おおつる 求 ブログ

“みんなちがって、みんないい。 ちがいがあるから、オモシロイ。”
大津留が見た・聞いた・感じた・考えた事を、徒然なるままに。。

   おおつるWebSiteを大幅にリニューアルしました。http://ootsuru.com
NEW !
テーマ:

宝塚市内をポスティング。

平坦で狭い街に慣れてしまった身体には、坂道だらけの住宅街は大変。

ただ立ち止まると、ステキな光景が目の前に

 

 

 

今年の桜を象徴しているような光景だったので。

新幹線高架下で満開だけど、天気がどんより。

 

 

 

稲野自治会総会。今期、副会長を仰せつかりました。

ホントに大丈夫か、と自分で突っ込みたい気分ですが。

先輩方に指導を仰ぎながら、最善を尽くします。

 

 

 

数年ぶりに見た富士山。新幹線の中から一瞬ですが。

 

 

 

昨年末に成立した「部落差別解消推進法」の勉強会。

どのように自治体で活かしていけるか否かが、この法律の価値を決める、と改めて。

 

 

 

久しぶりの「つかしん」ライブ。

晴天の下、階段に座ってお茶を飲みながら聴く音楽は最高。

 

 

 

今年もやります。

5月4日、いたみホールの憲法集会。

今回は、「歌と笑いと憲法講座の憲法フェス」

 

松元ヒロのスタンダップコメディ

元ポップデュオ「じゅん&ネネ」 ネネさんのコンサート

高作先生の憲法講座

 

これに加えて「森友」あり、「子ども食堂」あり、「共謀罪」ありと盛りだくさんの160分。

 

そして、今回はなんと35歳以下の方は「入場無料」なんです。

ホントです。

 

5月4日は、いたみホールで楽しく充実した時間を過ごしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

期間は、昨年6月から参議院選挙を挟んで秋までの

 

新基地建設反対の座り込みが続く「辺野古」

 

オスプレイのヘリパット建設が強行される「高江」

 

ミサイル基地建設と自衛隊配備構想がすすむ「石垣島」「宮古島」

 

そして東京

 

この短期間に、限定された場所で、現実に起こったことを映像化。

 

 

民主主義ってなんだ。

 

 

2012年の「標的の村」、

 

2015年の「戦場ぬ止み」監督の

 

三上智恵さん最新作「標的の島 風かたか」

 

 

愛の反対は「無関心」・・標的の村を観て2014年08月23日

 

すべての人達が、国策に翻弄されている「被害者」。2015年07月22日

 

標的の島 風かたか 完成。2017年02月25日

 

 

キーワードの『風(カジ)かたか』とは、風よけ・防波堤という意味。

 

 

日本列島と南西諸島を『風かたか』として中国を軍事的に封じ込めようとするアメリカの思惑。

 

 

「軍隊は住民の命を守らない」

「基地があれば標的になる」

沖縄戦の教訓から、次世代のために『風かたか』になろうと、体をはって抵抗する人々。

 

 

その人々を、全国から集まった1000人の機動隊が排除していく。

 

 

本土では報道されない真実。

 

辛く、悔しく、むなしく、

 

でも、元気になる映画。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、自治体財政の研修へ行った。

 

会場は『たましんRISURUホール』

 

どこって感じの名前。

 

正解は立川市市民会館。

 

ネーミングライツスポンサーが多摩信用金庫で、そのキャラクターがリスの「RISURU(リスル)」。

 

ちなみにリスルはこんな感じ。 リスルの森 

 

ということで2014年から10年間、この名前とのこと。

 

せめて「立川」をどこかに入れたほうがいいのにな、と感じた。

 

余計なお世話だけど。

 

 

 

そういう伊丹市も「本格的」にネーミングライツ事業を実施する。

 

施設は、いたみホール(伊丹市立文化会館)

 

伊丹の場合は、「○○○いたみホール」の「○○○」の部分の命名権。

 

契約条件は3年以上で、

予定価格は年間225万円(税別)以上。

 

4月17日から募集中。

いたみホールのネーミングライツ・パートナーを募集します

 

 

例えば、

関西スーパーだったら「関スーいたみホール」?

 

伊丹産業だったら「伊丹米いたみホール」?

 

10月1日に使用開始予定。

 

 

 

 

その『たましんRISURUホール』前に、こんなもの発見。

 

「記念植樹

 朝鮮民主主義人民共和国帰国者一同

 朝日両人友好親善万才

 一九五九年一二月八日 立川帰国集団」

 

 

60年近く前の出来事。

 

なにげなく、歴史があった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

宝塚市長選挙 選挙最終日。

 

事務所前で最後の演説。

 

 

たくさんの方々の想いが重なった選挙期間。

 

4月16日の投票日。

 

宝塚市民の良識を信じて。

 

 

 

 

 

開票所。

 

市民の良識を「可視化」してみると、こんな感じで、

 

 

 

 

4月17日(月)、朝刊。

 

市民の良心が結実したことを再確認した。

 

 

 

そして、

 

日常の生活が、始まった。

 

一週間、溜めた宿題とともに。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

9日、伊丹・宝塚両市長選挙が告示。

 

 

 

 

初日の午後、阪急宝塚駅「ゆめ広場」の様子。

 

 

中川さんの友人が応援に。

 

他にも、秋葉前広島市長、上原元国立市長も車上で訴えました。

 

 

自民党系の市長が2人続けて汚職で辞職した後、財政問題も含め宝塚市を立て直してきた中川さん。

 

中川ともこ宝塚市長を応援しています。2017年04月03日

 

「はみだし」市長が本を出版 2017年03月12日

 

 

今回の選挙、

 

クリーンで健全経営の市政を「さらに前へ」すすめるのか、

 

汚職がはびこった過去のタカラヅカを「取り戻す」のか。

 

 

宝塚市民のためだけではない。

 

伊丹はもちろん、全国の自治体への良い影響を及ぼすためにも

 

絶対に負けられない闘い。

 

 

* * * * * * * *

 

ちなみに、伊丹。

 

 

告示日に帰宅したら、選挙が終わっていました。

 

藤原市長、

ご当選おめでとうございます。

 

一方で、4年に一度、市民が意思を表明する貴重な行動である「投票」の機会を奪ってしまったこと、伊丹の皆さまにお詫び申し上げます。

 

また、どんなに素晴らしい市長であったとしても、目に見える投票という形で「信任」を得るのが本来の姿であり、藤原さんに対しても申し訳なかったと思います。

 

2回目でもありますし。

 

 

「市議会議員、しっかりしろ」と、

自戒を込めて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

防犯カメラ1000台 功罪は

市「事件解決が犯罪抑止に」  弁護士「設置 必要最小限に」

 

4月3日付朝日新聞朝刊の阪神版に、ステキな記事を発見。

 

9日告示の伊丹・宝塚両市長選挙を前に、それぞれの課題を扱った記事の伊丹版。

 

伊丹の課題として取り上げられたのが、市長肝いり施策「防犯カメラ1000台」。

 

問題点を指摘しつつ、上手に記事化されていた。

 

私が取り上げ続けてきたテーマでもある。

 

《過去の経緯》

◆初めて、ブログに登場。

「気持ち悪い」感覚がボクの中で、くすぶっている(2015年8月21日)

 

◆市内に監視カメラ1,000台条例及びビーコン関連の補正予算を質疑することに。

質問と質疑の微妙な違い(2015年9月4日)

 

◆詳細が分かると、問題点も浮き彫りに。

市内1000台監視カメラ設置条例への質疑メモ(2015年9月9日)

 

◆ボクは付託された常任委員ではないので、傍聴記

市内1000台監視カメラ設置条例 常任委員会メモ(2015年9月12日)

 

◆質疑を受けての個人質問

監視カメラ・ビーコンの質問と回答(2015年9月26日)

 

◆拡大解釈・恣意的運用を防ぐために、具体的な手続きを確認。

一般質問報告(その2)(2015年12月16日)

 

遂に第一号機が設置される。(2016年01月25日)

 

 

記事の中で大川一夫弁護士(大阪弁護士会情報問題対策委員会)の指摘が鋭い。

 

大川さんと言えば、今話題の「森友学園問題」の火付け役、木村真豊中市会議員の依頼で、国有地売却金額不開示決定処分取消訴訟をしている弁護士。

 

 

以下、記事から抜粋。

 

 

「数が多すぎる。予算に見合う効果があるか疑問。監視される不快感やプライバシーへの配慮も考慮し、必要最小限にとどめるべきだ」。

 

そして「経済的格差な格差是正など、防犯のため他にやるべきことがあるのでは」と疑問を示す。

 

さらに、政府が成立を目指す「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ法改正案に触れ、

「法案が成立すれば利用される恐れがある。犯罪の計画段階に関わっていないか行動を調べるという理由で、警察に映像の提供を求められれば拒めないのでは」と危惧し、

 

「市民がチェックを続けることが必要」と話している。

 

(ここまで)

 

 

本来であれば、このような議論が市議会でおこなわれるべきだ、と思う。

 

ただ議会質問などでは、この施策を歓迎するものばかりで、チェック機能が働いていないのは残念。

 

私も、その一員として、自戒しつつ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

桜のつぼみが膨らみ始めています。

次の日曜日、9日は、お花見日和になりそうですね。

 

4月9日は、宝塚市長選挙の告示日。16日が投開票。

 

 

自民党系の市長が2人続けて汚職で辞職した2009年、中川ともこさんは当選しました。

 

 

それから2期8年、市民派市長として市役所に対する信頼回復はもちろん、「いのちと暮らし」を大切にした、支えあいの街を創り上げています。

 

「実質単年度収支」6年連続黒字化、市立病院再生、

 

そして全国的に有名なのが、小中9年間の学校給食。

 

宝塚市内で子どもたちに「学校給食おいしい?」と聞くと、「おいしい!」と大きな返事がかえってくるのは有名な話。

 

宝塚市では小学校・中学校、全37校それぞれの給食室で給食を作っています。

いわゆる自校調理方式。

 

理想です。

 

 

ていねいに出汁をとり、できるだけ材料は機械を使わずに手切り。

 

低学年には食べやすいように小さく切るなどの配慮も。

 

温かいものは温かく、冷たいものは冷たいまま。

 

ふりかけやカレーのルー、ジャムなども手作り。

 

給食レシピ栄養をクックパッドに掲載したところ、70万アクセスの大反響。

 

 

 

「母親愛情弁当論」が根強かった伊丹市。

 

6月から待望の中学校給食が始まります!!

 

民間委託のセンター方式ですが。。。カタジケナイ。

 

 

 

今回の選挙、

 

クリーンで健全経営の市政を「さらに前へ」すすめるのか、

 

汚職がはびこった過去の市政を「取り戻す」のか。

 

 

私は中川市政の流れを「さらに前へ」すすめていき、この流れを変えられないものにすることが、宝塚はもちろん、伊丹を含めた阪神間にとっても良い刺激になると確信しています。

 

だから「さらに前へ」。

 

中川さんの詳細は↓

中川ともこ 宝塚市長特設ページをご参照ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

高浜原発 再稼働可能に…大阪高裁が運転差し止め取り消し
 

 関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転を差し止めた昨年3月の大津地裁の仮処分決定を巡り、大阪高裁は28日、関電の保全抗告を認め、地裁の判断を取り消す決定を出した。

決定は即座に効力を持つため、1年ぶりに2基の再稼働が法的に可能になった。(毎日新聞)

 

 

高浜原発30キロ圏自治体への請願(陳情)・要望行動 2017年02月28日 
 


高浜原発運転禁止仮処分滋賀訴訟申立人団・弁護団の「声明文」を抜粋して、以下転載します。


2017 年 3 月 28 日
大阪高等裁判所は、本日、関西電力高浜発電所3号機及び4号機の運転禁止を命じた大津地方裁判所 2016 年 3 月 9 日仮処分決定、関西電力の異議を退けた同裁判所同年 7 月 12 日決定をいずれも取り消した。

 

原発再稼働反対が大きく上回り、社会全体として原発の危険性を受け容れるとの合意形成がなされていない状況で高浜3、4号機の運転を容認する大阪高裁の判断は、民意を無視した司法の暴走とも言うべきものであり、強い抗議の意思を表明する。

 


我々は、関西電力が安全性主張の拠り所とする「新規制基準」の不合理さや、高浜3、4号機が過酷事故を起こし、これによって滋賀県の住民の生命や健康といった人格的利益が侵害される恐れを指摘してきた。

 

しかし大阪高裁は、新規制基準の合理性を肯定し、地震、津波、使用済み燃料ピット、避難計画など、我々が提起した数多くの問題についても、ほぼ関西電力の主張を沿う判断に終始した。

 


福島第一原発事故後に原発の運転を容認したいくつかの司法判断に共通する「思考停止」「行政追随」一色の判断内容であり、法と良心に従い公正な判断を下すという司法の果たすべき役割を放棄するにも等しいその態度に怒りの念を禁じ得ない。

 

大阪高裁は、新規制基準を「安全性の基準」と呼び、新規制基準が要求しない対策は一切講じる必要がないとしている。

 

福島第一原発事故以前の司法の姿そのものであり、福島第一原発事故を踏まえた新たな判断枠組みを打ち立てようとする姿勢は全く見受けられない。

 

福井地裁及び大津地裁が、原子力行政に対して素直に疑問の目を向け、司法が本来あるべき姿を取り戻そうとする流れに逆行し、旧態依然とした司法に時計の針を戻そうとする態度に激しい憤りを感じる。

 


世界に目を向ければ、再生可能エネルギーによる発電が爆発的に拡大しており、そのコストは劇的に低下している。

 

発電しながら新たな燃料を産みだす高速増殖炉の夢はついえた。

 

10万年にもわたって管理しなければならない高レベル放射性廃棄物の処分は相変わらず目途が立っていない。

 

福島第一原発の収束は全く見通しがなく、廃炉・除染・損害賠償の費用は天井知らずである。

 

もはや原発に未来はない。

 

 

関西電力は、高浜3、4号機だけでなく、すべての原発の廃炉を速やかに決定し、市民から信頼される企業に生まれ変わるべきである。

 

政府は、原発ゼロ、再生可能エネルギーによる発電の拡大に向けて速やかに政策を転換するべきである。

 

大阪高裁は、高浜3、4号機の運転を容認したが、我々は、引き続き、原発のない安心して暮らせる社会を目指して粛々と闘いを続ける所存である。 (転載ここまで)

 

 

 

人間と核(原爆・原発)は共存できない。

 

そのことを私たちは、身をもって知っている。

 

学ばないのか、学べないのか。

 

近畿の水がめ、琵琶湖を見ながら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

3月25日(土)午後、石川さんはマイクを握ると、100名あまりの参加者の前でハリのある声で、思いの丈を話した。

 

その内容を大津留の記録から(文責・大津留)

 

石川一雄さんは無実だ! 狭山事件を考える市民集会

 

 

 

石川さんの訴え。

 

現在78歳。

24歳で逮捕され、56歳まで獄中。

仮出獄して22年。

 

 

文字を書いたり読んだりできなかった石川さんに、読み書きを教えてくれたのは、良心ある刑務官だったという。

 

石川さんが「無実」を訴えるのであれば文字を書けなければならない。

 

刑務官は、自分の妻に相談した。

石川さんに字を教えると自分がクビになるからだ。

奥さんは「石川さんが無実ならば、クビになってもいいから教えてあげて」。

 

そして、以後8年間、刑務官の奥さんは石川さんの親からということにして、ボールペンや便箋・封筒・切手などを差し入れしたという。

 

そのお蔭で、石川さんは3年ほどで字が書けるようになり、世間の人に、支援者に自分の思いを届けることができるようになった。

 

また刑務官の助言で詩を詠むようになる。

その数、5,000を超える、という。

 

今日の集会のために石川さんが詠んだ詩。

 

きまぐれに 54年過ごされど 訴状無視した 司法に喝

 

 

万年筆インクの色と太さが違う。

腕時計の社名は同じだが、形が違う。

 

 

まだ78歳だ。

なぜ部落民の石川を犯人にでっち上げたのか。

司法を問い詰めていく。

 

無実を勝ち取ったのち、生涯、差別をなくす運動をしていきたい。

 

 

 

 

早智子さんの訴え

 

被差別部落で産まれ、親からは、そのことを隠せと言われて育った。

 

就職の際は、学校の先生が家まで来て、親に本籍地を地区外に変えて、そこを住所にするよう指南した。それに従い、就職の履歴書も違う住所を書いた。

 

労働組合運動を通じて、部落解放運動に取り組み、狭山事件・石川さんのメッセージに出会った。

 

「差別から逃げても、差別は無くならない。差別を無くす運動に立ち上がれ。

 私は無実だ。私の冤罪をはらすため、立ち上がってほしい」

 

 

今まで、下を向いて生きていた自分が震えた。

凍っていた心が解放された。

 

「おかしいことは、おかしい」と、声を挙げることの大切さを知った。

 

 

彼と一緒になって20年。

狭山の闘いは、人間の尊厳を守り、取りもどす闘いだ。

 

この半世紀を超える皆さんの闘いで、第3次再審が動き始めた。

 

是非、一緒に闘ってほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

明日3月25日、石川一雄さんの講演会が伊丹で開催されます。

 

半世紀以上、無実を訴え続けている本人の叫びを是非お聴きください。

また、当時の取り調べ音声から再現した映像も放映します。

なぜ人はウソの自白をさせられてしまうのか。

 

入場無料。

 

 

石川一雄さんは無実だ! 狭山事件を考える市民集会

 

日時:3月25日(土) 13時30分 (13時開場)

 

場所:人権啓発センター『ふらっと』(伊丹市堀池2-2-20)

 

講演:  石川一雄さん、石川早智子さんからの訴え

     福島瑞穂さん(狭山事件弁護団・参議院議員)の狭山再審闘争の状況報告など

 

■DVD上映 「冤罪を作り出す『取り調べ』―狭山事件の場合」

 

 

ボクが産まれる前に起こった狭山事件。

犯人とされた石川一雄さんは、今も無実を訴えています。

 

これまでも様々な冤罪事件で自白強要や証拠ねつ造が問題になってきましたが、狭山事件でも多くの「疑惑の証拠」が明らかになっています。

 

■『見えない手錠』を外すまで。2016年06月02日

 

 

そもそも、狭山事件とは。

 

1963年5月1日、埼玉県狭山市で女子高校生が行方不明になり、脅迫状が届けられるという事件がおきました。

 

警察は身代金を取りにあらわれた犯人を40人もの警官が張り込みながら取り逃がし、女子高校生は遺体となって発見されたため、警察の大失敗に世論の非難が集中しました。

 

捜査にいきづまった警察は、付近の被差別部落に見込み捜査を集中し、なんら証拠もないまま石川一雄さん(当時24歳)を別件逮捕し、1カ月にわたり警察の留置場(代用監獄)で取り調べ、ウソの自白をさせて犯人にでっちあげたのです。

 

地域の住民の「あんなことをするのは部落民にちがいない」という差別意識やマスコミの差別報道の中で、えん罪が生み出されてしまったのです。

 

一審は死刑判決、二審では無期懲役判決が確定。

 

石川さんは、ただちに再審請求を申し立てましたが第一次再審請求はまったく事実調べもなく棄却。

再び、1986年8月に第二次再審請求を東京高裁に申し立てました。

 

石川さんは再審を求める中、1994年12月仮出獄、31年7ヶ月ぶりに狭山に帰り闘い続けます。

 

世論も高まり、国際人権規約委員会が「弁護側がすべての証拠にアクセスできるよう法律、及び実務を改めること」を日本政府に勧告しますが、1999年7月に事実調べを行うことなく再審請求を棄却しました。

 

2006年5月、第3次再審請求。なかなか再審の扉は開きません。

 

しかし2009年9月から三者協議が開かれ、狭山の闘いに光りが差し込みました。

 

三者協議は現在31回目を迎えています。

そのなかで証拠開示もすすみ、新証拠も明らかになるなかで、再審へ向けての闘いが進められています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。