」を開催。

マップをたよりに、めぐる。

いのち燦燦の燈
『解放令』から5万日目記念碑
西光寺(全国水平社宣言の起草者・西光万吉さんの生家)
山田孝野次郎記念碑
水平社宣言記念碑


広島の原爆資料館のように、
みんなが一度は訪れるべき場所、と感じた。




*  *  *  *  *

あの内田樹さんが伊丹で語る。
5月22日(日)午後2時から、いたみホールにて、
社民党国政報告会「政治を市民に取りもどす」
を開催。
福島みずほ参議院議員と内田樹さん(神戸女学院大学名誉教授)の対談で
アベ政治を鋭く斬る。
多彩なゲストの方々がスピーチ。
マスコミも注目する「野党共闘」集会になりました。
*羽田尚子さん
 (安保関連法に反対するママの会@兵庫)
*水岡俊一さん
 (民進党・参議院議員)
*粟原富雄さん
 (新社会党・神戸市議会議員)
*丸尾牧さん
 (緑の党・兵庫県議会議員)
*平松邦夫さん(元大阪市長)
*中川智子さん(宝塚市長)
*武建一さん(連帯労組関生支部)

司会はラジオパーソナリティの小山乃里子さん。
入場無料。是非お越しください。













AD
いいね!(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
神津支所、神津児童館、図書館神津分室が一か所に集まった『神津交流センター』がスタート。
神津小学校や神津こども園と隣接しており、新たな拠点として期待されています。




15日午前中、伊丹市の保育を考える連絡会(通称;いほれん)総会を開催。
2005年12月、伊丹市の公立保育所全園民営化方針が表面化した問題をうけ、当時の現役保護者有志で休止中の活動を再開させて10年あまり。この度、再度休止することに。
《この間の主な活動実績》
*4年半の活動で、全園民営化計画を撤回させる。
*市内公立保育所の横のつながりの構築。情報交換・親子フェスタなど。
*小学校・放課後児童くらぶの時間延長を実現。
*すずはら幼稚園の民間認定こども園への移行を阻止。
*病児保育を実現。

一定の役割を終えた為、一度お休みします。
もちろん、何かあったら即活動できる体制のままで。
何もない事が一番良いのですが。




ニュースのポスティングで街中を歩いていると、ステキな光景に出会う。




伊丹市議会主催の「議会報告会」をいたみホール、きららホールの2か所で開催。
初めての試みでしたが、両会場とも30名前後の市民の方々にご参加いただきました。




朝晩と日中の温度差が激しい日々が続きます。くれぐれもご自愛ください。





いよいよ、迫ってきました。注目の人 内田樹さんが伊丹に。
5月22日(日)午後2時から、いたみホールにて、
社民党国政報告会「政治を市民に取りもどす」
を開催。
福島みずほ参議院議員と内田樹さん(思想家・神戸女学院大学名誉教授)の対談で、
アベ政治を鋭く斬る。
多彩なゲストの方々がスピーチ。
マスコミも注目する「野党共闘」集会になりました。
*羽田尚子さん(安保関連法に反対するママの会@兵庫)
*水岡俊一さん(民進党・参議院議員)
*粟原富雄さん(新社会党・神戸市議会議員)
*丸尾牧さん(緑の党・兵庫県議会議員)
*平松邦夫さん(元大阪市長)
*中川智子さん(宝塚市長)
*武建一さん(連帯労組関生支部)

司会はラジオパーソナリティの小山乃里子さん。
入場無料。是非お越しください。


福島みずほさんと内田樹さんは対談本『意地悪』化する日本(岩波書店)を刊行しています。
「意地悪」化する日本(2016年01月20日)













いいね!(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
伊勢志摩サミットが迫っている名古屋圏の警備がすごいらしい。
「密告奨励」ポスターが当たり前のようにある、という。

《田中龍作ジャーナル》
【名古屋報告】伊勢志摩サミットで密告奨励 「ニセ旗テロ」と緊急事態条項


先日、阪急伊丹駅前で街宣をしていた時、こんなポスターを発見。
愛知県警作成ポスターほどではないが、こんな文言も。
マイナンバーに監視カメラ、そして「密告奨励」と息苦しい社会へ。



話は変わりますが。
伊丹市が進めているイチ押し事業「安全・安心見守りネットワーク」。
いわゆる市内に1000台(各小学校区50台)の監視カメラ及びビーコン設置事業。
初期費用4億円、ランニングコストが年間3千万円弱、

新しい形の『公共事業』
そのカメラ設置場所があきらかになっています。
現在パブコメ募集中。

どんな意見・質問でも構いません。
パブコメ制度を使いこなしていきましょう。
ちなみに、一件も意見が無いことは「皆さんが賛成した」ことになります。
期限は5月24日(必着)
【伊丹市Web】
「伊丹市安全・安心見守りカメラ設置場所(南・瑞穂・摂陽・荻野・緑丘・鴻池・神津小学校区)」について、意見を募集します





「ゴーヤ」の季節になりました。
今年も大きく育ち、緑のカーテンができるのか。












いいね!(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
朝6時、自室でコーヒーを飲みながら新聞を読んでいたら、
『みどりの卒業式』コンビ、息子と母親が起きてきた気配があった。

しばらくして、台所の方を覗くと、母親は料理をしていた。
その横で、なぜか息子は立って見ている。
時々、会話をしながら。

何をしているか息子に聞いてみた。
「弁当作りの見学。」
「見学?」


伊丹市の中学校には給食が無い。
やっと来年6月から始まる予定になってはいるが
それまでの1年数カ月は弁当持参だ。

入学前、弁当作りについて家族会議があった。
ボクは極めて消極的賛成であったが、
料理が得意な息子も含めた3人で、
ローテーションする案が「大筋合意」された。

その後、息子と母親で何度か具体的な話し合いがおこなわれ、
ここ最近の流れを見る限り、ボクは除外された模様だ。【未確認情報】

朝鮮民主主義人民共和国で36年ぶりに開催された
朝鮮労働党大会の一部映像を見ながら、アレコレ想像して話す
自称専門家やテレビコメンテーター風に言うと、
「美味しいものが食べたい」という息子の意向が最大限反映された結果、
「空腹が満たされればよい」と割り切るボクは弁当当番から失脚させられた、
といったところか。【未確認情報】

ここまでは、「学校生活に慣れるまでは」という愛情的配慮で、母親が作っていた。
「そろそろ」という話になったのだろう。【未確認情報】


見学を終えた息子に感想を聞いた。
「弁当箱に、ご飯をつめる手際が良くて驚いた」と真顔で話す。
母親は弁当箱を手にすると、その場で後方へクルリと向きを変え、
炊飯器からご飯をよそった、らしい。

その華麗な(?) 動きを間近で見て、感動を覚える息子。
「手際良いやろ」とほほ笑む母親。

「高校時代、新体操部やったからな」とコメントしたボク。


今日もステキな一日が始まった。





5月22日午後2時から、いたみホールにて、
社民党国政報告会「政治を市民に取りもどす」
を開催。
福島みずほ参議院議員と内田樹さん(神戸女学院大学名誉教授)の対談で、
アベ政治を鋭く斬る。

多彩なゲストアピール(予定)
*羽田尚子さん(安保関連法に反対するママの会@兵庫)
*水岡俊一さん(民進党・参議院議員)
*粟原富雄さん(新社会党・神戸市議会議員)
*丸尾牧さん(緑の党・兵庫県議会議員)
*平松邦夫さん(元大阪市長)
*中川智子さん(宝塚市長)
*武建一さん(連帯労組間生支部)

司会はラジオパーソナリティの小山乃里子さん。
入場無料。是非お越しください。

福島みずほさんと内田樹さんは対談本『意地悪』化する日本(岩波書店)を刊行しています。
「意地悪」化する日本(2016年01月20日)













いいね!(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
全国大学生活協同組合連合会がおこなった
第51回学生生活実態調査結果の概要報告を読んで、
昔の自分を思い出した。


岐阜県で高校を卒業したボクは、大阪の私立大学に入学し、
ワンルームアパートで念願の一人暮らしを始めた。
毎月の生活費は、親からの仕送りとバイト、そして日本育英会(当時)の奨学金だった。

バブル経済の余韻もあり、奨学金を借りている学生は少なかった。
毎月、5万円ほど(多分)の奨学金が、ボクの郵便口座に振り込まれた。

何もしなくても、その日が来たら、決まった金額が振り込まれる日々を経験すると、
それが「あたりまえ」の感覚になっていく。

就職どころか真面目に就職活動もしていなかったボクは、
卒業後に2百数十万円の返済を迫られ、初めて事の重大さに気付く。
冷静に考えれば当然なのだけど。

でも定期的な収入が無いのだから、払えないのは当然。
何年も猶予した。そして数年前、やっと完済した。



(独)日本学生支援機構のページによると、
今、同じ条件でボクが奨学金を借りたとしたら毎月64,000円。
卒業後の返済額は3,072,000 円。
毎月返済としたら14,222 円を216 回 (18 年)。

ボクの頃との大きな違い。
それは日本の経済状況・雇用状況。

親から一定額の仕送りが期待できないため、
2000年頃から奨学金受給者は急増、
2014年度で51.3%の学生が何らかの奨学金を借りている。


そして真面目に就職活動しても厳しい雇用状況。
彼ら・彼女らは300万円の借金がある身でそんな社会へ放り出される。

給付型奨学金は必要、と改めて思う。












いいね!(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
3日は朝日新聞阪神支局襲撃事件から29年。支局へ行き、記帳・拝礼。
その後、3階の襲撃事件資料室へ。
言論をめぐる様々な出来事の記事や写真をパネルで紹介する「『みる・きく・はなす』はいま」展を見学。
国際NGO「国境なき記者団」(本部・パリ)がまとめた世界各国の報道の自由度ランキング2016年版によると日本は前年61位からさらに後退し、180カ国中72位となった。
[グラフは「お役立ち情報の杜」]

(*)朝日新聞阪神支局襲撃事件
朝日新聞阪神支局(西宮市)に1987年5月3日夜、目出し帽の男が侵入して散弾銃を発砲、小尻知博記者(当時29)を殺害し、別の記者(同42)に重傷を負わせた。新聞社の取材拠点である支局が襲われ記者が射殺されたという、日本の言論史上でも例がない事件。
[コトバンクより]


支局への道案内をしてくれているイケメン兄さんを発見。お疲れ様です。




三宮・東遊園地での憲法集会。
1万人の人達が公園を埋め尽くした。
ゲストに秋葉元広島市長。
シールズやママの会もアピール。




初めて見ました。観覧車の作り方。




4日、いたみホールで作家の落合恵子さんと世田谷区長の保坂展人さんをお招きし『戦争法は廃止!憲法改悪を許さない1000人集会』を開催。860名がつめかけた。
ジャーナリスト時代、今の子どもには「異なる意見をぶつけ合い討論しあう機会を多く持つことが大切」と痛感した保坂さん。世田谷区長となった今、中高生が青少年施策を議論している実践例を挙げながら「18歳選挙権」について語った。
「戦争はイヤだ、と言えたのは戦後だった。だから戦争の匂いや気配がした時、イヤだと言う」と母親から聞いた落合さんは、子どもと高齢者が人生を肯定できる社会の対極にあるのが「アベ政治」であり、私たちが安倍首相を「アンダーコントロール」するため、参議院選挙では「アベにも負けず」頑張ろうと呼びかけ、会場は大きな拍手に包まれた。




最近、急に暖かくなった。
ポカポカ陽気の中、排水溝でお昼寝しているネコを発見。




5月22日午後2時から、いたみホールにて、社民党国政報告会「政治を市民に取りもどす」を開催。
福島みずほ参議院議員と内田樹さん(神戸女学院大学名誉教授)の対談、
多彩なゲストアピール(予定)
中川智子宝塚市長、平松邦夫元大阪市長、水岡俊一参議院議員、羽田尚子さん(ママの会)他。
司会はラジオパーソナリティの小山乃里子さん。入場無料

福島みずほさんと内田樹さんは対談本『意地悪』化する日本(岩波書店)を刊行しています。
「意地悪」化する日本(2016年01月20日)












いいね!(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
憲法が「色々な意味」で注目されている2016年。
その憲法記念日に、改めて憲法を読んでみる。
ホントは全文が理想なのだが、少し長いので前文だけ。

勇ましく「変えるべきだ」と言っている方々には、特にゆっくり読む必要がある、と思う。
どこかの首相のように「私はその部分をまだつまびらかに読んでいない」ということが無いように。

ちなみに日本国憲法は、
1946年(昭和21年)11月3日に公布され、翌年5月3日に施行された。

前文

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。

そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。

これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。
われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。

われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。
われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。




《ちなみに》 社民党の憲法記念日にあたって(声明)は、こちら。


5月4日午後2時から、いたみホールにて、作家の落合恵子さんと世田谷区長の保坂展人さんをお招きし、『戦争法は廃止!憲法改悪を許さない1000人集会』を開催します。
チケットは前売り1,000円、当日1,200円です。

また、当日午前10時30分から映画「標的の村」を無料上映します。
愛の反対は「無関心」・・標的の村を観て(2014年8月23日)













いいね!(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
皆さんからの温かいご支援を頂き、伊丹市議会へ送っていただいてから、
昨日(4月30日)で1年が経ちました。
ここまで走り続けられたのも、皆さんのサポートがあったから。
感謝。

《是非、お越しください》
5月29日(日)に『第4回市政報告&意見交換会』をおこないます。
 会場は午前10時から「稲野センター」、午後3時から「いたみホール」です。



5月4日午後2時から、いたみホールにて、作家の落合恵子さんと世田谷区長の保坂展人さんをお招きし、『戦争法は廃止!憲法改悪を許さない1000人集会』を開催します。
チケットは前売り1,000円、当日1,200円です。


また、当日午前10時30分から映画「標的の村」を無料上映します。
愛の反対は「無関心」・・標的の村を観て(2014年8月23日)



5月22日午後2時から、いたみホールにて、社民党国政報告会2016「政治を市民に取りもどす」を開催します。福島みずほ参議院議員と内田樹さん(神戸女学院大学名誉教授)の対談、多彩なゲストによるスピーチ、司会はラジオパーソナリティの小山乃里子さんです。入場無料

福島みずほさんと内田樹さんは対談本『意地悪』化する日本(岩波書店)を刊行しています。
「意地悪」化する日本(2016年01月20日)


本日(5月1日)から2年目に入ります。
『みんなちがって、みんないい』、
『誰もが自分らしく暮らせる伊丹に』という初心を忘れず、地道に取り組んでいきます。
今後も皆さんのご支援、よろしくお願いします。











いいね!(1)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。