鶴亀虎象の趣味のページ

天体観測や釣り、オーディオ、カメラなど自分の趣味のことを気ままに書いています。日記がわりなので書くネタがないと滞ることもしばしば。気軽にお付き合いください。

NEW !
テーマ:

9月16日から25日まで帰省してきました。
目的は今年4月に亡くなった、親父の遺品整理です。

実家の押入を何十年ぶりに漁っていると・・・
私の物もパラパラ出てきました。
まるで「タイムカプセル」ですな。

 

たとえばこちら。
古い「天文ガイド」。


年代は1977年から80年。
今から約35年くらい前のものです。

 

広告をみるとタカハシのJ型赤道儀がにぎにぎしく新販売になっている。
そういえばこれが欲しくてカタログも取り寄せたなぁ。
結局その時は買えませんでしたが、先日ついにNJPを手に入れ、積年の目的を達成しました。(ホントは過去のことは忘れていました。)

 

そして今はなき「天文と気象」。


あの当時は「天文ガイド」と双璧だったのに・・・
のちに「月刊天文」と名前を変え、とうとう無くなってしまいました。
確か買ったと思っていたのですが、ここにあったのか。

 

さらにこちら。
音楽雑誌です。


このころはCDも無く、レコードの時代でした。
そのレコードも高価でなかなか買えなかった。
もっぱらFM放送を「カセットテープ」に録音して聞いていましたね。
もちろん「カセットデッキ」も持っていなかったため、「ラジカセ」の時代でした。

 

あとはこんなものも。

「星の手帳」、「ラ製」とつり雑誌。

こうしてみると趣味は全く変わっていませんな。

どの雑誌も妙に懐かしく、しばらくの間見入ってしまいました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

NJPの格納庫を製作しています。

今日は仮組をしました。




う~ん・・・
思ったよりでかいですね。
庭がいっそう狭くなりました。
あとは塗装をすればできあがりです。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

NJPは方位微動の可動範囲が少ないため、組み上げてから北極星が導入できないと、もう一度バラさなければならなかったようです。
このため、EM400、JP-Zでは台座の形状が変更され、回転台座になりました。
このNJPは旧タイプなので回転台座ではありませんが、COSMO天文工房製の「JP/NJP⇔EM400ピラー架台アダプタ」が装着されており、EM400、JP-Z用のSR-S三脚に載せられています。



これによりEM400、JP-Z同様、方位粗微動が可能になっています。
更に3本のM10イモネジのうち、1本がアイボルトに交換されていて、六角レンチ無しで締め付けることが出来るようになっています。


こちらは高度調整部です。
高度調整ネジのある極軸体後部はクリアランスが少なく、窮屈な感じです。




このためかどうかはわかりませんが、高度の調整はM12のイモネジを六角レンチで回して調節します。
ただ高度調整はよく使うところなので、その度に六角レンチを使うのはちょっと面倒ですね。
今度天文パーツを製作している工房に、相談してみようと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

まず、製造番号を確認します。



000××。
2000年製ですな。
NJP-Temma2の発売は2002年。
ということは、このTemma2は後付け改造されたものということになります。


次に電源を入れてみます。
あれ?

電源を入れても極軸望遠鏡の視野照明が点灯しません。
コントロールパネルにはPライトコントロールがあるのですが・・・



不思議に思って極軸望遠鏡を先から覗いてみましたが、それらしいLEDが見当たりません。
どうも、赤道儀にPライトが内蔵されていないような・・・


NJPは本来、外付けPライトだったはず。
ということは、後付けの場合はそこまで改造されないということなのでしょうか。
外付けPライトが付属していたのでおかしいと思っていましたが。





まあ、EM-2も外付けPライトだったので大問題ではありませんが、EM200-Temma2に慣れるとやっぱり不便ですねぇ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

色々思案しましたが・・・。
「やっぱり架台は2個いる」と言う結論に達し、NJP Temma2を購入しました。


NJPを選んだ主な理由は以下の2つです。
①望遠鏡大型化の布石として
②交通振動対策として


①についてはμ250を入手してから3年が経過し、さらなる大型化のための準備です。
もっとも予定があるわけではありません。
今後もしC14やμ300が入手できたとき、速やかに載せ替えができるようにするためです。


②についてはこれまでゲルダンパーなどいろいろ試してはみたものの、未だに未解決です。
そこで今回はEM200よりさらに頑丈で重量のある、NJPを試してみることにしました。
もちろん交通振動は地面ごと揺れるので完全には解消出来ないと思いますが、NJPの重量で少しでも緩和されることを期待しています。


ただ、大きな問題が一つ。
それは設置場所です。
NJPは移動型と言われていますが、重量がかなりあるので撮像の度に家から持ち出すことは体力的に無理があります。
また、我が家は切妻屋根なので、屋上にドームやスライディングルーフを設け、格納することもできません。


仕方が無いので、当面は敷地の空きスペースに据え付け、雨・風が防げる「箱」でも被しておこうかと考えています。

ただ、それでなくても狭い庭です。
永久的に鎮座させると奥さんから厳しい指摘を受けそうなので、惑星撮像の時期に設置して、その他の期間は撤去しながら指摘を躱していこうと考えています。








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。