おおつる 求 ブログ

“みんなちがって、みんないい。 ちがいがあるから、オモシロイ。”
大津留が見た・聞いた・感じた・考えた事を、徒然なるままに。。

   おおつるWebSiteを大幅にリニューアルしました。http://ootsuru.com

テーマ:
『無所属市民派』を名乗られる自治体議員の方々がおられる。ボクの場合は「社民党所属」なので、その時点で『無所属』ではないのだけれど。
『無所属市民派』って何、という問いに対しては、その立場によって様々な解釈があると思いますが、この場は置いといて。
先日、堺市役所で開催された「第100回近畿市民派議員学習会」に参加。
この学習会、第1回は1991年に開催された、とのこと。
年4回、各地で様々なテーマ学習会が開催されており25年続いているという。すごい。
そして、101回目は伊丹になってしまった。



8月14日といったらお盆休み、といかない箕面市。
8月14日告示・21日投開票で、箕面市長・市議会議員選挙があった。
現職市民派の中西とも子さんの出発式。真夏の選挙は大変だ。

駅前では自民・維新の候補者が勢揃い。地元大阪の参議院議員も。
結果は中西さん、そしてもう一人の市民派議員の増田さんも当選。



社民党全国自治体議員団会議が神戸市内で開催された。



今年も「みなみ親父クラブ」がステージ出演をすると言う事で、アイ愛センターで開催された「手をつなぐ夏の夕べ」へ。寸劇お疲れ様でした。



平和憲法を守ろう、と各地で「九条の会」が出来たが、「芸人九条の会」があるというので大阪へ。落語や歌やしゃべくりの中に憲法ネタを入れた芸が3時間。十分笑わせてもらいました。

















AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今朝、101歳のジャーナリスト、むのたけじさんが亡くなった、と知った。

特に面識があるわけでもないが、この時代に貴重な方だっただけに、残念の一言だ。


 秋田県旧六郷町(現美郷町)出身。朝日新聞記者だった戦時中、東南アジアの従軍特派員を務め、1945年の終戦時に「戦争に加担した新聞社の責任は免れない」として退社。48年に郷里に近い横手市で「たいまつ」を創刊し、反戦・平和やジャーナリズムについて積極的に発言した。78年に休刊後も講演や執筆活動を続け、今年5月の憲法記念日の護憲集会には車いすで登壇。「戦争は始めたら止めようがない。とことん頑張りぬこう」と最後まで訴えた。【毎日新聞より】



以下は、むのさんが53日に東京・有明防災公園で開催された「53憲法集会」で5万人を前に訴えた内容。




この集会は戦争を絶滅させる実現力をつける集会だ。

若い人々が来ている。

ジャーナリストとして戦争を国内外で経験したものとして話したい。

 

一つは、戦争とは何かという事だ、
自分は従軍記者として武器を持たなかった。
しかし、兵士と同じ心境になった。


戦争になれば相手を殺さなければこちらが死ぬ。
死にたくなければ相手を殺す。
こうした精神状態に耐えられるのは3日間だ。


あとは「どうでもなれ」となる。女性に対する乱暴、盗みなどなど。
指導者たちは、敵の国民をできるだけ早く、多く殺せと命じる。


互いの正義が実現できるか。出来ない。
だから、戦争は決して許してはならない。


しかし、自分たちの世代はかつて許してしまった。
恥ずかしいことだった。その結果15年戦争になり、
例のない無条件降伏になった。


二つ目は、戦争を始めてしまったら止めようがないということだ。


戦前の憲法の下では、人々は「臣民」=家来だった。
国の方針に反すれば刑罰を受けた。


ぶざまな戦争をし、ぶざまな尻拭いをし、残ったのは9条だ。
9条こそは人類に希望をもたらす。70年間平和だった。
こうした憲法を持つのは日本が唯一だ。


この会場の光景を見ると、若いエネルギーがあり、
いたるところに女性の姿がある。
これは新しいエネルギーだ。


 

むのけんじさんのご冥福をお祈りするとともに、

ボクなりに志をしっかりと受け継いでいきたい、と思う。
















 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
地元市民の半数以上が反対している中で開催中のリオデジャネイロオリンピック。

日本国籍をもった選手がメダルを取った・取らないなど『勝手に感動物語』を、連日テレビや新聞が大々的に報道し、それなりに盛り上がっている時に、何なのですが。。


嫌でも目にする報道を見ながら「これでええんかな」と感じてしまう日々。

「これでええんかな」その1
例えば、ビーチバレーの熱戦が繰り広げられている名所「コパカバーナビーチ」。
その背面にそびえたつ山肌には、電気や水道などの公共サービスを受けていない粗末な建物が並ぶ、たくさんのスラム街(ファベーラ)が点在する。
リオデジャネイロ市の調査によると、市民632万人のうち、4分の1近い144万人がファベーラに住む。
お金の使い道、違うでしょ。


「これでええんかな」その2
アスリートは、日々の猛練習を4年に一度の舞台で力を発揮しているだけなのに、勝手に「日本」を背負わされ、日本国籍を持った選手が3位以内に入ったら、「日の丸」を見ながら「君が代」を歌わなければならない理不尽。
別に選手団の旗と歌は、日の丸、君が代でなくてもいいのに。

《オリンピック憲章 70.表彰式・メダルと賞状の授与》
優勝者の所属する派遣団の旗がセントラル・ポールに掲揚され、第2位、第3位の競技者の所属する派遣団の旗も競技場に向かってセントラル・ポールの左右に並んで立つ旗竿に掲揚される。優勝者の所属する派遣団の歌(短縮したもの)が演奏される間は、メダル受賞者たちは旗の方向を向いていなければならない。



「これでええんかな」その3
そして、歌ったら歌ったで、色々周りは言いたい放題。
8月15日付けの産経新聞には、サンケイらしいコラムが掲載されていた。

国歌斉唱しても時代遅れではない
新聞は「五輪では大声で国歌を歌え」とキャンペーンを

日本文化大学学長・大森義夫
<前略>
 だいたいが今の若者は、きちんと習慣づければ国歌を歌うこととリラックスして競技を楽しむことを十分に使い分けることができる。まして、巨額の育成費と遠征費を使い、日の丸のブレザーを着て派遣される日本の代表選手ではないか。
 私の大学では卒業式にあたって国歌-校歌-仰げば尊(とうと)し-蛍の光を全員で全曲斉唱する。右翼的な教育だとか時代遅れだとか言う者はいない。社会人となるにあたって当然のたしなみである。
 産経や読売は森氏の勇み足を叱正するとともに時機を見て「オリンピックでは国歌を大声で歌おう」というキャンペーンを展開すべきである。
<以下略>


まったく競技と関係ないことを声高に叫ぶ人
あげてもいないのに、「感動をありがとう」と言う人
スポーツが国威発揚に使われた歴史の一端を感じる。


そんな中、14位でゴールしたマラソンの福士加代子選手のインタビューは最高だった。
満面の笑顔。力を出し切った清々しさ。
見ているこちらまで幸せな気持ちになってくる。
国別メダル獲得数の競争なんて小さなことだわ、やはり。

「金メダル獲れなかった~!頑張った~!本当にしんどかった~!」
「金メダルを目指していたから最後まで頑張れた!こんなに頑張った自分はいなかった。特別な時間を過ごせました。」
「オリンピックのマラソンは、苦しいけど楽しいよ!出るもんだね。」
今後のマラソン挑戦について報道陣から問われると
「もうやらない。もう一歩も走らない。あはは」。


福士加代子、最高です。












AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
大手マスコミに報道されるか、されないか。
私たちが情報を得たり、関心をもったりする環境を大きく左右する。

例えば7月10日の参議院選挙

テレビの選挙報道時間を比較すると、
今回の参院選関連の総放送時間は26時間1分で前回の35時間57分から27.6%減った。専門家からは「政府与党が憲法改正の争点隠しをしたため報道が盛り上がらなかった」との指摘もある。
(『放送時間3割減 争点隠し影響か』 7月12日付毎日新聞)

その後に行われた東京都知事選挙
参議院選挙と変わって、ニュース・ワイドショーが連日取り上げた。
その結果、都民ならずとも関心が高く、
投票率も59・73%で前回選46・14%を13・59ポイント上回った。

残念ながら、これが現実だ。

大手マスコミが報道しないものの一つ、沖縄。

映画「標的の村」でも出てきた沖縄・高江で、大変なことが起こっている。
ただ大手マスコミがほとんど報道しないため、多くの本土の人は「知らない」。

■田中龍作ジャーナル
【沖縄・高江報告】首にロープ 女性は痙攣を起こし救急搬送された(7月23日

残念ながら沖縄・高江に行けないため、せめて情報拡散。
以下、山本太郎オフィシャルブログを転載します。

* * * * * * * * * * *
山本太郎オフィシャルブログ
「助けてください」 2016-07-28


沖縄・高江で起こっている、権力の暴走を止める為に。
まずは、「8月5・6・7・8・9日」に、
あなたの力を貸して下さい。
どうやったら力を貸せるか、は最後に記します。

では、まずザックリと経緯を。

沖縄県の面積は、日本国土の0・6%。 
その0・6%の中に、日本に存在する、
「米軍の専用施設・区域」の74%が集中しています。

沖縄に、これ以上の米軍基地・施設、
オスプレイはいらない。
沖縄県民は意志をハッキリと示してきました。

沖縄での地方選挙の結果でも、
オスプレイ配備撤回・県内移設断念(新基地)、
の候補者が多数勝利。

衆議院・参議院においては、全ての沖縄の選挙区で、
新基地はいらない、オスプレイはいらない、と
いう候補者が勝利しています。

今年7月に行なわれた、参議院選挙・沖縄選挙区においても、
自民党の新基地・オスプレイ容認の現役大臣が落選。
オール沖縄の候補、イハ洋一さんが勝利。

この結果を受けた翌日から、
機動隊員を増員。

数日のうちに、百数十名程度が住む地域に、
500人もの機動隊を投入。

10年近く、住民の監視と運動で開かれる事がなかったゲートを
力づくで開け、資材搬入を強行。
高江のヘリパッド建設を強行に開始しました。

高江って?

沖縄県北部にある生物多様性の宝庫、
ヤンバルの森にある、小さな集落。

北部にあるヤンバルの森には、世界唯一、
ジャングルでの戦闘を想定して作られた施設、
米軍北部訓練場がある。

この広大な訓練所の、使用不可能な部分を返還する、
その変わり、新しいヘリパッドを7つ作れ(後に6つに変更)、

だって返還する土地にヘリパッドがあったんだから、
その分、新設するのが当然でしょ、
という事になったのが、
1996年のSACO(沖縄に関する特別行動委員会)合意。

しかし、これは、沖縄の負担の軽減ではない。
「持ってても使えない土地返すわ。その代わり、
もっと使い勝手のいい設備に作り変えろよ」
って話。

基地の整理縮小に見せかけて、最新設備に作りかえる手法。
地元の方々にお話を聞いた時にも、返してもらっても、
使いようがない土地、との事。

その使用不可能な土地の返還と引き換えにされたのが、
6つのヘリパッド。

それらは、高江と言う集落を挟むように作られる。
しかも、そのヘリパッドは、オスプレイの運用が前提。

その事実を日本政府が認めたのが、2010年頃。
それまで、「オスプレイは来ない」フリを続けながら、
政府は地元住民を騙し続けてきた。

1991年の初飛行で離陸後に墜落。
1992年にも墜落、7名が死亡。
2000年には2機墜落、海兵隊員23人死亡。

その後、18ヶ月間飛行禁止。
「空飛ぶ恥」「未亡人製造機」とも呼ばれるオスプレイ。

飛行禁止措置後、あまり攻撃的な飛行をしないように
パイロットにお達しがあったとも言われる、
急激な戦闘機動が困難なオスプレイ。

そのオスプレイが、
ヤンバルの森で、高江の集落で、超低空飛行を繰り返す。

あなたが住民だったら、「しょうがない」で済むだろうか?

何故、ワザワザ、人々が暮らす集落を挟むように、
オスプレイパッドを作るのか?

「より、リアルでギリギリの訓練をしたいから。」
だったら、自国でどうぞ!

騒音や、生態系に与える影響などで、
地元住民が反対し、オスプレイの訓練が中止なった地域が、米国には存在している。

米国で出来ない訓練が、日本では自由自在にできる?
これっておかしくない?
どうしてそんな事がまかり通るの?

好きなとき、好きなところに、好きなだけ、
基地も作れて訓練もできます、って事が、
日米地位協定や、密約などで保障されているから。

植民地日本から、宗主国アメリカ様への忠誠の証。
ふざけるな。
冗談じゃない。

しかも高江のヘリパッドに飛んで来るのは、
オスプレイだけでなく、垂直に離発着可能な、
ステルス戦闘機F35も含まれるとも聞く。

米軍の戦闘機の飛行ルートは、日本全国に敷かれています。
イエロー、オレンジ、ブルー、グリーンなど6本に分かれて。
この日本全国のルートにオスプレイが低空飛行するのも、
時間の問題だろう。


それどころか、高江の集落の様に、
超低空飛行で飛ばれる可能性もある。
だって、色んなシュチエーションで訓練する事がお望みなのだから、
ジャングル戦以外の想定も含めた訓練が行なわれて行く、
と考えるのが普通ではないだろうか。

今回、権力の暴走を受け、沖縄県議会は、
海兵隊の訓練施設であるオスプレイヘリパッド建設は到底容認できるものではない、
建設を直ちに中止するよう強く要請する、と言った内容の意見書を国に出している。

政府はスルー。

十分な住民との合意もないまま、
選挙の結果さえも無視。

日本には民主主義なんて存在しないし、
人権なんてありません、
と工事を続けるのが、今の政府。

もちろん、私も国会議員として、永田町でやれることはやる。
でも本格的に国会が始まるのは、秋から。
それじゃ間に合わない。

だから、永田町以外の現場で、行動する必要がある、
非暴力直接行動で。

「力を貸して貰えませんか?」

直接、あなたが、沖縄・高江に足を運んでくれませんか?
本格的な搬入が行なわれる予定です。
8月5・6・7・8・9日に。

広島・長崎の「原爆の日」周辺を利用して、
高江の情報が、極力マスコミに流されない手法を取るようです。

8月6日の朝が、1番の肝と考えます。

1000人集まれば、彼らの思う様になりません。
3000人集まれば、この時期に進める事が厳しくなります。

とにかく、多くの人が集まることでマスコミも、
ニュースにしなければならない状況が生まれます。

大手メデイアで高江の存在が、
この国に生きる人々に共有されれば、
人間を馬鹿にしたような乱暴狼藉を簡単には、
やれなくなります。

もちろん、山本太郎も行きます。

同じ職場の先輩方にも声を掛けています。
高江の状況を憂いている先輩方が結構いらっしゃいました。

あなたの力を貸して貰えませんか?
8月5・6・7・8・9日に。

直接、あなたが、沖縄・高江に足を運んでくれませんか?
(諸事情で、現場に行くことが難しい方は、無理をなさらず、情報拡散等で力をお貸し下さい)
* * * * * * * * * * *

「知らなかった」ではすまされない現実。

『百合子グリーン』を身に着け、
熱狂している人に知ってほしい現実。














いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今年で36回目。
地元・稲野自治会の夏の風物詩「稲野町納涼夏祭り」。

今年もたくさんの方々のパワーが結集し、素晴らしい夏祭りになりました。

前日の金曜日午前中、三菱グラウンドで設営が始まります。
さすがに櫓は業者さんにお願いしますが、その他はすべて自治会でおこないます。

炎天下、今年も60名を超える市高生、南中生が応援に来てくれました。
ホント、助かります。

3時間ほどで、テント17台の設営や、長机や椅子の運び出しを終えました。


当日の土曜日午前中、各丁目ごとの売店準備が始まります。
この日も50名ほどの市高生、南中生が応援に来てくれました。

今年から櫓の上での太鼓を、プロに頼まず青年部がすることに。
始まる前から青年部長が真剣にイメージトレーニングする光景も。

午後4時30分、涼しい風が吹く中、夏祭りが始まりました。
大手前大学生によるジャズ演奏も。

千数百人の来場者でごった返す会場。
各丁目の売店は、長蛇の列ができフル回転。
その他にも、子ども会、ソフトボール同好会、ボーイスカウトも店をだします。

青年部の太鼓も評判上々で一安心。


翌日の日曜日午前中、撤去作業。
皆さん、昨晩の疲れを残しながら手際よく解体していきます。
この日も50名ほどの市高生、南中生が応援に。

暑くて、熱い「稲野の夏」が、無事終了。お疲れさまでした。














いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
共働き率は56.8%で全国1位。
保育所の待機児童は0名。

3世代同居率が17.6%で全国2位。
持ち家比率は76.5%で全国4位。

子どもの学力・学習状況調査は常に全国上位で、
子どもの体力・運動能力などの調査では全国1位。

健康寿命は男性3位、女性4位。

そして、様々な機関が実施した
幸福度ランキングにおいて1位。

その自治体の名は、福井県
恐竜博物館が爆発的人気の為、恐竜で売り出しているとの事。

この恐竜、動くんです。鳴くんです。
それを見て、小さい子が泣いていましたが。。

先日、市議会常任委員会の方々と、
福井市に「子育て施策」、福井県に「子どもの学力施策」を
勉強に行きました。


福井市「子育て施策」。

■病児・病後児保育
 10年ほど前からが実施されている。
  [伊丹市は1年前から始まった]

 1日の受入定員は病児・病後児保育が2施設で30名。
  [伊丹市は1施設で定員2名]

 昨年度実績では、延べ5千名を超える利用があり、
  [伊丹市は9カ月で174名]

 定員超過でお断りしたことが無い。
  [伊丹市は定員超過で24回お断り]

 病後児保育のみが2施設10名。
  [伊丹市は1施設で定員2名]

 第3子以降の子どもについては、就学前まで利用者負担無し。
  [伊丹市には無い制度]


■孫育て応援一時預かり利用券
 対象は0歳児・1歳児のお孫さんを保護者に代わり保育している祖父母。
 子ども一人当たり、一時預かり利用券48時間分を交付。

■すみずみ子育てサポート事業
 社会的にやむを得ない事由により児童を養育できない場合、
 一時預けや家事手伝いなどのサービスを提供。
 利用負担分の補助制度あり。
 日曜日も対応。
 ★保育園児等が急に体調を崩した場合、病児保育施設職員が保護者に代わって、
  園から施設まで送迎するサービスを県と検討中。

その他にも色々あり、至れり尽くせりの環境が整っていました。
そんな予算を潤沢につぎ込むってスゴイ、と単純に思い、
「福井に引っ越そうかな」なんて一瞬、思ったのですが。。。


《福井県のホームページより》
福井県の電源三法交付金の活用状況
平成26年度の交付実績
○県全体 307億円 (平成25年度比 +73億円)
累計では 4,424億円 (昭和49年度~平成26年度)

 すみずみ子育てサポート事業  福井県 0.4億円
 一時保育、送迎等を実施する事業者への補助


福井県庁前の交差点には、このような横断幕も。

電源三法交付金、いわゆる『原発マネー』のスゴサを目の当たりにした。

決して福井県・市の職員の方々が語らなかった、
幸福度ランキング1位のヒミツの「秘密」、なのかもしれません。












いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
あと10日ほどしたら、今年も8月6日・アメリカが広島に原爆を投下した日がやってくる。

オバマ米国大統領は、伊勢志摩サミット出席後の5月27日、
安倍首相と共に、広島平和記念公園を訪問。
平和記念資料館を10分程度視察後、慰霊碑に献花。
「核兵器のない世界」に向けた所感を述べ、被爆者代表2名と対話・抱擁を交わす。オバマ滞在は1時間ほど。


この時の違和感、それは被爆者・被爆国側から「謝罪は求めない」と発信し、マスコミを含め、そんな世論が形成された「フシギ」。
様々な理由・思惑が交錯していることや、訪問することだけでも大きな意味がある、という話に一定理解するものの。

そんな時、新聞に掲載された山本モナさんのインタビュー。

祖父が被爆、山本モナさん 「トップとして投下謝罪を」
聞き手・宮崎園子  朝日新聞デジタル 2016年5月27日14時49分

 「なぜ、アメリカの大統領は来ないんだろう」。夏休み中の登校日だった8月6日(広島原爆の日)。小学校のテレビで平和記念式典を見ていて、いつもそう思っていました。米国は原爆を落とした国なのに。各国の首脳が参列し、花を捧げているのに。

 私は広島県尾道市で生まれました。祖父は山陽新聞(岡山市)の尾道支局の記者。原爆投下された翌日、応援要請を受けて広島市に入って被爆しました。その7年後、被爆のことを何も語らないまま亡くなりました。でも、私にとって原爆は「歴史の出来事」ではなく、自分とつながっていると感じて育ちました。

 民放のテレビ局で記者をしていたとき、太平洋戦争で戦闘機に乗った人を取材しました。戦争に加担したという悔いからか、なかなか話さない。そんな中で開いた口から出た言葉はとても重かった。「二度と繰り返してはいけない」という強い信念を感じました。

 日本も含めて、自分の国が戦争をした事実を歴史の中に吸収していく必要があります。そのためには、知ることが大切。オバマ大統領はそのことが分かっているから、広島に行くことにしたんでしょう。

 だからこそ、言いたい。7年余り前、チェコのプラハで「核兵器のない世界をめざす」と訴えましたね。私はすばらしいと思いました。「あれは、どうなったんですか」と聞きたい。

 ドイツは国を挙げてナチスの犯罪とユダヤ人迫害への補償に取り組みました。米国は一発の原子爆弾で多くの市民を殺傷した歴史の事実を検証する作業をきちんとしたでしょうか。無差別虐殺をした国のトップとして謝罪するべきです。そして「冷戦の遺物」として核兵器が拡散した現状をどうしたらいいのか、少なくとも自分の国のあり方を示してほしいですね。















いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
伊丹市の公民館では、素晴らしい企画が多い。
先日は「みんなの学校」上映会を開催。
観たかった映画。


特別な支援が必要な児童30人が、みんなと同じ教室で授業を受ける、大阪市住吉区の大空小学校を、関西テレビが撮影したドキュメンタリー映画。

学校のルールはたったひとつ。
“自分がされて嫌なことは人にしない 言わない”。

「ここは、みんなが安心していられる場所だ」と話す校長。


学校に馴染めない子が転入してくるシーン。
校長は教職員へ転出元の学校長による所見を読み上げたあと「これが、あちらの先生の見解」とし、「先入観なく本人をみていこう」と呼びかける。

教職員も自分の担当クラスだけでなく、全ての児童に関わることで、互いにフォローしあう。
まさに“チーム学校”。

「大空小学校は誰が作りますか」校長が児童に聞くと
「自分です」と児童が答える。
「自分って誰ですか?自分だという人、手をあげてください」
みんなが手を挙げる。


みんなの学校は、
教職員も児童も保護者も地域の人も
みんなで考え、
みんなで悩み、
みんなで動き、
みんなで運営しているステキな学校でした。

機会があったら是非見てください。














いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ボクが小学校高学年・中学・高校時代を過ごした岐阜県多治見市の家。
登校拒否になって自室に籠っていたのも、この家でのこと。


10年ほど前から誰も住んでおらず、様々な事情もあり、手放すことになった。
取り壊す前に大切なものを引き取るため、先日、5年ぶりに訪れた。


アレコレ持ち帰っても置く場所が無いため、写真関係を中心に持ち帰ることに。
その時、こんなもの発見①

向坂さんから頂いた色紙『幸福な人生はつねに誠実である!』
1971年だから、ボクの生まれた年。

<さきさかいつろう【向坂逸郎】 世界大百科事典第2版より>
1897‐1985(明治30‐昭和60)マルクス主義経済学者。
1921年(大正10)東大経済学部卒業後,同助手,ドイツ留学を経て25年に九州大学法文学部経済原論担当教授となるが,28年(昭和3)の三・一五事件の余波で辞職を余儀なくされ,以後労農派同人として37年12月の人民戦線事件で検挙されるまで,改造社の〈《マルクス・エンゲルス全集》〉全32巻の編集,講座派との日本資本主義論争をはじめ広範な文筆活動に従事した。
戦後は社会主義運動に携わることを条件に九大に復帰,非共産党マルクス主義者として山川均らと47年に〈《前進》〉を創刊,51年には社会主義協会を設立し機関誌〈《社会主義》〉を刊行して総評や日本社会党内に支持者をひろめた。



その次に、こんなもの発見②

鈴木茂三郎さんの有名な言葉「青年よ 銃をとるな」

<すずきもさぶろう【鈴木茂三郎】 日本人名大辞典+Plusより>
1893-1970 大正-昭和時代の社会運動家,政治家。
明治26年2月7日生まれ。新聞記者をへて無産政党の結成にかかわる。戦後社会党の結成に参加し,昭和21年衆議院議員(当選9回)。26年委員長となり平和4原則をかかげる。同年の社会党分裂後,左派社会党委員長。30-35年統一社会党委員長。



最後に、こんなもの発見③

ボクがもらった唯一のトロフィー「大牟田市第24回赤ん坊大会 優秀賞」
赤ん坊大会って、時代ですね。

看護学雑誌 64巻 4号(2000年4月) 巻頭グラフ この時この一葉から


40年近い家の中には、色んなものがありました。

サヨナラ、多治見の家。ありがとう。














いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ゴーストライター問題で騒動になった作曲家、佐村河内守さんのドキュメンタリー「FAKE」

2014年、「全聾の作曲家・佐村河内守はペテン師だった!」という記事を載せた『週刊文春』が発売された。佐村河内さんのゴーストライターを務めていたという作曲家の新垣隆さんは「佐村河内は18年間全ろうであると嘘をつき続けていた」と独占手記で主張。佐村河内さんはマスコミに連日取り上げられ知らぬ間に消えた印象しかない。

FAKE = 偽造する、見せかける、インチキ、虚報。

鑑賞後、歩きながらボクの心はモヤモヤしていた。

ジャーナリストの津田大介さんは、次のようなメッセージを寄せている。
『人のイメージなどメディアを通せばいかようにでも操作できるという当たり前の事実を森達也ならではの手法で観客に鋭く突きつける傑作。鑑賞後、全ての人が感じる「もやもや」こそが、本来は「メディアテラシー」と呼ばれるものだろう。』

分かりやすい情報が、シロクロはっきり断定した報道が、テレビ画面から洪水のように流され、『真実』ではなく、その事象の『正解』を教えてくれることに慣れてしまっている自分に気がつく。

そして、一人の人間を簡単に社会から『抹殺』させるマスコミの暴力性も改めて。

マスゾエ騒動をみても、ベッキー騒動をみても、ほとんどイジメだ。
テレビで、新聞でで叩き、ネットが炎上する。
相手がくたばり、社会の表舞台から消えるまで叩く様は、狂気じみている。

ただ、安倍晋三や麻生太郎、石原慎太郎や橋下徹が、その対象になることは、ない。(敬称略)
そんな傾向がどんどん悪化し繰り返されていているような気がする。


社会学者の宮台真司さんのメッセージ。
『本作は、我々が社会を生き始めるに際して受け取った外傷体験を強制的に思い出させる。そう、社会は間違いなく、善悪や真偽や美醜の二元論で構成された悪夢なのだ。

深い。深すぎる。

漫画家の今日マチ子さんさんのメッセージ。
『この作品を観たら、無邪気な視聴者でいることは出来なくなるだろう。レンズを通した視点は常に誰かのもの。私たちはほんとうに、見えて、聞こえているのだろうか?


まさか1,800円払って観た、このドキュメンタリー映画自体がFAKE!?














いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。