おおつる 求 ブログ

“みんなちがって、みんないい。 ちがいがあるから、オモシロイ。”
大津留が見た・聞いた・感じた・考えた事を、徒然なるままに。。

   おおつるWebSiteを大幅にリニューアルしました。http://ootsuru.com

テーマ:
共働き率は56.8%で全国1位。
保育所の待機児童は0名。

3世代同居率が17.6%で全国2位。
持ち家比率は76.5%で全国4位。

子どもの学力・学習状況調査は常に全国上位で、
子どもの体力・運動能力などの調査では全国1位。

健康寿命は男性3位、女性4位。

そして、様々な機関が実施した
幸福度ランキングにおいて1位。

その自治体の名は、福井県
恐竜博物館が爆発的人気の為、恐竜で売り出しているとの事。

この恐竜、動くんです。鳴くんです。
それを見て、小さい子が泣いていましたが。。

先日、市議会常任委員会の方々と、
福井市に「子育て施策」、福井県に「子どもの学力施策」を
勉強に行きました。


福井市「子育て施策」。

■病児・病後児保育
 10年ほど前からが実施されている。
  [伊丹市は1年前から始まった]

 1日の受入定員は病児・病後児保育が2施設で30名。
  [伊丹市は1施設で定員2名]

 昨年度実績では、延べ5千名を超える利用があり、
  [伊丹市は9カ月で174名]

 定員超過でお断りしたことが無い。
  [伊丹市は定員超過で24回お断り]

 病後児保育のみが2施設10名。
  [伊丹市は1施設で定員2名]

 第3子以降の子どもについては、就学前まで利用者負担無し。
  [伊丹市には無い制度]


■孫育て応援一時預かり利用券
 対象は0歳児・1歳児のお孫さんを保護者に代わり保育している祖父母。
 子ども一人当たり、一時預かり利用券48時間分を交付。

■すみずみ子育てサポート事業
 社会的にやむを得ない事由により児童を養育できない場合、
 一時預けや家事手伝いなどのサービスを提供。
 利用負担分の補助制度あり。
 日曜日も対応。
 ★保育園児等が急に体調を崩した場合、病児保育施設職員が保護者に代わって、
  園から施設まで送迎するサービスを県と検討中。

その他にも色々あり、至れり尽くせりの環境が整っていました。
そんな予算を潤沢につぎ込むってスゴイ、と単純に思い、
「福井に引っ越そうかな」なんて一瞬、思ったのですが。。。


《福井県のホームページより》
福井県の電源三法交付金の活用状況
平成26年度の交付実績
○県全体 307億円 (平成25年度比 +73億円)
累計では 4,424億円 (昭和49年度~平成26年度)

 すみずみ子育てサポート事業  福井県 0.4億円
 一時保育、送迎等を実施する事業者への補助


福井県庁前の交差点には、このような横断幕も。

電源三法交付金、いわゆる『原発マネー』のスゴサを目の当たりにした。

決して福井県・市の職員の方々が語らなかった、
幸福度ランキング1位のヒミツの「秘密」、なのかもしれません。












AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
あと10日ほどしたら、今年も8月6日・アメリカが広島に原爆を投下した日がやってくる。

オバマ米国大統領は、伊勢志摩サミット出席後の5月27日、
安倍首相と共に、広島平和記念公園を訪問。
平和記念資料館を10分程度視察後、慰霊碑に献花。
「核兵器のない世界」に向けた所感を述べ、被爆者代表2名と対話・抱擁を交わす。オバマ滞在は1時間ほど。


この時の違和感、それは被爆者・被爆国側から「謝罪は求めない」と発信し、マスコミを含め、そんな世論が形成された「フシギ」。
様々な理由・思惑が交錯していることや、訪問することだけでも大きな意味がある、という話に一定理解するものの。

そんな時、新聞に掲載された山本モナさんのインタビュー。

祖父が被爆、山本モナさん 「トップとして投下謝罪を」
聞き手・宮崎園子  朝日新聞デジタル 2016年5月27日14時49分

 「なぜ、アメリカの大統領は来ないんだろう」。夏休み中の登校日だった8月6日(広島原爆の日)。小学校のテレビで平和記念式典を見ていて、いつもそう思っていました。米国は原爆を落とした国なのに。各国の首脳が参列し、花を捧げているのに。

 私は広島県尾道市で生まれました。祖父は山陽新聞(岡山市)の尾道支局の記者。原爆投下された翌日、応援要請を受けて広島市に入って被爆しました。その7年後、被爆のことを何も語らないまま亡くなりました。でも、私にとって原爆は「歴史の出来事」ではなく、自分とつながっていると感じて育ちました。

 民放のテレビ局で記者をしていたとき、太平洋戦争で戦闘機に乗った人を取材しました。戦争に加担したという悔いからか、なかなか話さない。そんな中で開いた口から出た言葉はとても重かった。「二度と繰り返してはいけない」という強い信念を感じました。

 日本も含めて、自分の国が戦争をした事実を歴史の中に吸収していく必要があります。そのためには、知ることが大切。オバマ大統領はそのことが分かっているから、広島に行くことにしたんでしょう。

 だからこそ、言いたい。7年余り前、チェコのプラハで「核兵器のない世界をめざす」と訴えましたね。私はすばらしいと思いました。「あれは、どうなったんですか」と聞きたい。

 ドイツは国を挙げてナチスの犯罪とユダヤ人迫害への補償に取り組みました。米国は一発の原子爆弾で多くの市民を殺傷した歴史の事実を検証する作業をきちんとしたでしょうか。無差別虐殺をした国のトップとして謝罪するべきです。そして「冷戦の遺物」として核兵器が拡散した現状をどうしたらいいのか、少なくとも自分の国のあり方を示してほしいですね。















AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
伊丹市の公民館では、素晴らしい企画が多い。
先日は「みんなの学校」上映会を開催。
観たかった映画。


特別な支援が必要な児童30人が、みんなと同じ教室で授業を受ける、大阪市住吉区の大空小学校を、関西テレビが撮影したドキュメンタリー映画。

学校のルールはたったひとつ。
“自分がされて嫌なことは人にしない 言わない”。

「ここは、みんなが安心していられる場所だ」と話す校長。


学校に馴染めない子が転入してくるシーン。
校長は教職員へ転出元の学校長による所見を読み上げたあと「これが、あちらの先生の見解」とし、「先入観なく本人をみていこう」と呼びかける。

教職員も自分の担当クラスだけでなく、全ての児童に関わることで、互いにフォローしあう。
まさに“チーム学校”。

「大空小学校は誰が作りますか」校長が児童に聞くと
「自分です」と児童が答える。
「自分って誰ですか?自分だという人、手をあげてください」
みんなが手を挙げる。


みんなの学校は、
教職員も児童も保護者も地域の人も
みんなで考え、
みんなで悩み、
みんなで動き、
みんなで運営しているステキな学校でした。

機会があったら是非見てください。














AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ボクが小学校高学年・中学・高校時代を過ごした岐阜県多治見市の家。
登校拒否になって自室に籠っていたのも、この家でのこと。


10年ほど前から誰も住んでおらず、様々な事情もあり、手放すことになった。
取り壊す前に大切なものを引き取るため、先日、5年ぶりに訪れた。


アレコレ持ち帰っても置く場所が無いため、写真関係を中心に持ち帰ることに。
その時、こんなもの発見①

向坂さんから頂いた色紙『幸福な人生はつねに誠実である!』
1971年だから、ボクの生まれた年。

<さきさかいつろう【向坂逸郎】 世界大百科事典第2版より>
1897‐1985(明治30‐昭和60)マルクス主義経済学者。
1921年(大正10)東大経済学部卒業後,同助手,ドイツ留学を経て25年に九州大学法文学部経済原論担当教授となるが,28年(昭和3)の三・一五事件の余波で辞職を余儀なくされ,以後労農派同人として37年12月の人民戦線事件で検挙されるまで,改造社の〈《マルクス・エンゲルス全集》〉全32巻の編集,講座派との日本資本主義論争をはじめ広範な文筆活動に従事した。
戦後は社会主義運動に携わることを条件に九大に復帰,非共産党マルクス主義者として山川均らと47年に〈《前進》〉を創刊,51年には社会主義協会を設立し機関誌〈《社会主義》〉を刊行して総評や日本社会党内に支持者をひろめた。



その次に、こんなもの発見②

鈴木茂三郎さんの有名な言葉「青年よ 銃をとるな」

<すずきもさぶろう【鈴木茂三郎】 日本人名大辞典+Plusより>
1893-1970 大正-昭和時代の社会運動家,政治家。
明治26年2月7日生まれ。新聞記者をへて無産政党の結成にかかわる。戦後社会党の結成に参加し,昭和21年衆議院議員(当選9回)。26年委員長となり平和4原則をかかげる。同年の社会党分裂後,左派社会党委員長。30-35年統一社会党委員長。



最後に、こんなもの発見③

ボクがもらった唯一のトロフィー「大牟田市第24回赤ん坊大会 優秀賞」
赤ん坊大会って、時代ですね。

看護学雑誌 64巻 4号(2000年4月) 巻頭グラフ この時この一葉から


40年近い家の中には、色んなものがありました。

サヨナラ、多治見の家。ありがとう。














いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ゴーストライター問題で騒動になった作曲家、佐村河内守さんのドキュメンタリー「FAKE」

2014年、「全聾の作曲家・佐村河内守はペテン師だった!」という記事を載せた『週刊文春』が発売された。佐村河内さんのゴーストライターを務めていたという作曲家の新垣隆さんは「佐村河内は18年間全ろうであると嘘をつき続けていた」と独占手記で主張。佐村河内さんはマスコミに連日取り上げられ知らぬ間に消えた印象しかない。

FAKE = 偽造する、見せかける、インチキ、虚報。

鑑賞後、歩きながらボクの心はモヤモヤしていた。

ジャーナリストの津田大介さんは、次のようなメッセージを寄せている。
『人のイメージなどメディアを通せばいかようにでも操作できるという当たり前の事実を森達也ならではの手法で観客に鋭く突きつける傑作。鑑賞後、全ての人が感じる「もやもや」こそが、本来は「メディアテラシー」と呼ばれるものだろう。』

分かりやすい情報が、シロクロはっきり断定した報道が、テレビ画面から洪水のように流され、『真実』ではなく、その事象の『正解』を教えてくれることに慣れてしまっている自分に気がつく。

そして、一人の人間を簡単に社会から『抹殺』させるマスコミの暴力性も改めて。

マスゾエ騒動をみても、ベッキー騒動をみても、ほとんどイジメだ。
テレビで、新聞でで叩き、ネットが炎上する。
相手がくたばり、社会の表舞台から消えるまで叩く様は、狂気じみている。

ただ、安倍晋三や麻生太郎、石原慎太郎や橋下徹が、その対象になることは、ない。(敬称略)
そんな傾向がどんどん悪化し繰り返されていているような気がする。


社会学者の宮台真司さんのメッセージ。
『本作は、我々が社会を生き始めるに際して受け取った外傷体験を強制的に思い出させる。そう、社会は間違いなく、善悪や真偽や美醜の二元論で構成された悪夢なのだ。

深い。深すぎる。

漫画家の今日マチ子さんさんのメッセージ。
『この作品を観たら、無邪気な視聴者でいることは出来なくなるだろう。レンズを通した視点は常に誰かのもの。私たちはほんとうに、見えて、聞こえているのだろうか?


まさか1,800円払って観た、このドキュメンタリー映画自体がFAKE!?














いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
アメリカ国内の銃規制・対テロ戦争・医療保障などの社会問題を、独自の視点で告発してきたマイケル・ムーアの最新作「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」を、遅まきながら観た。


ベトナム・朝鮮・アフガン・イラク・・・、
侵略戦争を繰り返しても、まったく良くならないアメリカ。

そこでアメリカ国防総省に代わりムーア自らが“侵略者”となり、侵略のターゲット・ヨーロッパへ向かう。目的は各国の常識を“略奪”すること。

アメリカに無いステキなモノを、次々とムーアが“略奪”する。
イタリアの「労働環境」を
フランスの「学校給食」を
フィンランドの「学校教育」を・・・。


笑い、驚き、考える、を繰り返す2時間。
アメリカの様々な分野が『貧困化』していることを浮き彫りにする。

格差拡大・貧困の連鎖・厳罰化、
教育ローン化した奨学金、
劣悪な労働環境・・・。

振り返ると、どんどんアメリカ化している現在の日本。
途中からアメリカを日本に置き換えながら観ていた。

“目からウロコ”もてんこ盛り。

近くに上映している映画館があったら、是非。











いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 今回の参議院選挙から18歳以上選挙権が適用され、高校での「主権者教育」や、新有権者約240万人の投票行動に注目が集まった。

 総務省が全国18・191歳の投票率を有権者計11,480人を抽出して調べたところ、18歳は51.17%、19歳は39.66%。
 性別では18歳男性49.43%、女性53.01%、19歳が男性37.31%、女性42.11%。
 18歳の投票率が19歳を上回ったのは「主権者教育」などを受けている高校生が多いためとみられる、とのこと。


10代が投票で重視した政策は何か。
神戸新聞の出口調査によると、
10代は「憲法」が22%でトップ。次いで「景気・雇用」19%

ちなみに他の年代でいうと、
20代が6.9%、30代が8.8%、40代が10.2%、50代が12.2%、60代が15.3%、70代以上が12.1%。
『憲法』を投票の際に重視するのは、年代と共に上がるのが定番だけに、彼ら・彼女らの投票行動は素晴らしい、と思う。


早速、自民党は独裁国家のような対策にのりだしたのか。
ホームページに「学校教育における政治的中立性についての実態調査」という“偏向教育を行う教員”の通報を呼びかける密告フォームを設けた。
(以下、説明文抜粋)
学校現場における主権者教育が重要な意味を持つ中、偏向した教育が行われることで、生徒の多面的多角的な視点を失わせてしまう恐れがあり、高校等で行われる模擬投票等で意図的に政治色の強い偏向教育を行うことで、特定のイデオロギーに染まった結論が導き出されることをわが党は危惧しております。
そこで、この度、学校教育における政治的中立性についての実態調査を実施することといたしました。

詳細はこちら➡ LITERA 2016.07.09
姑息! 自民党が「子供たちを戦場に送るな」教師の取締密告フォームをこっそり差し替え…ごまかしても“魚拓”とってるぞ


自民党の動きを注視すると共に、
今後も地道に、粘り強く活動していきたい。













いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

参議院選挙運動期間中、

街中でたくさんの方に励ましの声をかけていただきました。
精一杯頑張りましたが、大変厳しい選挙結果となってしまいました。


今後、結果を分析し、私たちの苦手である総括をしっかりし、次に活かしていきます。



現実に戻ると、もう夏!ですね。


今回の選挙で特筆すべきこと、
それは全国32選挙区ある「一人区」すべてで『野党統一候補』を擁立できたこと。

共闘の難しさや、自公からの言われなき中傷にあいながらも、野党11勝・自民21勝。

告示直前の調整であり、3年前の参議院選挙「一人区」では野党2勝・自民29勝だったことを考えれば、大成功したと思います。


巨大与党に対するためには『この道しかない』のかもしれません。




 本日(7月12日)の朝日新聞朝刊では、共闘の成果を数値化した『共闘達成率』という興味深い記事が掲載されていました。


野党4党比例合計票を超えて得票を獲得した候補者は28名。それでも保守の壁に阻まれて17名が破れている。

これでもし、野党共闘がなければ。。

年内とも言われている衆議院選挙。

小選挙区は、すべて「一人区」。

市民の方々と共に、比例区も含め、しっかりと野党共闘の枠組みを作れるかが、大きな焦点になるでしょう。

地道に、粘り強く、あきらめない。
「おおつる、次の準備を!」


ちょっと休憩してからにしますが(^∇^)















いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
安倍政権が暴走する今の国会に
社民党参議院議員・福島みずほは必要不可欠だ。

市民の代弁者 福島みずほ。
社会的弱者の味方 福島みずほ。
『国会のカナリア』 福島みずほ。

その「福島みずほ」が苦しい闘いを強いられている。

【田中龍作ジャーナル】
2016年7月1日
福島みずほ危うし 会社員「市民の代弁者を落としてはならない」
**以下、転載**
 福島みずほ・社民党副党首が今、当落線上にある。社民党の低迷もあり、当選に必要な125万票の確保が危ぶまれているのだ ―
 
 「自殺者が出る前に取り締まって下さい」。議員会館で持たれていた厚労省との交渉で、派遣労働者の代表が厚労官僚に懇願した。
 派遣切りが社会問題になる前の頃だった。若手厚労官僚は、取り締まらない口実をゴニャゴニャとこねまわしていた。
 「2重派遣は法律違反!」。国会議員になる前から労働問題を手掛けていた弁護士の福島が一喝すると官僚たちは、おし黙った。
 こうした追及が派遣最大手グッドウィルへの手入れとつながり、グッドウィルはその後、廃業に追い込まれる。
 派遣労働への批判は、政権交代(09年)の原動力の一つとなり、政権交代後、労働者派遣法の改正となった。福島に救われた非正規労働者は、ざっと見積もって数十万人はいるだろう。

 鳩山政権時、内閣府特命担当相だった福島は、沖縄の新基地(辺野古)建設の署名を拒否し、大臣を罷免された。
 もし、あの時署名して閣内に残っていたら社民党は沖縄県民の信用を失っていただろう。「オール沖縄」はなかったのだ。

 昨夏、日本中を騒然とさせた安保国会で「戦争法案」なる言葉を作ったのも福島である。
 山本太郎が権力にとって最も不都合な男であるとすれば、不都合な女は福島みずほ だ。

 期日前投票で「福島みずほ」と書いたという主婦(50代)は「みずほさんだけは絶対落としてはいけない」と話す。目が真剣だ。
 今日の街宣では男性会社員(40代)が応援のマイクを握った。「私は保守だが、憲法を守るのに右も左もない。市民の代弁者、福島みずほさんを落としてはならない」。悲愴なまでの表情だった。

 福島が国会からいなくなったら、安倍政権の悪事は明るみに出ることもなくなる。どんなことがあっても落としてはいけないのだ。(敬称略)
**転載終わり**

■2016年05月27日
野党共闘、一歩ずつ(その2)
■2016年02月17日
『国会のカナリア』福島みずほ講演会報告

7月10日は参議院選挙投票日。
比例区は「福島みずほ」。
選挙区は「みずおか俊一」。


【田中龍作ジャーナル】
2016年7月6日 福島瑞穂の落選危機に沖縄から駆けつける選挙ボラも
**以下、転載**
住民団体や環境団体が、原発問題や沖縄基地問題などについて政府の施策を問う「対政府交渉」というのがある。
 マスコミはほとんど報道しないが、田中が立ち会っただけでも100件はゆうに超える。この「対政府交渉」の窓口になっているのが福島瑞穂事務所だ。
 原発輸出、再稼働、辺野古の基地建設・・対政府交渉では独断専行でズサン極まりないアベ政治の実態がモロバレになる。

 福島が国会議員でなくなると、この対政府交渉もなくなるのだ。安倍政権にとって不都合な事実は闇に葬り去られる。

 「瑞穂さんを落としたら世の中が真っ暗になる」。
並々ならぬ危機感を抱く人々が選挙のボランティアスタッフを務める。炎天下、流れ落ちる汗を拭おうともせず、チラシを配り、プラカードを掲げる。

 福島が当落線上にあることを知り、沖縄から駆けつけたフリージャーナリストがいる。アツシこと仁尾淳史だ。
 仁尾は、辺野古のキャンプシュワブゲート前から連日ツイキャス中継をしている。
 基地建設の資材、機材の搬入を阻止しようと、市民たちがゲート前に座りこむ。機動隊は力づくで、座り込みの市民たちを引きはがす。
 仁尾はこの模様をライブ映像で伝える。辺野古に対する政府の姿勢を肌身で知っている男だ。
 「辺野古のことを考えたら瑞穂さんしかいない。沖縄では絶大な信用だからね」。仁尾は押っ取り刀で上京してきた理由を話す。

 「福島瑞穂ずんずん街宣」中継班のKEITAROU(ハンドルネーム)さんも会社を休んでの手伝いだ。
 選挙最終日(9日)まで有給休暇を取っているという。「(福島が)もし落ちたらヤバイでしょう」と目を吊り上げた。

 前出の仁尾が応援演説のマイクを握った ―
 「99%の声を、沖縄の声を、国政に届けてくれる福島瑞穂に力を貸して下さい。もう一度国会に戻してください」。(敬称略)
**転載終わり**


市民と国のパイプ役 福島みずほ。
社会的弱者の代弁者 福島みずほ。
『安倍政権』の天敵 福島みずほ。

7月10日は参議院選挙投票日。
必ず投票にいきましょう。
そして
比例区は「福島みずほ」。
選挙区は「みずおか俊一」。



有権者の良心を信じて。















いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今回の参議院選挙は本当に重要な選挙です。

マスコミ報道のように、
万が一、自民・公明・おおさか維新が三分の二の議席を獲得してしまったら
私たちが戦後、大切に護り活かしてきた平和憲法が壊されます。

『基本的人権の尊重、国民主権、平和主義』を変えさせてはならない。
だから「必ず投票へ行きましょう」と社民党比例区選挙カーに乗り、マイクで訴えてきました。


定数3の兵庫選挙区。
マスコミ予想によると、自民党独走、公明党・おおさか維新・民進党で混戦模様、離されて共産党。
護憲のシンボル・土井たか子さんを国会へ送り出してきた兵庫が、
自民・公明・おおさか維新の『改憲勢力』に独占される可能性があります。

改憲勢力の独占を阻止し、平和の議席を確保する唯一の方法。
それは平和を愛するすべての有権者が
民進党現職「みずおか俊一」さんに投票することです。


「民進党はキライだ」という方も、
「脱原発ではない」と不満な方も、
「既成政党不信」の方も、
ボクのように党が違っても、
今回は戦略的に投票すること、
すなわち「みずおか俊一」さんに投票することが必要です。


兵庫選挙区の改憲勢力は本気です。
特に公明党。
大阪が当選圏内に入ったことから、
関西の全勢力を兵庫に集中している、とのこと。

先日の公明新聞1面は、
大きなタイトルと特大の候補者写真、少しの記事で全面を埋めていました。
以下、公明新聞Webから転載します。

* * * * *
公明新聞:2016年7月4日(月)付

伊藤(兵庫選挙区)危うし!
勝負の一週間
全国から「あと1票」の大攻勢を
伊藤 たかえ候補 新 =自民党推薦

兵庫選挙区 定数3
民進先行逆転へ執念の猛攻撃

自民現は当確。おおさか維新新は安泰。残る1へ民進現が先行。公明新・伊藤は今なお“次点”。民進は連日、大物党幹部を投入。兵教組など連合もなりふり構わぬ動きで票を拡大。伊藤は猛追が及ばず絶体絶命に。逆転勝利には、他党支持層からも票をもぎ取る執念の猛攻以外ない。
* * * * *



日本を間違った道に進ませないため。
今から生まれる子どもたちのために。

7月10日(日)が投票日。
兵庫選挙区は「みずおか俊一」。
全国比例区は「福島みずほ」。













いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。